ベンチャー企業に転職するメリット・デメリット!転職を成功させるポイントは?

ベンチャー企業に転職するメリット・デメリット!転職を成功させるポイントは?

「裁量権のある環境で働きたい」「将来起業したい」と考える人は今の職場で働く選択肢とは別に「ベンチャー企業への転職」を考える人も少なくないのではないでしょうか。

ベンチャー企業とは

ベンチャー企業とは、革新的なアイディアや技術を元に、新しいサービスやビジネスをする企業のことです。

本来「Venture」とは冒険的事業・投機的企業という意味ですが、日本では新興企業という意味で使われています。

しかし資本金○○以下、従業員数○○人以下などの明確な基準がないため、同じ会社でもベンチャー企業として扱われる場合とそうでない場合があります。

ベンチャーには4つのステージがある

ベンチャー企業は成長段階・従業員数によって4つのステージに分けられています。

ステージ 特徴
シードステージ 創業前の段階。ビジネスモデルは決まっているものの、明確な製品・サービスはない。
アーリーステージ 創業直後で顧客が限定的。売上・利益は少ないものの、運転資金・設備資金・販売促進に多くの資金が必要。
エクスパンション 事業が軌道にのって利益が固定費を上回る。結果が出ていることから金融機関からの資金調達もしやすい。
レーター 継続的なキャッシュフローがあり、上場直前

