30代で楽しい仕事に転職!つらい仕事から転職するコツを解説

30代で楽しい仕事に転職!つらい仕事から転職するコツを解説

30代は経験やスキルが身に付き、会社での役職も上がってくる頃です。

中には就職した時と仕事に対する価値観が変わり、より楽しい仕事に就きたいと感じている人もいるでしょう。

今の職場が合わないとなれば考えることは転職ですが、30代から転職することは出来るのか不安ですよね。

そこで、30代で転職する際には入念に準備をすることをおすすめします。

このページでは30代で楽しい仕事に転職するためのコツをご紹介します。

30代での転職に不安がある人はぜひ参考にしてください!

そもそも30代での転職は可能?

まず、そもそも30代で転職は可能なのかご紹介します。

結論から言うと、30代での転職は十分可能です!

理由としては以下が挙げられます。

  • 経験やスキルがある
  • 社会人としてのスキル
  • 業界によっては人手不足

30代での転職は20代に比べて不利などと言われ、ネガティブな印象もあります。

しかし、30代としての強みを活かせば転職を成功させることは可能です!

30代女性の転職は難しい?転職を成功させるためのコツとおすすめの職種

30代の転職に資格は必要?転職と仕事に役立つおすすめの資格10選

30代での転職が可能な理由①:30代までに培った経験やスキル

30代の社会人は、20代と異なり仕事で様々な経験を積んでいます。

職種は営業職や技術職など様々でしょうが、経験やスキルを持っていることは転職において大きな強みとなります。

経験がないとどうしようもない、ということは思い当たる場面があるのではないでしょうか?

また、30代までにリーダーとしてチームを率いたことがあれば、それも大きな強みとなります。

30代を採用する企業は、管理職やその候補として経験豊富な人材を求めているからです。

30代での転職が可能な理由②:どこでも通用する社会人としてのスキル

30代が転職可能なもう一つの理由は、社会人としてのスキルが身についていることです。

30代になると、社会人としての基礎的なスキルも身についていることでしょう。

コミュニケーション能力やタイムマネジメント能力から、主体性、課題解決能力などのスキルを一から教えることは企業にとって大きな負担です。

そうした手間がかからない30代の社会人は企業にとっても市場価値の高い存在です。

ただし、スキルがあってもそれが伝わらなければ転職の成功にはつながりません。

これまでにそうしたスキルをどのようにして身に着けたか、スキルをどのように役立てたかをはっきりさせておくとよいでしょう。

30代での転職が可能な理由③:業界によっては人手不足

世の中には様々な業界がありますが、業界によっては人手不足が深刻な状況です。

人手不足が深刻な業界としては以下のようなものが挙げられます。

  • IT業界
  • 運送業界
  • 医療業界

もし、今の仕事が楽しいと感じておらず、別の業界・職種への転職も検討しているのであればこうした業界がおすすめです。

人手不足を背景に、30代未経験でも応募できる求人が多くあります。

そうした企業では研修などで一から教育を行う場合が多いので、今後その業界・職種でやっていこうと考えている人には特におすすめです。

30代未経験職への転職は厳しい?成功させるポイントとおすすめの職種を紹介!

30代で転職をするメリット・デメリット

ここでは30代で転職をするメリット・デメリットについてご紹介します。

転職は人生の中でも大きな転機になるので、メリットとデメリットをしっかりと把握することが重要です。

30代で転職をするメリット・デメリットとしては以下が挙げられます。

メリット

  • 現時点の軸で仕事を選べる
  • 管理職になれる可能性がある

  • 未経験の業界・職種にも挑戦できる

デメリット

  • 現時点での立場を失う
  • 失敗すると大変

メリット①:現時点の軸で仕事を選べる

30代で転職をする最大のメリットとして挙げられるのは、現時点の軸で仕事を選べることです。

この記事を読んでいる人の中には、20歳頃に就職してから一度も転職を経験していないという人もいるでしょう。

就職をした当時の軸はどのようなものでしたか?

