ベンチャー企業への転職におすすめの転職サイト・転職エージェント25選|求人数・対応エリア・評判を徹底比較

ベンチャー企業への転職におすすめの転職サイト・転職エージェント25選|求人数・対応エリア・評判を徹底比較
※本ページにはPRが含まれます。

ベンチャー企業に特化した転職サイトを選ぶ際は、エージェントの有無やサービス・掲載求人の傾向をチェックするのが重要です。

自分に合っていない転職サイトを使ってしまった場合、就活がうまく進みづらくなる可能性があります。

せっかく選んで利用した転職サイトで、内定がなかなか出ないことは避けたいですよね。

そこで今回は、ベンチャー企業への転職におすすめの転職サイト・転職エージェントについて、転職に成功する秘訣を含めご紹介します。

ベンチャー企業へのおすすめ転職サイト

ここからは、ベンチャー・スタートアップ企業への転職に最適な情報や活動支援・サービスが利用できるおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します。

1位:doda

doda 商標

dodaは公開求人数が10万件を超える大手転職サイトです(2023/12/8時点)。

ITエンジニアから営業、メディカル業界、外資系企業まで幅広い職種を取り扱っており、大手企業からベンチャー企業まで求人を保有しています。

dodaではスカウトサービスがあり、希望条件を登録しておくだけで、企業側からアプローチがもらえます。

加えて、dodaでは専門スタッフが応募書類の書き方アドバイスや、面接対策を行ってくれるエージェントサービスもあります。転職が初めての人でも心強いでしょう。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数(2022年9時点) 約188,850件
利用可能地域 全国
利用料 無料

dodaを利用している人の口コミ

男性 アイコン
初めての転職でdodaエージェントを利用して転職できました。応募書類の添削や、面接対策をしてくれたので、そこまで緊張せずに選考を進められました。ひとりでは転職活動を続けるのが不安だったので、利用してみてよかったです。

\掲載求人数10万件以上!/
dodaに申し込む

2位:マイナビエージェント

マイナビエージェント 商標

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェント1位」に選ばれた、大手マイナビが運営する転職エージェントです。

マイナビエージェント内で検索可能な求人は、全体の20%ほどで、全体の80%ほどは非公開求人が占めています。マイナビエージェントに登録することで、ほかでは見つからないベンチャー企業の求人まで触れることができるでしょう。

運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数
(2023年3月時点)
約63,412件
利用可能地域 全国
利用料 無料

マイナビエージェントを利用している人の口コミ

男性 アイコン
マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、業界ごとに専任制とのことで、エンジニアに関する専門的な相談もできました。結果、経験を活かせるようなベンチャー求人を紹介してもらえて、転職に成功しました。

\利用料は完全無料!/
マイナビエージェントに申し込む

3位:ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、優良企業やヘッドハンターからスカウトが届くハイクラス転職サイトです。

企業と直接的にコンタクトがとれるため、一般的に転職エージェントのよりも効率的に転職活動を進めやすいでしょう。

ビズリーチには有料プランもあり、登録することで求人検索が利用できます。ハイクラス転職サイトでは基本的に非公開求人が多いなか、有料プランでは自由に求人を探せるので便利です。

運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数
(2023年3月時点)
約83,358件
利用可能地域 全国
利用料 無料

ビズリーチを利用している人の口コミ

男性 アイコン
ベンチャー企業へスカウト経由で転職しました。
登録してからかなり早い段階でスカウトが届き、ヘッドハンターさんと相談しながら選考に進みました。
自分ひとりでは決められない点もあったので、心強かったです。

\年収600万円以上の求人多数!/
ビズリーチに申込む

4位:リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、リクナビNEXTも運営する株式会社リクルートのハイクラス向け転職スカウトサービスです。年収800万円〜2,000万円の求人が多数保有されていているので、一定以上のスキルや実績がある人の転職におすすめです。

登録後はスカウトを待つだけなので、現職が忙しい人でも利用しやすくなっています。

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数
(2023年3月時点)
約166,883件
利用可能地域 全国
利用料 無料

リクルートダイレクトスカウトを利用している人の口コミ

男性 アイコン
ハイクラス転職に特化しているため、他のサイトよりも好条件の求人が多くありました。
全体の求人数も多く、好条件の求人から選んで転職ができたので利用してみてよかったです。

