フリーターが就職しやすいおすすめの業界・職種を紹介します!就職しにくい仕事とその理由も解説

フリーターが就職しやすいおすすめの業界・職種を紹介します!就職しにくい仕事とその理由も解説

フリーターをしている人の中には、生活を安定させるために、就職して正社員を目指そうとしている人も多いと思います。

しかし「フリーターの期間が長いから…」「経験がないから…」などフリーターからの就職をあきらめていませんか?

仕事の種類は限られてしまいますが、フリーターからでも就職できます。

正社員になれば、給与アップに加えて福利厚生・キャリアアップなど様々な面で、フリーターよりも安定した生活を送れます。

この記事では、フリーターからでも就職しやすい業界、逆にフリーターからでは就職しづらい業界を紹介していきます。

就職を考えているフリーターの方は、是非参考にして、就職活動に役立ててみてください!

新卒と比べるとフリーターの就職は難易度が高い

厚生労働省が実施した調査によると、正社員を採用する際、約半数の企業が「フリーター」よりも「新卒」や「転職者」を優先したいと考えていることが明らかになりました。

新卒者に比べるとフリーターの内定率は低い

2021年の新卒の正社員内定率は、約81%です。

新型コロナウイルスの影響で2020年よりも内定率は下がっていますが、以前高い水準を維持しています。

一方でフリーターの正社員内定率は、年齢にもよりますが15歳から29歳までの間で約30%ほどです。

新卒内定の二分の一以下。

データを見ても新卒よりも内定の獲得が厳しいのは顕著です。

フリーターを採用してよかった企業もある

フリーターを採用した企業フリーターへの評価は決して低くありません。

たとえフリーターであっても、仕事に対する熱意や意欲をうまくアピールできれば、採用のチャンスがあるといえるでしょう。

フリーターからでも目指せる業界の特徴とは?

