フリーターを待ち受けている悲惨な末路と回避方法を紹介!

フリーターとして生活している人の中には、今の時点で将来への不安を感じることも少ないでしょう。

しかし、ほとんどの人は目先のことで頭がいっぱいになり、就活に踏み出せない人も多いと思います。

果たして、この先ずっとフリーター生活を続けていくと、どのような末路が待ち受けているのでしょうか?

今回の記事では、フリーター生活を続けるとどのような事態を引き起こすのか説明していきたいと思います。

また、それと合わせてフリーターが就職しやすい職種や、就活の進め方も解説していきます。

自分の境遇に当てはめて、現状を変えるきっかけにしてみてください。

フリーターの悲しき末路とは?

若い年齢であれば、フリーター生活をしていても特に不安を感じることなく、生活が送れるるでしょう。

しかし、フリーター生活が長くなり年齢を重ねていくと、若い頃には感じなかった不安を抱えるようになります。

不安を抱えているのも関わらず、面倒くさいなどの理由で就活をせず、フリーターを続けると悲惨な末路が待ち受けています。

具体的にどのような末路が待ち受けているのか、紹介していきます。

低収入で生活していかなければならない

フリーターは主に時間給で働いているので、当たり前ですが働いた分の収入しか受けられません。

高い利益をあげたり、仕事のスキルがあったとしても、時給以外の収入は得られません。

そのため、フリーターとして月に稼げる金額は決まっており、マックスでも20万円後半くらいです。

若い年代であれば、正社員として働いている人よりも、稼げるかもしれません。

しかし正社員は年齢が上がるにつれて、昇給やボーナス・各種の手当などがあるので、フリーターの給料をゆうに超えます。

対してフリーターの場合は、ボーナスや昇給が無いので、大幅な年収アップは望めないでしょう。

いつまでも給料が変わらず、不安定な生活水準で生活していかなくてはなりません。

老後に年金が受け取れない

働いている国民のすべてに、年金を納める義務があり、もちろんフリーターも例外ではありません。

正社員として働いていれば、支給される給料の中から、各種保険料や年金が天引きされます。

そのため、年金を支払えないという事態は無くなります。

一方でフリーターの場合には、年金加入の手続きや、支払いを全て一人で行わなければなりません。

毎月送られてくる支払書をもって、コンビニで料金を支払わなければならないので、支払いを忘れてしまう月もあるでしょう。

また、低い収入の中から家賃や携帯代・生活費などを支払うと、自分で使えるお金はかなり少ないです。

その残ったお金の中から、年金を支払うとなると、捻出するのが難しく支払いを後回しにしてしまうケースが多いです。

年金を納めないと、老後に貰える年金額が少なくなったり、最悪の場合には年金を貰えない場合もあります。

年齢が上がると就職の難易度があがる

20代前半は、若さを買われてポテンシャルや成長性を重視した採用活動が行われます。

若ければ、経歴やスキルに関係なく就活が進められて、フリーターからでも優良企業に採用されるケースがあるでしょう。

しかし、年齢を重ねていき、30代を超えてしまうと就活がかなり困難になってしまいます。

成長率やポテンシャルは、年齢を重ねていく毎に、低下していく傾向があります。

また、応募条件に年齢制限を設けている企業もあるので、就職先がかなり絞られてしまいます。

結果として、就職したくても就職できないという状態に陥ってしまいます。

収入が少ないので結婚ができない

20代後半に差し掛かると、徐々に結婚する人が多くなり、あなたの周りでも結婚する人が多くなるでしょう。

結婚するには当然相手がいなければ、結婚はできませんが、ある程度のお金も必要になってきます。

付き合っている相手がフリーターでは、収入が安定しておらず。掲載的な面が原因となって結婚に至るケースが少ないです。

また、結婚相手の両親も付き合っているのがフリーターだと、将来への不安から結婚を認めてくれないでしょう。

友人が少なくなる

フリーターは世間的に見て、

「働く気力が無いだらしない人」

「いつまでも学生気分がぬけない意識の低い人」

…などのマイナスイメージが先行しています。

正社員として働いている人から見れば、フリーターはかなり下に見られているかもしれません。

フリーター生活を長く続けている人に対しては、たとえ友人の立場でも、あきれた目で見られてしまうかもしれません。

また、フリーターは働く時間帯もバラバラで、中々友人と時間が合わないケースもあるでしょう。

会わない期間が長くなると、そのうち連絡も取らなくなり、疎遠になってしまいます。

家族からも見放されてしまう

フリーター生活が長くなると、有人だけに留まらず家族からも見放されてしまうでしょう。

大切に育ててきた息子・娘がいつまでもだらだらとフリーターをしていると、両親にとっては残念でなりません。

フリーター生活を始めたての頃は、「早く就職先を決めなさい」と言われていたのが、いつしか言葉をかけられなくなります。

言葉をかけられなくなったのは、見放されてしまったからです。

家族からも見放されてしまうと、頼るべき相手がいなくなってしまいます。

人並みの生活が送れない

フリーターはすべての面で、生活水準が低くなってしまいます。

年齢が上がるにつれて正社員との生活水準の差は開いていく一方です。

そのため、いつまで経っても生活水準が上がらず、収入が低いので、人並みの生活を送ることができません。

同年代たちが結婚し、子どもができて好きな場所に旅行に行っているのにも関わらず、フリーターは生活するだけで精いっぱいです。

生活していくだけの給与を稼ぐだけで精一杯の、悲惨な末路を迎えてしまいます。