\年収800万円以上の求人多数!/
リクルートダイレクトスカウトに申込む

5位:JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラスに特化した転職サポートサービスです。

JACリクルートメントでは各業界や職種に特化した800名以上のコンサルタントが所属していて、それぞれの経歴やスキルに合わせて担当コンサルタントが選ばれます。

したがって、職種ならではの悩みや相談に乗ってくれるでしょう。

加えて、コンサルタントは紹介する企業を直接訪問してリサーチしているので、企業の文化や雰囲気までリアルな情報を含めて提供してくれます。

転職後のギャップが少なくなる点でもおすすめです。

運営会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
公開求人数
(2023年3月時点)
約14,896件以上
利用可能地域 全国
利用料 無料

JACリクルートメントを利用している人の口コミ

男性 アイコン
登録してから非公開求人を紹介してもらって、公式サイトにはなかった優良求人がたくさんあることに気づきました。
すぐにエントリーしたい企業が見つかって、転職がスムーズに進んだので利用してよかったです。

\転職支援実績43万人!/
JACリクルートメントに申込む

6位:リクルートエージェント

リクルートエージェントの気になる評判とは?利用者の口コミからメリット・デメリットを詳しく解説!

リクルートエージェントは、リクナビNEXTも運営する株式会社リクルートのエージェントサービスです。

リクルートエージェントの特長は、業界トップクラスの非公開求人数です。

リクルートエージェントでは、一般の求人サイトには掲載していない10万件以上の求人があるので、自分の希望する条件に近い企業が見つかりやすくなっています。

加えて、キャリアアドバイザーが提出書類の添削・面接対策から、独自に分析された業界や企業情報の提供など幅広くサポートしてくれるため、転職活動を円滑に進めやすい点もメリットのひとつです。

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数
(2023年3月時点)
約366,549件
利用可能地域 全国
利用料 無料

リクルートエージェントを利用している人の口コミ

男性 アイコン
リクルートエージェントの面接対策は、過去に質問された例や面接中の雰囲気まで教えてもらえました。細部まで対策ができて、無事に内定がもらえたのでかなり助かりました。

7位:type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーによる転職サポートを受けられる転職支援サービスです。

利用者の満足度は87%なので、質の高い転職サポートが期待できます。

type転職エージェントは通常のエージェントサポートサービスに加えて、転職相談会やセミナーを開催しています。

対面で転職活動についてアドバイスが受けられるので、転職が不安な人や悩みがある人におすすめです。

運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数
(2023年3月時点)
約2,600件以上
利用可能地域 全国
利用料 無料

type転職エージェントを利用している人の口コミ

男性 アイコン
公開求人よりも非公開求人のほうが数が多く、条件の良いベンチャー企業の求人にたくさん触れることができました。その中でもキャリアアドバイザーさんと相談して、応募する求人を決めて、転職成功できたので利用してみてよかったです。

8位:プロコミット

プロコミット

プロコミットはベンチャー・スタートアップ企業への転職を支援しているサービスです。

プロコミットはメガベンチャーやユニコーンとなった企業への紹介実績もあり、ベンチャーでもハイクラスな求人が集まっているのが特長です。

そのため、未経験からの転職したい人よりは、一定のスキルや経験がある人でベンチャー企業へ転職したい人におすすめです。

運営会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
公開求人数
(2023年3月時点)
非公開
利用可能地域 全国
利用料 無料

プロコミットを利用している人の口コミ

男性 アイコン
プロコミットのコンサルタントさんは、内定が出てから勤務条件の交渉を代行してくれました。実際に最初の求人情報に記載されていた内容よりも、良い条件で転職できたので助かりました。

9位:アマテラス

アマテラス

アマテラスは優良スタートアップ・ベンチャー企業とスタートアップ幹部を目指す人材を直接つなげるダイレクトリクルーティングサービスです。

ベンチャー企業への転職の中でも、通常の求人からハイクラス求人まで幅広く取り扱っています。

実際にアマテラスの利用者は25歳〜34歳までの人が70%で、そのうち88%が事業責任者・マネージャー経験者です。

スタートアップ・ベンチャー企業で幹部候補となる20代後半から30代前半の人材が多く利用しています。

運営会社 株式会社アマテラス
公開求人数
(2023年3月時点)
非公開
利用可能地域 全国
利用料 無料

アマテラスを利用している人の口コミ

男性 アイコン
アマテラスを利用してベンチャー企業の幹部として転職しました。元々マネージャークラスのエンジニアとして働いていましたが、成長性のあるベンチャー企業に挑戦したいと思っていたところ、アマテラスを見つけました。とにかくベンチャー企業の求人が豊富だったので、経験を活かせる求人を選んで応募できました。