フリーターの生活から抜け出して、正社員になりたいと考えている人は多くいます。

しかし「未経験・長期間フリーター」ということを引け目に感じているため、就職活動を始めようとする人は少ないです。

もちろん経験がないと就職ができない職種もありますが、未経験からでも働き始められる職種がたくさんあります。

フリーターから目指しやすい業界には3つの特徴があります。

1つずつ詳細に説明していきます。

人材不足を抱えている業界

業界によっては、離職率が高かったり、応募者が少ないことが原因となり、人手不足に陥っている業界があります。

人手不足を抱えている業界であれば、過去の経験やスキルなどを重視した採用を行いません。

そのため、フリーターからでも就職できる可能性が高いです。

しかし離職率が高いということは、「休みが少ない」「給与が少ない」「残業が多い」など、労働条件が悪い場合が多いです。

離職率が高い業界に就職する際には、条件面で問題があることを覚悟しておかなければなりません。

資格やスキルが不問な業界

業界や職種によっては、仕事をする上で資格や専門的な知識を必要とする職種もあります。

看護師・プログラマー・デザイナーなどがその部類です。

資格が必要な業界・職種の場合には、フリーターから就職できません。

その反面、資格やスキルが不問の業界・職種であれば、フリーターからでも就職できます。

充実した研修体制が整っている業界

就職先によっては、未経験でも仕事を早く覚えられるように、充実した研修体制が整っている企業もあります。

主に、IT業界にこのような傾向が見られます。

IT業界は、目覚ましく発展している業界で、日に日にニーズが多様化しています。

多様化されるニーズに応えようと、様々なサービスを展開しており、発展に伴って多くの人材を集めようとしています。

未経験者の人材を採用して、企業ごとの研修でIT人材に育成するのです。

パソコンの電源の入れ方も分からない状態からでも、研修を受ければ十分にIT業界で通用するスキルが身に付きます。

求人を見て、研修にどのくらい力を入れているのかを見てみましょう。

フリーターから正社員に転身しやすい5つの職種

新卒や社会人経験がある第二新卒に比べると、フリーターは就職活動を行うにあたり、不利なことが多いです。

しかし業界によってはこれまでの経歴に関係なく、就職できる業界もあります。

就職するハードルも低く、すぐにでも就職できる可能性が高いですので、就職活動に向けて参考にしてみてください。

営業職

営業職は学歴や職種経験、これまでの経歴をあまり重視しない特徴があります。

取り扱う商材によっては、専門的な知識が必要とされる企業も多いですが、そのほかのほとんどの企業は未経験を歓迎しています。

経歴よりも、人柄やコミュニケーション能力などの、人間的スキルを求められます、

そのため、商材などに関する知識などは、入社してからでも身に付けられると考えている企業が多いです。

一口に営業といっても法人営業・新規開拓・ルート営業など種類は様々です。

自分の性格にあった営業職を選ぶと失敗も少ないでしょう。

営業職は社会人としての基礎スキルを身に付けられる

営業職の最大の魅力は、全ての職種に通じる社会人としての基礎を身に付けられるという点です。

電話やビジネスメール、仕事相手との接し方など営業する上で必須となるスキルです。

また、営業職の最終目標はお客様に貢献して、利益を得ることです。

お客様にサービスを提供し、利益を得る過程をお客様と直接顔を合わせてできる営業職の経験は、次の転職活動で有利になります。

人気職の広告やマーケティング、企画職と仕事過程が似ていて、最終的な目標も利益を上げる点では同じです。

将来的に、広告業界や企画職に就きたいと考えている人は、転職を有利にするために営業職を経験しておくのもいいかもしれません。

頑張った分だけ給与が高くなる

営業職の給与は、固定して払われる給料と別にインセンティブ手当が付きます。

インセンティブ手当というのは、自分が挙げた利益に見合った額を受け取れる手当のことです。
インセンティブが付くことによって、やった分のお金がもらえるので、やりがいにもつながります。

