大学中退して後悔したこととは?後悔する人・しない人の特徴を紹介

大学中退して後悔したこととは?後悔する人・しない人の特徴を紹介

これから大学を中退しようとしている人・すでに中退している人など、大学中退後の進路に不安を感じていませんか?

大学中退している経歴は、就活で不利になってしまう要素なので、将来を見据えて慎重に判断したいところ。

大学中退は人生の中でも大きな決断なので、後悔してしまうとその後の人生にも影響してしまうことも。

そこでこの記事では、大学中退を後悔する人、後悔しない人それぞれの特徴を紹介していきます。

また、既に後悔している人に向けて、後悔を解消するポイントも紹介していくので合わせて参考にしてみてください!

大学中退した人はどのようなことに後悔しているのか

年間で約8万人が大学を中退していますが、後悔している人は意外にも多いです。

果たして、大学を中退したことを後悔している人は、どのようなことに後悔しているのか紹介していきます。

大学中退後の最終学歴が高卒になってしまう

大学に在籍していたとしても、中退してしまうと高卒扱いになり、高卒と大卒とでは就職
難易度にも大きな違いがあります。

加えて、就職先の選択肢や初任給にも大きな差があり、待遇の違いを実感することになるでしょう。

そのため、大学中退した後に後悔してしまう人が多くなっているようです

大学を中退した人の最終学歴とは?就活に成功する方法を合わせて紹介!

大学中退後ほとんどの人がフリーターになる

2012年に独立行政法人労働政策研究・研修機構が、大学中退者を対象とした調査を行い、「大学中退後に非正規社員として働いている人の割合」を発表しました。

その調査結果によると、大学中退後にフリーターになる人の割合は以下の通り。

 

男性で約4割、女性だと6割近くの人が、大学中退後に非正規雇用で働いている結果に。

大学卒業後に非正規雇用で働いている人の割合が23%(男女)なので、大学中退者の非正規雇用者割合は高いことが分かります。

大学中退を後悔してしまう人の特徴とは?

大学中退を後悔してしまう人には、全員に共通している特徴があります。

特徴を説明していくので、大学中退を考えている人は自分が当てはまっていないか確認してみましょう。

大学を中退することが目的になっている人

「勉強についていけない」「友達ができない」などの目の前の嫌なことで視野が狭まってしまい、大学中退することが目的になっている人がいます。

嫌なことを解決するための手段として大学中退を考えてしまうと、中退後の進路を何も考えていないため、路頭に迷ってしまうことも。

一次的な感情や特に理由もなく中退してしまう人は、必ず後悔することになるでしょう。

ネガティブな理由で退職している人

「学校に通うのが面倒くさくなった」「単位が足りず留年してしまうため中退した」などのネガティブな理由で退職している人も後悔する人の特徴。

大学の中退理由は就活の面接の際に必ず質問されることなので、ネガティブな中退理由を伝えてしまうと印象が悪くなってしまいます。

そのため、就活が不利になってしまい、思い通りの就活ができない場合がほとんど。

就活が上手くいかずに就活期間が長くなってしまうと、より就活の難易度が上がってしまうため、正社員への道がより遠のいてしまうでしょう。

大学中退しても後悔しない人の特徴とは?

後悔する人に対して、大学中退しても後悔しない人もいるのが事実。

ここからは大学を中退しても後悔しない人の特徴を紹介していきます。

やりたいことができて中退した人

大学在学中に興味を持てることができたり、夢ができたりして大学を中退している人は後悔しない人がほとんど。

自分の夢や目標を追いかけて中退している訳なので、後悔してしまう可能性も非常に低いです。

大学在学中に企業をした人

大学在学中に企業をして成功し、大学に通う意味が無くなって中退している人も一定数います。

海外や日本の実業家など起業して成功している人がたくさんいるため、現代では学生のうちから企業する人の割合が高いです。

企業に成功している状態で中退している人は、後悔する可能性も低いでしょう。

将来ビジョンを考えなおして中退した人

大学に入学して学んでいたが、自分が思っていた内容と違い、将来について考え直したというパターンです。

大学中退後のビジョンを明確に持っているため、中退しても後悔する確率が非常に低くいです。

大学中退の後悔を解消する3つの方法

ここからは、大学を中退して後悔している人に向けて、抱えている後悔を解消するための方法を紹介していきます。

方法は大きく分けて3つあります。

ポイントを理解し、後悔を解消して就活を成功させましょう!

