大企業への転職に成功する3つの秘訣!大企業のニーズを理解して転職をしよう!

大企業への転職に成功する3つの秘訣!大企業のニーズを理解して転職をしよう!

転職をしている・今からしようと思っている人の中には大企業を目指している人も多いと思います。

大企業は中小企業などと違い、社会的な知名度が高く、誰もが知っている企業なので社会的な地位を築けます。

高収入・手厚い福利厚生・高度なスキルも身に付くため、今までよりも生活水準の向上やキャリアアップも狙えるでしょう。

しかし、その分チャレンジする人が多いため倍率も非常に高く、高いスキルやポテンシャルを求められ、転職難易度が高いのも事実。

そこでこの記事では、誰もが憧れる大企業への転職を成功させるための秘訣を紹介していきます。

そもそも大企業への転職は可能?

「私が大企業へ転職できるのか…?」と不安を感じている人も多いと思います。

もちろん難易度は高いものの。絶対に転職できないという訳では決してありません。

転職市場の活性化や人手不足の影響もあり、大企業への転職ハードルは多少低くなっているのが現状です。

大企業に転職するのは難しい?大企業へ転職するメリットや成功させる方法を解説

20代や第二新卒は転職に成功する可能性が高い

年齢によっても転職ハードルは異なり、20代や第二新卒は転職に成功する可能性が高くなります。

年齢が若ければ、仕事に関しての直接的なスキルや知識よりも、ポテンシャルを重視した採用が行われています。

特別なスキルを持っていなくても十分に採用される可能性があるので、20代や第二新卒といった若い世代は、大企業転職を狙うには有利な年代です。

しかし、ビジネスマナーや長期的に働く意欲などは見られているので、基本的なスキルは身に付けておきましょう。

大企業への転職に年齢は関係する?30代を超えた人が内定を貰うポイント

大企業の子会社・関連会社も狙い目

「大企業に転職したいけど私では厳しいかも…」と転職に自信を持てない人は、大企業の子会社や関連会社がおすすめです。

大企業のグループ会社は、大手企業と変わらないほどの福利厚生や年収が確保されています。

転職ハードルも大企業ほど高くないので、転職の成功率をあげられ、スピーディーに内定を貰えます。

また、大企業のグループ会社に勤務していれば、グループ間で異動になることも。

転職活動をしなくても大企業への転職ができるため、非常に有効な手段です。

どうしても働きたい大手企業があるなら、グループ会社・関連会社を狙って転職活動をするという選択肢も検討してみましょう。

前職の会社規模ごとの転職成功率

大企業への転職は、前職で勤務していた会社の規模感によってもハードルが異なります。

中小企業・グループ会社・大企業それぞれの、転職難易度を紹介していきます。

中小企業から大企業に転職する場合

中小企業から大企業への転職は前職の会社知名度が低いため、最も難易度が高いとされています。

若い人材の転職にはポテンシャルが求められはするものの、前職でどのような企業に勤務し、どの様な仕事をしていたのかもチェックされるのです。

中小企業からの転職をする場合は、ポテンシャルをアピ―ルに加えて、転職先の仕事に活かせる知識やスキルのアピールも重要。

特に専門的な知識や特化したスキルを身に付けていれば、大企業からも評価されるため、大きな武器になります。

グループ会社から大企業(親会社)へ転職する場合

子会社や関連会社からの異動を実施しない方針を固めている大手企業も存在する反面、グループ間の移動を実施している企業もあります。

そのため、現在勤務している企業でグループ間の移動が実施されているのか、確認してみましょう。

移動が認められているのであれば、転職をしなくても移動願いを出すだけでOKです。

もちろん移動願いを提出したからと言って、簡単に移動できるわけではなく、上司や部長から可決されなければ移動できません。

しっかりと上司に意欲を伝え、移動先でも活躍できる人材ということをしっかりとアピールしましょう。

大企業から大企業へ転職する場合

大企業から大企業への転職は、中小企業・グループ会社の転職よりも比較的スムーズに進みます。

と言うのも、大企業に勤務していた実績は、スキルやポテンシャルがあるのを裏付けできるので活躍が期待できるのです。

