ベンチャー企業への転職を不安に感じている人へ!ベンチャー企業で働くメリットを解説

ベンチャー企業への転職を不安に感じている人へ!ベンチャー企業で働くメリットを解説

転職を考えている人の中には、ベンチャー企業の選択肢がある人もいるのではないでしょうか?

しかし、ベンチャー企業という存在は知っていても、実際の所どういう企業なのか分からない部分が多いですよね。

もしかしたら、ベンチャー企業に対してあまり良くないイメージを持っている人もいるでしょう。

そこで今回は、ベンチャー企業についてのあれこれを解説。

ベンチャー企業への転職を抱えている人の疑問や悩みを解決していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ベンチャー企業とは新しいサービスやビジネスを展開する企業

ベンチャー企業とは、革新的なアイデアや技術をもとに、新しいサービスやビジネスを展開する企業のことです。

企業規模は、小規模から中規模であることがほとんどです。

ベンチャー企業は、ビジネスを試行錯誤している段階なので、将来的に大きく化ける可能性があっても、財政的に厳しく、投資機関から援助を受けていることが多いです。

そのため、安定した事業ができると確約はされていないものの、会社の成長に貢献できる割合が大きく向上心の強い人が集まる職場です。

また、大企業と違って、企業のネームバリューや福利厚生ではなく、やりがいやビジョンに共感する人を中心に求人・採用する傾向があります。

ベンチャー企業への転職は不安を感じる人が多い

先程の章で触れましたが、ベンチャーに分類される企業のほとんどは、会社が設立してから間もないケースがほとんどです。

そのため、以下の要因からベンチャー企業への転職に不満を抱えています。

それぞれ見ていきましょう。

倒産のリスクが高い

ベンチャー企業のほとんどが設立して間もない企業がほとんどなので、経営不振や業績が悪くなったときに、倒産してしまうのでは?という不安があります。

苦労して転職した会社が入社数年後に倒産すると考えると、かなり不安を感じてしまいますよね。

将来的に結婚を考えている人の場合は尚更不安に思うでしょう。

ベンチャー企業は10年での生存率が5%!

新しいベンチャー企業は次々と誕生していますが、倒産を含めた企業生存率としては、1年で40%、10年後はわずか5%程度といわれています。

そのため、現実的に見てもかなりの割合で倒産していることが分かります。

ただ、ベンチャー企業で勤めあげた経験というのは、転職市場での評価が高いので、他の転職先を探すことも難しくないと思います。

大切なのは倒産リスクを覚悟で、事業の可能性に賭けて同じ船に乗ることができるかです。

この懸念を払拭できるようであれば、転職しても問題がないでしょう。

労働環境が整っておらず仕事がハード

設立してから間もないという特徴があるため、倒産するリスクに加えて、労働環境が整っていない企業が多く存在します。

また、社員数も少ないので一人であらゆる仕事をこなさなければならず、一人当たりの仕事量もかなり多くなっています。

そのため、仕事をばりばりこなして、様々なスキルを身に付けたいと考えている人には最適の環境と言えます。

対して、ワークライフバランスを大切にしたいと考えている人からすると、合っていない環境と言えるでしょう。

入社後のキャリアが見えない

労働環境が整っていないということに付随して、入社後のキャリア形成が不透明なのも不安要素にあげられます。

これまでのキャリア形成のモデルケースが少ないので、入社後どのように評価されていくのかが把握できません。

安定志向の強い人から見ると、ベンチャー企業はかなりリスクの高い企業と言えるかもしれません。

実力主義の社風についていけるかが不安

ベンチャー企業は、年功序列の風土は無くほとんどが実力主義なので、成果を上げた分だけ評価される場合が多いです。

そのため、仕事への意欲が低い人や、プライベートを充実させたい願望が強い人から見ればかなり不安を感じてしまうかもしれません。

しかし、逆に言えば年齢が若くても仕事の成果次第では、入社年度に関係なく昇進することも可能です。

ばりばり仕事をこなして、経験を積んでいきたいと考えている人から見れば、最適の環境と言えるでしょう。

ベンチャー企業で働くメリットとは?