もちろん当時から軸が変わっていない人もいるでしょうが、10年以上経ち軸が大きく変わった人も多いはずです。

当時はバリバリ働くつもりだったけど、30代になり少ししんどくなってきた人。

あるいは家庭を持ち、仕事とプライベートの比重が変わった人。

安心感のある大企業に入ったけど、年功序列的な雰囲気が合わないと感じている人。

さまざまな人がいると思います。

30代になると楽しいと感じる仕事も変わっていることでしょう。

社会人としてある程度経験を積み、そのうえで再び仕事を選べるのは一番の魅力です。

メリット②:30代までのスキルや経験を活かして管理職になれる可能性がある

先ほども述べたように、企業は30代の人のスキルや経験を評価して採用します。

中には管理職やその候補として募集をしている場合もあります。

もし、今の会社での昇進が難しいと感じているようであればそうした会社への転職も一つの手です。

管理職に就くことで仕事上の裁量権が大きくなり、仕事が楽しいと感じるようになるでしょう。

こうした募集へ応募する際には、自分が管理職として適切であることをアピールする必要があります。

ですので、より入念な準備が求められます。

メリット③:30代から未経験の業界・職種にも挑戦可能

転職することで未経験の業界・職種にも挑戦することができます。

昔から憧れていたけど、挑戦できなかったという業界や職種がある場合には、30代が挑戦できる最後のチャンスです。

自分が好きだったり憧れていたりする仕事をすることは、仕事を楽しいと感じるうえでも重要なことでしょう。

ただし、未経験として転職する以上、収入の増加はあまり期待しない方が良いでしょう。

むしろ収入は下がることの方が多いです。

そこで、収入を減らしたくないという人には、まずは副業として始めることもおすすめです。

副業として始めることについては、後ほどご紹介します。

デメリット①:現時点での立場を失うことになる

30代で転職することのデメリットとして挙げられるのは、現時点での立場を失うことです。

30代ともなると会社でもある程度の立場にある人も多いでしょう。

現在の会社で役職についていたとしても、転職先の会社で役職につける保証はありません。

しかし、現時点で立場があるということは、それだけの経験やスキルがあるということでもあります。

転職の際にそのことをうまくアピールできれば、転職先でも役職につける可能性は上がります。

デメリット②:30代は転職で失敗すると大変

30代で転職をする際にもう一つ懸念する点は、失敗した時に大変ということです。

30代での転職は可能であるとご紹介しましたが、仮に同じスキルや経験をもつ20代がいれば企業は20代の人を取るでしょう。

もし、今回の転職で望み通りの職場に就職することができず、さらに転職をしようとする場合、転職活動は今回以上に大変になることが予想されます。

ただし、最初から失敗を恐れていても仕方ありません。

失敗を避けるコツもご紹介するので、まずはそれらを試してみてください!

30代の転職で楽しい仕事を選ぶ方法

30代の転職で楽しい仕事を選ぶ方法

ここでは30代の転職で楽しい仕事を選ぶ方法をご紹介します。

具体的な手順は以下の通りです。

  • 自己分析
  • 軸の決定
  • リサーチ

30代の転職で失敗しないためにも、仕事選びはしっかりと行いましょう。

30代が転職に失敗する理由4選!失敗する人の特徴と確実に成功するために必要なことを解説

30代転職の前に自己分析を徹底する

30代で楽しい仕事を選ぶ方法の第一歩は、自己分析を徹底することです。

先ほど例を挙げましたが、仕事に対する価値観は初めて就職した頃と変わっている可能性があります。

楽しい仕事を選ぶのに一番大切なことは、「自分が何を楽しいと感じるか明確にすること」です。

その為に、自分が仕事をしていて楽しいと感じた場面を一つひとつピックアップし、なぜ楽しいと感じたのか分析することをおすすめします。

このように転職を考えているのなら、まずは自己分析を徹底して行ってみてください。

次章ではさらに詳しく自己分析についてご紹介します。

転職で譲れない軸を決める

自己分析を徹底して行うと、自分が仕事に何を求めているのかが見えてくるはずです。

しかし、自分が楽しいと感じる仕事で、年収が高く、体力的にきつくなく、福利厚生が充実していて、プライベートも充実できる…などすべての条件を満たすことは難しいでしょう。