未経験から始めてから数か月後には、月給40万円も夢ではありません。

大変な職種ではあるものの、やった分だけ給与が貰える点は、上昇志向が強いフリーターに向いているかもしれません。

営業職は成果へのプレッシャーがある

営業職は結果がでればモチベーションも上がり、収入も上がりますが、反対に結果がでないときは収入も上がらず、プレッシャーを感じます。

また、営業先で断られるのもよくあることです。落ち込まずに仕事として割り切る力や次への対策を考えられる人の方に向いているでしょう。

販売・接客

販売・接客は自分が先頭に足ち、モノ・サービスを販売する職業です。

日常生活の中で関わることも多く、アルバイトをした方も多いためイメージしやすいのではないでしょうか。

学歴や販売未経験であっても正社員として採用される可能性が高く、ポテンシャルを評価してもらえる職種です。

アルバイトで入社しても正社員として登用されることも珍しくありません。

対人スキル・マネジメント力が身につく

接客は様々な人と関わる機会が多いため、対人スキルや顧客対応能力が身につきます。

顧客だけではなく、早い段階からマネジメントを任されることも珍しくありません。

給与を上げたい人には物足りない

販売・接客業で働くデメリットとしては、以下が挙げられます。

販売・接客業が学歴不問で正社員になれる可能性が高いです。

しかし開口が広いということはある程度誰にでもできてしまうため、給与が低い点が挙げられます。

そのため、稼ぎたいと感じている方には物足りないでしょう。

しかし接客が好きな人にはおすすめの職種です。

飲食関係

飲食業界は過去に経験してきたアルバイトや、経験が生きるケースが多いです。

学生時代に飲食関係のアルバイトを経験していれば、飲食業界では歓迎されます。

また、複雑な業務もほとんどないため、未経験者だとしてもすぐに仕事を覚えられます。

しかし仕事内容は単純ですが、仕事量が多いのが飲食業界の特徴です。

仕事量の多さから、辞めてしまう人が多く、数ある業界の中でもトップクラスに離職率が高い業界と言えます。

店舗によっては月の休みが3日しかない所もあるみたいですので、「体力勝負」の業界だということを覚えておきましょう。

飲食関係はやりがいを自分で見出す必要がある

仕事をしていくうえで、自分のやりがいをどこに見出すかとても大切なポイントです。

やりがいがお金である人もいれば、お客様に喜んでもらえることにやりがいを感じる人もいます。

やりがいが無いと何のために仕事をしているのか分からなくなり、仕事へのモチベーションを保ちにくいです。

飲食業界は、休みが少なく、決して給与も高いとは言えません。

自分なりに仕事のやりがいのポイントを見出しておく必要があるでしょう。

土木作業員

土木作業員も、飲食関係と同じく体力勝負の仕事です。

重い資材を運んだり、外で仕事をする点では、飲食業界よりもはるかに体力勝負の仕事と言えます。

土木作業員に就職するのに、必要なものは特にありません。

求人もたくさん出ていますので、すぐにでも就職できるでしょう。

学際時代に運動系の部活をやっていたり、現在でも定期的に体を動かしていれば、かなり重宝されます。

体力的にハードな仕事なので、給与も決して低くはありません。

フリーターよりも確実に稼げますし、経験を重ねれば給与も上がりますので、体力に自信がある人からすれば、かなり条件のいい仕事と言えます。

業界全体で年齢が高く、職人気質な人が多い

一緒に仕事をしている人に対してジェネレーションギャップを感じてしまったり、理不尽な理由で怒られてしまったなど、人によっては人間関係を築きづらいと感じてしまうかもしれません。

考え方に偏りがあって、自分のやり方にこだわっている人が多い業界です。

慣れるまでは時間がかかってしまうこともあるでしょう。

しかし義理堅い人ばかりなので一度受け入れられてしまえば、仕事しやすい環境と言えます。

介護職

介護職は、数ある業界の中でもトップクラスに慢性的な人材不足を抱えています。

数年前から、需要に追い付いていませんでした。

さらに近年、高齢化が加速していることによりさらに介護士のニーズが高まりました。

介護職の平均年齢も高く、介護を受ける側と介護している側の年齢があまり変わらないこともあります。

そのため、介護業界全体で若い世代の人材を求められています。

業務内容によっては、資格が無ければできない業務もあるものの、基本的には無資格・未経験で仕事ができます。

また、土木作業員と同じで仕事をしながら資格を取得できる特徴もあり、資格を取得すれば、資格手当を受け取れます。

業務内容は施設に入って、高齢者の方の介護をするのが主な業務です。

しかし介護士としての経験を積んでいけば、ケアマネージャーになり、施設運営などの業務に携われます。

働き方次第では、介護士から施設長になれるケースもあります。

介護職はかなり給与が少ない

介護職は、給与が少ない業界として有名です。

始めたばかりの時は、給与が手取りで16万前後と言われており、生活ギリギリの給与しか貰えません。

年数を重ねれば、給与も上がっていくものの、突発的に高くなる見込みはないかもしれません。

ただし、資格を取得し、体力と気力があれば病院のケアマネージャーへのステップアップも望めます。

プログラマー

何の知識もないフリーターからプログラマ-に就職できるわけないと思われるかもしれません。

しかしIT業界では多くの未経験者を募集しています。

未経験者を募集している背景には、人手不足が関係しています。

急速なIT技術の発展に伴い、多様化するニーズに応えられない企業が多くなっています。

経験者のみを募集しても、人材を確保しきれない企業が多いので、未経験者も募集するようになりました。

そのため、企業ごとに確立した研修体制があります。

少しでも早く現場に出て、会社の一員になってほしいと考えているので、効率のいい研修を受けられます。

プログラマーのメリット

プログラマーのメリットは、一生もののスキルを身に付けられることにあります。

プログラマーはこれからの時代において、最も必要とされる職業の1つです。

ニーズが無くならないので、ITのスキルを身に付ければ、この先は職に困ることが無いと言ってもいいでしょう。

例え就職した先の仕事環境が悪かったとしても、数年仕事経験しておけば、経験者として転職ができます。

限りなくキャリアアップの可能性があるので、仕事へのモチベーションも維持しやすいと思います。

業界全体で給与が高いので、生活水準も上がります。

「キャリアアップ」を就活の目標にしている人におすすめの業界です。

プログラマーのデメリット

プログラマーのデメリットとしては以下があげられます。

プログラマーは、IT技術の発展にあわせて、常に勉強してスキルを身に付けることで業務の幅が広がる仕事です。

仕事の他に自主的に勉強したくない人には向かない仕事でしょう。

スキルがないままだと、誰でもできるような単純なテストしか任せてもらえず、年収がいつまでたっても上がりません。

フリーターから目指すことが難しい仕事の特徴とは?

