2回目の転職をする20代の注意点と成功を勝ち取る秘訣!

2回目の転職をする20代の注意点と成功を勝ち取る秘訣!

第二新卒として転職した会社に不満や悩みを感じて、2回目の転職をしようと思っている人も多いと思います。

2回目の転職を考えている人の中には、「転職回数が多くて転職が不利になってしまうのでは?」と不安を感じている人がいませんか?

始めに結論から言うと、2回目の転職だからと言って、不利になってしまうなんてことはありません。

あまりにも多くなると問題が出てくるものの、20代で2回目の転職ならば許容の範囲内。

しかし、何も考えずに転職をしたり、転職に成功するためのポイントを理解しておかないと転職に失敗してしまうことも。

2回目の転職に失敗しないためにも、この記事を参考にして、20代の転職を成功させてください!

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

転職の回数によって企業が転職者に求める要素が異なる

まず初めに理解しておきたいのは、転職回数によって企業が転職者に求める要素に違いがあるということ。

転職回数に適したアピールができないと、採用される確率が低くなってしまいます。

1回目と2回目での企業が転職者に求めている要素の違いを紹介していくので、違いをしっかりと理解してください。

1回目の転職では若さとやる気

転職回数1回目の第二新卒と呼ばれる人に求めているのは、年齢の若さと仕事に対してのモチベーションの高さです。

そのため、仕事のスキルや社会人経験が浅くても、上記の要素を持っていれば十分に採用される見込みがあります。

「将来的には○○の仕事で○○の成果を上げたい」「未経験ですががむしゃらに頑張りたい」などと、熱意のこもったアピールが大切。

2回目の転職では社会人経験とスキル

2回目の転職では、社会人経験の豊富さと、仕事上の専門的なスキルが重要になります。

というもの、初めての転職者に比べて、2回目の転職をする人は社会人経験が長いため仕事ンのスキルが身に付いていて当然と思っています。

そのため、将来的なビジョンというよりも、これまでにどのような経験をしてきてどのようなスキルが身に付いているかということが重要。

2回目の転職で未経験職を目指してしまうと、内定を貰える確率が低くなってしまうことに。

なるべく同業種か前職と関連性のある職種を狙って、転職する様にしましょう。

企業によっては2回目の転職を多いと感じる企業もある

20代で2回目の転職は、企業にどのような印象を与えるか不安になっている方もいるのではないでしょうか。

世間的に20代で2回の転職回数は多いわけではないため、決して印象が悪いという訳ではありません。

しかし、企業によっては多いという印象を持つ企業もあり、そのような企業からはマイナスの印象を持たれがち。

2回の転職回数を多いと思っている企業は、転職者に対して以下のような不信感を抱えています。

長期間勤務する見込みが低い

転職回数が多い人は、長期間勤務する見込みがないため、採用しても早期退職してしまうと思われています。

早期退職してしまうと、採用してもコストの無駄になってしまい、退職した分の人材を再び確保しなければならないため二度手間に。

採用する側の企業としては、長い期間勤務して将来的には会社の中心人物になってほしいと思っているため、早期退職する可能性のある人は敬遠されます。

そのため、転職回数が多いという印象を垂れてしまうと、転職で不利になってしまうのです。

早期退職を繰り返しているため仕事のスキルが身に付いていないのでは?