フリーターから正社員になるには30歳が節目

フリーターからの就職に明確なボーダーラインは設けられていませんが、一般的な認識は30歳で大きな区切りになります。

30代に入ってから就活しようとなると、かなり難易度が高くなります。

求人に年齢制限をかけている企業の数もあるので、就職先の選択肢がかなり狭められてしまいます。

30代の未経験者は、採用しても企業の利益に繋がらないという認識をされています。

だらだらとフリーター生活を続けてしまい、30代になって就職できないという事態に陥らないためにも、20代の間に就職先を決めましょう。

フリーターと正社員の主な違い

フリーター 正社員
給与 時間給 固定給
ボーナス なし あり
昇給 なし あり
福利厚生 一部あり あり
年金 あり あり
各種手当 一部あり あり

フリーターと正社員では、収入や待遇などにかなり大きな差があります。

年齢が上がるにつれて、差は開く一方なので少しでも早く就活して、正社員になるべきです。

未経験OK・経歴不問の職種であればフリーターでもスムーズに就職できる

新卒や第二新卒と同じようなスタンスで、就活を進めるのは得策ではありません。

20代前半であったとしても。新卒や第二新卒に比べると、どうしても就職難易度が上がってしまいます。

そのため、フリーターでも就職しやすい職種に絞って、就活を進めればスムーズに内定を貰えるかもしれません。

フリーターでも就職しやすい職種には、

上記のような特徴があります。

必ず就活できるわけではありませんが、ある程度は採用基準が甘くなっているので、内定率も上がります。

下記の記事で、フリーターが就職しやすい業種を詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

高卒フリーターでも就職できる!内定を貰うポイントと就職しやすい業界を紹介!

悲惨な末路を迎えないためにも今すぐに就活を始めましょう

ここまで読んだ人なら理解していると思いますが、フリーター生活をずっと続けていくと、悲惨な末路が待ち受けています。

そのため、いち早く就活を始めて、内定を貰えるようにしましょう。

どのように就活を進めれば良いのか分からない人もいると思うので、具体的な就活方法を紹介していきます。

求人サイトに登録してどのような求人があるのかチェックしておく

就活を始めるうえで、最初に始めるべきは、どのような職種に就きたいのか明確にすることです。

やりたい仕事が無く、中途半端な就活を始めると、進めていく中で目標を見失ってしまう恐れがあります。

まずはどのような企業が求人を出しているのか、様々な企業の求人が見られる、求人サイトに登録しておきましょう・

スマホから登録するだけで、いつでもどこでも企業の求人を見ることができて、どのような仕事内容なのかを求人から情報を得られます。

職場の雰囲気や収入、福利厚生なども分かるので、自分に合っていると感じればすぐに応募ができます。

また、求人サイトに登録しておくことで、就職に対してのアンテナを張れるので就活を能動的に取り組めるでしょう。

自己分析・業界研究を行う

意外と軽視されがちですが、就活において自己分析・業界研究は必須です。

自分がどのような特徴を持っていて、どのような能力を秘めているのか、普通に生活していたら分からない部分が多いでしょう。

自分を理解しなければ、自己PRや志望動機、面接で出される質問に上手く答えられないでしょう。

履歴書が不十分であったり、面接の受け答えがうまく出来ないと採用される可能性はかなり低くなってしまいます、

採用されるためにも、自己分析・業界研究は十分に行っておきましょう。

正社員登用制度があるアルバイトをする

企業によっては、アルバイトから正社員になれる「正社員登用」の制度を設けている企業もあります。

一般的な就活こそフリーターは不利な面が多いものの、アルバイトからであれば。割とスムーズに正社\\員になれるかもしれません。

現在のバイト先で正社員登用制度があれば、そのバイト先で正社員になるのも一つの手です。

また、もし別の業界でやりたい仕事があるのであれば、正社員としてではなくアルバイトから始めるのも良いでしょう。

就職に有利な資格を取得する

フリーターには経歴や仕事上のスキルが特にないので、アピールすべきポイントがありません。

経歴やスキルはすぐに身に付くものではないので、どうすることもできません。

しかし、資格であればものによって難易度に差があるものの、短期間で取得できるものもあります。

また次の職に関連している資格であれば、就活の中であなたのアピールポイントになります。

自分が希望する職種にどのような資格が役立つのか、調べておきましょう。

リクらくを活用してフリーターから正社員になろう!

就活は基本的に一人で進めていくので、就活の経験が無いフリーターからすれば、不安なことが多いでしょう。

分からないことを相談できる相手がいない状態で、就活を進めていくと、あまり良い結果を望めないでしょう。

いつまでも就職先が決まらないという事態も考えられるので、そうならないためにも、当サイトのリクらくを活用してみましょう。

リクらくでは、フリーター向けの未経験歓迎・経歴不問の求人を多く抱えていて、あなたに合った求人を紹介できる体制が整っています。

また、リクらくを活用した人の内定率は90%を超えており、安定した実績を誇っています。

リクらくで受けれるサービスは全て無料となっているので、安心して相談してみてください。

リクらくを活用して、フリーターからの就職を成功させましょう!

また、こちらの記事でフリーターを続けるメリット・デメリットを紹介しているので、参考にしてみてください。

フリーターを続けるメリット・デメリットを紹介!いち早く正社員になりましょう