フリーターの就活に適したタイミングとは?

現在フリーターをしている人の中には、このままフリーターをしていて良いのだろうか?と悩んでいる人も多いでしょう。

年齢を重ねていくにつれて周りの友人が仕事で昇進したり、結婚する人が多くなると、フリーターを続けることに危機感を感じてしまうと思います。

しかし、就活を意識した時に、フリーターがどのタイミングで就活を始めればいいのか?と疑問に思う人が多いでしょう。

そこで今回は、フリーターがどのタイミングで就活を始めればいいのか、説明していきます。

就職を考えているフリーターの人は、ぜひ参考にしてみてください!

フリーターが就活しやすいタイミングは特にない

結論から言うと、フリーターが内定を貰いやすいタイミングはありません。

フリーターが選考を受けるのは基本的に中途採用枠で、一年間を通して企業が求人を出しているので、いつでも就活を始められます。

「思い立ったら今すぐ就活を始める!」がポイントです!

そのため、フリーターが就活を始める時期を気にする必要はありません。

というより気にするべきではありません。

就職したい気持ちが強いのであれば、時期に関係なく、今すぐに就活を始めましょう。

求人の数が増えるのは、3月・9~10月

内定を貰いやすい時期は無いものの、3月・9~10月は求人数が多くなります。

求人数が多くなれば、それだけ選考を受ける選択肢が増えるので、優良企業や自分が行きたい企業の求人もたくさん増えるでしょう。

3月は主に人事異動や、新しい職場に転職する人が多くなるため、求人数が多くなります。

9~10月は夏のボーナス後で、ボーナスを貰って会社を辞める人が多いため、辞めた人の穴を埋めようと求人数が多くなります。

しかし、求人数が多くなっても、その時期を狙って転職をしようとする人も増えるので内定が出やすいわけではありません。

就活しづらい時期もない!

