20代転職者のホワイト企業の見分け方とは?ホワイト企業の特徴を理解しましょう

20代転職者のホワイト企業の見分け方とは?ホワイト企業の特徴を理解しましょう

転職して働くのであれば、待遇やの良いホワイト企業で働きたいですよね。

ホワイト企業であれば休みもしっかりしており、収入も安定しているので、仕事とプライベートのバランスを保ちやすいでしょう。

しかし、ホワイト企業に入るには、どのような特徴を持った企業がホワイト企業なのか見分けるスキルが必要です。

そこで今回は、ホワイト企業が多い業界と、ホワイト企業の特徴を紹介していきます。

ホワイト企業の見分け方を理解して、ホワイト企業への転職を成功させましょう!

ホワイト企業の定義は無いので自分なりの基準を作る

一口にホワイト企業と言っても、明確に定義されているわけではないので、人によってホワイト企業の解釈が異なります。

休みがしっかり取れるが、あまり給料が良くない会社をホワイト企業と捉える人もいます。

反対に、休みがあまりないが、その分の給料がもらえる企業をホワイト企業と捉える人もいます。

人によって価値観が異なるので、まずは自分の中でホワイト企業の基準を作りましょう。

あなたが仕事上でどのようなことに重点を置いているかで、ホワイト企業委の基準が決まります。

ホワイト企業が多いおすすめの業界5つ

どのような業界にホワイト企業が多いのか、転職者からすれば気になるところでしょう。

見分けるポイントは、「新規参入が難しいか」です。

競合相手がいると営業や技術者は、他社よりも利益を上げるために、高い結果を求められます。

そのため、必然的に残業や休日出勤の回数が多くなります。

さらにコストを抑えようとして、社員の人件費の削減も行われるため、ブラック企業になります。

しかし、競合相手が少なく参入してくる相手がいないとホワイト業界であることが多いです。

20代での転職にオススメの業種・職種を紹介!おすすめ理由と選ぶ際のポイントも解説!

