高卒女性の就活事情とは?高卒女性におすすめの職種を紹介

高卒女性の就活事情とは?高卒女性におすすめの職種を紹介

「高卒女子の就活は難しいのでは…?」と性別や学歴を気にしている女性が多いのではないでしょうか?

女性が働ける仕事は限定されているイメージが強いので、そう思うのも無理はありません。

しかし、高卒女性が就職にマイナスのイメージを持ってしまうのは、実際の就職市場を把握していないのが原因。

リアルな就活市場を知れば、就職に対するマイナスなイメージが大きく変わるはずです。

そこでこの記事では、高卒女性の就活事情や高卒女性が活躍している職種を解説していきます。

就活を控えている女性のみなさんは、この記事を読んで参考にしてみて下さいね。

高卒女性の就職率は97.6%で男性と変わらない

文部科学省が調査した「平成31年3月高等学校卒業者の就職状況」によると、高卒者の就職率は98.2%。

非常に多くの高卒者が安定して就職できているという状況がわかります。

また、女性の就職率は97.6%、男性の就職率は98.5%で男女別でも就職率はほとんど変わらないことが分かります。

性別で就職難易度は変わらない

上記の調査結果から、男女の性別によって就職難易度がほとんど変わらないということが分かります。

一昔前まで女性ができる仕事はかなり限定されていましたが、現代では男女の垣根に関係なく就職ができます。

性別は就職にほぼ影響しないので、「女子は就職に不利なのでは?」と心配していた人は、安心して就職活動を進めてください。

学歴よりも能力を重視した採用が行われている

文部科学省が発表した「平成30年度大学等卒業者の就職状況調査」によると、大卒全体の就職率は、97.6%。

男女別に見ると、男性97.3%、女性97.8%となっています。

高卒の就職率と比べてみても、学歴によって就職率がほとんど変わらないことが分かります。

もちろん、入社している企業の規模や知名度に違いがあるものの、大卒だから就職に有利というわけではありません。

高卒でも何かしらの企業に就職できているのです。

そのため、高卒だからといって負い目に感じる必要はないので、自信を持って就職活動を始めるようにしましょう。

学歴が重視されるのは応募条件に「大卒以上」とある場合

一昔前では、「学歴フィルター」というものがあったり、ある程度の学歴を持っていなければ入社できない企業もありました。

俗にいう「学歴社会」というものです。

時代が進み、学歴によって就職難易度が変わることは少なくなってきたものの、企業によっては学歴を重視している場合もあります。

学歴を重視している企業は、求人に「大卒以上」と応募基準が定められており、高卒だと就職が不利になってしまいます。

応募できないというわけではありませんが、大卒に比べて不利になり、書類選考の段階で不採用になってしまう場合がほとんどでしょう。

採用を貰える可能性は限りなく低く、時間を無駄にしてしまう可能性が高いので、「大卒以上」の求人に応募するのはおすすめできません。

大手企業や大企業ではなくても優良企業はたくさんあるので、目指せる範囲で就職先を決めるようにしましょう。

高卒女性が活躍しているおすすめの職種

それではここから、高卒女性が活躍しているおすすめの職種を紹介していきます。

就職先を選ぶにあたって、既に同じ経歴の人が活躍している職場であれば、安心して就職ができるでしょう。

以下が、高卒女性におすすめできる職種です。

それぞれ補足して説明していきます。

公務員

公務員は、手厚い産休・育休制度などが充実しており、雇用も安定しているので安定した生活を送りたい女性におすすめの仕事です。

「収入が高い」「社会的信用が高い」「終身雇用である」などのメリットがあり、勤務年数によって給料が上がっていきます。

男女で大きな仕事の違いが無く、学歴に関係なく試験に合格すれば公務員になれるので、高卒女性に人気の高い職種です。

しかし、公務員の種類によっては、大卒以上でなければ受けられないものがあったり、年齢制限があるものもあるので事前に確認しておきましょう。

また、試験内容は幅広い範囲の教養を必要とされるので、十分な試験勉強をしなければなりません。

独学で勉強するのもいいですが、合格率をあげたい場合は、予備校に通って試験勉強することをおすすめします。

事務職

事務職は仕事量が控えめで、ほとんど残業が無いので、ワークライフバランスを大切にしたい女性におすすめです。

事務職はどこの企業にも必要とされる職種で、一般事務・営業事務・医療事務など様々な事務職があります。

しかし、いずれの事務職にしても仕事内容があまり変わらず、一度事務職に就けば経験を活かして様々な事務職に転職できます。

また、オフィスで完結する仕事なので、外出などが無く肉体的な負担も少ないです。

給与水準はそこまで高くないものの、落ち着いて仕事をしたいという人に向いている仕事と言えるでしょう。

高卒から事務職を希望している人必見!事務の業務内容や種類を解説!

