20代女性の転職成功方法を紹介!20代女性に企業が求めるものは?

20代女性の転職成功方法を紹介!20代女性に企業が求めるものは?

「希望の仕事に転職できるのか」
「今の働き方を変えられるのか」
「新しい職場環境になじめるか不安…」

どんな人でも転職についての不安はつきもの。

女性であれば結婚・出産・育児などの悩みもありますよね。

転職は人生において大きな決断です。

仕事はもちろん、プライべートにも大きく影響します。

もし育児と仕事を両立させたいなら、職場選びは重要です。

そのため、20代女性の転職は慎重に行なう必要があります。

しかしいざ転職するとなると、どう転職すればいいのかよくわからない人も多いでしょう。

そこで今回は、20代女性の転職を成功させる方法と企業が20代女性に求めているものを紹介していきます。

20代女性が転職を成功させる方法は?

さっそく20代女性の転職を成功させるポイントを紹介していきます。

それぞれ補足して解説していきます。

ポジティブな転職理由を伝える

転職活動の面接の中で、転職理由を必ず問われます。

転職理由は、転職者に対して企業がもっとも聞きたいところ。

自分がどのような理由で転職しようと思ったのか、明確にしておきましょう。

「前の職場の給料が低かったから」
「人間関係が上手くいかず仕事が楽しくなかったから」
などネガティブな理由を伝えてしまうと良くない印象を与えてしまいます。

とくに人間関係を退職理由にした場合、入社後に人間関係でトラブルを起こされると疑ってしまいますよね。

そのため、「前の職場では○○を経験しました。この経験を活かして御社では○○をしたいと思い転職を決意しました」

このようにキャリアチェンジやキャリアアップなどのポジティブな転職理由を考えておきましょう。

そうすれば、仕事に対するポジティブな姿勢をアピールできます。

企業が求めている人材に近付ける

「能動的にコミュニケーションが取れる人間」
「失敗を恐れず、果敢に挑戦できる人間」

企業によって求めている人物像は全く異なります。

ホームページや求人に書かれていることを参考に企業が求めている人物像であるとアピールしましょう。

企業が求める人物像とはかけ離れた印象を与えてしまうと、魅力的な人材と判断されることはあっても採用まで至ることはないです。

企業が求める人物像をあらかじめ調べておいて、面接の中でアピールできるようにしておきましょう。

しかしあまり本来の自分と企業が求める人物像がかけ離れている場合、入社してから苦労することになります。

転職先に働きやすさを求めるなら、本来の自分と求める人物像が近い企業を選ぶようにしましょうね。

女性が働きやすい会社を選ぶ

結婚・出産など将来を見据えると、女性が働きやすい会社を選ぶことが転職成功には、重要です。

多くの求人に「女性が多数活躍」「育休・産休あり」など魅力的なワードが並んでいます。

しかしすべてを鵜呑みにして転職するのは危険です。

「育休産休あり」と書かれている求人でも、休みは取れるけど無給だった…などのケースも珍しくありません。

厚生労働省・経済産業省の各省では、くるみん、えるぼし、ユースエール認定など、労働者が働きやすい職場を作るため、さまざまな認定や表彰制度があります。

名称 特徴
女性が輝く先進企業表彰 女性が活躍できる職場環境の整備を推進するため、役員・管理職への女性の登用に関する方針、取組及び実績並びにそれらの情報開示において顕著な功績があった企業
えるぼしマーク

えるぼし

女性の活躍推進のための行動計画を立て、届出を行い、さらにその取り組み状況が優良だと厚生労働大臣に認定された企業

「採用」「継続就業」「労働時間等の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」など5つの項目で評価し、☆の数が変わる(最高は3つ)

くるみんマーク

くるみんマーク

厚生労働省の定めた目標を達成し「子育てサポート企業」として、一定の基準を満たした企業。

ノー残業デー・育児休暇取得率80%以上・時短勤務などの基準を満たした企業。

プラチナくるみんマーク

プラチナくるみんマーク

くるみん認定を既に受け、さらに高い基準に合格した企業。

「所定労働時間の削減」「男性の育休率13%以上」などを達成した企業。

なでしこ銘柄

なでしこ銘柄

「女性活躍推進」に優れた上場企業で「中長期の企業価値向上」が見込める銘柄。経済産業省と東京証券取引所が共同し認定。
安全衛生優良企業認定 ホワイトマーク

安全衛生優良企業認定 ホワイトマーク

労働者の安全・健康を確保するために対策に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善している、厚生労働省から認定された企業