インフラ業界

インフラ業界は、この先もニーズが絶えない業界で、競合会社の数も少ないのでホワイト業界と言えます。

また、インフラ業界のほとんどの企業が大手企業なので、収入や福利厚生が高い水準で安定しています。

入手難易度は高いものの、入社できれば一生安定した生活が送れるので、チャレンジする価値はあるでしょう。

航空業界

航空業界も大手企業が独占している業界なので、新たな企業が参入してくる可能性が極めて低いです。

また、女性が多い業界なので、福利厚生や出産・育児休暇などを理解してくれる企業が多いです。

また、収入もかなり安定しており、加えて破格のボーナスや退職金などを貰えるので高水準の生活が送れるでしょう。

専門的なスキルや学力が必要になるものの、努力次第で、第二新卒からでも転職できます。

かなり人気の業界なので、チャレンジする価値はあります。

化学系業界

現代ではインターネットの普及に伴って、スマートフォンなどの電子機器の流通量が、急激に増えました。

ほぼすべての人がスマートフォンを持っており、生活に欠かせない存在で、この先もニーズが途絶えることが無いでしょう。

電子機器に関しての専門的なスキルや技術を持っている企業は、需要が途絶える心配が無いので、ホワイト企業と言えるでしょう。

化学企業の多くは中小企業が多いですが、中小企業でも休みや福利厚生が整っており、高い収入を受けられます。

化学系業界は、ホワイト企業が多いものの、若者人気が低い業界です。

高いスキルを求められるものの、転職者が少ないので、ある意味狙い目の業界かもしれません。

興味がある人は、業界研究をして、化学系業界への理解を深めてみて下さい。

広告業界

広告業界は20代からの支持が高く、人気がある業界です。

これまでに上げた業界と違い、広告業界にはたくさんの企業があり、企業によっては多忙を極める企業もあります。

しかし、業界全体で見た時に、ホワイト企業が多い業界です。

仕事量が多くて、忙しい職種ではあるものの、その分の収入を得られる特徴があります。

そのため、仕事をがっつりやって、高い収入を得たいと思っている人にはオススメの業界です。

地方公務員

地方公務員は、徹底的に労働時間を管理されており、加えて土日祝完全休みの場合がほとんどです。

福利厚生・ボーナス・各種手当・退職金など、いずれも高水準の待遇を受けられます。

しかし、公務員試験に合格しなければなりません。

試験にかかる勉強時間は半年と言われており、倍率もかなり高いです。

中途半端な気持ちで公務員を目指しても、試験に合格する見込みは低く、勉強時間が無駄になってしまう可能性もあります。

公務員を目指す場合は、高い意識と覚悟を持ちましょう。

ホワイト企業に共通している特徴

ここからは、ホワイト企業に共通している特徴を紹介していきます。

共通している特徴を覚えて、ホワイト企業への転職を成功させましょう。

平均年収が高い

ホワイト企業には独自の手法があり、利益を上げるサイクルが整っています。

そのため、業績に波が無く安定した業績を上げることができます。

業績が上がるにつれて、従業員に還元される給料も高くなるので、授業員の平均収入を求人などで確認しておきましょう。

勤続年数や離職率を公開している

企業によっては、仕事量が多い、・残業が多いなどの理由で離職率がかなり高い企業もあります。

離職率が高い場合は、何かしらの不満を抱えて退職しているので、労働環境や待遇面に問題があるケースが多いです。

そのため、離職率が高い企業は、求人などに従業員の勤続年数や離職率を公開していません。

求人を見るときに、従業員の勤続年数や離職率を公開していない企業には気を付けましょう。

福利厚生の種類が豊富

福利厚生には様々な種類があり、数が多いほど従業員が働きやすいようにしていると判断できます。

そのため、福利厚生の数が多い求人は、ホワイト企業の可能性が高いです。

住宅手当や子ども手当、預金制度など数が多いほど、生活が豊かになり仕事もしやすくなります。

結果的に仕事に対してのモチベーションが高くなり、一人当たりの仕事量が多くなるというサイクルをホワイト企業は理解しています。

福利厚生もホワイト企業を見分ける基準として、チェックしておきましょう。

完全週休2日制・祝日も休み

ホワイト企業のほとんどは、完全週休二日+祝日休みです。

従業員の健康面やプライベート面などを尊重して、ワークライフバランスが崩れないように最大限の配慮をしてくれます。

働くのはもちろんですが、それ以上にしっかり休むことを推奨し、長期的に従業員が健康で幸福に過ごせるサポートをしてくれるのも特徴です。

有給申請も気軽にできるので、旅行や用事を優先できるでしょう。

しっかりと休みを取って、プライベートが充実すれば、仕事も意欲的に取り組めるでしょう。

求人が頻繁に出されていない

ホワイト企業が求人を出すのはかなり稀で、掲載期間も非常に短い特徴という特徴があります。

ホワイト企業は離職率がかなり低いので、新たに人材を補填する必要がほとんどありません。

また、ホワイト企業はかなり人気が高い企業ばかりなので、求人が掲載されてすぐに応募者が殺到し採用活動が終わります。

ホワイト企業が求人を出すタイミングは不定期なので、頻繁に求人サイトを見て、企業の動向をチェックしておかなければなりません。

また、求人サイトをチェックしていると、求人によっては長期間ずっと掲載されている求人がありますがこの求人はブラック企業の可能性が高いです。

求人が長期間掲載されているのは、

  • 人が集まらない
  • 採用してもすぐに辞めてしまう
  • 採用しても人手不足が解消しない

…などの理由があり、労働環境や待遇が悪い可能性がかなり高いです。

長期間掲載されている求人には、きれいごとが並んでいる場合が多いですが決して騙されてはいけません。

「働きだしたら求人に記載されていた内容と全く違う環境だった」と、悲惨な事態を招いてしまうので、甘い言葉に騙されないように注意しましょう。

労働時間が徹底的に管理されている

ホワイト企業は従業員が伸び伸びと働ける環境づくりを意識しています。

環境づくりの一つが労働時間で、社員が働きすぎて体調を崩したり、ストレスを感じてしまわないように気を使っています。

そのため、労働時間について厳しく管理しており、社員一人一人が適切な労働時間内で仕事を終わらせようにしています。

タイムカードなどで労働時間を徹底的に管理しており、残業が発生すれば残業代として働いた分の賃金が支払われます。

従業員の体調を最優先に考えてくれるので、ストレスを感じずに、長期間の勤務ができるでしょう。

ホワイト企業が必ずしも良いとは限らない

ここまでホワイト企業の特徴や見分け方を伝えてきましたが、ホワイト企業だからと言って転職先を決めないようにしましょう。

待遇や環境が良くても、仕事内容に興味を持てなかったら、仕事が長く続く見込みは少ないでしょう。

待遇や職場環境は、自分のやりたい仕事内容の+αに過ぎません。

転職先選びで後悔しないように、自分のやりたい仕事内容を優先するようにしましょう。

がっつり仕事をしたい意思がある人には物足りない

ホワイト企業は業務時間が厳格に管理されているので、残業して仕事をしたくても残業させてもらえない場合があります。

また、仕事量も分配されているので、仕事量が少なくて物足りないと感じてしまう人も中にはいるかもしれません。

仕事をがっつりして、仕事のスキルを身に付けていきたいと考えている人には、退屈かもしれません。

リクらくを活用してホワイト企業に転職しよう!

ホワイト企業を見分けるにはコツが必要で、様々な求人に目を通し選考を受けていく中で、見分ける能力が身に付きます。

始めのうちは、求人を見てもどういう企業なのか、面接を受けて雰囲気を体験しないと分からないことも多いでしょう。

また、あなたが仕事にどのような価値観を持っているかによって、ホワイト企業の定義が変わります。

あなたの中で、譲れない条件や仕事内容などを明確にして、それを実現できる企業に行くのがベストです。

また、転職エージェントのリクらくを活用することで、ホワイト企業に就職する可能性が一気に上がります。

リクらくで受けられるサービスはすべて無料なので、気軽に活用してみて下さい。

リクらくを活用して、ホワイト企業への転職を成功させましょう!

また、こちらの記事も合わせて読んでみて下さい!

20代の転職者必見!絶対に失敗しない転職先の選び方