10位:GoodfindCareer

GoodfindCareer

GoodfindCareerは優良ベンチャー企業への転職支援サービスです。

国内外のベンチャー企業を独自の方法で厳選していて、紹介企業はすべて直接訪問したベンチャー企業のみとなっています。

加えて、コンサルタントは実際に紹介企業の経営層ともコミュニケーションをとっているため、求人情報ではわからない情報まで提供してくれます。

よって、転職のミスマッチを避けやすい点でもおすすめです。

運営会社 スローガン株式会社
公開求人数
(2023年3月時点)
20社
利用可能地域 全国、海外
利用料 無料

GoodfindCareerを利用している人の口コミ

男性 アイコン
英語を活かすために海外のスタートアップに転職しました。
他の転職サイトでは見つからないような、海外のスタートアップ企業求人が多かったので、エントリーしたい求人もすぐ見つかりました。

11位:キープレイヤーズ

キープレイヤーズ

キープレイヤーズは、ベンチャー・スタートアップ企業転職の専門エージェントです。

ベンチャー・スタートアップ・成長企業における4,000名以上の経営者とのコミュニケーションから得た知見を活かして求人を紹介してくれます。

紹介企業にはネームバリューのあるベンチャー企業も多く掲載されていて、IT企業が中心です。国内で名だたるベンチャー企業への転職を考えている人におすすめです。

運営会社 株式会社キープレイヤーズ
公開求人数
(2023年3月時点)
非公開
利用可能地域 全国
利用料 無料

キープレイヤーズ利用している人の口コミ

男性 アイコン
ベンチャー企業でも、ネームバリューのある企業が多く掲載されていました。大手求人サイトと比べると求人数は少ない印象でしたが、ベンチャー企業に限っては豊富だと思います。

12位:識学キャリア

識学キャリア

識学キャリアは、結果で評価される企業への転職に特化した転職サービスです。

「識学」という組織運営の原理原則を伝えるメソッドを提供している識学が運営しており、識学導入済みの企業を紹介してくれます。

紹介企業は評価制度として、評価者の主観が入らないため、公正な評価がされて実力が直接キャリアに活かしやすくなっています。

運営会社 株式会社識学
公開求人数
(2023年3月時点)
非公開
利用可能地域 全国
利用料 無料

識学キャリアを利用している人の口コミ

男性 アイコン
人間関係で悩んで転職を決意したのですが、識学キャリアから転職した企業の評価制度はかなり先進的で、上司や社員との人間関係が構築しやすいです。実力主義の企業が多く紹介されているので、スキルアップしたいひとにおすすめです。

13位:Green(グリーン)

green 商標

IT業界最大級の求人数を誇るIT、Web業界に特化した転職サイトです。

グリーンではほぼ全ての企業が企業の写真を多数掲載しているため、社内の雰囲気など文章では分かりづらい内容まで把握しやすくなっています。

さらに、企業の人事担当者から声がかかるスカウト機能もあり、利用者の60%以上の人がスカウトによって転職を成功させています。

企業と直接連絡をやりとりでき、気になる機能を使えば「カジュアル面談」として、面接前に面談を行うことも可能です。

運営会社 株式会社アトラエ
公開求人数
(2023年3月時点)
約30,524件
利用可能地域 全国
利用料 無料

Green(グリーン)を利用している人の口コミ

男性 アイコン
地方に住んでいて上京とともに転職しようとしていたころ、オンライン面談を利用しました。オンラインでもコンサルタントさんは真摯に対応してくれて、上京に伴う悩みについても相談できたので、利用してよかったです。

14位:Geekly

GEEKLY ギークリー

ギークリー(Geekly)は、IT業界に特化した転職エージェントです。転職の支援実績は6,000件以上でエンジニアやクリエイター、ゲーム業界や営業なども含めて幅広い職種で支援を行っています。実績として求職者の年収アップ率が75%を誇る点でも魅力的で、転職をして年収アップを狙いたい人におすすめです。