就活しやすい時期はありませんでしたが、就活しづらい時期も特にありません。

フリーターの就職率が、時期によって変わることはないのです。

しかし、いつまでもフリーターから抜け出せず、就活に踏み出せないでいると取り返しのつかない事態になってしまいます。

フリーターの就活は今すぐに始めましょう

フリーター期間が長くなり、年齢が高くなると就活にとても不利になります。

というのも、企業が未経験者を採用する場合には、若さを何よりも重視します。

年齢が若ければ今後の成長に期待してポテンシャルを重視して採用できます。

しかし、年齢が高いと仕事の呑み込みが遅く、成長速度も年齢が若い人に比べて遅いので企業から敬遠されてしまいます。

そのため、求人の応募条件に年齢制限を設けている企業もあります。

年齢が上がってしまうと、選択肢も少なくなってしまい、希望する企業に就職できる可能性が極めて低くなります。

あなたが働きたいと考えている仕事に就職するためにも、いち早く就活を始めるのをおすすめします。

内定を貰えないフリーターに共通している特徴

就職しようと思っても、人によっては中々内定を貰えない人もいるでしょう。

内定を貰えない人には共通している特徴があり、その特徴を理解しておかないと、いつまでも就職できません。

内定を貰えないフリーターに共通している特徴は、

上記の3つです。

自分が該当していないか確認してみましょう。

フリーターの期間が長い

先述しましたが、フリーター期間が長くなり年齢が上がるにつれて、就職難易度はあがります。

また、フリーター期間が長くなると、

「正社員として働く意欲が低い」

「学生気分が抜けていない人」

上記のように、様々な不信感を抱かれてしまいます。

不信感を持たれてしまうと、払拭するのはかなり難しいです。

様々な先入観を持たれて、就職が不利にならないためにも、早い段階でフリーターを辞めて就活を始めましょう。

就活に目標を持っていない

就活をしている人の中には、特に目的や理由を持たずに就活をしている人がいます。

企業側からしたら、目的を持たずに就活をしている人は、何も魅力に感じません。

目的を持たない人を採用したとしても、仕事をしていくモチベーションが低いので、仕事のパフォーマンスに期待できないでしょう。

結果として、採用しても会社にとってプラスになる要素が無いと判断されてしまいます。

企業から魅力的な人材だと思われるためにも、自分が何を目指して就活しているのか、目的を持ちましょう。

就活に対しての行動量が少ない

新卒や正社員からの転職者に比べると、フリーターは特に経歴もなく、専門的なスキルを持っていないので就職難易度が高いです。

その事実を知らずに、職場に多くの条件を求めてしまい応募する企業を絞ってしまうと、より就職難易度が高くなります。

このように、就職活動そもそもの行動量が低いのが、就職できないフリーターに共通しています。

自分の条件をたくさん提示してしまい、企業を選り好みしてしまうと、いつまでも内定が貰えない事態に陥ってしまいます。

実際に働き始めてみないと、分からない事も多いので、ある程度は妥協するのも大切です。

行動量を増やして、応募する企業を増やせば、その分内定を貰える可能性も高くなります。

フリーターが就職に成功するポイント

就職できないフリーターの特徴を紹介してきましたが、ここからは就職に成功するためのポイントを紹介していきます。

このポイントを押えておけば、内定率もぐっと上がるので、ぜひ参考にしてみてください。

求人サイトへ登録しておく

まずは手軽に始められることから始めておきましょう。

簡単に始められるのは、求人サイトに登録しておくことです。

求人サイトに登録しておけば、どのような企業が求人を出すのか動向を常にチェックできます。

企業によって、求人の掲載期間は違うので、自分が就職したい企業の求人がいつ出されるか予測できません。

そのため、定期的に求人をチェックしておかないと、応募したい企業が求人を出したとしても応募できずに終わってしまいます。

就活スケジュールを立てる

就活にスケジュールを立てず、目的を決めておかないと、いつまでもだらだらと就活を続けてしまう場合があります。

中々内定を貰えないでいると、自信を失ってしまい、就活を放棄してしまう恐れがあるでしょう。

しかし、就活スケジュールを決めておけば就活をする目的が生まれて、自分をいい意味で追い込めます。

いつまでに内定を取りたいのか、内定を取るためには今何をすればいいのか?スケジュールを立てればやるべきことが明確になります。

内定希望時期の3か月前から始めましょう

内定を貰うまでの期間は人によって、かなり差があります。

就活を始めてから、1週間で内定を貰える人もいれば、半年かかってしまう人もいます。

一般的に就活にかかる期間は、3ヶ月と言われているので、あなたが内定を貰いたい時期の3ヶ月前から就活を始めるのが1つの目安です。

就活期間を設定せずにだらだらと就活をしていると、内定を貰うのに1年かかってしまう人もいます。

就活はかなりエネルギーを使うので、長期間で就活を行うのは厳しいです。

短期間で集中的に、行うのが良いでしょう。

就活に入る前に準備を万全にしておく

何も事前準備をせずに就活を始めてしまうと、効率的な就活はできません。

行きたい業界の設定・応募書類の作成・面接の準備など、準備しなければならない事はたくさんあります。

何も準備せずに、内定を貰えるほど就活は簡単ではありません。

「備えあれば患いなし」という言葉もあるように、準備を万全にしておけば、失敗も少ないでしょう。

就活を少しでも思い通りに進めるためにも、就活前の準備を完璧しておきましょう。

また、フリーターの中には面接経験が少なく、面接に恐怖心を持っている人もいるかと思います。

そんな人は下記の記事も参考にしてみてください。

面接が怖いと感じるフリーターへ~面接を克服する6つの方法~

就職エージェントを活用して就職活動を有利に進める

フリーターには、就活の経験が少なかったり、経験がない人がほとんどだと思います。

そのため、1人で就活を進めていくのは不安なことが多くなるでしょう。

そんな方には、当サイトのリクらくを活用してみましょう。

リクらくでは、一人一人に専属のエージェントが付いて、あなたの就活を全面的にサポートします。

内定後もサポートは続いて、会社に入社した後の不安点や疑問点も、解消できるように全力のサポートを致します。

使用料はすべて無料となっているので、安心して活用してみてください。

フリーターは就職したいと思ったらすぐ行動!

求人が増える時期こそありますが、フリーターの就職しやすいタイミングはありません。

就職したいと思ったタイミングで始めましょう。

フリーターの期間が長くなるにつれて、就職の難易度は高くなるので、フリーターの人はすぐにでも就活を始めるようにしましょう。

しかし、何の準備もせずに就活を始めても、いい結果は望めません。

自己分析・業界研究をしっかりと行い、応募書類・面接練習の準備を万端にしておきましょう。

就職はいつから?ではなく今からです!

あなたの就活が成功するのを祈っています。

また、どんな職に就きたいのか決まっていない人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

フリーターが就職しやすいおすすめの職種を紹介します!