1社あたりの勤続年数が短く、早期退職を繰り返していると、仕事のスキルや社会人スキルが身に付いていないと思われています。

入社してからしばらくの間は、簡単な仕事や雑務などしか与えらないのが一般的。

勤続年数が増えていく毎に、新しい仕事が与えられたり、業務上の責任が多くなったりしていきます。

そのため、早期退職してしまうと初歩的な業務しかできていないケースが多く、年齢に見合ったスキルが身に付いていないと判断されてしまう可能性が高いです。

ブランク期間があると仕事の意欲が低いと思われる

前職を退職してから転職を始めている人の場合、退職後から転職が決まるまでに、時間が掛かってしまう人がいます。

転職期間中は仕事をしていない期間となり、ブランク期間と判断されてしまうため、長引くほど転職が不利になります。

できる限りブランク期間を無くすためにも、ある程度の見通しを立ててから退職したり、し仕事を続けつつ転職するのがおすすめです。

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

20代の2回目の転職を成功させる秘訣

それではここから、2回目の転職をする20代の転職を成功させるための秘訣を紹介しいていきます。

秘訣は全部で3つあります。

  • 前職と関連した仕事に転職する
  • ポジティブな退職理由を伝える
  • 前職を続けながら転職活動を進める

それぞれの詳細に説明していくので、転職をする人は是非参考にしてみて下さいね。

前職と関連した仕事に転職する

1つの目の秘訣は、前職と関連した仕事に転職するという方法。

先述したように、企業が2回目の転職者に求めているのは、仕事に活かせるスキルや社会人としてのスキルです。

そのため、前職と同じ様な仕事に転職すれば、前職の経験を活かした転職ができます。

企業から見ても、経験者であれば即戦力人材として採用ができるので、研修などを行う手間やコストが省けます。

ポジティブな退職理由を伝える

2つ目の秘訣は、ポジティブな退職理由を伝えるという方法。

「前職の仕事がきつかったから」「いくら残業しても収入が上がらなかった」などの理由だと、退職理由というよりも愚痴に聞こえてしまいます。

面接官はあなたの愚痴を聞くために、退職理由を聞いているわけではないので、ポジティブに言い変えなければなりません。

伝え方次第で合否が大きく左右されるため、不利にならないような退職理由の伝え方を紹介していきます。

とは言っても、仕事が嫌で退職した人がほとんどだと思うので、どの様に伝えればいいのか分からない人がほとんどでしょう。

そのような人たちに向けて、下記で伝え方のポイントを紹介していきます。

退職理由と志望動機を関連させるのがポイント

退職理由をポジティブに伝える効果的な方法として、退職理由と志望動機を関連させるという方法があります。

前の仕事が嫌で退職している人がほとんどなので、退職理由だけを伝えても、ポジティブな印象を与えにくいことがほとんど。

嘘の退職理由を伝えてしまうと、ばれてしまった時のリスクが大きいため、嘘をつくことはおすすめしません。

そこで、退職理由が自分の目標や志望動機と重なるように伝えられると、これまでの経歴に一貫性が出て好印象です。

例えば「自分は○○の仕事をしていきたい。しかし今の職場では実現できる環境ではないので退職を決めた」といった感じ。

今の職場で目標を実現できないということは、つまり転職希望先の会社であればそれができるという期待の裏返しになり、スムーズに志望動機の話に繋がります。

また、その際に自分が抱えている将来的な目標を語れると、前向きな転職であると捉えられ好印象です。

前職を続けながら転職活動を進める

3つ目の秘訣は、前職を続けながら転職活動を進めるという方法。

転職活動はいつ終わるのかという目途が立てにくいため、場合によっては長引いてしまうことが多々あります。

転職期間中は、仕事をしていないブランク期間になってしまうため、ブランク期間が長引いてしまうと転職が不利になります。

加えて、ブランク期間が長引いてしまうと、収入が無い状態が続いてしまうことになるので貯金が底をついてしまうケースも。

貯金が無くなってしまうと、転職活動以前に生活ができない状態に陥ってしまいます。

そのような事態を招かないためにも、仕事を続けながら転職活動を進めましょう。

仕事を続けながら転職活動をすれば、ブランク期間ができないだけではなく、転職が思う様に進まない際に一旦元の仕事に戻るという選択も可能。

上手くいかなかった時の保険を作れるという点も、仕事を続けながら転職活動を行う大きなメリットと言えるでしょう。

2回目の転職をする20代に覚えておいて欲しいこと

ここからは2回目の転職をする20代に覚えておいて欲しいことを紹介していきます。

転職は自分の成長に繋がる反面、大きなリスクが伴うことも。

リスクを分かった状態で転職を進めれば、未然に防ぐことができます。

  • 2回目の転職に失敗すると危険
  • 未経験職への転職は収入が下がる可能性が高い
  • ブランク期間が長引くと転職が不利に…

それぞれ見ていきましょう。

2回目の転職に失敗すると危険

20代で2回目までの転職までは、企業から見ても許容範囲内の企業がほとんど。

転職回数が3回になってしまうと、転職回数が多いと感じる企業が多くなり、途端に転職をする難易度が高くなります。

そのため、2回目の転職で自分に合った企業に転職しなければなりません。

企業研究や自分のやりたい仕事が分かっていない状況で、転職を始めてしまうと、内定を貰ったとしてもミスマッチができてしまう可能性があります。

ミスマッチができてしまうと、早期退職に繋がり、転職回数が無駄に多くなってしまいます。

そうならないためにも、転職前の準備を万全の状態にしてから転職活動を始めるようにしましょう。

20代の転職者必見!絶対に失敗しない転職先の選び方

未経験職への転職は収入が下がる可能性が高い

2回目の転職でこれまで経験したことが無い、未経験職に転職すると、これまでのスキルや経験が活かせないため一からのスタートになります。

そのため、前職よりも収入が下がってしまうことがほとんど。

また、先述したように2回目の転職で未経験職へ目指すとなると、企業のニーズに合っていないため思い通りに行かないことが多いです。

未経験職への転職をしない方が良いという訳ではありませんが、将来的なことを考えるのであれば、前職と同じ職種か関連性のある職種を選んだほうが良いでしょう。

ブランク期間が長引くと転職が不利に…

転職期間中は仕事をしていないブランク期間になり、ブランク期間が長くなってしまうと、企業の不信感が大きくなり転職が不利に。

転職がすぐに終わるという保証はどこにもないので、前職を続けながら転職活動をしていくことをおすすめします。

前職をしながら転職すれば、ブランク期間ができないので、様々なリスクを防げます。

しかし、仕事と転職を並行して行うのはかなりのエネルギーがかかるため、しっかりと計画を立ててから行動に移すようにしましょう。

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

2回目の転職でも不利にはならない!しかし失敗はできない!

この記事では、2回目の20代の転職について紹介してきましたがいかがでしたか?

20代で2回の転職回数は不利になるケースが少ないので、転職をしていく中で不利になってしまうことは少ないです。

しかし、2回目の転職に失敗して、3回目の転職になると転職回数が多いという判断をされるため一気に転職が不利に。

そういう状況に陥らないためにも、転職前の準備を入念に行い、2回目の転職に失敗しない様にしましょう。

また、もし転職に不安や悩みを感じたら当サイトのリクらくを活用して、転職を進めてみませんか?

20代の転職に成功するためにはリクらくを活用!

20代としての転職に不安を感じたら、リクらくに相談してみませんか?

リクらくでは、一人一人に専属のエージェントが付いて、マンツーマンで転職を完全サポート致します。

求人紹介・履歴書作成・面接対策など転職に関するサポートが完全無料で受けられるのも大きなポイント。

加えて、リクらく活用者の内定率は90%を超えています。

安定した実績を誇っているりくらくを活用して。転職を成功させましょう!

あなたのお電話お待ちしています!

20代で3回の転職は多い?転職回数が与える影響と転職に成功する秘訣