ギークリーでは1万件以上の求人から、業界専門のコンサルタントが希望条件に合った求人を紹介してくれます。応募の際は面接スケジュール設定から、面接対策なども行なってくれるので転職が初めてで不安な人でも利用しやすくなっています。また、内定後のアフターフォローとして、転職後いつでも相談ができるので心強いでしょう。

運営会社 株式会社Geekly
公開求人数
(2023年3月時点)
約18,402件
利用可能地域 全国
利用料 無料

ギークリーを利用している人の口コミ

男性 アイコン
自分の経験を直接活かせるエンジニア求人が豊富だったので、エントリーしたい企業がすぐに見つかりました。次回転職する機会があるとしたら、また利用したいと思います。

15位:YOUTRUST

YOUTRUST

YOUTRUSTは、友人のつながりで副業や転職のオファーが来たり、仕事の情報収集をすることができるキャリアSNSです。

YOUTRUSTではプロフィール画面に、友人からの紹介コメントなどが掲載でき、経歴書では伝わらない情報が追加されます。

特に国内ベンチャー・スタートアップ企業からの募集が多いので、ベンチャー企業への転職を考えている人におすすめです。

運営会社 株式会社YOUTRUST
公開求人数
(2023年3月時点)
非公開
利用可能地域 全国
利用料 無料

YOUTRUSTを利用している人の口コミ

男性 アイコン
YOUTRUSTは国内でネームバリューのあるベンチャー企業求人が豊富でした。
実際に前から目標としていたベンチャー企業に転職できたので、利用してみてよかったです。

16位:リクナビNEXT

リクナビNEXTは、前述したリクナビエージェントやリクルートダイレクトスカウトと同じ株式会社リクルートが運営している転職サイトです。

転職活動を始められる方の大多数が利用している人気サイトの1つで、多種多様な業界・業種を網羅していながら、細かい条件下で求人情報の検索・閲覧ができます。

なお、リクナビNEXTは、他サイトのように、面接対応や書類添削、日程調整などのサポートサービスが受けられない求職者中心で活動を行う転職サイトになります。

1人で活動を行うのが不安という方は、エージェントによるサポートが受けられるものと併せて利用するのが最適です。

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数
(2023年3月時点)
約102,596件
(※うち「ベンチャー/スタートアップ」を含む求人約17,210件
利用可能地域 全国
利用料 無料

リクナビNEXTを利用している人の口コミ

男性 アイコン
求人数が豊富で、細かい条件を設ければ、希望に適った求人情報に出会えます。また求人情報には、社風や業務内容が細かく書かれているので、ミスマッチを起こす心配がないと思います。

17位:Wantedly

Wantedly

Wantedlyは、選考前に企業の採用担当者と直接対談を設けることができる転職SNSというシステムを持つ転職サイトです。

サイトを介して、企業の採用担当者との繋がりが構築できるため、ビジネスSNSとも称されています。

Wantedlyを使用して、選考前に対談の時間を設けることができれば、求人情報上にはない情報が聞けたり、開示されている情報上での不明点を問うこともできます。

ミスマツチなく、転職活動を行いたい方に、Wantedlyはおすすめです。

運営会社 ウォンテッドリー株式会社
公開求人数
(2023年3月時点)
非公開
利用可能地域 約37,000件
利用料 基本無料
プレミアム会員:3,300円(税込み)/月額

Wantedlyを利用している人の口コミ

男性 アイコン
プロフィールを作り込んでおけば、持ち前のスキル・実績に見合った企業さんから直接スカウトが来て、カジュアル面談が行えます。それに面談前に対談の時間を設けることで、会社のことをより詳しく知ることもできるので登録して損はしません。

18位:クライス&カンパニー

クライス&カンパニー

クライス&カンパニーは、経営幹部クラスへの転職に特化した転職支援サービスです。

サービスを提供している株式会社クライス&カンパニーには、自社独自の審査基準を満たした優良企業が掲載している求人情報を、求職者に紹介してくれる太いパイプを有しています。

転職活動中から活動後のキャリア設計に至るまで、親身になって転職活動のサポートを行ってくれます。

運営会社 株式会社クライス&カンパニー
公開求人数
(2023年3月時点)
約7,416件
非公開求人数
(2023年3月時点)
約16,583件
利用可能地域 関東
利用料 無料

クライス&カンパニーを利用している人の口コミ

男性 アイコン
クライス&カンパニーでは、ハイクラスな求人情報の閲覧・紹介に留まらず、面談や転職後のキャリア設計を見据えたサポートを提供してくれます。求人情報の紹介もこちらの希望を聞き入ったうえで、希望に適ったものを提示してくれます。

