フリーターは面接時にどんな服装をすればいい?正しい服装を知って面接を有利に進めよう

「はじめての正社員面接で、何を着ていけば良いのか分からない」

「服装自由で指定が無い場合は、どんな服装をしていけばいいんだろう…」

面接時の服装は、意外と就職活動をしているフリーターを悩ませます。

基本的にはスーツを着ていけば大丈夫ですが、

「どんなスーツを着ればいいのか?」

「髪型やバックはどうすればいいのか?」

正社員面接を経験したことが無いフリーターにとって、面接に着ていく服装は悩んでしまいがちです。

そこで今回は、正社員面接の際にフリーターが正社員への就職面接で、好印象を与える服装について解説していきます。

面接時のフリーターの服装は基本的にスーツでOK

正社員面接は、基本的にスーツスタイルの服装でOKです。

アパレル関係の業界などの服に関する職種以外は、ほとんどの場合、スーツを着ていけば問題ありません。

しかし、一口にスーツと言っても、様々スタイルがあります。

スーツの色や柄、インナーシャツや靴など色んな種類があり、着ていく服装によってあなたの印象がかなり違います。

好印象を持ってもらうためにも、スーツを選ぶときのポイントを理解しておきましょう。

スーツスタイルで知っておきたいポイントを、男女別に紹介していきます。

フリーターの男性の服装マナー

まずは男性の服装から説明していきます。

スーツ

基本的にはビジネススーツを薬用しておけば問題ありません。

スーツの色は、黒か紺色などの落ち着いた色を選びましょう。

スーツの形は、シングルスーツで2ボタンか3ボタン。

袖口が余っていたり、丈があっていないとだらしなく見えてしまうので、気を付けましょう。

また、汚れがあったり、しわが入っていたりするとだらしなく見えます。

自分でアイロンをかけるか、クリーニングに出して手入れをしましょう。

ワイシャツ

ワイシャツの色は、基本的に無地で白色のワイシャツを選びましょう。

多少色の入っているワイシャツでも問題ありませんが、派手過ぎてしまうと、いい印象を持たれません。

また襟はレギュラーカラーのタイプで、自分に合ったサイズのワイシャツを選びましょう。

体に合っていない大きさのワイシャツだと、かなりだらしなくなってしまいます。

購入する際には、試着をするか、スーツ屋さんの店員にアドバイスを貰いながら選ぶといいでしょう。

ネクタイ

ネイビーやグレー、グリーンなどの落ち着いた色であれば、特に問題はありません。

ストライプやドットなどの柄が入っていても、大丈夫です。

ただ、ピンクやゴールドなどの派手な色や、独特の柄が入ったネクタイは避けましょう。

また、白や黒のネクタイは冠婚葬祭の際に着用するネクタイなので、就職活動には適しません。

靴下

靴下の色は、黒色かネイビーまたは白がベストで、多少柄が入っていてもOKです。

椅子に座った時に、足首が出てしまうと見栄えが悪くなるので、ふくらはぎ位まで長さのある靴下を選びましょう。

バック

バックは黒・紺・茶の落ち着いた色のビジネスバックが好ましいです。

面接に必要な書類や、企業から受け取る書類があるので、A4の用紙が入るバックにしましょう。

中にはリュックの人もいますが、リュックだと用紙にしわが付いてしまったり、素早く取り出せないリスクがあります。

ビジネスバックを持って行けば、問題ありません。

また、自立するバックであれば書類を素早く出せたり、倒れてバックの中身が出ないので安心です。

髪型

髪型は人のイメージを大きく左右します。

「爽やかさ」「清潔感」が主食活動では何よりも大切になるので、前髪が長すぎたり、髪の毛がぼさぼさだとあまりいい印象を与えられません。

耳や眉毛が隠れない程度の短髪で、黒髪だと爽やかな印象を与えられます。

寝癖が付いていたり、整髪料を使いすぎてしまわないように程よくセットしておきましょう。

腕時計

面接前に、面接官から書類を記入するように言われる場合があり、時間指定をされるケースがあります。

面接中は、当然スマートフォンで時間を確認できないので、時間間隔が分からず時間内に記入が終わらないことも考えられます。

そのため、普段は腕時計を付けない人でも、面接の際には腕時計をつけていきましょう。

腕時計は、ごつごつしたものや派手なデザインのものは避けて、シンプルで無難なものを選びましょう。

フリーターの女性の服装マナー

ここからは、フリーター女性の服装を説明していきます。

スーツ

女性の場合も男性と同様に、黒か紺などの落ち着いた色のビジネススーツを着用しましょう。

スカートの場合は、長さがひざ丈ぐらいのもの。

パンツの場合は裾が広がっていない、太すぎないものを選ぶといいでしょう。

ブラウス

白色であれば、開襟でもレギュラータイプでもどちらでも構いません。

しかし、胸元が強調されるようなブラウスを着るのは避けましょう。

また、下着が透けないように、ブラウスの下にはベージュや白のインナーを着るようにしましょう。

しわや汚れがあると、清潔感が無いだらしない人と判断されてしまいますので、注意が必要です。

ストッキング

ストッキングは、ベージュのものを選びましょう。

ストッキングの厚さによっては、野暮ったく見えたり清潔感が無いように見えます。

そのため、30デニール位が理想です。

