ベンチャー企業への転職で失敗する人と成功する人は何が違う?後悔する前に知っておくべきこと

ベンチャー企業への転職で失敗する人と成功する人は何が違う?後悔する前に知っておくべきこと

ベンチャー企業への転職を検討している人は、「安定」よりも「挑戦」を求めているのではないでしょうか。

リスクが少ない大企業よりも、足元が不安定なベンチャー企業で会社の成長に関わることができれば、ひと回りもふた回りも成長できます。

しかしサクセスストーリーを想像だけで描いていると、転職したあとの現実とのギャップに苦しんでしまうかもしれません。

そこで今回は、ベンチャー企業の転職に失敗するタイプと成功するタイプについて、解説したいと思います。

最後に、転職で失敗しないための秘訣も紹介しています。

自分がベンチャー企業に向いているタイプなのか、現実を知ってから転職するかを決断しましょう。

ベンチャー企業への転職が失敗する人の特徴

「ベンチャー企業って楽しそう!」
「ネットでみた社長のインタビュー記事に共感!」
「大企業では出世できないからベンチャーへ転職しよう」

このようなタイプはそもそもの志望動機があいまいで、転職したとしても、活躍できないまま終わってしまうケースも少なくありません。

転職を失敗してしまう人にはある特徴がありますので、詳しく解説していきます。

社長の人柄だけで転職を決めた

ベンチャー企業の社長は20代や30代が多く、カリスマ性があり魅力的ですよね。

若くしてビジネスを成功させた人や、斬新なアイデアで新しい分野を切り開いた人、そんな経営者の下で働きたいと思うのは自然なことです。

しかし人柄だけで転職を決めてしまうと、失敗する確率も高くなってしまいます。

人間性は大切ですが、一緒に働いてみないと人柄までは見えてきません。

人柄や社風など、数字やデータで表せないものを信用すると危険です。

企業の強みや競合他社との違いを把握して、財務状況を調べた上で入社するようにしましょう。

大企業への転職と違い、ベンチャーは資金力不足で倒産することも多いので、リサーチは怠らないよう注意して下さい。

イメージや憧れで転職を決めてしまった

ベンチャーっていう響き、なんか格好いいですよね。

若い社員が一丸となってがむしゃらに働いている、そんなイメージが湧いてきます。

大手企業のように古い社風に縛られることなく、のびのびと自由に働けそうな、そんな気がするのは筆者だけでしょうか…。

このイメージは間違っていないと思いますが、想像するのと実際に働いてみるのとでは、大きな違いがあります。

連日の残業やトラブル対応、大きな仕事を任せてもらっても結果がだせず、プレッシャーに潰れてしまうかもしれません。

ベンチャー企業へ転職する人は、自分が活躍しているところを強くイメージしすぎてしまい、転職が失敗に終わる人も大勢います。理想はあくまでも理想です。

持っている実力が発揮できなければ、「大企業を辞めなきゃよかった…」と後悔することになります。

労働時間を確認していなかった

ベンチャー企業では、事業が軌道に乗るまでハードな仕事に耐えなくてはいけません。

目標や夢を持って働けることは素敵ですが、疲れやストレスは確実に溜まっていきます。

定時退社ができるのは、事業が軌道に乗り安定してから。

それまでは労働時間を気にせず働く必要があるのです。

自己分析ができていなかった

転職活動においては、「好きな仕事」がイコール「向いている仕事」とは限りません。

自分の強みやスキル、キャリアの棚卸しをしてから、キャリアの方向性を見つめ直すことが大切です。

現職で抱えている悩みや不満を紙に書き出して、問題を解決するためにはどうしたらいいのか、転職する以外に方法はないのかを明確にしていきましょう。

自分自身を見つめ直すことで、ステップアップやジョブチェンジの選択肢が浮かんでくることもあります。

感情に任せるのではなく、自分を客観的に捉えながら正しい自己分析を行いましょう。

入社したベンチャー企業の成長ステージを意識していなかった

ベンチャー企業やスタートアップ企業は、その成長段階に応じて4つのステージに分けられています。

  1. シードステージ
  2. アーリーステージ