大企業独特の雰囲気や基本的なスキルが身に付いていると判断されるので、転職が非常に有利です。

大企業への転職を成功させる3つの秘訣

大企業への転職は非常にハードルが高く、難易度が高いため、数十社受けても内定を貰えないなんてこともよくあります。

しかし、転職活動が長引いてしまうと、収入が無い状態が続き、自己嫌悪に陥ってしまうため精神衛生上良くないです。

転職活動を長引かせないためにも、大企業への転職を成功させる3つの秘訣を紹介していきます。

どのような人材を求めているかを理解する

職種や業種、企業ごとによっても、採用でそのような人材を求めているかは全く異なります。

企業が求める人物像にマッチしないといくら転職活動を頑張っても、採用に繋がる見込みは限りなく低いと言ってもいいでしょう。

そのため、企業が求めている人物像を明確にし、自分にその素質があるということをアピールしましょう。

専門的なスキルを身に付ける

企業は若い人材に対しては基本的にポテンシャルを求めていますが、プラスして専門的なスキルを身に付けていれば大きなアピールになります。

仕事に繋がるスキルや知識を持っていれば、いつ早く仕事を始められますし、即戦力人材としての採用も可能です。

前職と全く異なる職種の大企業を狙っている場合は、専門的な知識やスキルをアピールするためにも資格取得が効果的。

採用担当者へしっかりとアピールすれば、未経験からでも大企業で活躍することができるでしょう。

関連性のある中小企業で経験を積んでから大企業へと転職する

大企業へエントリーする人のほとんどは、関連性のある仕事をしていて、即戦力になるスキルや経験をしている人がほとんどです。

いくらポテンシャルが高い未経験者でも、知識やスキルが身に付いている経験者にはかないません、

採用担当者からしても、かなり特別な理由がない限り、経験者よりも未経験者を優遇するなんてことはほぼ0%です。

経験を積むためにも志望している大企業の仕事内容に関連した、仕事で経験を積んでから将来的に転職するのも1つの手です。

未経験の状態から転職するよりも圧倒的に内定率がアップします。

中小企業にはない大企業ならではの3つの特徴

転職をしている多くの人が憧れ大企業ですが、大企業には中小企業にはない特徴があります。

大企業ならではの特徴をチェックしていきましょう。

年収・福利厚生が充実している

大企業の最も大きな特徴は、ほかの企業に比べて年収が高いのが挙げられます。

生涯年収も中小企業と大企業で数千万円の開きが生まれてしまうので、大企業ならではのメリット。

夏冬のボーナスに加えて、平均月収が高く、勤続年数に応じて確実に収入が上がっていくので安定した生活を送れるでしょう。

福利厚生に関しても、そのほかの企業に比べて大企業の方が充実しているため、働いていくうえで手厚いサポートが受けられます。

快適に仕事をするための環境が充実しているので、ストレスなく仕事をしていくことができますね。

社会的信用が高い

新しくクレジットカードを作る際や、住宅のローンを組む際に、勤務している企業の情報を調べられます。

企業の業績や売り上げによって、カードを作れなかったり、ローンを組めなかったりしますが、大企業に勤務していればそのような状態には陥りません。

会社の知名度や業績が高いため。社会的な信用も厚く、高額なローンやクレジットカードを問題なく利用できるでしょう。

大企業に勤務している人の人脈が作れる

大企業に勤務していれば、中小企業では構築できない人間関係ができ、様々な発見や気付きが生まれます。

非常にハイスペックなスキルを持つ人に出会えたり、有名人と繋がりを持てたりと、仕事に関連した様々な刺激を受けられるでしょう。

仕事関連のハイスペックな人と関われるのは、大企業ならではのメリットと言えます。

大企業ならではのデメリット

大企業に転職すれば様々なメリットがある一方で、デメリッがあるのも事実です。

メリットだけで転職をすると、働き始めてから後悔してしまう可能性も十分にあり得るので、デメリットもチェックして転職先を決めましょう。

年功序列の制度が根強い

大企業の多くは昔ながらの年功序列の制度が根強く残っており、年齢が若いというだけで、スキルがあっても昇進・昇給に繋がらないことも。

スキルや仕事上の成績が評価されないわけではありませんが、それらの要素よりも年齢が重視されます。

