大学を中退した女性の就職先とは?おすすめの就職先や就活時の注意点を解説!

大学を中退した女性の就職先とは?おすすめの就職先や就活時の注意点を解説!

大学を中退した女性が就活を考えた時に、様々な不安や悩みを感じると思います。

「女性が働きやすい職場はどのような職場なのか?」
「女性に人気の職種はあるのか」
「そもそも大学中退してから満足できる就活ができるのか」

上記のような不安を抱えた状態だと、満足できる就活ができる可能性は低く、不本意な企業に入社してしまうことも。

そこでこの記事では、大学中退した女性におすすめの就職先や就活のポイントを解説します。

自分にとって満足度の高い就活ができる様にしていきましょう!

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

大学を中退した女性の進む6つの進路

大学中退した女性には、大きく分けて4つの進路があります。

それぞれの進路を紹介していくので、自分にどの進路が最適なのかよく考えてみましょう。

  • アルバイトをしながらフリーター生活
  • 大学や専門学校に再入学
  • 資格勉強を始めて資格取得を目指す
  • 職業訓練校に入学する
  • 通信制大学に入学
  • 就活を始めて正社員になる

アルバイトをしながらフリーター生活

大学を中退した女性で最も多いのがアルバイトとして働いてフリーター生活を始めるケースです。

正社員就職とは違い、アルバイトであれば比較的簡単に始められるため、大学中退後にフリーターを始める人はかなり多いです。

業務上の責任も少なく、仕事量も落ち着いているため、軽い気持ちで仕事をしていけるのもフリーターが多い要因。

加えて、シフトを自分で自由に組めて、自分の予定や都合を優先できるのもフリーターの特権と言えます。

しかし、一度フリーター生活にはまってしまうと、居心地の良さから抜け出せない人も出てきます。

そのため、フリーターを始める場合は、自分の中で期間を設けて長期間フリーター生活が続かない様にしましょう。

大学や専門学校に再入学

大学を中退した人の中には、入学後にミスマッチを感じてしまい、別の大学などで学びなおしたいと考えている人が意外と多いです。

確かに大学を卒業すれば、大卒の肩書きを得られるため、就職先の選択肢も幅広くなります。

しかし、大学や専門学校に入学しなおしてしまうと、単位などの移行ができないため社会人スタートが同年代よりも遅れてしまいます。

社会人スタートが遅れてしまうと、昇進や昇給も遅れるため、生涯賃金にも影響するため将来をじっくりと考えてから再入学するようにしましょう。

就活を始めて正社員になる

もっとも堅実なのは大学中退したタイミングで就活を初めて正社員を目指すケースです。

大学中退した後の期間は空白期間となるので、長引けば長引くほど就職に不利になります。

そのため、すぐに正社員として働けば生活に困ることもありませんし、将来的にもひとまず安泰です。

大学を卒業した人と比べると求人の質が落ちてしまいますが、経歴・スキルを積めば転職してキャリアアップすることも可能です。

大学を中退した女性にはハタラクティブがおすすめ!