ここまでフリーターからでも就職しやすい業界や職種を紹介していきました。

ここからは逆に転職しづらい仕事の特徴を説明していきます。

下記の条件に当てはまっている仕事を希望している場合には、就職先を考え直した方がいいかもしれません。

資格が必要な仕事はハードルが高い

仕事によっては、資格がないと仕事につけない仕事もあります。

資格がない場合には、応募資格に達していないので応募すらもできません。

資格を取ってから、就職活動をする道もありますが、よほどの覚悟がないとおすすめできません。

資格の難易度にもよりますが、資格取得に長い時間かかってしまうケースもあります。

しかも資格を取得したと言って、内定を貰えるとは限りません。

また資格勉強中はあまりバイトもできないため、収入が少なく、生活が苦しくなってしまうこともあります。

資格が必要な仕事を志望する場合には、多少のリスクを覚悟しなければなりません。

スキルや経験を必要とする仕事

資格とは別に、これまでのスキルや経験を必要とする職種もあります。

などが当てはまります。

このような職の場合には、ある程度の実務経験を積んでいないと、採用される見込みはほぼないでしょう。

企業の仕事内容に直結しなくとも、前職で関連性のある仕事を経験しているのが、最低条件になります。

フリーターからこのような職に就くためには、アルバイトから始めて正社員登用のチャンスをつかむか、経験を積んだうえで企業に就職するかの2パターンです。

どちらにしても長い下積みを経験しなければなりません。

中途半端な気持ちで始めてしまうと必ず後悔してしまうので、気を付けておきましょう。

営業職からキャリアチェンジがおすすめ

どうしても将来的に紹介したような仕事に就きたいなら、まずは営業職で基本的なビジネスマナーなどを身につけてから転職するのがおすすめです。

人気が高く倍率が高い大手企業

会社の知名度が高い大手企業は、業種に関係なく、人気があるのでかなり倍率が高いです。

フリーターからでも選考を受けられはするものの、内定を貰える可能性はかなり低いでしょう。

大手企業の場合は、新卒採用で若い年代の人材を確保するため、他の採用枠は経験者しか採用しません

そのため、フリーターから大手企業に入るのは、相当難易度が高いです。

フリーターが就職するメリット

若い内であれば、時間に融通が利いてシフト次第では正社員でも稼げるフリーターは魅力的でしょう。

フリーターでも生活していくだけのお金はあるのに…と正社員とフリーターとでまだ迷っている方も多いのではないでしょうか。

しかし年齢を重ねるにつれて年収の差も社会的信用の差も生まれてくるのが現実です。

ここではフリーターが就職するメリットを解説していきます。

収入が増える

若い内はフリーターの方が収入が多く感じるかもしれませんが、最終的には正社員の方が金銭的なメリットが受けられます。

●年収の推移(男性)

年収の推移(男性)参考:賃金構造基本統計調(2019年)│厚生労働省

20歳くらいまでは正規社員と非正規社員は年収の違いがあまり分かりません。

しかし年齢を重ねるにつれて差が開いていくのが分かります。

グラフを見て分かる通り、非正規社員は年齢を重ねても収入が横ばいです。

●年収の推移(女性)

年収の推移(女性)参考:賃金構造基本統計調(2019年)│厚生労働省

正社員にはボーナス・昇進・昇給・業績表彰などで年収がアップしていきますが、フリーターは昇給といっても時給が10円上がる程度です。

フリーター・正社員の生涯年収の差はどのくらい?驚愕の収入差を紹介します!

