30代のニートからでも就職はできる?おすすめの職種や成功するための秘策を紹介

30代のニートからでも就職はできる?おすすめの職種や成功するための秘策を紹介

「職歴なし」「スキルなし」の30代ニートは、正社員になれないと思っていませんか?

確かに20代ニートなら、若さと将来性があるのでハードルはそれほど高くありません。

しかし就活のポイントを押さえておけば、職歴なしの30代でも再就職は可能です。

30代ニートが今やるべきことは、

本記事では、職歴がない30代でも就職を成功させるための秘訣を紹介していますので、仕事探しを始める前に読んでみて下さい。

30代ニートからの就職はかなり厳しいのが現実

30代ニートでも就職は可能といいましたが、選べる仕事の範囲は狭くなることを覚悟しておく必要があります。

なぜなら、30歳以上の求人では実務経験を積んだ即戦力が求められるからです。

また30代前半と後半でも難易度は変わって、後半になるほど再就職がむずかしくなります。

これから就活を進めていく人は、できるだけ最短で仕事を見つけたいと思っているでしょう。

しかし求人に片っ端から応募していくのは時間のムダなので、「経験不問」「未経験歓迎」の求人をメインにチェックするようにして下さい。

30代といっても十分に若いですから、コツをつかんで就活を行えば、必ず正社員として社会復帰できます!

ニートからだと就職できない?社会人へと就職するための秘訣とは?

30代ニートで就職している人の特徴とは?

あなたと同じ悩みを抱えている30代ニートは数多くいますが、無事に就職先を見つけて社会人デビューする人と、ニートのまま40代に突入する人の2パターンに分かれます。

人生を無職のまま終わらせないためには、就職に成功した人の特徴をつかみましょう。

人当たりが良く明るい性格

ニートの人が就職を成功させるには、「ポジティブ思考」が大切です。

性格が明るい人は物事を前向きに考えられるので、就活に行き詰まっても乗り越えられます。

30代ニートの中には、人付き合いが苦手で、職場で人間関係に悩んで引きこもりになってしまった人も多いと思います。

「先輩からいじめを受けた」「上司からパワハラがあった」などがトラウマになって、外出できなくなった人もいるかもしれません。

すぐに気持ちを切り替えることは簡単ではありませんが、働く上で良好な人間関係を築いていくには、明るく人に好かれやすいことも大事です。

面接での印象が明るいと、企業も安心して採用を決められます。

過去に仕事をしていた経歴を持っている

社会人経験がゼロの人と、ブランクはあるけど働いた経験があるという人とでは、企業の印象が異なります。

社会経験があると、「最低限のビジネスマナーが身についている」という点でもプラスに働き、採用される確率が上がります。

また本人も働いたときのイメージがしやすいので、入社してすぐに辞めることも少なく、長く働き続けることが可能です。

「一度は正社員として働いた経験がある」という事実は、就活をする上でも励みになり、不採用が続いても前に進むことができるでしょう。

ニートになった理由をしっかりと持っている

ニートになってしまう理由はさまざまですが、

  1. 働かなくても親が面倒をみてくれる
  2. 職場で嫌な体験をしたことがトラウマになっている
  3. 人間関係を築けない
  4. 就活で失敗した
  5. 学歴コンプレックス

などが挙げられます。ニートで就職に成功する人は、自分がニートになった理由を深く掘り下げ、改善できる人です。

親からお小遣いをもらって生活している人なら、「親はいずれ年を取って今のような生活ができなくなる」と自分で判断し、環境から抜け出そうとします。

「就職できなかったのは社会のせい」
「人付き合いができないのは親の教育のせいだ」

など、働けない理由を親や他人のせいにする人は、状況を改善することができません。

それよりも、「これまで迷惑をかけた家族に恩返しをしよう」という気持ちで、親から自立できるよう努力しましょう。

30代ニートから就職するためにしておくべきこと

働いていない期間が長ければ、まずは社会復帰するための免疫づくりからスタートさせましょう。

いきなり就活をはじめても、すぐに挫折してしまうのが目に見えています。

人と話して免疫をつけておく

これまで引きこもり生活をしていた人は、家族以外の人と関わる機会を持ちましょう。

友人と食事に行ったり、街へ足を伸ばしたりするにもいいかもしれませんね。

またハローワークや就職エージェントを利用して、就職の相談をしてみるのもお勧めです。

どちらもニートを支援している実績があるので、あなたの状況を汲み取って優しく接してくれるでしょう。

初めて会う人と話す機会を持つことも、社会復帰の第一歩になります。

一般的な社会人の生活リズムを身に付ける

長いニート生活で昼と夜が逆転していませんか?