ハタラクティブ-商標

大学中退して就職しようとしている女性には20代に特化した就職支援サービスであるハタラクティブがおすすめです。

ハタラクティブには未経験歓迎・経歴不問の求人が多く掲載されており、社会人経験がない人でも問題なく利用できます。

カウンセリング実績110,000人・就職成功率は80.4%を超えている実績があるのも魅力です。

利用料・登録料は一切発生しないので、ぜひ相談だけでもしてみてくださいね。

\内定率80%超え!/
ハタラクティブ公式サイト

資格勉強を始めて資格取得を目指す

仕事をする上で必須資格の取得を目指すのも1つの手です。

職種によっては資格を取得していなければできない仕事もあるため、資格を取得すると就職がかなり有利に。

特に、公認会計士や行政書士などの難関資格を取得していれば、人材の希少性が上がり社会的ニーズも高くなります。

しかし、資格を取得するまでにかなりの年月がかかってしまうケースもあるため、試験勉強を始める前に計画を立ててから取り組むようにしましょう。

大学を中退したら資格を取得しよう!就活に役立つ8つの資格を紹介

職業訓練校に入学する

職業訓練校とは、失業中の人が再就職するために公共職業訓練を行う施設のことで、国や自治体が主に運営しています。

職業訓練校では秘書検定を初めとする資格や、PCに関する資格を取得することができるため、これらの資格をとって就活に臨む方も多いです。

しかし、就職に有利な資格はごく一部であり、資格を持っていたとしても確実に就職できるわけではありません。

例えば事務職の場合、重要視されるのは「実務経験」と「年齢の若さ」です。

早く正社員になりたい人は資格よりも、早く就活を進めることを優先させましょう。

通信制大学に入学

大学3~4年で中退した女性の中には「これまでに取得した単位が勿体ないから通信制で残りの単位を取得して就職…」と考えている人もいます。

大卒からしか受け付けてくれない求人もあるため、どうしても大学卒の資格が欲しいと思う方は、編入を検討してもいいかもしれません。

しかし、大学を卒業するためには124単位以上必要であり、卒業までに最低2年はかかってしまうでしょう。

いざ大卒資格をとって就職…と考えていても、経歴には通信制大学卒という経歴が残るため、面接では「通信制大学に編入した理由」を聞かれるでしょう。

明確な目的があるならいいですが、自信を持って答えられそうにない人にはおすすめできません。

大学中退してアルバイト→正社員に就職できる?

大学を中退してそのままアルバイト(フリーター)として働き続けている女性もいると思います。

アルバイトの求人の中には、「正社員登用制度あり!」としている求人もありますが、バイトからの正社員採用は難易度が高いです。

業種や会社によって異なりますが、正社員登用ありと記載してあっても、実際には法律的に正社員に就職させる義務ないのです。

また、飲食業界や販売職などは、アルバイトから正社員を目指すよりも最初から正社員を目指した方が就職までの期間が短く済みます。

フリーターはだらだらと長引く傾向があるので注意!

大学を中退した後にフリーターをするといつまでもだらだらと続けてしまう可能性が非常に高いです。

というのも、アルバイトは正社員と比べて責任がなく、仕事内容が楽なので居心地が良いため。

正社員として働くと業務が増えて責任も生じるのでアルバイトとして働くのに慣れてしまうのです。

アルバイトとして働いている期間は職歴に記載できない空白期間となるので、長引くと就職しづらくなります。

そのため、いつまでも就職できずにフリーターから抜け出せなくなるのです。

就活をするならハタラクティブ!

ハタラクティブ-商標

フリーターではなく正社員として働きたいと考えている女性におすすめなのは、20代の若い世代の就活をサポートしているハタラクティブがおすすめです。

ハタラクティブでは、フリーター・大学中退・既卒・第二新卒向けの求人を取り扱っているので、大学を中退した女性でもチャレンジできる求人が多くあります。

利用料・登録料は一切かからないので、就職を成功させたい女性はぜひ利用してみてくださいね。

\内定率80%超え!/
ハタラクティブ公式サイト

大学を中退した女性におすすめの就職先を紹介

それではここから、大学を中退した女性でも就職できるおすすめの職種を紹介していきます。

おすすめの職種は全部で6つあるので、あなたの就職先選びの参考にしてみて下さいね。

  • 落ち着いた環境で働ける事務職
  • 努力次第で高収入が得られる営業職
  • 女性が多く働いている販売職
  • スキルを身に付ければ一生仕事に困らないITの技術職
  • 安定した収入と手厚い待遇を受けられる公務員
  • 比較的簡単に就職できる介護職

落ち着いた環境で働ける事務職

仕事内容が落ち着いており、残業や休日出勤がほとんどない事務職は女性から圧倒的な人気があります。

休みもしっかりと取れて、ワークライフバランスを確立できるものおすすめするポイント。

事務職と一口に言っても、一般事務・営業事務・経理事務・人事事務・労務事務、など様々な種類があります。

いずれの事務職にしても、資格やスキルが基本的には必要とされていないため、未経験の大学中退者でも就職可能。

また、女性が多い職場で理解がある企業がほとんどなので、仕事のストレスが少なく長期間の勤務することもできます。

努力次第で高収入が得られる営業職

営業職は未経験者歓迎の求人が多く、学歴や職歴をあまり重視していない職種です。

学歴よりも重視されるのは仕事に対しての熱意で、現段階では営業のスキルがなくてもやる気と熱意があれば問題なく就職できます。

また、営業職はインセンティブ手当が付くため、仕事の成果を上げた分だけ収入として還元されます。

そのため、大学を中退していても、努力次第で高い給与を得られる可能性が十分にあるのも嬉しいポイント。

男性女性に関わらず、実力を持っている人が評価される実力主義の職種なので、高収入を得たいと考えている女性にはおすすめです!

