ベンチャー企業の営業はきつい!?きつい理由や営業職の魅力を紹介!

ベンチャー企業の営業はきつい!?きつい理由や営業職の魅力を紹介!

「ベンチャーの営業ってきついって聞くけど実際どうなんだろう?」

ベンチャー企業は一般的な企業とは、違った雰囲気・仕組みがあるので、よくきつい仕事と言われがちです。

しかし、あくまでウワサなので、実際どのようにきついのかイメージできませんよね。

そこでこの記事では、ベンチャー企業の営業職がきついと言われている理由や魅力を分かりやすく解説していきます。

また、気になる営業職の給与面も紹介していくので、ぜひチェックしてみて下さいね。

ベンチャーの営業職がきついと言われている理由

ベンチャー企業の営業職がきついと言われているのには、大きく6つの理由があります。

きついポイント①:教育制度が整っていない

営業職に関わらずですが、ベンチャー企業のほとんどは設立して間もない会社が多いため、教育制度が整っていないケースが多いです。

充分な教育を受けられない状態で仕事をこなしていかなければならないので、分からないこの連続。

ベンチャー企業は基本的に実務経験を積みながら仕事をしていくので、自発的な人でなければ成長できません、

そのため、受動的な人にとってはきついポイントと言えますね。

きついポイント②:社名を使って売れない

知名度の高い企業の営業職であれば、社名や商品名をだすだけで、営業が上手くいくケースが多いです。

社名を武器にできるのは、営業手法の1つです。

しかし、ベンチャー企業は世間的な認知があまり高くないため、社名や商品名を売りにした営業ができません。

営業する際には、自らの営業スキル一本に頼らなければならないので、苦労することも多いです。

大きな武器がない状況で仕事をしていかなければならないのは、きついポイントの1つと言えるでしょう。

きついポイント③:プレッシャーが大きい

ベンチャー企業の営業職は、一般企業と比べて結果を重視される傾向があります。

というのも、ベンチャー企業は資金力が貧しいケースが多く、売り上げを伸ばしてもらわないと事業が回らなくなるためです。

また、ベンチャー企業の営業職は少数精鋭なので、一人あたりの売り上げが非常にシビアです。

そのため、売り上げに関してのプレッシャーを感じやすく、精神的なストレスになってしまいます。

きついポイント④:営業のノウハウがないので自分で考えなければならない

社歴が長い企業は取引きが確保されていたり、営業のノウハウが確立されていたりと、仕事がしやすい環境が整っています。

そのため、入社して間もない社員でもスムーズに仕事ができる環境が整っています。

対してベンチャー企業の場合は、営業のノウハウが確立されていないために、0から考えて仕事をしなければなりません。

ただでさえ、なにもわからない状態で仕事を0から始めていくは、精神的にも身体的にもかなりきついです。

きついポイント⓹:企業によっては収入が低い

ベンチャー企業は成果が絶対の実力主義なので、成果を上げていない人の収入はかなり低い傾向があります。

経験を積んで社歴が長くなれば実力も付いてくるため、年齢に見合った収入を貰えます。

しかし、入社して間もない社員は経験も実力もないので、収入が限りなく低い傾向があります。

きついポイント⓺:一人当たりの仕事量が多い

ベンチャー企業は少数精鋭なので、少ない人数で与えられた仕事をこなさなければなりません。

少ない人数で仕事をこなすと、必然的に一人あたりの仕事量が多くなります。

そのため、毎日遅くまで残業をしたり、膨大な仕事量に追われて家で仕事をしたりと常に仕事をしていなければならない状況に。

たくさんの仕事をするのが楽しい!と感じる人は問題ありませんが、自分のペースで仕事をしたいと思っている人はかなり不向きです。

プライベートに時間を割けなくなってしまうので、覚悟しておきましょう。

ベンチャー企業への転職は後悔が多い!?その理由と後悔してしまう人の特徴とは?

きついだけではない!ベンチャー営業の魅力

ここまでベンチャー企業の闇の部分である、きつさについて紹介してきましたが、必ずしもきついだけではありません。

そこでここからは、ベンチャー企業営業職の魅力について紹介していきます。

きついからこその良さがある、ベンチャー企業営業職の魅力について詳しく紹介していきますね。

ベンチャー企業に転職するメリット・デメリット!転職を成功させるポイントは?

ベンチャー営業の魅力①:自社の成長を身近で感じられる

一般企業の場合は、商品やサービスのシェア率を競っていく傾向があります。

そのため、営業でも他社製品やあサービスなどとの違いを説明するなどの、代わり映えのない営業形態をとります。

対してベンチャー企業の営業は、今までにない商品やサービスの営業をできるため、様々な発見や仕事に触れることができます。

新たな市場を開拓していくやりがいと成長感を得られるため、成長意欲が強い人にとってはこの上ない環境と言えるでしょう。

ベンチャー営業の魅力②:営業以外で裁量を任される

少数精鋭なベンチャー企業は仕事量が多いデメリットがある一方で、明確に担当業務が分けれられていないので、様々な業務を任されます。

新規・既存問わず顧客を担当できたり、営業だけでなく企画や事務、場合によって採用などを任されることも。

1つの業務だけではなく、幅広く業務を経験したい人にとっては最適な環境です。

実力があれば入社後すぐに昇進や昇格があるので、自分で裁量を持って仕事ができます。

ベンチャー営業の魅力③:経営層に近いところで仕事ができる

従業員数が少ないベンチャー企業は、社長や経営層との距離が近くなります。

物理的に近くで働けることはもちろん、ときには新サービスや新機能の追加などで、一緒になってプロジェクトを進めることも。

一般企業の場合は、経営層と関わりが持てるケースはほとんどないので、社員数が少ないベンチャー企業ならではのメリットです。

様々な経験を積んできた経営者層とミーティングできたり、アドバイスがもらえるので、仕事に活かすことも可能です。

ベンチャー企業営業職の年収とは?

