高卒の離職率は高い?離職率が高い業界と特徴を解説!

高卒の離職率は高い?離職率が高い業界と特徴を解説!

苦労して就職できたとしても、長期間勤務できなければ就職した意味が無くなってしまいます。

大卒や専門を卒業して修飾した人に比べて、高卒は入社した会社を早期退職する割合が増えています。

そこで、高卒の人がどんな業界で、どんな理由で辞めているのか気になりますよね?

早期退職している人の理由と、業界を知れば、それなりの対策をとることができます。

この記事では、高卒の離職率と離職率が高い業界の特徴を紹介。

自分が失敗しない様に、子の記事を参考にして就職する業界を決めてみましょう!

高卒の3年以内の離職率は39.2%!

厚生労働省が調査した、平成28年3月に卒業した新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況を見てみると、高卒の3年以内離職率は39.2%。

大卒の3年以内離職率は、32%なので高卒の方が、3年以内の離職者数が多いことが分かります。

1年以内離職者数でみても、「高卒は17.4%」「大卒は11.4%」になっており、高卒の離職者数の多さが分かります

それでは、なぜ高卒の離職者数がこんなにも多いのか、退職理由を見てきましょう。

新規学卒就職者の離職状況(平成28年3月卒業者の状況)を公表します』厚生労働省

高卒が早期離職している原因は仕事のミスマッチが主な原因

卒業後に就職した会社を離職した主な原因を解説していきます。

厚生労働省が発表した、平成25年若年者雇用実態調査の概況によると、下記の理由で退職していることが分かりました。

  1. 労働時間・休日・休暇の条件が良くなかった(20.3%)
  2. 人間関係が良くなかった(19.6%)
  3. 仕事が自分に合わない(19.0%)
  4. 賃金の条件が良くなかった(17.9%)

