20代はキャリアチェンジの絶好のチャンス!目的を持って転職活動を行いましょう

20代はキャリアチェンジの絶好のチャンス!目的を持って転職活動を行いましょう

20代の中には、今の仕事に嫌気がさして、全く別の業界働こうとしている人がいるのではないでしょうか?

そんな人は「憧れの仕事にチャレンジしたい」「違う業界で働きたい」と考えていることでしょう。

未経験の仕事に転職することをキャリアチェンジと言い、20代はキャリアチェンジする上で絶好のタイミングと言えます。

そこで今回は、キャリアチェンジに失敗しないためのポイントや、キャリアチェンジのメリット・デメリットを紹介していきます。

転職してキャリアアップしようと思っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

キャリアチェンジするなら20代の間にしておきましょう!

先述しましたが、20代はキャリアチェンジする絶好の機会です。

20代は、年齢が若く吸収も速いので、ポテンシャルの高さからキャリアチェンジにおいてもそこまでハードルが上がりません。

そのため、転職難易度が低い20代のうちにキャリアチェンジしておくのが賢明と言えるでしょう。

30代になるとキャリアチェンジが難しい

30代の転職では、仕事への熱意やポテンシャルよりも、仕事のスキルや経歴を重視されます。

そのため、20代の時のような転職はできません。

また、年齢が上がるにつれて、仕事の吸収率やポテンシャルが低くなっていくので、30代からのキャリアチェンジはかなり難易度が高いです。

キャリアチェンジには3つの種類がある

キャリアチェンジは未経験の職種や業種に転職することを言います。

キャリアチェンジには大きく分けて3つの種類があります。

  • 業界も職種も未経験の転職
  • 未経験の業界へ経験のある職種で転職
  • 経験のある業界で未経験の職種に転職

業種も職種も変えるのは、介護士から不動産営業を目指して転職するケースです。

2つ目の未経験の業界へ経験のある職種で転職は、不動産営業から広告関連の営業に転職するケース。

3つ目の経験のある業界で未経験の職種に転職は、不動産営業から不動産の事務職に転職するケースです。

1つ目の業界・職種共に変えて転職するのが一番難易度の高い、キャリアチェンジの仕方です。

キャリアチェンジに失敗しない3つのポイント

キャリアチェンジは人生の一大イベントなので、絶対に失敗したくないところでしょう。

キャリアチェンジに失敗してしまうと、仕事が長く続かず、早期退職に繋がってしまいます。

そのため、キャリアチェンジに失敗しない3つポイントを紹介していきます。

キャリアチェンジする理由を説明できるようにしておきましょう

キャリアチェンジを成功させるには、キャリアチェンジしたい業界や職種、企業について徹底的に勉強しておく必要があります。

「どんなスキルが必要なのか」「専門的な知識を身に付けておいた方が良いいのか」など調べたうえで、企業が求めているニーズに応えられるようにしましょう。

また、未経験の業界・職種の面接では、志望動機を詳しく聞かれます。

「なんとなくやってみたかった」などの抽象的な理由や、「今の仕事が嫌になって」などのネガティブな理由だとキャリアチェンジする熱意が伝わりません。

そのため、ポジティブな意味合いの元で、キャリアチェンジした旨を伝えられるようにしましょう。

これまでの経歴を転職の企業に関連させる

未経験の職種・業界へ転職するとはいえ、今までの活かせそうな経験を絡めてアピールすれば、より大きなアピールに繋がります。

そのため今までに経験してきた仕事を思い出して、転職先の業務に活かせそうなスキルや経験を探してみましょう。

合わせてこちらの記事も参考にしてみて下さい。

20代にありがちな転職理由と転職理由の上手な伝えかたを紹介します!

熱意とモチベーションをアピールする

未経験職への転職に最も必要なのは、これからの仕事に対する熱意です。

どのような思いでキャリアチェンジしようと思ったのか、キャリアチェンジしてどのように仕事をしていきたいのかなどの、モチベーションの高さをアピールしましょう。

対して、スキルや経験を全面的にアピールしても、企業から評価を受けることはありません。

前職の経験をアピールする場合には、+α程度と考えておきましょう。

キャリアチェンジするメリット・デメリット

キャリアアップには、メリットとなる面も多くありますが、当然デメリットも存在します。

どちらの側面もあるということを理解して、キャリアチェンジするのか検討してみましょう。

メリット

まずはメリットから紹介していきます。

自分がやりたかった仕事に就ける

これまでに経験したことが無い職に転職するわけなので、自分がやりたかった仕事ができるのが一番大きなメリットと言えます。

仕事をしていても楽しくなかったり、やりがいを感じられないと仕事は長く続きません。

モチベーションを高く持たないと、仕事の成果も出しづらいでしょう。

新しい仕事のスキルを身に付けられる

今までに経験したことのない新しい仕事に転職すれば、新規のスキルを身に付けられます。

今までの仕事であまり適性があると感じていなくても、新しい仕事につくことで新しい自分を発見できるでしょう。

また、仕事に適性があれば早い段階で昇進する可能性も大いにあります。

デメリット

次にキャリアチェンジするデメリットを紹介していきます。

これまでのスキルを仕事に活かせない

未経験の職種に転職するので、これまでに仕事で身に付けてきたスキルや経歴が全て無くなってしまいます。

前職である程度の役職に就いている場合には、その経歴が無くなりゼロからのスタートになってしまいます。

ゼロから始めるとなると、前職でもらっていた給与よりも低くなってしまうので、収入が低くなってしまうでしょう。

また、前職での仕事の仕方が染みついてしまっているので、新しい業界での仕事の仕方が合わない可能性もあります。

20代はキャリアチェンジのチャンス!

先述してきた通り、20代であればキャリアチェンジする絶好のチャンスと言えます。

20代でキャリアチェンジしておかないと、年齢を重ねて30代になった時に、キャリアチェンジしたくても転職できない可能性が大いにあります。

キャリアチェンジしたいという意思が固い人は、この先後悔しないように、20代のうちにキャリアチェンジしておくことをおすすめします。

リクらくがキャリアチェンジのお手伝いをいたします!

就活する上で不安や悩みがあったら、就活エージェントであるリクらくを活用してみませんか?

リクらくでは、履歴書の作成。添削、面接対策、内定後のフローなど就活に関する全てのサポートを無料で受けられます。

また、キャリアチェンジに関する相談も受け付けているので、転職に悩んでいる人はリクらくを活用して悩みを解決しましょう。

リクらくを活用して、キャリアチェンジを成功させましょう!

合わせてこちらの記事も読んでみて下さい。

20代の転職に学歴は影響する?自信がない人は学歴以外でアピールしよう