  3. エクスパンションステージ
  4. レイターステージ

シードステージは事業を立ち上げる準備段階を指し、これから資金調達や経営チームを作っていくことになります。

アーリーステージは、事業を立ち上げてから軌道に乗るまでの段階で、多くの企業が赤字を抱えた状態です。

人手を必要とするため、人件費や設備投資に資金が必要となります。

エクスパンションステージは、新しいビジネスやサービスが認知されはじめ成長している状態です。

アーリーステージよりも安定しているように感じますが、油断はできません。

マーケットを広げ仕様を変えながら、洗練されたサービスの発展を進める段階になります。

レイターステージでようやく黒字になり、人材や資金も安定をみせる段階です。

しかしここで足を止めてはならず、上場やメガベンチャーへの成長に向けて、更なる挑戦をしていく必要があります。

どのステージ段階で入社するかによって、ストックオプションによって得られる利益や、役員になれるかどうかも変わってきます。

安定を求めるならレイターステージでの入社が賢明ですが、成長する企業に対する目利き能力があるなら、シードステージを狙うのもアリかもしれません。

ベンチャー企業への転職で成功する人の特徴

ベンチャー企業への転職で失敗する人を紹介しましたが、成功するのはどんな人でしょうか?

あなたが成功タイプの項目に当てはまっているか、確認してみましょう。

ベンチャー企業でやりたいことがはっきりしている

ベンチャー企業では、世に出ていない新しい事業に携わることができます。

そのため未開拓の分野を切り開きながら前に進んでいく、タフな精神が求められているのです。

自分で考えて行動を起こすタイプには向いていますが、仕事への取り組みが受け身な人は成長できません。

自分の考えやアイデアを発信し、仕事を創り出していける人だけが、ベンチャーの魅力を活かせるでしょう。

前職で実績をあげていた

元も子もない話ですが、前職で活躍できなかった人はベンチャーでも活躍できません。

「大企業だったから評価されなかったけど、ベンチャーなら自分の実力が発揮されるだろう」と考えている人は注意が必要です。

ベンチャー企業には優秀な人が集まる傾向が強く、前職でもそれなりの実績を上げている人がほとんど。

大企業だから裁量権が得られなかったという人は、大企業が問題ではなく、それだけの実力だったのかもしれません。

しかし人手不足が深刻な企業であれば、実績がなかったとしても裁量権を与えられる可能性があります。

そこで結果が出せれば、プレッシャーに強くベンチャーに向いているタイプと判断できます。

前職と比較しない

ベンチャー企業では部署の垣根を超えて、幅広い業務を担当することになります。

経験がない仕事も、自分で調べながら進めていかなくてはいけません。

またベンチャーでは社内ルールが固まっておらず、組織統制が取れていないことが多いです。

そんな環境でも、前職と比較することなく、今置かれている場所で実力を発揮できる人が、ベンチャーに向いています。

「以前はこうだった」
「大企業ではこんな風に働いていた」

などと環境に不満をいう人は、大企業に残った方が賢明です。

責任感があると燃えるタイプ

責任感が強い人は、自分の取り組む仕事においてゴールをきちんと設定しています。

さらに100が目標とするなら、120を目指して、求められている以上の成果をだそうとします。

ベンチャー企業の業務は成功するためのマニュアルがないので、「100」が存在しません。

それでも結果を出さなくてはならないので、強い責任感とやり抜く意欲が必要です。

成長意欲が強い

大企業では業務範囲が決まっていて、その枠を超えない範囲で仕事をしなくてはなりません。

自分の業務以外に手をつけてしまうと、「それはお前の仕事ではない」と上司に指摘されます。

一方でベンチャー企業では、社員一人一人が自分の業務範囲を超えて仕事を進めていきます。

会社の存続をかけ経営目線で働かなくてはならないので、成長意欲が低い人には務まらないでしょう。

ベンチャー企業に転職するメリット・デメリット!転職を成功させるポイントは?

ベンチャー企業への転職に失敗しないためには?