これらの理由を見てみると、主に入社後のミスマッチが原因で離職していることが分かります。

高卒は大卒と違い、「一人一社制」が原則となっているため、大卒のように内定を貰った数社と比較しながら企業選定を行うことはできません。

加えて、応募先を決める期間が夏休み期間中と定められているケースが多く、十分に企業研究できないのも離職率が高い要因となっているようです。

加えて、就職先の業種がかなり限定されており、様々な業界と比較できないのも関連しています。

高卒の離職率が高い業界の特徴

離職率の現状を理解できたところで、高卒が就職できる業界で離職率が高い業界を紹介していきます。

離職率が高い業界には、上記3つの特徴があります。

それぞれ見ていきましょう。

業界内全体の離職率が高い

上記のような思いを抱えて働いている人が多い業界は、離職率がかなり高く、入社しても早期退職してしまう可能性が高いです。

業界によって離職率はかなりの差があり、離職率が多い業界になると、3年以内の退職者数が半数以上に上るケースもあります。

業界分析をおこなえば、離職率が高い業界・低い業界を理解することができるので、入念に業界研究を行っておきましょう。

高卒の就職先はブラック企業しか無い!?ブラック企業に共通している特徴を紹介

未経験者を歓迎している業界

企業が出している求人に「未経験者歓迎」と書いてある業界も離職率が高いのでかなり危険です。

未経験者を歓迎している業界は、慢性的に人手不足に陥っているため、経験者だけを採用しても人手が足りません。

そのため、経験を問わずに採用して人手を確保しようとしています。

未経験者を歓迎している業界は、選考ハードルが低く、採用されやすい特徴があるものの入社しても長期間働ける可能性はかなり低いです。

また転職を繰り返してしまうと、仕事のスキルが何時まで経っても身に付かないので、キャリアを形成していくことができません。

資格や経歴が不問の業界

資格や経歴が不問となっている業界も離職率が高い業界として有名です。

言い方が悪くなってしまいますが、だれでも始められる業界なので、その分人の移り変わりが激しいです。

そのため、給与が低くなり、不満を抱えて退職する人が多くなっています。

高卒の離職率が高い5つの業界を解説

それではここから、離職率が高い業界を5つ紹介していきます。

それぞれ見ていきましょう。

飲食、宿泊関連のサービス業

レストランや居酒屋などの飲食業や、ホテルのフロントマンなどの職業は、離職室が高い
事で有名です。

昼夜関係なく働くので生活リズムが狂ってしまったり、人手が不足している業界なので、少ない人数で働かなければなりません。

大きな特徴として、正社員だけでは業務を回せないので、アルバイトを雇っている特徴があります。

また、仕事量に対しての給料が低いため、収入面で不満を抱えている人が多いようです。

娯楽業

遊園地やスポーツ施設、遊技場などのスタッフは、仕事量が多いのに対して収入が低いという特徴があります。

仕事内容は比較的で単純で誰でも始められる職業ですが、その分人の移り変わりが激しい業界と言われています。

教育関連業界

教育業界は子どもよりも、保護者からの圧力に耐え切れず、ストレスを抱えて退職している人が多くなっています。

教育している子どもの学力が上がらないと「教え方が悪い」などと後ろ指をさされてしまい、
精神的に追い詰められているようです。

販売、小売り業

業種によっては、売り上げのノルマがあり、そのノルマを超えられないと上司から叱責を受ける場合もあります。

仕事に慣れていない段階でノルマを課せられても、そのノルマを達成するのはかなり厳しいですよね。

加えて、収入も低いので離職率が高くなっているようです。

建設業

建設業は、働き次第で高い収入を得られるものの、体を使う仕事なので身体的に辛くなって離職してしまう人が多いようです。

また、建設業界は「年功序列」という昔ながらの風土が残っているため、その風土に適応できないと長期間勤務するのはかなり厳しいでしょう。

就職した業界で長く働くためのコツ

早期退職を繰り返してしまうと、スキルや経験が身に付かないため、キャリアを形成していくことが難しくなります。

加えて、早期退職した経歴は、次の転職の際に必ず不利になってしまいます7.

そのため、就職した会社で長期間働くのが一番です。

そこでここからは、長期間勤務できる企業を見つけるポイントを紹介していきます。

自己分析・企業研究を入念行う

先述した通り、高卒が離職してしまう理由の多くは、企業とのミスマッチ。

ミスマッチが起こってしまうのは、自己分析・企業研究をしていないために起こります。

自己分析・企業研究の重要性を紹介していきます。

自己分析

「自分はどのような仕事に向いているのか」
「仕事のどこにやりがいを感じるのか」
「自分の適性や能力が活かせる職場はどこなのか」

就職する上では、上記を理解しておかなければ、自分に合った企業に就職することはできません。

何も考えずに就職してしまうため、入社後「なんか合わないかも」とミスマッチが起こってしまいます。

自分の本当にやりたい仕事を深く考えてから、就職先の企業を選ぶようにしましょう。

企業研究

企業研究も自己分析と同じく、自分に合った企業を探すために必須です。

企業ごとに業務内容・会社規模・収入・福利厚生・社風などが全く異なるため、何も考えずに企業を選んでしまうとかなり危険です。

求人や企業のホームページをよく読んで、どの企業が向いているのかを研究してみましょう。

様々な職種の企業にエントリーする

就職先の企業を絞ってしまい、エントリーする企業が少なくなってしまうと、その分企業を見極めることができません。

そのため、エントリーする企業の幅を広げて、なるべく多くの企業の選考を受けるようにしましょう。

実際に働きださなくとも、面接を受けるだけで企業の雰囲気や社風を感じることができます。

たとえ内定を貰ったとしても、内定を承諾しなければ、入社に進むことはありません。

沢山の選考を受けているうちに、自分に合った企業に出会える可能性がかなり高くなります。

高卒にはどのような就職先がある?高卒におすすめする7つの仕事を紹介

就職エージェントを活用する

長期間勤務できる自分に合った企業を見つけるには、就職エージェントを活用しましょう。

就職エージェントは、丁寧なヒアリングをして、一人一人の特性に合った企業を提案することができます。

また、一人で就活を行うのに比べて、就活エージェントを活用した方が採用率が高いので、いち早く就活を終えて働きだすことが可能です。

就活エージェントは様々な企業が実施しているサービスですが、高卒からの就活には当サイトのリクらくがおすすめです。

安定して働ける職場をさがすならリクらくを活用!

就職エージェントのほとんどが、経歴やスキルを重視した大卒向けのサービスになっているので、高卒はかなり不利になってしまいます。

しかし、当サイトのりくらくでは、20代の就職・転職を専門的に行っているため高卒からでも不利なく就活をすることができます。

また、リクらくでは履歴書の添削・面接練習などの、就職に関連した全てのサポートが敢然無料で受けられます。

加えて、リクらくを活用した人の90%以上が内定を貰っており、安定した実績を誇っております。

あなたもリクらくを活用して、長期間勤務できる自分に合った会社に就職しましょう!

焦って就職先を決めずに自分に合った企業を探しましょう

この記事では、高卒の離職率について解説してきましたが、ここまで読んでいかがでしたか?

高卒の3年以内の離職率は39.2%となっており、離職したほとんどの理由が、企業とのミスマッチ。

就職の目的を持たず、何の準備をしないで就職に踏み切ってしまうと、必ずミスマッチが起こり早期退職してしまいます。

ミスマッチは就活前に対策を行っておけば、十分に防ぐことが可能です。

焦って終章先を決めず、じっくりと準備を整えてから、就職先を決めるようにしましょう!

あなたの就職が上手くいくことを願っています。