無職でも人生なんとかなる!しかし無職を長く続けるのは危険です

無職でも人生なんとかなる!しかし無職を長く続けるのは危険です

現在無職をしている人の中には、無職でも「なんとかなる」と思っている人が多いでしょう。

実際の所、ある程度の条件を見たしている無職であれば、なんとかなります。

逆に満たしていなければ、「なんとかならない」無職になってしまいます。

果たして、どのような特徴を満たしていれば、無職でもなんとかなるのでしょうか?

この記事では、なんとかなる無職の特徴や「なんとかなる」状態にする方法などを紹介していきます。

最初に言っておくと、なんとかなっていたとしても、無職を長く続けてしまうのは危険なので注意しましょう。

無職でもなんとかなる人の特徴とは?

収入がゼロの無職がなぜ、なんとかなるのでしょうか?

ここでは、なんとかなる無職の特徴を紹介していきます。

生活できるだけの貯金がある

無職になって収入がなくなったとしても、生活できるだけの十分な貯金があれば、無職でもなんとかなります。

無職になって一番困ることは、収入が無くなってしまうことなので、貯金があれば問題ないでしょう。

しかし、収入が無く貯金のみで生活をしていくには、限度があります。

貯金が無くなってしまったら、なんとかならないので、最終的には働かなければなりません。

実家暮らしで生活費がかからない

一人暮らしの場合には、家賃・光熱費などがどうしてもかかってしまうので、無職には痛い出費です。

そのため、無職で一人暮らしをするのはほとんど不可能です。

しかし、実家暮らしであれば、ほとんど生活費がかからないので無職でも生活ができます。

両親が無職でいることを咎める場合もありますが、金銭的な問題を抱えることなく生活できるでしょう。

何かしらの収入がある人

無職で働いていない人でも、収入がある人がいます。

現代はネットが普及してきており、携帯1つで収入が得られる時代です。

ほとんど働くことなく収入を得ているので、不労所得ともいえるかもしれません。

失業保険を貰っている

無職の前に1年以上仕事をしていた人は、仕事を退職するに伴って、失業保険を受けることができます。

前職で受け取っていた月給の6〜7割程度を3ヶ月間受給することができます。

失業保険を受けられれば、働いていない状態でも収入を得られます。

失業保険委は受給にあたって、いくつかの条件があるので、自分が受給条件に当てはまっているか確認してみましょう。

「なんとかなる」状態にする方法は2つしかない!

上記で、なんとかなっている儀との特徴を紹介してきましたが、なんとかなっていない無職の人もいます。

「なんとかなる」状態にする方法は2つしかありません。

ここで紹介していくので、参考にしてみてください。

収入を得るためにとりあえず働く

なんとかなっていないという全ての理由は、生活していくための収入が無いという点です。

収入がありお金があれば、何とか生活ができます。

収入を得るには、働かなければなりません。

いきなり正社員として働くのはハードルが高いと感じる人も多いと思うので、まずはアルバイトから始めてみましょう。

アルバイトからであれば、働き口がたくさんあるので、割とスムーズに働き始められるでしょう。

アルバイトから正社員になる方法もあるので、社会復帰の初めの一歩だと思ってアルバイトから始めてみましょう。

ネットで収入を得る

就職するのが一番手っ取り早い解決方法ですが、無職期間が長い人になると、働くどころかアルバイトすらやりたくないと考えている人も多いでしょう。

そのような人は、アフィリエイト・転売・広告収入など、ネット上で収入を得る方法もあります。

ネットであれば、家から出ることなく収入を得られることができます。

ネットで収入を得る主な方法は、

  • ユーチューブ
  • クラウドワークス
  • ココナラ
  • FX

…などで、上記以外にも様々な方法があります。

ネットで莫大な収入を得ている人も大勢出てきているので、決して無謀な方法でもありません。

現代ではネットが普及し、働き方もかなり多様化してきました。

意外なところからビジネスが発展して、高収入に繋がるケースもあるので、日常の様々なことにアンテナを張っておきましょう。

実家に帰る

貯金もなく、収入が無い状態で一人暮らしをするのはほぼ不可能です。

無職を続けたいと考えている人は、実家に帰る以外に方法がありません。

実家であれば、生活費がほとんどかからないので、無職でも生活が成り立ちます。

しかし、実家で何もせずに無職の生活を続けるとなると、両親から猛烈に反対されるでしょう。

短い期間であれば、充電期間と認めてくれることもあるかもしれませんが、長い期間無職を受け入れてくれる親はほとんどいないでしょう。

なんとかなっても無職を長く続けるのは危険

工夫次第で無職でもなんとか生活を送れます。

働かないで生活が送れるとなると、何の苦労も感じなくてずっと無職で生活したいと思う人も出てくるでしょう。

しかし、今のところは無職として生活ができていたとしても、長い目で見ると無職で生活するのはリスクしかありません。

ここからは、無職として生活していくうえで、生まれるリスクを紹介していきます。

収入が無い状態が続くと貯金ができない

無職には収入が無いので、貯金をすることができません。

貯金ができないと将来何かあった時に、対応することができないでしょう。

また、老後に生活するお金もないので、老後に生活を送れません。

将来的なことを考えると、いち早く働いて収入を得て、貯金をしておいた方が賢明でしょう。

結婚ができない

結婚する場合にはほとんどの人が、結婚相手に安定した収入を求めています。

無職で収入が無い人は付き合うことができたとしても、結婚までたどり着く人はいないでしょう。

結婚せずに一生独り身でやもめ暮らしをしていくのは、なにかと不安が多く、生きがいも感じにくいです。

結婚願望を持っている人は、すぐにでも定職に就いて、安定した収入が得られるようにしましょう。

就職したくても就職できない状況に陥ってしまう

就活をする上で、年齢は合否を左右すると言っても過言では無いほど重要な要素です。

年齢が上がるにつれて、就職難易度があがって、就職したくても就職できない状況に陥ってしまいます。

また、企業によってはエントリーできる年齢に制限をかけている企業もあり、選考すら受けられない場合もあります。

その段階まで行ってしまうと、取り返しのつかない状況に陥ってしまうので、一刻も早く就活を始めるようにしましょう。

リクらくを活用して就活を成功させよう

就活を始めたとしても、無職からの就職は、思うようにいかないことが多いでしょう。

10社受けて1社も内定を貰えないなんてことはざらにあります。

全く就職先が決まらず、就活を投げ出してしまい、無職から何時まで経っても抜け出せなくなってしまうケースも考えられます。

少しでも就職を有利に進めるために、当サイトのリクらくを利用して、就活を進めてみませんか?

リクらくでは、未経験OK・経歴不問の求人を多く抱えており、無職からでも就職に成功できる可能性が高いです。

また、リクらく活用者の内定率は90%を超えており、安定した実績を誇っています。

リクらくで受けられるサービスはすべて無料となっているので、気軽に活用してみてください。

あなたのお電話をお待ちしております。

リクらくを活用して、就活を成功させましょう!

また、こちらの記事も合わせて読んでみて下さい。

無職で不安を感じている人は少しでも早く就職しましょう!

ニートが社会復帰するための方法を紹介!