大企業出身の人は転職できない!?大手企業を退職しようとしている人に伝えたいこと

大企業出身の人は転職できない!?大手企業を退職しようとしている人に伝えたいこと

就職を考えたときに、大企業に就職したいと考える人も少なくありません。

しかし、大企業に入社したからと言って転職を考えないということではないようです。

実際に大企業からの転職は有利なことが多く、転職しやすい傾向にあります。

しかし転職後に後悔をしてしまうこともあり、大企業からの転職には注意が必要です。

今回は大企業からの転職についてのメリット・デメリットなど注意点についてお話します。

大企業からの転職は有利になるケースが多い

「大企業からの転職者は使えない」と思われて転職しにくくなる、という話を聞いたことがあります。

しかし実際に転職をする際に、大企業出身というのは有利に働くことが多いです。

大企業での就業経歴は、転職する際の書類選考にも目に留まりやすく書類選考に通過しやすくなります。

また学習能力などが評価されやすい傾向にもあり、全体的に転職には有利に働きます。

大企業に就職するために努力したことを評価してもらえることで、転職に有利に働く傾向にあるようです。

大企業から転職をするメリット・デメリット

大企業から転職をすることで、得られることは様々考えられます。

メリットとなることもあればデメリットになってしまうこともあり、それぞれを理解したうえでの転職の可否が重要となります。

ここからは、大企業からの転職によって得られるであろうメリットとデメリットについて、それぞれお話していきます。

メリット

まずメリットについてですが、大企業で働いていると業務が細分化されているため、決まった業務にしか関われないということがあります。

また自分のアイデアや企画を通すにもたくさんの承認が必要になるなど、キャリアアップに繋がりにくいということがあり転職を考える人もいるようです。

しかし中小企業やベンチャー企業への転職により、キャリアアップが出来たり大企業という職歴を活かして働ける、高待遇で転職できるなどのメリットもあります。

キャリアップに繋がる

大企業で働いていると、社員数も多く行う業務が限定されてしまいがちです。

しかしベンチャー企業や中小企業へ転職すると、大企業より社員の数が少なくなるので必然的に幅広い業務に携わらなければいけなくなります。

その結果仕事の裁量が増え知らず知らずのうちにキャリアアップしていることもあります。

さらに自分のアイデアや企画を、意見として出しやすくキャリア形成のチャンスも多くなります。

大企業ではなかなかできないようなアイデアや企画も、ベンチャーや中小企業ではチャレンジしやすいこともメリットと言えるでしょう。

中小企業へ転職すれば高待遇で迎え入れられる

大企業から中小企業への転職には、給与や福利厚生の面で下がってしまう可能性があります。

しかし、大企業からの転職ということで高待遇で迎え入れてくれることもあります。

高待遇の一つとして転勤の可能性が減ったり、前職より高い役職での入社などがあるようです。

大企業で働いていると、同期も多く仕事の裁量も少ないため出世には時間がかかりますが、中小企業へ転職することで、実力次第では高待遇での受け入れもしてくれるのも、メリットの一つと言えるでしょう。

前職の仕事を転職先で活かせる

大企業で働いていた時の経験を活かして働くことも十分に可能です。

大企業での就業経験で、身に着けたスキルや知識もありますよね。

それを活かして働くことで、転職先の会社にも大きなメリットとなることもあります。

前職で培った経験を活かせることも、メリットの一つと言えるでしょう。

デメリット

反対にデメリットとなることもあります。

転職をしたからと言って、キャリア形成に繋がらないこともあること、給与が下がる可能性があること、人間関係を一から構築しなければいけないことなどが上げられます。

特に大企業から中小企業、ベンチャーなどに転職する時には、扱う業務の規模が小さくなってしまうことなどが考えられるので、モチベーションが下がってしまうという注意点もあります。

キャリア形成に繋がらないケースがある

メリットで幅広い業務を行う必要があり、キャリアアップできる可能性があるというお話はしましたが、反対にキャリアにならない可能性もあることを理解しておく必要があります。

そもそも中小企業やベンチャーでは、大企業と会社の規模も違うので仕事の規模感も大きく異なる場合が多いです。

そのため、大きな仕事に携われずキャリアに繋がらないことをデメリットに感じてしまう人もいます。

幅広い業務に携われるけれど、それらすべてがキャリアアップに繋がる仕事かどうかというのはまた別の話になってしまい、たくさんの仕事を日々こなすので精一杯で、キャリアアップを考える暇もないという人もいるのが現実です。

給与が低くなる可能性がある

大企業では当たり前にある福利厚生や給与も、転職により会社の規模が小さくなってしまうことで下がったり、なくなってしまうものもあります。

大企業は充実した福利厚生や高い給与も魅力の一つで、それをモチベーションに頑張るという人もいます。

しかし、会社の規模が小さくなってしまうと福利厚生や給与はもちろん、教育制度の水準も下がってしまう傾向にあり、前職と同じ水準を求めて転職すると後悔に繋がります。

給与が下がる可能性があることは、最初に理解しなければならないデメリットの一つです。

一から人間関係を形成していかなければならない

大企業からの転職に限らずですが、転職をして職場を変えるということは、人間関係を一から形成しなければいけなくなります。

人間関係の形成は、転職する際に非常に重要なことで楽なことではありません。

一からの人間関係の形成は面倒なことも多くデメリットとして考える人も多いかもしれませんが、新たな関係を築ける機会として前向きに捉えられると良いかもしれません。

このように、大企業からの転職にはメリット・デメリットとなる要因が多数考えられます。

特に給与や待遇に関しては最初に理解しておくことが大切です。

理解しないまま転職してしまうと「こんなはずじゃなかった」という結果につながってしまい、大企業からの転職に後悔してしてしまいます。

大企業からの転職で後悔するケースとは?

