大学中退から大手企業へ就職可能?大手よりも自分に合った企業探しのススメ

大学中退から大手企業へ就職可能?大手よりも自分に合った企業探しのススメ

大學中退した人の中に、大手企業への就職を考えている人も多いのではないでしょうか?

大手企業では安定した収入に加えて、仕事の規模が大きく中小企業では味わえない業務を経験できます。

しかし、「大学を中退してしまった経歴がハンデになるのでは?」「就活が不利になるのでは?」などの不安を抱くかと思います。

そこでこの記事では、大学中退者の就活事情や大学中退者の就職を成功させる方法を紹介していきます!

就活を始めようと思っている大学中退者は、ぜひこの記事を参考にして就活を始めてみて下さい!

大学中退者は大手企業への就職は不利とされている

就活を始めようとしている大学中退者に理解してほしいのは、大学を中退している経歴は就活で不利になってしまうということ。

新卒や第二新卒に比べて、経歴に傷があるため、就活で思い通りに置かない場面が多々出てくるでしょう。

大学中退者の就活が不利なのは、企業が中退者に対して不信感を抱えているのが原因になっています。

企業が中退者に様々な不信感を抱えている!

企業の採用担当者は大学中退者に対して、下記のような不信感を抱えています。

上記のような不信感を持たてしまうため、エントリーしても中々採用に繋がらない傾向。

そのため、企業から持たれている不信感を払拭しないと、採用を貰える可能性は限りなく低いです。

また、大手企業ならなおさら高いスキルや経歴を求められるため、入社難易度が高いと言えるでしょう。

大手企業は倍率が高く就職難易度が高い

大学中退者が大手企業への就職が不利な理由な理由に、採用を受ける人数が多く倍率がとても高いという理由があります。

中小企業の場合は、採用枠に対して多くても3~5倍くらいの倍率ですが、大手企業ともなると数十倍になるケースも。

そのため、企業から不信感を持たれている中退者は、書類選考の段階で落とされてしまうことが多いです。

加えて、大学中退者の最終学歴は高卒なので、大学以上を対象とした求人に応募できません。

大手企業に在籍している人のほとんどは、大学卒業者ばかりなので、大学中退者はどうしても就職が不利になってしまうのです。

大学中退者でも大手企業に就職できる人の特徴

前の章まで読むと、大学を中退している人は大手企業どころか、一般企業にも就職できないと感じるでしょう。

しかし、大学中退者でも大手企業に就職して、活躍している人はたくさんいます。

そこでここからは、大手企業に就職できる人特徴を紹介し得行きます。

それぞれの特徴を理解し、自分当てはまっているか確認してみましょう。

有名大学や難関大学に在学していた人

大手企業に就職できる人の特徴の一つ目は、有名大学や難関大学に在籍していた人。

有名大学や難関大学に入学するには、膨大な試験勉強をこなさなければ、合格することができません。

そのため、大学を中退していても、試験勉強に取り組んだという経歴は評価されるケースが多いです。

加えて、大手企業では学歴フィルターの風潮が残っている企業が多いため、高学歴は就職にかなり有利と言えます。

やむを得ない理由で中退している

大学中退している理由は人によって様々だと思います。

「取得単位が足りなかった」「学校に行くのが面倒くさくなった」これらの中退理由の場合、ネガティブな要素が強いため、就活がかなり不利です。

そのため、中退理由の伝え方にも工夫して、ネガティブに伝わらない様にする必要があります。

対して、病気や家庭環境が原因で大学を中退している場合、そこまで中退理由を追求されず不利になるケースが少ないです。

仕事の活かせる資格を取得している人

3つ目は仕事に活かせる資格を取得している場合。

資格を取得していれば、その資格に関連するスキルや知識を証明できるため、ほとんど即戦力として採用できます。;

加えて、資格取得までのプロセスを評価されることもあり、資格が難関であるほど評価されます。

しかし、資格を取得するまでには長期間かかってしまうケースもあるため、注意しなければなりません。

資格を取得するまでに長期間かかってしまうと、就活に入るタイミングが遅れてしまい、就活が不利に。

そのため、もし資格を取得しようと考えている人は、しっかりと計画を立ててから就活を始める様にしましょう。

大学を中退したら資格を取得しよう!就活に役立つ8つの資格を紹介

大学中退者が就職先を選ぶ際のポイント

ここからは大学中退者が就職先を選ぶ際のポイントを紹介していきます。

就職選びの段階で失敗してしまうと、就活を進めていっても成功する確率が極端に低くなってしまいます。

少しでも内定率をあげるために、就職先選びのポイントを理解しましょう!

会社規模の小さい優良企業を探す

先述したように、大学中退者は様々な不信感を持たれてしまうため、大手企業への就活で不利になってしまうことが多いです。

大手企業で働くと色々な恩恵を受けられますが、その分入社難易度がかなり高くなっているため、中々内定を貰えないということも。

そのため、大手企業だけではなく中小企業にも目を向けて幅広く、採用を受ける様にしましょう。

会社規模が小さくても労働環境が整っている優良企業はたくさんあります。

加えて会社規模が小さい企業であれば、出世スピードも速く、大手企業に勤務するよりも早いた民具で役職に就けます。

また、大手企業よりも中小企業の方が入社しやすいというのも。中小企業に就職するメリットと言えます。

大学中退者でもホワイト企業に就職できる?ホワイト企業の特徴やポイントを解説!