福利厚生がある

正社員には社会保険完備はもちろん、住宅手当・家族手当・有給休暇・従業員割引など様々な福利厚生が受けられます。

フリーターは時給制なので、休んでしまうと給料がもらえませんが、正社員になれば毎月の給料は補償されています。

女性であれば産休・生理休暇・育休などもあるため、プライべートとの両立がしやすいでしょう。

仕事にやりがいを感じられる

フリーターは自由はあるものの、正社員と比べると責任レベルの差はあります。責任が伴う分、発言権や裁量権を与えたれるでしょう。

言われた仕事をただこなすフリーターよりも社会貢献できている実感も湧きやすいです。

フリーターであれば、頑張って働いてもバイトリーダーまでにしかなれません。

しかし正社員なら店長・エリアマネージャー・本社勤務などキャリアアップが積める道が開けます。

社会的な信用を得られる

フリーターから正社員になれば、社会的信用が得られるでしょう。

社会的信用があると、車や住宅のローンを組むときに有利になります。

また結婚を予定している人は、相手家族からの信頼も得られるでしょう。

フリーターが就職するデメリット

フリータが就職するメリットを紹介しました。

一見するといいことづくめなフリーターからの就職ですが、就職することによるデメリットは、あるのでしょうか?

自由に仕事を休めなくなる

フリーターはバイトです。

どれだけ責任感を持っていたとしても、基本的には誰でもできる代わりの利く仕事。

そのため、変わりさえ見つければいつでも仕事を休むことが可能です。

もっといえばシフトに記入さえしなければ、いつでも大型連休を作成することが可能です。

しかし正社員で就職してしまうと、そうはいきません。

仕事に責任感が出てしまい、休みたい時にいつでも休める状態にはなれません。

副業が持てる

フリーターなら、よっぽどバイトの会社が厳しくない限り、副業は自由です。

今やyoutubeなど副業がメインの収入源を越えることもあります。

失うものは何もないため、様々なことに挑戦できます。

しかし正社員では、会社の就業規則として副業が禁止されている会社が多いです。

フリーターは年齢を重ねるだけ就職率が下がる

フリータが就職するメリット・デメリットについて書いていきました。

デメリットを踏まえても、正社員として就職するメリットの方が大きいのではないでしょうか?

もしこの記事を見て、あなたがフリーターから正社員への就職を本気で考え始めているなら、急いだほうがいいです。

フリーターの就職率は年齢を重ねただけ下がっていきます。

フリーターから正社員になるなら29歳まで

15歳から29歳までは、30%前後の就職率を保っています。

しかし30歳から44歳までの就職率は平均17%程度まで下がってしまいます。

20代での就職が圧倒的に有利になります。

仮にあなたが30歳を超えていたとしても当然1歳でも若い方が就職には有利になります。

思い立ったが吉日。

就職を本気で考えたなら一日でも早い行動をしましょう。

業界・職種を選べば、フリーターも就職できる

フリーターが就職しやすい業界の特徴 フリーターが就職しづらい業界の特徴
・離職率が高い
・資格や経験が不問
・充実した研修が整っている
 ・大手企業
・資格が必要な業界
・経験やスキルが必要な業界

業界は限定されてしまうものの、フリーターが就職しやすい業界を選べば、フリーターでも十分に就職できるチャンスがあります。

就職できる業界のポイントは、「専門知識が不要で人手不足の業界」です。

フリーターでも割と簡単に就職できてしまいますので、不安に思っていた方は安心してください。

しかし、「専門知識が不要で人手不足の業界」は給与が低い、休みが少ないなど何かしら原因があるのも事実です。

離職率も高いので、就職できたとしても仕事がきつくなると、辞めてしまう可能性も高いです。

給与・職場環境ともに安定した職場に行くためには、十分に就職活動の準備をしなければなりません。

フリーターだと、何から準備をすればいいのか分からないことも多いと思います。

そこでおすすめしたいのが、就職支援サービスのリクらくです。

下の項目で、リクらくについて詳しく説明していきます。

リクらくを使って就職活動を成功させよう

就職活動は基本的に一人で進めていくものですので、不安なことがあっても頼れる人がいません。

よくわからないまま就活を始めると、内定を貰うまでにかなり長い時間がかかってしまう場合も考えられます。

そうならないためにも、リクらくを活用しましょう。

リクらくは、一人一人に専任のエージェントが付いて、就活を全面的にサポートします。

他の求人サイトには掲載していないレアな求人から、安定した職場の求人など豊富に求人があるので、あなたに合った求人を紹介できます。

利用料は全額無料となっているので、気軽に電話してみてください。

リクらくとともに、就職を成功させましょう。