女性が多く働いている販売職

服を販売するアパレル職や化粧品を取り扱う化粧部員なども、大学を中退した女性でも就職できるおすすめの職種です。

学歴や経歴などよりも、人当たりの良さやコミュニケーション能力が求められるので、人と接するのが好きな人におすすめです。

職場内にも女性が多く、女性理解のある職場なので、職場環境も整っています。

お店の営業時間が終われば、特に残業なども発生しないので、身体的にも負担が少ない職種と言えるでしょう。

スキルを身に付ければ一生仕事に困らないITの技術職

IT業界と聞くと学歴が必要とされる職種と思うかもしれませんが、実は学歴や経験を問わずに採用している職種。

未経験からでも活躍できる研修制度が整っているため、大学を中退した女性でも適性があると判断されれば採用される見込みは高いです。

IT関連の技術職と言っても仕事内容は様々で、「プログラマー」「システムエンジニア」など種類は様々。

また、ITに関しての知識や仕事のスキルを身に付けてしまえば、将来的に仕事を失う恐れがありません。

パソコンをいじるのが好きだったり、デスクワークをしたいと考えている女性はITの技術職を狙ってみて下さい。

安定した収入と手厚い待遇を受けられる公務員

公務員もこれまでに紹介してきた職種と同じように学歴や職歴を問われない職種で、公務員試験に合格してしまえば公務員になれます。

公務員の魅力は何と言っても、安定した収入や手当てや雇用が安定しているなどの点です。

将来的に結婚・出産を視野にいれている女性には特におすすめです。

一般企業で働くよりも安定性が非常に高いため、将来的な負担を感じることもほとんどないでしょう。

しかし、公務員はとても人気の職種でかなり多くの人が受験するため、試験の倍率は非常に高くなっています。

そのため、中途半端な気持ちで公務員を目指すと合格するまでに数年かかったり、最悪の場合は合格できないケースも。

そのような状況に陥らないためにも、計画をしっかりと立ててから試験対策をしていきましょう。

大学中退から公務員を目指せる?公務員の種類や目指す際の注意点を解説!

比較的簡単に就職できる介護職

現代では急激な少子高齢化を受けて、高齢者の数が増加しており、介護士への需要が非常に高くなっています。

そのため、介護業界では学歴や職歴などをほとんど問わずに採用しているため、大学中退者でもスムーズに内定を貰えます。

また、介護業界の大きな特徴は、実務経験を積みながら資格を取得できるという点です。

資格を取得すれば仕事の範囲が広がり、人材の価値が高くなるので、収入アップに繋がります。

加えて、資格手当てが付く場合があるもの嬉しいポイント。

介護職に興味がある人は是非チャレンジしてみて下さいね。

ハタラクティブでは大学中退女性に最適な求人多数!

ハタラクティブ-商標

就職支援サービスのハタラクティブは、大学中退・既卒・フリーターなどの20代向けに支援をおこなっています。

未経験歓迎・学歴不問など比較的就職ハードルが低い求人が多く、大学を中退している女性にとてもおすすめ。

求人紹介・サポート・アフターフォローまで手厚いサポートを受けられるので、ぜひ利用してみてくださいね。

\内定率80%超え!/
ハタラクティブ公式サイト

大学を中退した女性が就職する際の注意点

それではここから、大学を中退した女性が就職する際の注意点を紹介していきます。

  • 大学を中退した後の期間が長引くと就活が不利に
  • 大学中退者は大卒以上の求人にエントリーできない
  • やみくもにエントリーするとブラック企業に就職してしまうことも