中退後の空白期間が長引かないうちに就活を始める

大学を中退した後の期間に関しては、職歴に含まれない空白期間になるため、空白期間が長引いてしまうと転職が不利になります。

そのため、大学中退後にアルバイトや派遣の仕事などを始めてしまうと、将来的に就職しづらい傾向が。

そうならないためにも、いち早く就活を始めて中退した後の期間を長引かせない様にしましょう。

とにかく行動をしてみることで、漠然と抱えている不安や後悔などが薄れていくこともあります。

いつまでも後悔していても何も始まらないため、とにかく行動に移し、就活を始めてみましょう。

仕事に活かせる資格を取得する

大学中退者は学歴が高卒で、企業からの不信感を持たれているため、就活で不利になることが多いです。

そのため、アピールポイントを作るために、就職先の仕事に役立つ資格を取得しましょう。

資格があれば、その資格に関連したスキルや知識を証明できるため、企業からのニーズも高くなります。

しかし、資格取得するまでに時間が掛かったり資格によって難易度が異なるため、計画を立ててから資格勉強を始めるようにしましょう。

資格取得までに時間が掛かってしまうと、就活を始めるタイミングが遅くなってしまいます。

安定した生活が送れる公務員になる

大学中退者におすすめの職種は、学歴や経歴が一切重視されない公務員です。

公務員をおすすめする理由は、何と言っても安定性があるという点で、給与・待遇・雇用どこをとっても一般的な職種より高水準。

仕事量も落ち着いており、休日出勤や残業が無いのも大きなメリットです。

大学中退者でも試験に合格すれば公務員になれるので、興味がある人は今すぐにでも試験勉強することをおすすめします。

しかし、公務員試験は倍率・試験難易度ともに高くなっているため、相当の勉強をしていかないと合格する見込みはありません。

そのため、ある程度の覚悟を持ち、しっかりと計画を立ててから試験勉強を始める様にしましょう。

大学中退から公務員を目指せる?公務員の種類や目指す際の注意点を解説!

大学中退する前に中退する意味があるのか考えなおすのが大切

大学を中退してから後悔しても時間は戻らないので、後悔する前に中退すべきかしっかりと考える必要があります。

そのため、今中退しようか考えている人は、中退する前に以下の2点を十分に考えてから中退するべきか決断しましょう。

大学中退後の進路が決まっているか

まず考えることは、大学中退した後の進路を見据えているかということ。

大学中退後のビジョンが何も決まっていない状態で中退してしまうと、何をすればいいのか分からず途方に暮れてしまいます。

とりあえずでフリーターになってしまうと、中々抜け出すことができず、空白期間が長期化してしまう場合も。

フリーターの期間は職歴に含まれない空白期間となってしまうため、長引くほど就活が不利になります。

そのため、大学を中退するのであれば、ある程度の見通しを立ててから中退する様にしましょう。

大学中退すると就活や転職で不利になる覚悟があるか

大学を中退してしまうと最終学歴が高卒になってしまうため、就職歳の選択肢がかなり狭まってしまいます。

また、企業は大学中退者に対して良い印象を持ってないため、就活が不利になってしまうことも数多いです。

そのため、大学を中退することで、その後のキャリアに影響が出てしまうということを覚悟しておきましょう。

いつまでも後悔するのはNG!すぐに行動を起こそう!

ここまで読んでいかがでしたか?

大学中退は人生の中でもかなり大きな決断なので、将来をしっかりと見据えてから判断しなければなりません。

後先考えずにその場の勢いや一時的な感情だけで大学中退を決めてしまうと、中退後に必ず後悔してしまいます。

また、後悔をいつまでも引きづってしまうと行動に移せないため、内定を貰えない状況に陥ってしまうでしょう。

そのような状況に陥らないためにも、いち早く行動に移し後悔を解消するようにしましょう!

また。どうしても就活に不安を感じてしまう人は、当サイトのリクらくを活用して就活をしてみませんか?

就活で不安や悩みを感じたらリクらくを活用!

当サイトのリクらくでは、20代前半の就活・転職をメインにサポートを行っています。

大学を中退してから就職すると、分からないことや不安なことがたくさんありますよね。

しかし、安心してください!

リクらくを活用した人の内定率は90%を超えており、安定した実績を誇っています。

些細な悩みや就活に関しての様々悩みなど、気軽に電話で相談してきてください。

また、リクらくで受けられるサポートは全て無料となっています。

リクらくを活用して、高卒からの就職を成功させましょう!