【女性向け】ベンチャー転職に向いているおすすめの転職サイト・転職エージェント

前節で、ベンチャー・スタートアップ企業への転職に向いている転職サイト・転職エージェントを18社紹介してきました。

ここからは、ベンチャー・スタートアップ企業への転職を検討している女性求職者向けの転職サイト・転職エージェントを2社紹介します。

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、転職支援サービス「type」や「type転職エージェント」と同じ株式会社キャリアデザインセンターが運営を務めている転職支援サービスです。

当サービスは、女性が活躍できる求人情報を豊富に取り揃えており、大手から中小規模の企業、さらにベンチャー・スタートアップ企業への転職が可能です。

ただし、サービス対応エリアが、首都圏に限定されています。

運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数
(2023年3月時点)
約29,150件
非公開求人数
(2023年3月時点)
約18,657件
利用可能地域 首都圏
利用料 無料

LIBZ(リブズ)(旧: リブズキャリア)

リブズキャリア

LIBZは、キャリアアップを図る女性向けの求人情報を多数掲載している女性の転職活動に特化した転職支援サービスです。

LIBZでは、リモートやフレックス勤務など、柔軟な働き方ができる求人情報を中心に掲載しており、ライフワーク重視で転職活動を行っている女性に向けた活動サポートを行っています。

またプロフィール上に持ち前のスキルを記入した状態で、公開されている求人に「気になる」を押すと、その企業からオファーが来ることもあります。

能動的な転職活動と受動的な転職活動の2つの方法ができる転職支援サービスとして、利用するのに最適です。

運営会社 株式会社リブ
公開求人数
(2023年3月時点)
非公開
利用可能地域 全国
利用料 無料

【第2新卒・既卒向け】ベンチャー転職に向いているおすすめの転職サイト・転職エージェント

ここからは、ベンチャー・スタートアップ企業への転職を志望している第二新卒・既卒の方に向いているおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、マイナビグループが運営を務めている20代の転職活動に特化した転職支援サービスです。

支援対象を20代に限定している転職支援サービスで、若手の人材育成に力を入れている企業が公開している求人情報を中心に集め、求職者に紹介しています。

支援サービスも若手に絞っているため、初めての転職活動でも活動のいろはを専任のエージェントから学び得られます。

運営会社 株式会社マイナビワークス
公開求人数
(2023年3月時点)
約4,179件
利用可能地域 全国
利用料 無料

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、レバレジーズ株式会社が運営を務めている転職支援サービスです。

主に就職・転職活動を行っている第二新卒や既卒、20代のフリーターを対象に活動支援を行っています。

掲載している求人情報の大多数が「未経験者歓迎」のモノばかりなので、持ち前のスキルや社会経験に自信が持てない方でも、希望に適った仕事に出会えます。

また、掲載している求人は、実際にスタッフが訪ねて情報を得たものになるため、ミスマッチが少なく、就労環境が悪いところに就職するという心配がありません。

運営会社 レバレジーズ株式会社
公開求人数
(2023年3月時点)
約2,847件
利用可能地域 首都圏、愛知、大阪、福岡
利用料 無料

【IT・エンジニア向け】ベンチャー転職に向いているおすすめの転職サイト・転職エージェント

ここでは、IT・エンジニアに特化した転職サイト・転職エージェントを3社紹介します。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT・エンジニア経験者専門の転職支援サービスです。

公開している求人情報は、約1.7万件に及び、大手から中小規模、ベンチャー・スタートアップ企業に至るまで、幅広い求人情報を一般公開しています。

活動支援には、業界に詳しいアドバイザーが付いてくれるので、活動に不安がある方でも納得がいく活動が行えます。

なお、公開している求人情報の中には、「未経験歓迎」の求人情報もあります。

運営会社 レバテック株式会社
公開求人数
(2023年3月時点)
約17,836件
利用可能地域 関東・東海・関西・九州
利用料 無料

マイナビITエージェント

マイナビITエージェント

マイナビITエージェントは、業界最大手のマイナビが運営を務めているIT業界への転職に特化した転職支援サービスです。

公開している求人情報の会社規模は、大手からベンチャー・スタートアップ企業と幅広く掲載し、職種もエンジニアからITコンサルタント、セールスなど、幅広く網羅しています。