焦って闇雲に就活を始めない

大學中退してからいち早く就職したいという思いで、焦って就職先を決めるのはよくありません。

焦って就職先を決めてしまうと、企業の下調べができていない状態で就職してしまうため、ブラック企業に入社してしまうことも。

ブラック企業へと入社してしまうと、労働環境が整っていないケースもあるため、早期退職に繋がってしまいます。

焦って就職を決めても何一ついいことは無いので。じっくりと就職先を選んでから就職するようにしましょう。

そのためにも、就職前する前の企業研究が大切。

入念な企業研究をしてから、自分に合った就職先を選ぶようにしましょう。

中小企業に就職しキャリアを積んでから大手企業に転職する

大学を中退している状況で就職するとなると、仕事のスキルや経歴が伴っていないため、企業へのアピールポイントがありません。

企業から見ても、スキルや経歴の無い大学中退者を採用しようとは思わないでしょう。

そのため、比較的就職しやすい中小企業で経験を積んでから、大手企業にステップアップするのも一つの方法。

大学中退という経歴を持っていても、仕事のスキルや経歴を兼ね備えていれば、大手企業から採用される可能性が上がります。

どの様な経験を積んでいけば、自分のビジョンを実現できるのか将来を見据えて、行動していきましょう。

大学中退者の就職を成功させる5つのポイントを紹介!

大學中退者の就職先を選ぶポイントを理解できたところで、ここからは就職先から内定を貰う確率を上げるための方法を紹介していきます。

就職を成功させる方法は、大きく分けて5つあります。

それぞれのポイントを理解し、就活を進めていきましょう。

ポジティブな大学中退の理由を伝える

大学中退者に対して、必ず企業は「なぜ大学を中退したのか」という質問をします。

中退理由はどうしても、ネガティブな回答になりやすいため、伝え方に気をつけなければなりません。

しかし、ほとんどの人が「単位が取れなかった」「学校に行くのが面倒になった」などの中退理由なので、ポジティブに伝えるのが難しいと思います。

ポイントは中退理由に合わせて、将来ビジョンや仕事に対しての熱意を伝えるということ。

「○〇の理由で大学を中退しました。しかし、その時の反省を活かし、将来的には~~」のように伝えると、将来へのポジティブな気持ちをアピールできます。

上手く伝えられれば、大学中退という挫折を乗り越えられる人材という評価を受けられ、内定が大きく近づくでしょう。

仕事に役立つ資格を取得する

大学中退者は学歴が高卒で、企業からの不信感を持たれているため、就活で不利になることが多いです。

そのため、アピールポイントを作るために、就職先の仕事に役立つ資格を取得しましょう。

資格があれば、その資格に関連したスキルや知識を証明できるため、企業からのニーズも高くなります。

しかし、資格取得するまでに時間が掛かったり資格によって難易度が異なるため、計画を立ててから資格勉強を始めるようにしましょう。

資格取得までに時間が掛かってしまうと、就活を始めるタイミングが遅くなってしまい本末転倒です。

応募書類を充実させる

選考を進めていく中で書類選考を通過しないことには、その先の選考に進めず、採用に至ることはありません。

そのため、選考の初めのステップとなる応募書類を充実させましょう。

履歴書には、職歴や保持資格などの他に、志望動機や自己PRを記載する必要があります。

志望動機や自己PRは採用担当者が重要視している項目なので、自己分析や企業研究を入念に行ったうえで、企業が求める人物像に沿ったアピールをしましょう。

また、採用担当者は履歴書を隅々まで見るため、字の丁寧さや読みやすい行間などの細かいところにも注意を払いましょう。

面接対策を入念に行う

書類選考が通過したら、次に採用担当者と面接をしていきます。

面接では先程説明した大学の中退理由や志望動機、将来についてなどあらゆる質問をされます。

ある程度される質問は限られているため、面接をする前に回答を用意しておきましょう。

面接の受け答えが上手くできないと、採用に繋がる可能性はほとんどありません。

また、その場の雰囲気でなんとなく受け答えできるだろうと高をくくってしまうと、必ず面接に失敗してしまいます。

そうならないためにも、事前の面接対策を万全の状態に済ませておきましょう。

仕事に対しての前向きな姿勢をアピールする

仕事のスキルや経歴の無い大学中退者に企業が求めているのは、仕事に対しての熱意や将来に対しての明確なビジョンです。

例え経験が無くても、年齢が若く仕事に対しての熱い思いを持っていれば、諸浦製のある人材と判断されます。

そのため、内定を受けたらどのように仕事をしていきたいか、将来的にはどのように成長していきたいかなどの目標を定めておきましょう。

熱い思いが伝われば。必ず内定に繋がります。

大学中退者は大手企業よりも自分に合った企業を目指そう

この記事では、大学中退から大手企業に就職できるかという点を解説してきました。

大学中退者は企業からの不信点が多かったり、アピール要素が少なかったりするため、内定を貰える可能性が低いです。

大手企業への就職にこだわるのであれば、中小企業で経験を積んでから、大手企業へステップアップすることをおすすめします。

仕事の経歴を積んでしまえば、大学中退という経歴が不利になりません。

そのため、将来へのビジョンを明確にして、その目標を実現できるような行動を取っていきましょう!

もし、就職に不安を感じたら当サイトのリクらくに相談してみて下さい。

大学中退からの就活に不安を感じたらリクらくを活用!

当サイトのリクらくでは、20代前半の就活・転職をメインにサポートを行っています。

大学を中退してから就職すると、分からないことや不安なことがたくさんありますよね。

しかし、安心してください!

リクらくを活用した人の内定率は90%を超えており、安定した実績を誇っています。

些細な悩みや就活に関しての様々悩みなど、気軽に電話で相談してきてください。

また、リクらくで受けられるサポートは全て無料となっています。

リクらくを活用して、高卒からの就職を成功させましょう!