「労働者の健康保持促進対策」「メンタルヘルス対策」「過重労働防止対策」などの項目がある

参照:くるみんマーク・プラチナくるみんマークについて|厚生労働省

参照:女性活躍に優れた上場企業「なでしこ銘柄」|経済産業省

参照:安全衛生優良企業公表制度について|厚生労働省

認定されている企業の中から転職先を探すのがおすすめです。

自分にとって働きやすい環境とは何かを考えつつ、マッチする企業を選ぶようにしましょう。

転職エージェントを活用する

転職を成功させたいなら転職エージェントに相談しましょう。

転職に関する相談ができるのはもちろん、履歴書の作成や面接対策、内定後のフローなどあらゆるサービスが受けられます。

転職エージェントはたくさんあります。

しかし転職エージェントには、求職者の属性にあわせたサービスが存在しています。

20代前半の女性なら、その属性の転職に特化したサービスがあるのです。

20代女性で未経験業界・職種に転職を考えているなら、それに特化した転職エージェントを選ぶのがいいです。

20代女性は転職を成功しやすい

20代女性は転職市場において高い需要を持つ人材です。

現代の転職市場は、求人倍率が高くなっており、昭和のバブル期よりも採用率が高くなっています。

そのため、売り手市場になっていると言えます。

新卒採用では中途採用よりも、売り手市場が激化しているため、新卒を満足に採用できる企業が少ないです。

そのため、新卒の年齢に近い20代の転職者に目をつけて、中途採用で若い人材を確保するようになりました。

さらに、20代の転職者は社会人経験をしており、基本的な社会人マナーや業務経験があります。

一から教育しなくて済み、教育コストがかからないため、企業側にメリットがあるのです。

20代女性は未経験の仕事に転職しやすい

新卒入社した会社の仕事内容に不満があり、未経験の仕事を始めようとしている人にも、20代は非常に有利です。

20代向けの求人には「未経験歓迎」「経歴不問」という求人が多く、様々な業界・職種で未経験者を歓迎しています。

もし、キャリアチェンジして未経験の業界にチャレンジしたいと思っている人がいたら、20代は絶好のチャンスと言えます。

20代女性の転職失敗に多い理由

20代女性の転職は確かにしやすいです。

しかし転職がしやすい20代女性でも転職に失敗してしまうことがあります。

20代女性の転職理由として多いものを紹介していきます。

参考にして反面教師にしてください。

仕事内容ばかり重視して将来のことを考えられなかった

仕事内容を重視してしまうのは転職を失敗しがちな女性の特徴です。

仕事内容が合わないことが転職理由の場合、やりがいがある仕事につきたい!と思って仕事内容を優先しまいがちです。

確かにワークライフバランスや給与・福利厚生面を重視して仕事をしても楽しく感じずに辛いかもしれません。

しかし仕事内容だけを見るのは危険です。

年収はもちろん、産休・育休などの福利厚生は、長期的に働いていく上で大切な項目です。

残業時間が多い職場や徹夜も当たり前の業界だと、体調も崩しやすくなってしまいます。

そんな環境の中で結婚・出産・育児をしていくのは難しいでしょう。

仕事内容と合わせて、長期的に働けるかどうか、将来を見据えて転職先を選ぶようにしましょう。

パートナーとの人生を優先させてしまった

仕事だけを優先してプライベートに影響を与えるのもよくありません。

しかし反対に、パートナーとの人生ばかりを優先させてしまうのも危険です。

夫の転勤にも対応できるように、と派遣の仕事を選んでしまうと、正社員に戻れる可能性が低くなってしまいます。

家庭での時間を優先するあまり、人生において一番長い時間を占める仕事がつまらないものになるのは、もったいないです。

パートナーがいる女性でも、自分を犠牲にして転職先を選ぶ必要はありませんよ。

余計なお世話ですが、まだ結婚していないパートナーの場合、どうせ寿退社するからと適当に転職先を決めてしまうと破局したときに大きな公開をするのでお気をつけて…。

自分の思い込みだけで向き不向きを判断した

「自分は人と話すのが得意でないから、事務職がいいな」仕事の向き不向きを自分の思い込みだけで判断してしまうのは危険です。