ベンチャーの営業職は、大きく分けて営業活動を行う「プレイヤー」と、営業部の管理や営業の方針などを決める「マネージャー」の2つにわけれます。

プレイヤーの場合、給与相場はおおよそ30万~40万といったところです。

マネージャーのポジションになれば、40万円以上もらうこともできるでしょう。

ベンチャーの営業職は固定給に加えてインセンティブ手当てが貰える!

ベンチャー企業の営業職は固定給ではなく、仕事の成果を上げた分のインセンティブ手当てをもらえます。

年次に関わらず成果を上げた分だけの収入が得られるため、実績がある人の中には年収1000万円稼いでいる人も。

仕事の結果次第で収入アップするのは、日々の業務の大きなモチベーションになりますね。

入社して後悔しないベンチャー企業を見つけるポイント

ベンチャー企業は良くも悪くも独特な雰囲気があるので、人によって向き不向きがあり、入社後のミスマッチが起きやすいです。

早期退職すると、経歴に傷がついてしまい、転職が困難になってしまいます。

そんな状況に陥らないためにも、自分にあったベンチャー企業を見つけるためのポイントを紹介していきます。

成長性の高い分野を選ぶ

転職する業界や職種にこだわりがないのであれば、今後需要が無くならない成長性の高い業界を選びましょう。

今後伸びやすい業界に身を置くことで、将来的に優位に立てる知識やスキルを身につけられます。

成長性の高い業界の例を挙げると、IT業界・医療業界・介護業界などです。

これらの業界の仕組みを理解し、ノウハウを習得すれば、将来的に仕事に困ることはありません。

離職率の低い企業を選ぶ

優良企業かそうでないかを見極める時の1つの指標になるのが、離職率です、

離職率が高い場合は、下記のような何かしらの原因があります。

離職率が悪いということは、何かしらの悪い要因があるので、入社しても早期退職してしまう可能性が高いです。

また、離職率が高いと人の入れ替わりが激しいため、人間関係を構築していくこともできません。

よりよい職場で働きたいと考えているのであれば、離職率の高い企業は避ける様にしましょう。

ベンチャー企業の営業職に向いている人の特徴

ここからは、ベンター企業の営業職に向いている人の特徴を紹介していきます。

自分がベンチャー企業に向いているのか、チェックしていきましょう。

ベンチャー企業に向いている人・向いていない人に共通していることとは?

主体性を持って仕事ができる人

ベンチャー企業では、手取り足取り仕事を教えれるわけではなく、仕事をしていく中で覚えていく方式です。

そのため、自ら自発的に業務に取り組む主体性が非常に重要です。

「面倒だから人に任せておけばいいや」「この仕事は教えてもらっていないからやらない」など、人任せな人はベンチャー企業で通用しません。

教えてもらっていない仕事でもとにかくに主体性をもって取り組む人が、ベンチャー企業で成功します。

成長意欲が高い人

ベンチャー企業において、成長意欲の高さは非常に重要な要素の1つです。

毎日なにも考えずに仕事をこなしているだけでは、ベンチャー企業でいつまで経っても出世できません。

「将来的には1000万円プレイヤーになりたい!」「同世代よりも高収入を稼ぎたい!」と考えている人にピッタリです。

また、ベンチャー企業は変化の連続で、常に新しい試みや挑戦を重ねていかなければなりません。

変化を受け入れて新しいことに挑戦し、日に日に成長できる人もベンチャー企業に向いています。

仕事が好きな人

ベンチャー企業は少数精鋭なので、仕事量が非常に多いため、できるだけ仕事をしたくないと考えている人にはあまりおすすめできません。

しかし、いち早く成長するためにたくさんの仕事をこなしたい!と考えている人にはこの上ない環境です。

次から次へと仕事が降ってくるので、仕事をこなしていくのが好きな人にピッタリ。

プライベートの時間は少なくなってしまいますが、若いうちはとにかく仕事をしたい人はベンチャー企業への就職をおすすめします。

ベンチャーの営業職は魅力的な仕事!

ベンチャー企業の営業職は仕事量が多く、ノウハウも確立されていないため、紛れもなくきつい仕事と言えます。

仕事への意欲が低い人や落ちついて仕事をしたいと考えている人には、あまり向いていない環境と言えるでしょう。

しかし、その反面、仕事が好きな人やあ成長意欲がある人にとってはこの上ない環境です。

仕事量が多い分、こなしていく充実感や達成した時の喜びは、一般企業ではあじわうことができません。

そういう意味では、ベンチャー企業の営業職はただきついだけではなく、やりがいも感じられる素晴らしい仕事です。

挑戦してみたい人は、ぜひベンチャー企業を選んでみて下さいね!

ベンチャー企業への転職は後悔が多い!?その理由と後悔してしまう人の特徴とは?