そのため、若い年次で仕事をたくさんこなしたから取って、必ずしも昇進・昇給に繋がるわけではないのです。

全ての大企業で年功序列制度をとっているわけではありませんが、中小企業やベンチャー企業と比べると少ない傾向があります。

逆に考えれば、勤続年数を重ねていけば収入が上がっていい、将来的に安心した生活が送れることにもなるので安心ですね。

裁量権を持たされにくい

年功序列制度に付随して、年齢が若い人はいくら実力とスキルがあったとしても、裁量権が少ないです。

自分のペースで仕事を進めることができず、全て上司の指示に従って仕事をこなしていかなければなりません。

裁量権を自分で調整したいと考えている人にとっては、指示に従って仕事をしなければならないため、大きなストレスに繋がるでしょう。

社内の争いが激しい

大企業では社員数が非常に多いため、社内のライバル争いが激しく、常に社内争いが起きています。

仕事に対しての意欲があり、ライバルと争ってスキルを高めたいと考えている人には、ピッタリの環境です。

しかし、そこまで仕事に時間を注ぎたくないと思っている人からすれば、精神的にも身体定期にも疲弊してしまうでしょう。

社内の風土とのミスマッチは早期退職に繋がりやすいので、仕事量を抑えたいと考えている人にはあまりおすすめできません。

有名な大企業の中にも転職をおすすめできない企業もある

大企業は仕事のスキルが身に付き、収入も安定しているので、仕事を頑張りたい人にとっては絶好の環境です。

そんな大企業の中にも、労働環境が整っていなかったり、会社に問題があったりして転職をおすすめできない企業もあります。

そんな、転職をおすすめできない大企業の特徴を紹介していきます。

年間を通して求人を出している

求人サイトに年間を通して、求人を掲載している場合はたとえ有名な大企業でも転職をしない方が良いです。

年間を通していつまでも求人を掲載しているということは、離職する人が多く、慢性的に人手が足りていないということ。

人手が足りていないのには、仕事がきつい・労働環境が整っていない・収入が低いなどなにかしらの悪い理由があります。

要はブラック企業なので、入社したとしてもかなりの確率で早期退職に繋がってしまいます。

やたら高収入をアピールしている

「年収1000万を目指せます!」

「入社して3ヶ月で月収50万!」などのように、求人でやたら高収入をアピールしている場合は気をつけましょう。

仕事内容がきつく、年収で募集を集めようとしており、実際に入社してみたら低収入だった…なんてこともよくあります。

転職してすぐにそんな高収入を稼げることはまずないので、収入だけではなく、様々な点に注目しましょう。

求人に具体的なことが一切書かれていない

求人に具体的な仕事内容などが一切書かれていない・曖昧な内容しか記載されていない場合は注意が必要です。

仕事内容を書いてしまうと、応募人数が集まらないため、少しでも多くの募集者を集めようと曖昧な点を作り出しています。

実際に働き始めてみると、想像していた仕事と違う・仕事がきついなど、多くの確率で後悔してしまうことに、

そうならないためにも、求人に違和感を感じたら、企業のホームページなどで情報を仕入れる様にしましょう。

大企業への転職に学歴は少なくとも影響する

大企業転職活動でも、「学歴」はチェックされると考えておきましょう。

特に一般職を目指す場合、学歴が重視される傾向にあります。

実際に、社員がある一定以上の学力の大学出身者でまとめられていることも珍しくありません。

一方、エンジニアなど特別な技術を要するポジションの採用で重視されるのは、学歴よりも実務経験やスキル。

学歴が全く関係ないわけではありませんが、高い技術や実績があれば、出身大学には関係なく採用される可能性もあります。

大企業への就職に学歴は求められるのか?学歴フィルターを通り抜けて内定を貰う秘訣

大企業への転職は入念な準備が大切!

大企業へ転職できれば高収入・手厚い福利厚生が受けられるため、仕事をしていくうえでもストレスを感じることは少ないでしょう。

しかし、転職に成功する可能性が少ないため、本気で転職を考えている人は、準備を入念に済ませておく必要があります。

しっかりと転職の準備を整え、後悔の無い転職ができる様にしましょう!