営業職

営業職も事務職と同様に、ほとんどの企業にある職種で、不動産営業・食品営業・保険営業など様々な営業職があります。

営業職の特徴は、インセンティブ手当がつくところで、成果を上げた分だけ自分の給料が高くなる点です。

高卒で就職できる仕事は、大卒の就職先に比べるとどうしても低くなってしまいますが、営業職の場合は学歴に収入が左右されません。

そのため、いち早くキャリアを形成して、多くの収入を得たい向上心が強い女性におすすめできる職種です。

また、営業職で活躍している女性が多いため、育休や産休の制度が充実している企業が老いです。

しかし、仕事量が多い・ノルマがある・肉体的、身体的な負担が大きいなどの要因があるので就職する場合には覚悟しておきましょう。

介護職

現代では少子高齢化が進み、介護業界の需要が高まり、既存の職員だけでは補え切れていません。

また、介護している側と介護される側の年齢がほとんど変わらず、同年代同士で介護をしている現象が起きています。

こうなってしまう要因は、介護業界の若手不足が原因。

介護職に対して偏見を持っている人が多く、若い人材が集まらない状況に陥っています。

そのため、介護業界は男女問わずに若い世代の人材を求めており、学歴に関係なく就職することができます。

女性の利用者の場合、同性に介護をお願いしたいという人が多いので、女性スタッフのニーズが高くなってきています。

また、仕事を続けていく中で資格取得ができるのも介護職の特徴です。

資格を取得すれば、資格手当が出たり、仕事の幅が広がるので昇進や昇給にも繋がります。

高卒から介護職を目指している人へ!知っておきたい介護職の特徴!

IT系の技術職

IT業界と聞くと、それこそ大学を卒業していないと就職できないと思う人が多いかもしれません。

もちろん仕事内容は複雑で、仕事を一通りこなせるようになるまでにはかなりの時間を要しますが、人手が不足しているため学歴に関係なく入社することができます。

未経験者を歓迎している企業が多いので、入社後の研修体制も整っています。

経験を積んでスキルが身に付けば、性別に関係なくキャリアアップができ、高い収入を得られます。

男性がしていた仕事に高卒女性が進出している

冒頭で男女の垣根が無くなり、今までに男性がしていた仕事に女性が就職しているケースも多くなってきています。

ここの記事では、代表的な3つの職種を紹介していきます。

配送ドライバー

配送ドライバーというと、男性がしているイメージが強いかもしれませんが、現代では多くの女性が活躍しています。

車の免許を持っていれば、学歴や性別に左右されずに働き始めることができます。

仕事内容はそこまで難しくなくないものの、重いものを運んだり、夜勤があったりと身体的に負担が大きいのがデメリットと言えます。

しかし、女性のドライバーを増やすために、配送業界全体で女性を歓迎するムードが高くなっています。

そのため、複利厚生の面や待遇面などを整備して、女性が働きやすい環境づくりを行っています。

興味がある人からすれば、狙い目の業界と言えるかもしれませんね。

タクシーの運転手

タクシーの運転手にも女性の進出が増えており、タクシー業界も女性が働きやすいように環境を整備しております。

今までは、自動車免許を持っているのが最低条件ですが、会社側が研修や免許取得のサポートをしてくれる企業も増えています。

警備員

大型イベントや工事現場などに常駐して、危険が及ばないようにするのが警備員の主な仕事で、男性がしているイメージの強い仕事です。

しかし、現代では高卒女性が多くなっています。

一通りの研修を受ければ、だれでも始めることができるので、すぐにでも働き始めたいという女性に向いている仕事と言えるでしょう。

高卒女性が就職に成功する3つのポイント

ここからは、高卒女性が就職に成功する3つのポイントを紹介していきます。

それぞれ補足して説明していきます。

就活をする上で大切なのは、視野を広く持つことです。

視野を広く持てば、様々な業界への就活の可能性を高められるので、結果的に就職に成功する確率が高くなります。

大卒に比べてしまうと就職先の選択肢が少ないので、特定の業界に絞ってしまうと、採用されるまでにかなりの時間が掛かってしまう可能性があります。

視野を幅広く持って、就職を成功できるように心掛けましょう。

自己分析・企業分析を入念に行う

就活を行う上では、自己分析・企業研究を入念に行うのが大切。

自分にどのような適性があり、どのような企業で活躍できるのかを理解していなければ、就職先の企業で活躍できません。

また、何も考えずに就活を進めても、内定を貰うことはできないでしょう。

就活をしている人が軽視してしまいがちな項目なので、入念に行っておきましょう。

いち早く転職を開始する

高校在学中に就活を始めているのであれば、進路担当の教員にアドバイスを貰いながら就活が進められるので大きな問題はありません。

しかし、内定を貰わないまま高校卒業を迎えてしまうと、就活が一気に難しくなります。

高校を卒業してからの期間は空白期間になり、空白期間が長引くほど、企業から不信感を持たれてしまいます。

一度不信感を持たれてしまうと、払拭するのはかなり難しくなります。

就職しようかためらっている人は、いち早く就活を始めて、空白期間が長くならないようにしましょう。

就活に不安を感じたらりくらくを活用!

就職を始めようと思っている女性の中には「自分一人で大丈夫なのか…」という方もいるでしょう。

そんなときはプロの知恵を借りるのも手です。

おすすめは当サイトのリクらくです。

未経験から正社員を目指す20代の若手向けサービスで、求人探しはもちろん、履歴書の添削や面接対策など、内定をもらうための様々な支援が受けられます。

いわゆる「転職エージェントサービス」は、ほとんどが経験者や役職者などハイクラス求人。

リクらくのように若手・未経験者向けサービスはかなり貴重です。

また、リクらくを活用した人の90%が採用されている実績があり、安定した実績を誇っています。

リクらくで受けられるサービスが全て無料となっているので、気軽いに活用していてください!

あなたのお電話お待ちしています!