次に、大企企業からの転職で後悔してしまったケースについてお話します。

その多くが、転職先の給与や福利厚生など待遇に関するものや、周りの人のレベルの低さ・仕事の規模感のダウンでのやりがいなどのようです。

待遇の面においては十分な下調と理解が出来ておらず、収入がダウンしてしまい後悔してしまうことがあります。

周りの人のレベルは、大企業では学歴においても優秀な人材が多く、転職先の中小企業の社員のレベルの低さを痛感してしまうことがあります。

また仕事の規模感も大企業から比べるとダウンしてしまうのは仕方のないことかもしれませんが、今まで大きな企業を相手に仕事をしていたり、大きな金額で仕事をしていたという人が中小企業に転職して規模感がダウンしてしまうと、やりがいを感じにくくなってしまうことがあるようです。

このように後悔してしまうことは少なくありません。

後悔しないためにできることとはどのようなことなのか、次からお話していきます。

その転職ちょっと待った!中小企業へ転職して後悔しないための心得

後悔しない転職をするためのポイント

大企業からの転職で、後悔しやすいことについて先ほどお話しましたが、転職するなら後悔したくはないですよね。

後悔しない転職をするためのポイントは4つあります。

念入りに調べること、経験を活かした転職先を選ぶこと、将来を考えること、優先順位をつけることです。

どれも転職には重要なポイントと言えます。

後悔しない満足のいく転職をするためにしっかりと覚えておきましょう!

転職先の企業情報を念入りに調べておく

転職しようと考えて候補が見つかった場合、転職先の企業情報をしっかりと調べておくことが大切です。

企業情報は、企業の将来性や安定性などを見極める上でも非常に重要と言えます。

また大企業では当たり前だった待遇でも、中小企業やベンチャーでは整っていないことも多く、入社後に「こんなはずじゃなかった」とならないためにも事前の下調べは大切です。

こんな中小企業に転職するのは要注意!入社前にチェックすべき7項目とは?

今の仕事を活かせる転職先を選ぶ

「どうせ転職するなら全く違う経験がしたい」と考える人もいるかもしれません。

しかし今の仕事の経験を活かせる転職先を選ぶことが、無難と言えるでしょう。

大企業と異なり中小企業やベンチャーは自由に仕事ができるというメリットもありますが、反対に教育制度が不十分である場合が、多く自分で仕事を覚える必要があります。

また経験を活かせる仕事を選ぶことで、待遇の面でも優遇されることもあります。

今の仕事で培ったスキルや経験を活かせること、即戦力として迎え入れてもらえる転職先を選ぶようにしましょう。

転職した先の将来を考えておく

転職でいっぱいになってしまい、なかなか将来まで考える時間がないという人もいるかもしれません。

しかし転職した先の将来もきちんと考えておく必要があります。

転職先の働き方はどうなのか、給与や待遇面ではどうなのか、業務内容にやりがいを感じられるのかなど、長く働ける環境なのかどうかを見極めることで、自然と将来も考えられます。

転職した結果、体力的にも金銭的にもやりがいもきつくなってしまっては、転職の意味がありません。

長く働ける環境に転職するためにも、将来についてじっくりと考えましょう。

転職先に求める条件に優先順位をつける

転職する際に、求める条件に優先順位をつけて考えることも大切です。

もし待遇や給与を優先に転職を考える場合には、大企業から中小企業への転職は難しいことが多いでしょう。

また最低今ぐらいの福利厚生は、必要と考える場合にも同じです。

しかし、仕事内容や裁量などを優先するのであればその限りではありません。

まずはなぜ転職しようと思ったのか、大切にしたいことは何なのかということを熟考してみましょう。

そして優先順位をつけていくことで、転職するべきかどこに転職するべきかの判断を正しくしましょう。

後悔しない転職をするためにリクらくを活用!

大企業からの転職についてお話しました。

大企業で働いているというのは、転職する際に有利に働くことが多く転職しやすいと言えます。

しかし中小企業やベンチャー企業に転職しようと思うと、待遇面や会社・仕事の規模感はどうしても下がってしまいます。

転職したあとに「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、しっかりと準備をすることが大切です。

とはいえ事前に個人が調べるのは大変なことも多くありますよね。

そんな時に活用したいのが「リクらく」です。

リクらくは無料で利用することができる転職エージェントです。

非公開求人も多く保有しており、自分に合う企業をプロの目線で紹介してくれます。

サポート体制も万全なので、転職が初めてという人や大企業からの転職で心配という人も安心して転職活動ができるのが魅力です。

エージェントが実際に訪問した企業のみ紹介しているので、職場の雰囲気なども知ることができるのも嬉しいです。

リクらくを活用することで、企業情報の下調べの手間や待遇面もでの心配も減るでしょう。

そんなリクらくを活用して、後悔しない転職をしましょう。