それぞれの注意点をしっかりと理解し、自身の就活に役立ててみて下さいね。

大学を中退した後の期間が長引くと就活が不利に

大学を中退した後の期間は、職歴に含まれない空白期間になるため、空白期間が長引いてしまうと転職が不利になります。

そのため、大学中退後にアルバイトや派遣の仕事などを始めてしまうと、将来的に就職しづらくなってしまう事態に。

そうならないためにも、いち早く就活を始めて中退した後の期間を長引かせない様にしましょう。

とにかく行動をしてみることで、漠然と抱えている不安や後悔などが薄れていくこともあります。

いつまでも後悔していても何も始まらないため、とにかく行動に移し、就活を始めてみましょう。

大学中退者は大卒以上の求人にエントリーできない

大学に進学していても、途中で中退してしまうと最終学歴は高卒になってしまいます。

そのため、大卒以上の求人にはエントリーできなくなり、高卒として就活を進めなければなりません。

大卒以上の求人に比べて、高卒向けの求人は収入が少なかったり、職種が少なかったりするため志望している職種に就けないことも。

できるなら大学を中退しない方が良いですが、中退するのであれば、就職先の選択肢が少なくなってしまうのを覚悟しておきましょう。

やみくもにエントリーするとブラック企業に就職してしまうことも

業界研究や企業研究などを怠ってしまい、応募先の企業を理解していない状況で就職してしまうとブラック企業に入社してしまう可能性があります。

ブラック企業は労働環境が整っていないケースがほとんどなので、早期退職に繋がることも。

早期退職してしまうと次の転職で不利になってしまうため、できるだけ早期退職しなない方が賢明と言えます。

大学中退は履歴書に書くべき?書かなくてもいい場合は?

実は大学中退は履歴書に必ずしもかかなくてはいけないとは限りません。

社会的には大学中退は履歴書に書かなくてはいけませんし、会社にバレた場合、学歴詐称のため内定取り消しになってしまう可能性が高いです。

しかし、大学の卒業証明の提出が義務付けられていない場合は、会社に学歴詐称がバレる心配はないでしょう。

大学中退を履歴書に書かない方がいい場合

大学中退よりも大学卒の方が書類選考が通過しやすいのは事実です。

以下の方は大学中退を履歴書に書かない方がいいでしょう。

  • 大学を3ヵ月など超短期間で中退した
  • 大学を1年未満で中退後、別の学校に通い卒業した
  • 大学中退後のアルバイト・派遣の転職回数が多い

大学を3ヵ月未満で中退している場合は空白期間を「高校卒業後公務員の勉強をしていたが、進路を変えた」と説明すれば、深堀されることも少ないでしょう。

アルバイト・派遣を転々としている場合も、面接官から「移り気な性格」と判断されて通過が難しくなってしまうため、中退歴は書かない方がいいでしょう。

大学中退の履歴書に書き方は?

大学に2~3年通っていて、年齢的にも中退歴を書かないと辻褄が合わない方は、大学中退を書く必要があります。

平成27年3月 〇〇中学校 卒業
平成27年4月 〇〇高等学校 入学
平成30年3月 〇〇高等学校 卒業
平成31年4月 〇〇大学 入学
平成31年10月 〇〇大学 中途退学「経済的な事情のため退学

大学中退の理由は書かなくても問題ありませんが、経済的な理由・家庭内の事情などやむを得ない場合は、書いた方が面接官からの理解が得られるでしょう。

【注意】職歴詐称はバレる可能性あり

職歴詐称は、就職後の源泉徴収票の提出時や年末調整の際、雇用保険の手続きの際にバレる可能性が高くなります。

高校を卒業してからアルバイトをしたことがないのに働いていたことにして大学中退をごまかしたり、職場を偽るとバレる可能性が高いので注意しましょう。

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

大学中退の理由をポジティブに伝えるのがポイント

面接官は大学中退者に対して、必ず大学を中退した理由を質問します。

面接官が一番気にしているポイントなので、明確な中退理由を伝えなければなりません。

しかし、中退理由は質問の性質上、ネガティブな回答になってしまいがちなのでポジティブに伝えなければなりません。

「精神的な理由」「人間関係」は、就職しても短期離職してしまう可能性があると判断されてしまうためおすすめしません。

反対に「家庭の事情」「経済的な理由」であれば、それほど深く突っ込まれないでしょう。

中退理由をポジティブに伝えるには、中退理由と合わせて仕事に対して熱意やモチベーションを伝えるのがポイントでう。

中退理由を打ち消すほどの仕事の熱意を伝えれば、必ず内定に繋がるので、自分なりの中退理由を考えて見ましょう。

大学中退の理由はどのように伝えるべき?状況別の中退理由を説明します!

大学中退した女性でも就職可能!

この記事では大学を中退した女性に向けて、おすすめの就職先や就活のポイントを紹介してきました。

大学を中退したからと言って、必ずしも就活が不利になるわけではなく、他の要素でアピールすれば必ず内定に繋がります。

一番ダメなのは大学中退を引け目に感じてしまい、ネガティブな感情を抱えたまま就活を進めるということ。

採用担当者はネガティブな気持ちを持って就活をしている人を採用しようとは思いません。

少しでも明るく、話すときにははきはきと話して明るい印象を与えましょう!

また、もし大学中退してからの就活に不安を感じたら、当サイトのリクらくを活用してみましょう!