フリーターが就職するためにやるべき4つのことと成功が近づく5つの方法

フリーターが就職するためにやるべき4つのことと成功が近づく5つの方法

フリーター生活を送っている人の中には、

「就活したいけど就活の進め方が分からない...」

「就活に向けて何を準備すればいいのだろう?」

…など、就活したくても何から始めればいいのか分からない人が多いのではないでしょうか?

フリーターのあなたが満足できる就活をするためには、就活の準備と計画性がもっとも大切です。

そこでこの記事では、フリーターからの就活を成功させるために、やっておくべきことや就活を成功させるポイントを紹介していきます。

フリーターは職歴に含まれないことを理解しておきましょう

通常、就活や転職をする上で、職歴やスキルなどが内定を左右する大切な要因になります。

そのため、多くの求職者が、スキルや職歴のアピールの仕方に工夫を凝らして魅力的に伝えるようにします。

しかし、フリーターをしている期間は職歴にカウントされないので、履歴書に書いたり面接の中でアピールすることができません。

フリーターの期間が長くなるにつれて、職歴にかけない空白期間が長くなるので、内定率がぐっと低くなります。

フリーターは自由で責任がかからない気ままなポジションですが、その分続けるリスクが高いというのを理解しておきましょう。

フリーターが就職するためにやるべきこと

それではここから、就活するためにフリーターのうちにやるべきことを説明していきます。

やるべきことは大きく4つあります。

1つずつ補足していきます。

就職に活かせるアルバイトを経験する

先述した通りにフリーター期間は職歴に含まれないので、あなたが熱心にアルバイトを頑張っても、何一つ就活で役に立ちません。

就活意識するのであれば、希望している職種と関連したアルバイトに就きましょう。

職歴としてのアピールはできないものの、スキル面でのアピールにはなります。

将来的に事務職への就職を目指しているのであれば、パソコンを扱うアルバイトをして、基本的な知識を身に付けたほうが良いでしょう。

将来を見越して、少しでもアピールポイントを作れるように努力しましょう。

正社員登用のあるアルバイトをする

フリーターからいきなり正社員として働くのに抵抗がある人も多いかと思います。

そういう人は、正社員登用制度がある企業でアルバイトをしましょう。

アルバイトを経験してから正社員になれば、仕事内容を一通り理解したうえで、正社員として働けます。

また、新卒として入るよりも仕事が分かっているので、働く上で自信にも繋がるでしょう。

バイト先によっては、正社員登用制度が無いところもあるので、事前に確認しておきましょう。

就活に活かせる資格を取得する

フリーターは経歴やスキルの面でアピールポイントが無いので、就活の難易度が高くなっています。

アピールポイントを作るには、資格がかなり有効と言えます。

正社員として働いている人が資格を取ろうとしても、勉強する時間が中々取れません。

しかし、フリーターはシフト制で働く時間を自由に決められるので、資格勉強に充てる時間が作れます。

資格をアピールすれば、就活する上でかなりの強みになるので、時間がある今のうちに資格を取得しておきましょう。

こちらの記事でフリーターにおすすめの資格を紹介しているので、読んでみて下さい。

フリーターの就職に資格は必要?就活に有利な資格10選

日頃から求人を見る習慣をつける

就活を成功させるには、就職に関する情報収集がかなり大切になります。

情報収集がしっかりできていないと、どのような企業があるのか分かりませんし、どういうアピールをすれば良いのかも分かりません。

情報収集の手段は、企業が出している求人をチェックしておくのがおすすめです。

求人サイトに登録すれば、携帯1つで24時間どこでも求人をチェックできて、企業の動向が分かります。

また、たくさんの求人を見ていけば、就職へのアンテナが高くなり感度も上がります。

手軽に始められるので、まずは求人サイトに登録してみましょう。

履歴書作成・面接対策は必須です!

就活において、履歴書・面接を通過しなければ内定が貰えません。

そのため、いずれも万全の対策を練って、完璧な状態で就活に臨まなければなりません。

志望動機・自己PRなど考えなければならないことは山のようにあります。

就活に入ってから、「もっと入念にやっておけばよかった…」と反省することが無いよう、万全の準備をしておきましょう。

また、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

フリーター必見!面接で聞かれる空白期間の回答方法!

フリーターの就職を成功させる5つのポイント

やるべきことが分かったところで、就職を成功させるポイントをこれから紹介していきます。

視野を広げる

フリーターには就職して社会人として働いた経験が無いので、社会のルールや職種など知らないことが山のようにあります。

社会を理解していない状況で就活を始めて、入社まで行ってしまうと、

「やっぱりあの職業に就きたかった…」

「この仕事向いていない…」

…など、ミスマッチが生まれて、早期退職してしまう可能性があります。

入社後のミスマッチを減らすためにも、十分に情報収集して、あなたの視野を広げてから就活を行いましょう。

就活の軸を決める

就活を通して、どのような仕事に就きたいのか・年収はどのくらい貰いたいのかなど、あなたなりの就活の軸を設定しましょう。

就活の軸が決まっていないと、就活が思うようにいかなくなったときに、目的を失ってしまいます。

就職に対してのモチベーションが保てなくなってしまうと、就活を投げ出してしまう可能性もあるのでかなり危険です、

就活してどうなりたいのかの軸を設定して、目的を見失わないようにしましょう。

なるべく多くの選考を受ける

企業を選り好みしすぎてしまったり、就活をするモチベーションが作れず、応募ができないでいるといつまで経っても社会人デビューができません。

内定率を高めるためにも、なるべく多くの企業にエントリーして、選考を受けるように心掛けましょう。

選考を受ける企業の数が多くなれば、就活の要領が掴めてきて、最終的に優良企業へ就職できる可能性もあります。

特に面接に関しては、場数をこなしていかないと上手くなりません。

あまり興味が無い企業にも、面接練習をするくらいの気持ちで選考を受けてみてもいいかもしれません。

何事もそうですが、経験が大切です。

就活をたくさん経験して、たくさん失敗して、最終的に成功すれば良いくらいの気持ちで臨みましょう。

就活スケジュールを立てる

就活するにあたって、入社日を設定し、就活スケジュールを組むと効率よく就活ができます。

ゴール地点の入社日を設定すれば、そこから逆算して、いつまでに何をすべきなのか、自分の中で整理できます。

また、就活が思うようにいかなかった場合に、目標が設定されていればモチベーションを保つことができます。

今すぐに始められるので、就活を始める前にスケジュールを立ててみましょう。

就活エージェントを活用する

フリーターからの就活は基本的に一人で行うので、不安や悩みが出てくると思います。

不安を抱えたままだと、就活の方法が間違っていて、就活が思うように進まないことも考えられます。

不安を抱えずに就活をしたい場合には、就活エージェントがおすすめです。

就活エージェントを活用すれば、悩みや不安ができても解決してくれるので、安心して就活が進められるでしょう。

就活エージェントには様々な種類がありますが、フリーターからの就活であれば当サイトのリクらくがおすすめです。

就活に困ったことがあればリクらくを活用しましょう

リクらくでは一人一人に専属のエージェントが付いて、満足できる就活ができるように完全サポート致します!

履歴書作成・面接練習・内定後のフローなど、就活に関する全てのサービスを無料で受けられるのがリクらくの大きな特徴です。

また、「未経験歓迎」「経歴不問」の求人を多く取り扱っており、フリーターからでも内定が貰える求人が豊富に揃っています。

リクらくを活用した人の90%が内定に至っており、安定した実績を誇っています。

リクらくを活用して、フリーターの就職を成功させましょう!