そこで転職をするにあたり、自分が絶対に譲れないという軸を決めてください。

また、その軸以外の条件については多少の妥協も必要です。

その軸を見失わずに転職活動をすることで、自分が満足できる転職を実現することができるでしょう。

30代の転職には徹底的なリサーチ

自分が譲れない軸が決まったら、徹底的に企業のリサーチをしましょう。

軸が決まっているので、これまでよりも目的意識をもってリサーチができるはずです。

未経験の業界・職種についても軸があればリサーチがしやすいでしょう。

自分の転職を左右する部分なので、満足いくまでリサーチしましょう。

おすすめの自己分析:30代で楽しい仕事に転職するためにできること

30代で転職をするにあたって自己分析が重要な理由はご理解いただけたと思います。

ここでは、具体的にどのようにして自己分析をすればよいのかをご紹介します。

  • キャリアの棚卸
  • マインドマップ
  • Want, Can, Must

これまでのキャリアを棚卸して自分のスキルを把握

自己分析をするにあたってまずは、自分のキャリアを棚卸することをおすすめします。

これは社会人として行ってきた仕事を整理するものです。

あらゆる仕事について、自分がどのような意図でどのように工夫して行動したか、その結果どのようなことを達成したかを書き出します。

こうすることで自分のスキルを把握することができます。

マインドマップを作って自分の思考を分析する

マインドマップとは、ある言葉から連想される言葉を線でつなぎながら書き出していくものです。

これを行うことで自分の思考パターンを分析することができます。

また、自分の思考パターンについては、親しい人がどう感じているか聞いてみるのもおすすめです。

Want, Can, Must

Want, Can, Mustは自分がやりたいこと、できること、やらなければならないことを書き出し、それらの共通している部分を探すものです。

共通している部分があれば、それが自分のやるべきことだとわかります。

もし、WantとMustには共通部分があるけれど、Canとは共通していなければ、そこが自分が身に着けるべきスキルだと知ることも出来ます。

30代が転職で楽しい仕事に就くコツ

30代の転職で楽しい仕事を選ぶ方法はすでにご紹介しました。

ここでは実際に転職するうえでのコツをご紹介します。

コツとしては以下のようなものが挙げられます。

  • 転職エージェント
  • 副業から始める

転職エージェントを活用

30代での転職では転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントは数多くあり、それぞれで見られる求人も異なるので多くの求人を見つけることができます。

さらに、専門のコンサルタントに相談できる転職エージェントも多く存在します。

コンサルタントに提案をしてもらえるだけでなく、客観的に自分を見てもらうことができます。

30代の転職は転職エージェントを複数活用して成功させましょう!

副業から始めてみる

先ほどもご紹介しましたが、副業から始めてみることも一つの手です。

例えば、エンジニアには年収が高く、自由に働くことができるイメージがあります。

しかし、実際には新しい技術にキャッチアップするため、常に勉強し続ける仕事としての側面もあります。

副業から始めることが可能なのであれば、まずは副業から始め、その職業の実態を知ることは非常に有益です。

自分がその仕事を楽しいと感じるかもより分かりやすくなることでしょう。

フリーランスが案件を受けることができるサイトも多くあるので使ってみるのもよいでしょう。

徹底的な自己分析で30代から楽しい仕事に転職!

いかがでしたでしょうか。

この記事では30代が転職し、楽しい仕事に就くための方法やコツをご紹介しました。

30代での転職は勇気を必要としますが、今の仕事を楽しいと感じていないのなら選択肢の一つです。

その際には仕事選びの軸をしっかりと定めるようにしましょう!