ステージが上がるにつれ、従業員数が増えて事業が安定していく傾向にありますが、スピード感・事業の立ち上げに関われる、などのベンチャーらしさは減っていくでしょう。

ベンチャーとスタートアップ企業の違い

ベンチャー企業と混同されがちな言葉に「スタートアップ企業」というものがあります。

スタートアップ企業は「新しいビジネスモデルによって急成長している企業や事業」を指します。

ベンチャー企業とほぼ同じ意味で使われることも多いですが、ベンチャー企業の中でも特にシード~アーリーステージのベンチャーがスタートアップと呼ばれることが多いです。

ベンチャー企業に転職するメリット

1人1人の裁量権が大きい

ベンチャー企業は少人数精鋭で仕事をしているところも多く、1人1人の裁量権が大きいのがメリットです。

大企業だと入社したてのころは決められたことしかできなかったり、新しい提案・事業を通すのは難しいでしょう。

しかし、ベンチャー企業は基本的に手を上げさえすれば、挑戦できる環境が整っています。

業務の幅が多岐に渡っている

ベンチャー企業は少ない人数で仕事をこなさなくてはいけないため、部署をまたいでの業務を任されることも珍しくありません。

大企業では1人1人に役割が決まっており、決められた業務をするケースも多いですが、ベンチャー企業は役職に関わらず様々な業務ができる傾向にあります。

将来起業してみたい人や、スキルの幅が広げたい人にはメリットのある環境でしょう。

経営陣との距離が近い

規模が大きい会社では、社長・取締役などの経営陣と1対1で話せる機会は少ないです。

大企業ともなると、社長と会えるのは面接や入社式ぐらいという会社も珍しくありません。

会社全体の決定についても、役職がない社員は意見できない傾向にあります。

しかしベンチャー企業は経営陣との距離が近く、同じフロアで仕事をしている…なんて会社も。

経営者との距離が近いため自分の意見が言いやすく、成長したい、将来起業したいと思っている人にとって勉強できる環境でしょう。

意思決定のスピードが早い

ベンチャー企業の醍醐味と言えば、「スピード感」でしょう。

大企業であれば、上直に提案し、企画書を提出して会議を重ねて…といった手順が必要になり、意思決定が遅くなりがちです。

しかしベンチャー企業では「やりたい」と手を挙げれば、その日のうちに実行できる…という可能性もありえます。

会議をするよりまずはやってみたい、行動したい、という人にとってベンチャーのスピード感は魅力のひとつです。

ベンチャー企業に転職するデメリット

福利厚生が充実していない

大企業・中小企業に比べてベンチャー企業は福利厚生が充実していないことがほとんどです。

会社としてスタートしたばかりなので、育休産休・有給・時短勤務などの福利厚生面は劣ってしまうでしょう。

また、創業直後の会社だと顧客獲得・収益化のために深夜残業や休日出勤になることも珍しくありません。

ベンチャー企業は組織や福利厚生の仕組みが整っていないため、自分たちの手で作っていかなければいけません。

年収ダウンの可能性

特に大企業からベンチャー企業に転職する場合、年収は下がるのが一般的です。

資金が尽きる前の支出をできるだけ減らしたいという気持ちもありますし、出資者の目もあるため、高い給与を設定することは難しいのです。

例えマネージャーや管理職で採用されたとしても、大企業とは比べ物にならないでしょう。

しかし、ストックオプションや成果報酬などのインセンティブを用意している場合は、自ら給与を上げることも可能でしょう。

経営が安定しないことが多い

ベンチャー企業は、革新的なアイディアや技術を元に、新しいサービスやビジネスをする企業のことです。

そのため商品・サービスが世の中に認められないうちは、収益が上がらず黒字になりにくいです。

ベンチャー企業は市場の動き、競合他社にも経営が左右されやすく、経営不振になって倒産するリスクも0ではありません。

もちろん、大企業でも倒産するリスクはあるものの、信用力や資金力で少ないベンチャーは倒産のリスクがより高いのです。

会社とミスマッチするリスクが高い

ベンチャー企業は従業員数が大手企業より少ないため、よくも悪くも社長の考えや個性が反映されます。

そのため会社独自の文化が生まれやすく、人によって合う・合わないがはっきり分かれます。

社内の雰囲気に馴染めれば問題ありませんが、会社・経営者と「合わない」と感じてしまうと、会社での居心地が悪くなってしまうでしょう。

大きな規模の会社であれば、部署異動や転勤で環境が返られる可能性もありますが、ベンチャー企業の場合は環境の変化は期待できません。

ベンチャー企業へ転職する場合、社長・経営陣と仕事観や性格が合うかどうかが以外に重要です。

ベンチャー企業への転職に向いている人・向いていない人の特徴

ベンチャー企業への転職はメリットもある反面、デメリットもあります。

そのため、ベンチャー企業が「いい・悪い」ではなく、自分にマッチングするかが重要です。

主体的に行動できる人

ベンチャー企業は上司や会社に言われたことをやる、受け身の姿勢より主体的に行動できる人が求められます。

決まったことをきっちりこなすタイプより、自分で考えて仕事を作り行動する人がベンチャーで活躍できるでしょう。

変化を楽しめる人

ベンチャー企業は意思決定までのスピードが短く、変化がある環境です。

事業内容・経営方針はもちろん、人の入れ替わりも多いため、そういった変化を楽しめる人に向いています。

常に変化がある環境で刺激を求めたい人、スピード感をもって仕事をしたいと考える人はベンチャーに向いているでしょう。

ベンチャー企業に向いていない人

反対に、以下に当てはまる人はベンチャー企業への転職を考え直したほうがいいかもしれません。

ベンチャー企業は会社から与えらた仕事をする、というよりも自分で考えて行動する人の方が向いています。

自己実現やスキルアップのためなら、福利厚生や給料などの待遇面が整っていなくても構わない、という人以外はベンチャーに転職しても後悔してしまうかもしれません。

ベンチャー企業への転職を成功させるためのポイント

ベンチャー企業への転職で叶えたいことを明確にする

ベンチャー企業への転職活動を始める前に、もう一度自分が転職する目的を明確化させましょう。

年収を上げたい?裁量権の大きい仕事がしたい?

転職目的によっては、ベンチャー企業への転職が正解ではないかもしれません。

自分の将来像をイメージして、それを実現させるためには何のスキルが必要なのか、何に挑戦すべきなのかをイメージしてみましょう。

自己分析をしっかり行うことで、自分にあった会社を見つけやすくなりますし、面接にも落ち着いて望めるでしょう。

情報収集は目だけでなく足も使おう

この記事を見ている方は、これまでにベンチャー企業で働いた経験がない方でしょう。

ベンチャー企業についての情報収集としっかりしておかないと、入ってから「イメージと違う…」と後悔することになりかねません。

そのため情報収集は必須なのですが、サイトで調べるだけではなく、自分の足を使って調べることをおすすめします。

求人情報には、会社の雰囲気や社員の様子は載っていません。

ミスマッチをなくすためには、目だけでなく足も使って、自分だけでなく第3者の目も使って情報収集しましょう。

面接で自分の魅力と企業へのメリットをアピールしよう

ベンチャー企業には経営者個人の価値観が色濃く反映されています。

ベンチャー企業では特に「会社のカラーに合うかどうか」「即戦力かどうか」を見られているケースも少なくありません。

自己分析を元に、「自分を採用すると会社にどのようなメリットがあるのか」を意識して自己PRをしましょう。

経験が浅い職種・業種であっても、会社のカラーとあっていると判断されれば、採用される可能性はあるので、自信を持って臨みましょう。