活動支援には、仕事内容を理解しているアドバイザーが付いてくれるので、業界に対する知識がない方でも希望に適った求人情報に出会える可能性があります。

運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数
(2023年3月時点)
約16,265件
利用可能地域 全国
利用料 無料

ワークポート

ワークポート

ワークポートは、求職者が抱く求職条件を親身に聞き入って、適切なアドバイスを提示してくれる転職支援サービスです。

多岐に渡る業界の求人情報を持つ総合型転職支援サービスの一面を持つ一方、IT系に対する転職支援に特化した一面も持っています。

その実、約6.6万件に及ぶ求人情報の約6割がIT系になります。

さらに、自社独自のネットワークを活用して、他サイトでは掲載していない情報の公開もしています。

運営会社 株式会社ワークポート
公開求人数
(2023年3月時点)
約66,275件
利用可能地域 全国
利用料 無料

ベンチャー企業に転職する魅力

一般企業にはないベンチャー企業に転職する魅力として、以下の3つが挙げられます。

  • 昇進が早い
  • 幅広い仕事を任せてもらえる
  • スキル次第で高年収を狙える

昇進が早い

一般企業にはないベンチャー企業に転職する魅力として、昇進が早い点が挙げられます。

ベンチャー企業は社員数が大手企業と比べて少ないため、成果がそのまま自分のポジションに反映されやすいです。

実際にベンチャー企業で幹部クラスとなる人は。20代後半から30代前半が多いので、大手企業よりも昇進のチャンスが多いでしょう。

幅広い仕事を任せてもらえる

一般企業にはないベンチャー企業に転職する魅力として、幅広い仕事を任せてもらえる点が挙げられます。

ベンチャー企業ではひとりあたりの裁量が多いので、多くの仕事を経験できます。

一人あたりの業務が多いと、激務となりやすいイメージもありますが、その分成長できるともいえます。ひとつのことだけでなく、幅広い業務を経験したい人におすすめです。

スキル次第で高年収を狙える

一般企業にはないベンチャー企業に転職する魅力として、スキル次第で高年収を狙える点が挙げられます。

前述の通り、ベンチャー企業は自分の成果がポジションに反映されやすいので、社内で評価が上がればその分年収も上がりやすいでしょう。

特に営業などのインセンティブがつく職種は、やればやった分だけ給与が上がるのでおすすめです。

ベンチャー企業への転職を成功させるコツ

ベンチャー企業への転職を成功させる秘訣として、以下の3つが挙げられます。

  • 自分の市場価値を理解して効果的なアピールを行う
  • 転職先企業の実績や社風を詳しくチェックする
  • 複数の転職サイト・転職エージェントを利用する

自分の市場価値を理解して効果的なアピールを行う

ベンチャー企業への転職を成功させる秘訣として、自分の市場価値を理解して効果的なアピールを行うことが大切です。

ベンチャー企業は大手企業よりも、採用できる人材の数が限られています。

したがって、社員一人ひとりが企業に与える影響も大きいため、採用する側はある程度慎重になるでしょう。

そこで、自分が入社したら具体的にどんな貢献ができるかを、アピールできるようにしておくことが重要です。

転職先企業の実績や社風を詳しくチェックする

ベンチャー企業への転職を成功させる秘訣として、転職先企業の実績や社風などを詳しくチェックすることが大切です。

ベンチャーに限らず、転職先企業は社風がそれぞれ大きく異なります。加えて、企業の実績を見比べることで、どの企業に将来性があるかある程度予測できます。

せっかく転職したのに会社に馴染めなかったり、将来が心配になったりして、再度転職を繰り返すパターンも少なくないので、事前に実績や社風をしっかりチェックしましょう。

複数の転職サイト・転職エージェントを利用する

ベンチャー企業への転職を成功させる秘訣として、複数の転職サイト・転職エージェントを利用することは重要です。

転職サイトや転職エージェントは、サービスによって掲載されている求人が異なります。

複数のサービスを利用すると、より多くの求人に触れることができます。求人数が多ければ多いほど、自分の希望条件に近い求人を見つけやすくなるので、複数のサービスを利用しましょう。

ベンチャーの転職に転職エージェントを使うべき理由とは?