分析ができているつもりでも、「事務職のように細かいことをコツコツするのが苦痛…」とミスマッチになってしまう可能性もあります。

自分だけで仕事を判断すると情報も偏ってしまいますし、バイアスもかかります。

自己分析をした上で、友人や家族、転職エージェントなどに相談して客観的な意見も聞いてみましょう。

20代女性に対して企業が求めていること

20代女性に企業が求めていることは、20代前半・20代後半で異なってきます。

そのため、年齢に合わせてアピール方法がかなり異なります。

20代前半・20代後半ごとの企業から求められていることを紹介していきます。

自分が何を求められているのか理解してみましょう。

20代前半はポテンシャル重視

20代前半は社会人経験も浅く、これと言ってアピールできそうなポイントがない人が多いかもしれません。

しかし、20代前半に求められているのは、スキルではなく仕事に対してのポテンシャルの高さです。

「企業の社風に柔軟に合わせられる」
「仕事の吸収率が高く、呑み込みがはやい」
「長期的に勤務できる将来性」

20代前半であれば、その人が持つ人柄や若さを武器に転職活動を進めていくことが十分可能です。

入社時点で仕事のスキルが無くても、長い目で見て成長していけるポテンシャルがあれば、企業から評価されるでしょう。

20代後半はスキル重視

20代の後半になると、若さやポテンシャルを買われて採用されることはほとんどないでしょう。

社会人の経験がある程度長くなってきたので、それに見合ったスキルや経歴を求められます。

また、業務に関するスキルや経歴だけではなく、社会人としてのマナーや人間的なスキルも選考基準に含まれています。

そのため、20代前半よりも厳しい目で見られるケースが多いので、選考基準も高くなっています。

年齢に見合ったスキルをアピールできるようにしてきましょう。

20代女性が転職する時に注意しておくポイント

ここからは、20代女性が転職する際に注意しておくポイントについて紹介していきます。

出産・育児について

女性は男性と違い、出産・子育てがキャリアの中にあるので、それらを考慮した転職をしなければなりません。

多くの女性が20代後半で結婚をしだすので、20代前半のうちから、将来を意識した転職先探しをしなければなりません。

「私は30代まで結婚はしない」と考えている人も、いつ結婚のチャンスが回ってくるか分かりません。

一度、結婚の機会を逃してしまうと、次にいつ結婚のチャンスが回ってくるのか見当がつかなくなってしまいます。

転職後にプライベートを犠牲にすることなくしっかりと働き続けるためには、20代の転職の時期にしっかりと結婚・出産・子育て問題について考えておきましょう。

出産後の転職はかなり厳しくなる

将来を見越した転職をせずに、子どもを授かってから転職しようとしても、中々転職先が決まらないのが現状です。

子どもができてしまうと、仕事よりも育児を優先しなければならないので、十分に仕事が出なくなってしまいます。

子どもができるのは本来喜ばしいことですが、企業側から見ると不安要素が多くなってしまいます。

子どもを育てながら働くことは非常に負担が大きいため、転職活動を始めるには避けたほうがよい時期だといえるでしょう。

子持ちの20代女性は転職に不利?転職する際のポイントやおすすめの職種を解説

キャリアアップについて

転職して、どのような仕事をしたいのか、将来的にはどのような役職に就きたいのかなどのキャリア形成に関することは十分に考えておく必要があります。

最終的なゴールから逆算して、今必要なキャリア形成をすることができる職場はどのような職場なのか、どのような職種なのかを見ていきましょう。

先述しましたが、女性の場合は出産・子育てを経験するので、それらも考慮して最適な環境で働ける職場を探しておきましょう。

20代のキャリアアップ転職で失敗しないためのポイントと必須の要素

福利厚生について

福利厚生面は企業によってかなり異なり、様々な福利厚生が整っている企業もあります。

自分の中で基準を設けて、どのような福利厚生が必要なのかを明確にしておきましょう。

具体的には、産休・育休がしっかりと取得できる職場や、出産手当が付くかなど。

出産・子育てにはかなりのお金がかかるので、夫の収入だけでは、子育て費用を賄いきれない可能性があります。