そんな30代ニートは、就活を始める前に規則正しい生活に戻さなくてはなりません。

就職活動は昼間に行うことが多いので、朝早く起きて夜寝るという生活リズムにリセットしましょう。

夜中にインターネットやゲームばかりしていては、社会復帰しても朝起きれず、会社に行けなくなってしまいます。

ゲームは依存性があるので、「1日1時間だけ」「夜12時までには布団に入る」など、自分でルールを決めましょう。

就活への行動量をとにかく増やす

就活に失敗する人は、成功する人に比べて行動量が少ないと指摘されています。

エントリーする社数は最低でも20社を目標にして欲しいところですが、30代という点を踏まえると、30社は目指して欲しいところです。

そして就活を始めたら、毎日何らかの行動をするようにしましょう。

これまでの長いニート生活で、サボり癖がついている人も多いと思います。

1日でも就活をサボってしまうと、就活が面倒に感じて「ニートのままでいいや」と断念するかもしれません。

30代ニートの人は時間がありません。

少し焦る気持ちを持って、就活を進めていくことも大切です。

就職したいニートが取り組むべき4つのこと!就活のポイントを押えて社会人デビューを

30代ニートが就職できるおすすめの職種

できるだけスムーズに内定をもらうためには、30代ニートでも採用されやすい業界・職種に絞って就活を進めることがポイントです。

では採用されやすい仕事を詳しく解説します。

建築関連

建築業界は高齢化が進んでいて、20代や30代を積極的に採用しています。

30代なら体力がありますし、建築業界では若手として期待される年代です。

また肉体労働や危険な作業を伴う仕事は人気がありません。

そのため給与も高めの設定で、学歴や職歴を問わないという点でも、30代ニートが採用されやすいのがメリットです。

建築関連は職人のイメージを持っている人も多いと思いますが、資格をとり経験を積めば、あなたもベテランの職人になることができます。

介護業界

慢性的な人手不足の業界といえば、介護を思い浮かべる人も多いでしょう。

厚生労働省の調査では、介護職の有効求人数は3.95倍、訪問介護職はなんと13.1倍となっています。

簡単に説明すると、「13人採用したいところに1人しか応募がない」という状況で、職歴がない30代でも採用されやすい業界であることは間違いありません。

介護は「キツい」「給与がよくない」などと言われていますが、利用者やその家族から感謝される仕事です。

「自分の仕事が誰かのためになっている」、ということが分かりやすいので、やりがいにも繋がります。

仕事を探すときはマイナスなイメージにばかり目を向けず、プラスの面も見るようにしましょう。

運送業界

「人付き合いが苦手」「デスクワークが苦手」という人には、運送業界をお勧めします。運送業にもいろいろな職業があり、

  1. 宅配便の運転手
  2. 長距離トラックの運転手
  3. タクシードライバー

などが挙げられます。

タクシー運転手は客商売なので、宅配便やトラックの運転手がいいでしょう。

仕事は基本的に1人で行い、人と接するのも荷物の受け取りくらいです。

需要も高く、運転が好きならピッタリの仕事ではないでしょうか。

以前は労働状況が過酷という指摘もあった業界ですが、今は改善され働きやすくなっています。

30代ニートの就職を成功させるための秘訣

最後に、30代ニートが正社員として再スタートを切るための秘訣を紹介します。

基本的な就活の流れを理解する

まずは就活の手順を知ることから始めましょう。

気になる仕事に応募するだけでは、書類選考も面接も上手くいきません。

書類選考を通過するためには、どんな履歴書を書いたらいいのか、面接で空白期間について聞かれたらどう答えるべきなのか、その他にもさまざまな対策を立てる必要があります。

また企業とのミスマッチを避けるためには、自己分析や企業分析も重要です。

ここを抑えていないと、「早期退職」や「ニート生活へ逆戻り」のきっかけを作ってしまうことになります。

そうなると、せっかく苦労して入社したのも水の泡です。

内定を貰いやすい職種を選ぶ

「経歴なし」の30代ニートは、「未経験OK」や「学歴・職歴不問」の企業を見つけて応募することが成功の鍵です。

間違っても「経験者優遇」「実務経験○年以上」と記載された求人には応募しないようにしましょう。

内定がもらいやすい職種は、

  1. 営業職
  2. 介護職
  3. サービス業
  4. 配達員
  5. 販売スタッフ
  6. IT系エンジニア
  7. 警備員

などです。高収入を狙いたいなら営業職やIT系エンジニアがオススメ。

夜型の生活が向いているなら、警備員やサービス業もいいですね。

自分の長所が活かせる仕事を選んで応募してみて下さい。

一人で悩まず就活エージェントを活用する

このような人は、今すぐ就活エージェントに相談してみましょう。

就活エージェントは一人一人の要望や経歴を丁寧にヒアリングしながら、これからのキャリアについて一緒に考えてくれる心強い存在です。

就活の仕方はもちろん、履歴書の添削や模擬面接なども受けられ、応募企業へあなたの推薦状を書いてくれます。

また求人サイトに公開されていないような非公開求人を保有し、登録者にのみ優良企業を紹介してくれるので採用される確率もアップ!

全てのサービスが無料なので、まずは登録だけしてみて、サービスを受けるか決めるのもありです。

30代ニートの就活を成功させるには行動あるのみ!

就活は悩んでいるだけでは前に進めません。

とにかく行動あるのみです!

将来どんな風になっていたいか、どんな仕事をしていきたいか、あなたの一生のことなのでゆっくり考えてみましょう。

このままニートでいても人間的には何も成長しませんし、家族にも迷惑や心配をかけ続けることになります。

30代ならまだ若いです。

1日も早く行動に移して、社会復帰を果たしましょう。