企業研究に長けていて、ベンチャー企業について詳しい知識があれば、転職エージェントは必要ありません。

しかしそうでない人は、転職を失敗させないためにも、転職エージェントを利用しましょう。

転職サイトには載っていない求人を提案してくれる

転職サイトで一般公開されていない求人を「非公開求人」といいます。

非公開求人は、転職エージェントが企業に依頼され、応募条件に達している求職者だけを紹介するタイプの求人です。

ベンチャー企業の中には、採用していることを競合他社に知られたくない企業もあり、転職エージェントで秘密裏に募集を行います。

ベンチャー企業が非公開に求人募集するのには、採用活動をスムーズに行いたいという理由も隠れています。

社員数が多くないため、多くの応募者に会う時間や書類チェックの手間を省略したいというのが本音です。

つまり求職者にとって、非公開求人を紹介してもらえるということは、応募できるスキルを持っているという証明になるのです。

ベンチャー企業の情報を教えてもらえる

ベンチャー企業の求人情報は少なく、探すのに苦労したという声をよく聞きます。

多くの求職者が、「求人サイトには何万件も求人案件があるから簡単に探せるだろう」と勘違いしてしまうようです。

確かに求人サイトには、数多くの求人が掲載されていますが、

  • 優秀な人がいるベンチャー企業
  • 自分のスキルや経験が活かせるベンチャー企業
  • 将来性が見込めるベンチャー企業

これからを探し当てるのは困難ではないでしょうか?