ベンチャー企業で働く不安要素が理解できたところで、ここからはメリットを紹介していきます。

ベンチャー企業で働くメリットは以下の4つです。

それぞれ見ていきましょう。

昇進が早くて高収入が狙える

先述しましたが、ベンチャー企業は実力主義の会社がほとんどなので、スキルが認められて成果をあげれば年齢に関係なく昇進できます。

そのため、20代前半でも役職に就くことが可能です。

大手企業や大企業では、考えられない位にスピード出世することが可能なので、出世欲が高い人からしてみれば仕事をする最適な環境と言えます。

社員同士の距離が近い

前職では、社長と仕事の話す機会が無かったり、顔を見たことすらない人も居るのではないでしょうか。

対してベンチャー企業では、社長のそばで働ける傾向にあり、社員と社長との距離が近いという特徴があります。

経営者のそばで働くことによって、自分がやってみたい仕事の提案など、直談判できる環境があるため、自発的な志向性がある人にとっては、メリットの1つといえます。

そのため、将来的に起業や事業家を視野に入れているのであれば、ベンチャー企業という環境は非常に良い環境といえます

同じような考えの人と働ける

会社の社風や方向性には経営者や重役の思考が色濃く反映されていることがほとんどです。

ベンチャー企業に転職する人のほとんどが、その社風や思考を魅力的と考える人たちが集まっています。

そのため、1つの目標に向かって、同じ目標を持った仲間と仕事がしたいと考えている人にとっては最適の環境と言えます。

また、同じベンチャー企業とはいえ、経営者によってかなり社風が異なります。

そのため、企業が出している求人やホームページを入念にチェックしておきましょう。

責任の多い仕事を与えられる

ベンチャー企業は、社員の数に比べて一人当たりに割り振られる仕事の量がかなり多いです。

そのため、その仕事量を分散させるために、新入社員に対してもかなり多くの仕事が降られます。

中には、新入社員には責任が重い仕事を振られるケースもかなり多いです。

ベンチャー企業のほとんどは、じっくりと研修を重ねて業務を覚えていくというよりも、実戦形式でどんどん仕事をこなして覚えていきます。

いち早く仕事を覚えたいという欲が強い人からすると、この上ない職場と言えるでしょう。

ベンチャー企業に向いている人の特徴

一般的な企業に比べて、ベンチャー企業は働き方や社風がかなり特殊です。

そのため、人によってかなり向き不向きがあります。

ベンチャー企業に向いている人の特徴は、下記の通りです。

それぞれを説明していくので、自分がベンチャー企業に向いているか確かめてみましょう。

成長意欲が高い人

ベンチャー企業で働くのは、困難やリスクが伴うため、「本当にこの人は本気で働いてくれるのか」という点を採用担当者は見ています。

もちろん、経験のある即戦力人材を探している面があるものの、それ以上にガムシャラになって働けるかどうかが大事です。

また、実力主義の風土なので入社早々あらゆる仕事をこなして、成長していきたいという意思が強い人に最適の環境と言えます。

生半可な気持ちで入社してしまうと、入社してから後悔してしまうので、後悔しないように自分の気持ちを確認してから転職するようにしましょう。

挑戦を恐れず新しいことにチャレンジできる人

ベンチャー企業では、日々新しい事業やプロジェクトが立ち上がり、仕事内容も日に日に変化していきます。

そのため、新しい仕事にも果敢に挑戦する気持ちの強い人が、活躍していける傾向があります。

仕事の変化に伴い、仕事に関わる人も変化していくので、その時々で柔軟に適応できる力が求められます。

仕事から逃げずに最後までやりきれる人

日々新しい仕事が出来るのに伴い、その分手探りで仕事を進めなければならないので、様々なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

そのため、様々なトラブルを対処していくうちに精神的にも身体的にも疲弊していきます。

そのような状況になっても、挫けずに最後まで仕事をやりきる責任感のある人が、ベンチャー企業から重宝されます。

ベンチャー企業への転職に成功するには?

それではここから、ベンチャー企業への転職に成功するためのポイントを紹介していきます。

転職を成功させるためのポイントは、大きく分けて3つあります。

それぞれ説明していくので、転職するにあたってぜひ参考にしてみて下さい。

転職の進め方が分からない20代必見!転職の進め方完全マニュアル

明確なキャリアプランを持っている

「入社後にどのような仕事をしたいのか」

「3年後には○○のポジションに就いて部下をまとめられる人材になりたい」などのように入社後のキャリアプランを持っておくのが大切です。

特にベンチャー企業の場合は、日々仕事内容が変化していくので、入社後の明確なキャリアプランを持っていないと目的を見失ってしまいます。

明確なキャリアプランを設定してから、転職を決断するようにしましょう。

働くイメージを持っている

面接の時に、働いている姿をイメージ出来ている会社には、内定を貰いやすい傾向があります。

ベンチャー企業ではメンバーが一体となって同じ目標を達成するため、まだ世にない事業を展開していくことになります。

そのため、会社の事業に対して具体的なビジョンが描けているかが大切です。

この部分が曖昧だと、「転職後のミスマッチが原因で早期退職してしまうのでは?」と判断され、落とされてしまう可能性が高くなります。

成長していく企業を見極める

冒頭で述べましたが、ベンチャー企業は1年で40%、10年後には5%の企業しか生き残っていません。

苦労して入社したとしても、数年後には倒産してしまう恐れがあります。

そのため、企業ごとの事業内容や業績などから、企業が今後どうなっていくのか予想しなければなりません。

成長していく企業に入社できれば、幅広い仕事を経験できて、スキルに応じて高い収入を得ることもできるでしょう。

ベンチャー企業への転職はリクらくを活用!

ベンチャー企業は、他の企業と様々な面で異なる部分が多いので、不安や悩みを感じる人が多いかもしれません。

もし一人で解決できないようであれば、当サイトのリクらくを活用してみませんか?

リクらくでは、転職に必要なあらゆるサービスが無料で受けられます。

加えて、リクらくを活用した人の90%以上が採用されている安定した実績を誇っています。

ぜひあなたもリクらくの充実したサポートを受けて、転職を成功させましょう!

お電話お待ちしています!

【回答例付き】20代の面接で聞かれることが多い8個の質問を紹介!