また、ストッキングが伝染してしまう恐れがありますので、予備のストッキングを持っておくと安心です。

女性の場合は、黒色のパンプスを履くのが一般的で、ヒールの高さは3~5センチが好ましいです。

装飾が無いシンプルなものを選びましょう。

また、就職活動をしていると、歩く機会がかなり増えます。

そのため、ヒールが高すぎたり足に合わないパンプスを選んでしまうと、靴づれを起こしてしまいます。

バック

バックは男性と同様に、黒や紺のシンプルなデザインのバックにしましょう。

A4の用紙が入るサイズが好ましいです。

女性の場合は、化粧直しのために、予備の化粧品を持っているのでバックが膨らみがちです。

あまりかさばっていると、見た目が良くないので、持ち物は最小限にしましょう。

髪型

男性と違い女性は、髪色の許容範囲が広いものの、黒髪であれば間違いないです。

髪が肩にかかってしまうようであれば、後ろで一つ縛りにしておきましょう。

また、おでこを出すと表情がよく見えて、いい印象を与えられます。

化粧

化粧は派手にならないように、ナチュラルなメイクをしましょう。

しかし、化粧が薄すぎてしまうとノーメイクと勘違いされてしまい、失礼にあたる場合があるので、血色がよく見えるメイクを心がけましょう。

また、ネイルや、強い匂いの香水もNGです。

自分を飾り過ぎず、控えめにすると印象がいいです。

リクルートスーツは25歳まで!

25歳以上のフリーターが就職活動をする際には、リクルートスーツではなく、ビジネススーツを着用しましょう。

一見どちらも同じように見えますが、面接官はリクルートスーツとビジネススーツの違いを見抜きます。

「20代後半にもなって、ビジネススーツの一着も持っていないのか」と面接官に思われてしまいます。

就職活動を本気で行っていないと解釈されてしまう場合もあるので、ビジネススーツを購入するのをおすすめします。

「服装自由」「オフィスカジュアル」の場合はどうすればいい?

ここまでで紹介したような服装をしていけば、大抵の場合はOKです。

しかし、企業によってはスーツ着用が義務化されていなかったり、自由な社風の企業であれば「服装自由」「服装指定なし」の場合があります。

こういう場合には、何を着ていけばいいのかが見当つかなくて悩んでしまいますよね。

「服装自由」と言われているのに、スーツを着ていくのは失礼になるのか?

色々と悩むこともあると思うので、「服装自由」「オフィスカジュアル」の場合はどのような服装で行けばいいのか、説明していきます。

清潔感があり、落ち着いた服装

「服装自由」「オフィスカジュアル」と指定された場合も、基本的にスーツの時と一緒で、清潔感・落ち着きがある服装が好ましいです。

服装の基本は、ジャケット・シャツ・スラックス・革靴でコーディネートしましょう。

ネクタイはしていかなくても大丈夫です。

上記のようなスタイルの服を持っていない場合には、ファーストファッションのお店で、比較的安価な値段で揃えられます。

持っていないからと言って、カジュアルすぎる服装で行ってしまうのはNGです。

スニーカーやデニムは避けましょう

いくら服装自由とは言っても、スニーカーやデニム、個性的な服装で面接に行くのは避けましょう。

カジュアルすぎてしまうと、その場にそぐわない服装になってしまい、相手に対して失礼にあたります。

社会人としてのマナーが身に付いていないと判断されてしまいますので、気を付けましょう。

面接時のフリーターの服装のポイントを押えて面接に挑みましょう

フリーターの服装のポイントは、

以上の三つです。

上の記事を読んで、この3つのポイントを押えておけば、服装で失敗することはないでしょう。

また、服装だけではなく面接自体に苦手意識を抱えている人も多いと思います。

そんな人は、下記の記事を参考にしてみてください。

https://www.rikuraku.net/freeter/furi-ta-mensethu-kowai/

【面接が怖いと感じるフリーターへ~面接を克服する4つの方法~】

この記事を読んでも、まだ不安がある人は、リクらくに相談しましょう。

リクらくは服装の相談も歓迎しています

面接時の服装は、あなたの印象を決めます。

だらしない服装やその場に適していない服装をして、面接に臨んでしまうと、面接の内容以外で不採用にされてしまう場合もあります。

あなたを判断する最初の材料なので、しっかりとした服装をしていい印象を与えましょう。

当サイトのリクらくは、面接の服装の相談も受けていて、面接に適切な服装を提案します。

服装以外でも就職活動に困ったことがあれば、何でも相談してきてください。

「自分が何の職に向いているのか分からない」

「就職活動の進め方が分からない」

「履歴書の添削をしてほしい」

などの転職活動における、どんな些細な悩みや相談でも、全力でサポートし的確なアドバイスをします。

内定率は教員の90%を誇っており、サービスもすべて無料になっています。

リクらくを活用して、就職活動を成功させましょう!

また、自分が何の職に向いているのか分からないと感じる人は、下記の記事も参考にしてみてください。

https://www.rikuraku.net/freeter/huri-ta-syuusyoku/

【フリーターが就職しやすいおすすめの職種を紹介します!】