転職エージェントを通すことで、求人サイトには載っていない情報を得ながら会社探しができます。

年収交渉や退職交渉を行ってくれる

第一志望の企業から内定をもらえたとしても、年収が下がっていたり待遇が悪かったりして、内定を受けるか悩んでしまう場面もあります。

「年収を交渉したいけど内定が取り消されたらどうしよう…」と悩みを抱えたまま入社してしまうと、納得いかない賃金で働かなくてはいけません。

そんなとき、転職エージェントを利用していれば、言いづらい年収交渉や待遇改善を、あなたに代わって交渉してくれます。

年収アップの交渉が成立したとしても、あなたが転職エージェントに成功報酬を支払う必要もありません。

また現職の退職トラブルに関しても、担当のコンサルタントが法律に基づいた的確なアドバイスしてくれます。

ベンチャー企業で活躍できる向いている人の特徴

ベンチャー企業は一般企業とは異なり、会社の仕組みや制度が良くも悪くも独特なので人によって向き不向きがあります。

向いていない人がベンチャー企業に転職してしまうと、ミスマッチによって早期退職につながることも考えられます。

そこでここからはベンチャー企業に向いている人の特徴を紹介していきます。

  • 成果を上げて高収入を得たい人
  • 身の回りの変化に柔軟に対応できる人
  • 常に最新の情報をキャッチできる人

成果を上げて高収入を得たい人

ベンチャー企業は年功序列ではなく、仕事の成果を上げれば年齢や社歴に関係なく出世・昇進できるケースがほとんどです。

仕事の頑張りが成果として反映されるので、ばりばり働いて高年収を得たい人に向いています。

20代で年収1000万円を超えている人もいるので、一般企業では考えられないような収入を得られます。

しかし、その分仕事は多くて多忙な傾向があるので、精神的にも身体的にもタフな人でなければ務まりません。

身の回りの変化に柔軟に対応できる人

ベンチャー企業は会社が設立してから間もないことも多く、評価制度や仕事のやり方などが定期的に見直されて変化します。

一度慣れた方法で固定するのではなく、常により良い形を求めるので、会社の変化に適応できる人でなければ務まりません。

むしろ、変化を楽しめるくらいの人がベンチャー企業で活躍できる人材と言えます。

常に最新の情報をキャッチできる人

ベンチャー企業に分類されるほとんどの企業がIT・Web関連に属します。

新しいサービスを提供するために、業界の動向を注視して常に最新の情報をキャッチできる人がベンチャー企業で活躍で切る人材と言えます。

また、情報をキャッチするだけではなく、自分なりに解釈してアウトプットするスキルも重要です。

転職エージェントを利用する際の流れ

初めて転職エージェントを利用する人にとっては、「どのように利用すればよいの?」と疑問を抱えている人も多いはずです。

流れを理解しておかないとスムーズに内定を勝ち取ることはできません。

そこでここからは転職エージェントを利用する際の流れについて紹介していきます。

  1. 転職エージェントに登録
  2. 担当コンサルタントと面談
  3. 書類添削
  4. 求人紹介&応募
  5. 面接
  6. 内定

転職エージェントに登録

最初に、複数ある転職エージェントの中から、自分に合った転職エージェントを選びましょう。

志望する業界に精通している、所属するエージェントの質が高い、ベンチャー企業の求人案件が豊富など、条件を決めて選ぶとミスマッチが防げます。

登録はインターネットで簡単に行え、1、2分で完了します。

氏名や年齢などのほか、学歴や職歴、転職時期や年収などの詳細な条件を入力して下さい。

担当コンサルタントと面談

登録した当日、もしくは翌日に、担当のコンサルタントから連絡が入ります。

そのときにキャリアカウンセリングの日程を決めることになりますが、新型コロナウイルスの影響により、来社ではなくWeb面談や電話面談を行なっているところが多いようです。

転職エージェントを利用する際に大切になってくるのが、「キャリアコンサルタントの質」で、あなたのとって優良なコンサルタントに出会えるかが転職成功への鍵を握っています。

人対人なので、性格も相性も重要な要素です。

「この担当者と合わない」「信用できない」と感じたら、担当のコンサルタントを変更してもらうか、違う転職エージェントに登録して活動を継続しましょう。

書類添削

転職エージェントを利用するメリットのひとつが、プロによる書類添削の無料サポートです。

第三者による書類添削があることでミスが防げ、矛盾のない職務経歴書が作成できます。

「職務経歴書には自信がある」という人でも、プロの目からみると隙だらけの志望動機や、的外れな自己PRがよく見つかるそうです。

また自分ではアピールポイントにならないと思っていたことが、新しい魅力発見に繋がることだってあります。

担当のコンサルタントは、企業が求めるターゲット像をきちん把握していますから、企業のニーズにマッチした書類に仕上げてくれるはずです。

求人紹介&応募

あなたの希望条件と、これまでの経験やスキルを照らし合わせながら、担当のコンサルタントがいくつかの求人案件を紹介します。

応募はコンサルタントを通して行うので、あなたは何もする必要はありません。

紹介された求人から応募したい企業が見つからない場合は、新しい求人を紹介してもらうまで保留になります。

しかし「紹介してくれる求人案件に一貫性がない」「ひたすら大量の案件を紹介される」という場合は注意が必要です。

コンサルタントは求職者を企業に紹介し、内定が決定してようやく報酬が得られる仕組みになっています。

そのため面接を受けても不採用になる可能性が高い場合は、あなたの気持ちを無視しして、内定が出やすい企業ばかりを紹介するコンサルタントもいます。

自分の成績や売上しか追っていないような担当者は、チェンジしてもらいましょう。

面接

面接では必ずされる質問が決まっていますが、ベストな回答というのは企業によってまちまちです。

転職エージェントでは、「この企業はこんな質問をする」「面接ではここを重視している」というような企業独自の情報を持っています。

面接に役立つ情報を事前に教えてもらえるため、面接の成功率がアップします。

面接は誰もが緊張して、思うようにアピールできない人も多いです。

そんな人は模擬面接をお願いしてみるといいかもしれません。

模擬面接をすることで、あなたの不足部分や改善ポイントが見えてきます。

転職エージェントは面接対策セミナーを開催していることも多いので、面接が苦手な人は積極的に参加しましょう。

内定

面接がうまくいって内定をもらったら、次は条件交渉です。

雇用条件や年収、入社後のポジションについては、前職と比較しながら決定されます。

転職においては、「どんな仕事をするか」ということを理解しておくことも大切ですが、「どのような立場で」ということも把握しておかなくてはいけません。

年収も具体的な数字を提示してもらって、同意するかを決めるようにしましょう。

また現職を続けている場合は、退職する意向を早めに伝えましょう。

引き継ぎや手続きに時間を要しますので、内定がもらえた翌日には報告して下さい。

退職を引き留められ困っている場合も、コンサルタントが丁寧にサポートしてくれるので安心です。

転職エージェントを活用してベンチャー企業への転職を成功させよう!

ベンチャー企業への転職におすすめの転職サイト・転職エージェントについて、転職に成功する秘訣を含めご紹介しました。

ベンチャー企業に特化した転職サイトを選ぶ際は、エージェントの有無やサービス・掲載求人の傾向をチェックするのが重要です。

ぜひこの記事を参考に就活サイトを活用して、就活を成功させましょう。