ベンチャー企業への転職はリスクがあって当たり前、それでも挑戦したいという人のみがいくべき場所です。

それでも、できるだけ失敗を避けるために、次のような行動をとることをオススメします。

会社に見学に行って雰囲気を知る

大企業の場合は、面接でも社長に会える機会はそうそうありません。

しかし従業員が数十名の会社であれば、社長が面接を行うこともあります。

ベンチャー企業では社長との相性も大切になってきますので、面接で会えなかった場合は、会社の交流会や見学会に足を運んでみましょう。

会社の雰囲気や社長の人柄を知っておくことは、ベンチャー企業の転職において重要なポイントです。

企業研究を念入りに行う

企業を選ぶ際には、

この2点を念入りにチェックして会社を選びましょう。

ベンチャー企業は教育体制が整っていませんので、即戦力が必要です。

企業研究を怠ると、自分の経験が必要とされず、活躍できないまま退職せざるを得なくなってしまいます。

現職で抱えている不満や悩みが転職で解消されるのか、しっかりと調べておく必要があります。

具体的には、

情報を得られない場合は面接で質問してみましょう。

競合が少ないサービスへ取り組んでいる場合、市場を独占することができます。

企業の離職率・売り上げをチェックする

ベンチャー企業の離職率は、大企業に比べると圧倒的に高いです。

仕事のスピードが非常に早いため、変化についていけない人は脱却してしまいます。

また売り上げが伸びない、減少するという状況になると、買収されて働く環境が変わったり、経営層が変わったりして、リストラや退職が相次ぐことも日常茶飯事です。

ベンチャー企業は1年間の離職率が10%を切ると優れていると判断されるようですが、離職率だけでなく業績の好不調についてもリサーチしておきましょう。

上場企業でしたら企業サイトに経済状況を公開していて、誰でも閲覧できます。

またプレスリリースや社長のブログなども、運営状況を知る情報源になりますので、目を通しておくといいでしょう。

自己分析は時間をかけて行う

自己分析をすることで、

というような動機や方向性が見えてきます。

自己分析を怠ってしまうと、転職しても活躍できなかったり、イメージしていた仕事じゃなかったりというミスマッチが起こるからです。

日本人の多くは謙虚さゆえに、自己アピールが得意じゃありません。

また裏付けのない自己アピールをすると厳しく評価され、内定を見送られるケースが多々あります。

このような事態にならないために、自己分析では自分を客観的かつ冷静に見つめ直し、強みや新しい自分を見つけ出しましょう。

「自己分析が上手くいかない」「アピールできる実績がない」という人は、プロのアドバイザーである転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

ベンチャー企業への転職は後悔が多い!?その理由と後悔してしまう人の特徴とは?

ベンチャー企業への転職はリクらくに相談

20代に特化した転職支援サービス、「リクらく」をご存知ですか?

内定率が94%と非常に高く、学歴や職歴がない人でも丁寧なサポートで正社員への転職を可能にしています。

対応エリアは東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県のみ。

地域を限定しているので、アドバイザーの質も高く、利用者の9割以上が「友人に紹介したい転職エージェント」と評価しています。

リクらくが抱えている求人数は2,000件程度で、大手と比較すると決して多くありません。

しかしその理由は、紹介する転職先をホワイト企業に限定しているから。

担当者が企業に直接訪問して、優良だと判断した企業のみを紹介するのがリクらくの特長だからです。

ベンチャーへの転職は企業選びが大切で、失敗するか成功するかが応募の段階で決まります。

企業と太いパイプを持っている転職エージェントから、情報を仕入れ紹介してもらう、これがもっとも成功に近い転職方法ではないでしょうか。

  1. 将来性のあるベンチャーを紹介してほしい
  2. 自分の可能性をプロに判断してもらいたい
  3. 正社員経験はないけどやる気はある
  4. 未経験でアピールできる実績がない

そんな人は、カウンセリング実績が2万人を超えるリクらくを活用しましょう。

ベンチャー企業は人手不足なところが多く、採用活動も活発です。

リクらく限定求人であれば面接も1回のみ、最短1週間で内定がもらえます。

まずは登録して、キャリアカウンセリングを受けてみてはどうでしょうか。

新しい自分が発見できるかもしれませんよ。

ベンチャーへの転職に転職エージェントがおすすめの理由!利用の流れとは?