充実した環境で子育てをしていくためにも、それを実現できる職場に転職できるようにしましょう。

20代女性が転職活動中にやってはいけないこと

20代が転職を続けていくにあたり、やってはいけない事が3つあります。

あなたの転職を有意義なものにするために、やってはいけないことを理解しておきましょう。

将来ビジョンを持たないで転職する

女性だけに言えることではありませんが、将来ビジョンを持たないで転職をするのは辞めておきましょう。

何も目的を持たず、やみくもに転職をしてしまうと、入社してからミスマッチが起きてしまい早期退職に繋がります。

我慢して仕事を続けたとしても、将来的な成長は見込めません。

そのため、将来的にはどのようになりたいのか、仕事にどのようなことを求めているのかなどを明確にしておきましょう。

転職先に求める条件が多い

上記で、「転職先に何を求めるのかを明確にしておきましょう」と伝えましたが、転職先に求める条件が多くなってしまうはよくありません。

条件を求めすぎてしまうと、その条件に見合う企業が中々見つからず、転職活動が全く進まないという状況に陥ってしまいます。

そのため、企業に求める条件に優先順位をつけるのをおすすめします。

絶対に譲れない条件が定まれば、妥協すべき点も明確になり、あなたに合う条件の企業も見つかりやすくなるでしょう。

1人で転職活動を行う

転職活動をしていると、周りに相談できる人が少なく、自分1人の考えで転職活動を進めてしまいがちです。

自分1人で進めてしまうと、視野が狭くなって偏りが出てきたり、間違った転職活動をしてしまったりと効果的な転職ができません。

転職活動を行う上では、第三者の視点がかなり重要になります。

そのため、周りの人からアドバイスを貰ったり、転職エージェントを活用したりして外部からの意見を貰うようにしましょう。

20代女性が転職する理由は?

20代女性が転職を考える理由は、以下の通りです。

もっとやりがいのある仕事につきたい、仕事の幅を広げたいなどの理由や、「プライベートとの両立を重視したい」という理由も挙げられています。

結婚・出産などのライフスタイルの変化があると、残業が多い職場や、制度が整っていない職場で働くことは難しいですよね。

20代女性が悩む転職のタイミング

20代女性で転職を考えている方は、結婚・出産といったプライベートでの転機を前に、転職するタイミングについて悩んでいる方も少なくないでしょう。

「結婚」での転職は結婚前がベスト

結婚を機に転職を考えている場合、ベストタイミングは「結婚1年前」です。

結婚を転職理由として上げる女性も多いですが、結婚後の転職は企業側から「入社後すぐに産休に入られるのでは」と警戒される恐れがあります。

結婚1年前であれば精神的な余裕を持って転職活動を勧められます。

「出産」での転職は出産前がベスト

出産を機に転職を考えている方も、出産前に転職活動を勧めた方がいいでしょう。

ただし、すでに妊娠している場合は、出産後の転職がおすすめです。

なぜなら、育休制度は労使協定によって「入社後1年以上勤めてしないと取得できない」と決められている企業が多いためです。

また、育児休暇中は給付を受けることもできますが、こちらも雇用保険法によって「育児休暇を取得するまでの2年間に、被保険者期間が12か月以上である」と条件が定めらています。

まだ妊娠していないけど、妊娠・出産を考えている女性の方は、出産の1年前が転職のタイミングです。

未経験職種・未経験業種なら「リクらく」

当サイトのリクらくでは、「未経験歓迎」「経歴不問」の求人を主に取り扱っているので、新しい仕事を始めたいと思っている人にはうってつけの転職エージェントです。

求職者のカウンセリング実績は2万人以上で、内定率は90%を超えている実績があります。

当然、20代女性の転職にも多くの実績があります。

結婚を考えている、出産を考えている、女性が中心になって活躍している企業はないの?
などなど、女性ならではの転職の悩みを気軽に相談可能です!

親身になって相談に乗ってくれます。

サポート費用はすべて無料となっているので安心です。

1人での転職活動が不安で悩んでいる方は、是非相談してみてください。