既卒は派遣社員として働くのはあり?派遣社員として働く注意点を紹介!

既卒は派遣社員として働くのはあり?派遣社員として働く注意点を紹介!

就活をしている既卒の中には、一旦派遣社員として働こうと考えている人もいるのではないでしょうか?

既卒のほとんどがアルバイト生活をしているので、収入が安定している人が少ないと思います。

正社員に比べると、派遣社員は就職難易度が低いので、比較的スムーズに就活ができるでしょう。

しかし、派遣社員として働く上では、いくつかの注意点があるので理解しておかなければなりません。

この記事では、派遣社員として働く注意点などを紹介していきます。

なお、正社員ではなくひとまず派遣社員として働きたい既卒には、大手派遣会社であるテンプスタッフがおすすめです。

テンプスタッフでは様々な種類の派遣案件が取り扱われており、全国各地の様々な地域の求人が取り扱われています。

サービス利用料や登録料は一切かからないので、登録だけでもしてみてくださいね。

テンプスタッフ
テンプスタッフ
公開求人数 非公開
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~50代
主な職種 営業・事務・接客・工場など
注目ポイント
  • 業界最大級の掲載求人数
  • 未経験エントリーOKの求人多数
  • きめ細やかなサポート体制

派遣社員としての職歴は企業から評価されにくい

正社員に比べて、仕事内容や仕事上の責任などが比較的軽くて、仕事量も少ないのが派遣社員の特徴です

そのため、一応社員というくくりではあるものの、派遣社員は職歴として評価される可能性が低いです。

派遣期間には一つの企業で仕事をする期間が決まっているので、表面的で簡単な業務ばかり与えられる傾向があります。

業務を幅広く行うことができず、正社員との業務範囲の違いが明確に決められています。

企業の採用担当も派遣社員の業務内容について理解しているので、派遣社員でたくさんの経験を積んでもあまり評価を受けないので注意しておきましょう。

既卒が派遣社員として働くデメリット

既卒が派遣社員として働く場合、いくつかのデメリットがあります。

事前にデメリットを把握しておかないと、働き始めてから色々と後悔するケースがあるので十分に注意が必要です。

  • 時間を無駄に浪費してしまう可能性がある
  • 正社員に比べると給与が低い
  • 派遣社員歴が長くなると年齢が高くなり就職が厳しくなる

大きく分けて、上記三つの注意点があります。

派遣社員として働く注意点を理解しておかないと、その後の就活に影響が出てくるので、十分に理解しておきましょう。

時間を無駄に浪費してしまう可能性がある

先述しましたが派遣社員で経験したことは、正社員になった時に活かせることがかなり少ないです。

そのため、派遣社員を長く経験したからと言って、必ずしも就職に役立つとは限りません。

このことを理解せずに長期間派遣社員を続けてしまうと、正社員として就職しようとした時に思うような就活ができないケースがあります。

社員と名前が付いているものの、実際には正社員と大きな違いがあることを理解しておきましょう。

正社員に比べると給与が低い

派遣社員ができる業務内容にはかなり限りがあり、主に正社員の指示を受けてから業務に取りかかります。

加えて、正社員よりもはるかに仕事の責任が軽いので、派遣社員の給与はかなり低く設定されています。

企業によって給与形態が異なるものの、時給制の場合がほとんどです。

そのため、体調を崩してしまったり、ケガなどで仕事に出られなくなってしまうと収入が無くなってしまいます。

また、ボーナスや各種の手当がつかない場合がほとんどなので、そういった面でも収入が低い要因の一つになります。

派遣社員歴が長くなると年齢が高くなり就職が厳しくなる

先述してきたように派遣社員には業務内容がかなり限られているので、派遣社員を長く続けても正社員として必要なスキルは身に付きません。

また、派遣社員歴に応じて年齢も高くなります。

年齢は就活市場において、採用の合否を大きく左右する要因の一つです。

年齢が若ければ将来性やポテンシャルに重点を置いた採用ができるものの、年齢が高くなるにつれて、求められるスキルが変わってきます。

20代後半~30代になると、ポテンシャルや将来性よりも、即戦力となる汎用性の高いスキルや経歴などが大切になります。

派遣社員として働いていても、スキルや経歴は身に付かないので、将来的に就活に悩んでしまうでしょう。

テンプスタッフ
テンプスタッフ
公開求人数 非公開
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~50代
主な職種 営業・事務・接客・工場など
注目ポイント
  • 業界最大級の掲載求人数
  • 未経験エントリーOKの求人多数
  • きめ細やかなサポート体制

既卒が派遣社員として働くメリット

派遣社員は正社員と違い様々なデメリットがありましたが、実はメリットがあるのも事実です。

意外なメリットがあるのでそれぞれチェックしてみてくださいね。

  • 正社員よりも採用率が高い
  • 残業や休日出勤が少なくライフスタイルに合わせて働ける
  • 様々な職場で経験を積める

正社員よりも採用率が高い

派遣社員は正社員よりも圧倒的に採用ハードルが低いので、採用されやすい傾向があります。

学歴・経歴もあまり重視しておらず、意欲や人間性を重視しているためです。

そのため、少しでも採用率をアップさせてなるべく早く働きたい人に最適な働き方と言えます。

残業や休日出勤が少なくライフスタイルに合わせて働ける

派遣社員はシフト制が一般的であり、残業が休日出勤などがほとんどないので、ライフスタイルに合わせて働けるのがメリットです。

働きたい時に働いて休みたい時に休めるので、オーバーワークになるリスクがほとんどありません。

自分のリズムに合わせて働けるのは、正社員にはないメリットと言えます。

様々な職場で経験を積める

派遣社員は有期雇用がほとんどで、期間を区切って色々な職種・業種にチャレンジできます。

1つの職場で長期的に働く必要がなく、経験を幅広く積めるのは派遣社員ならではのメリットです。

また、派遣元の会社に相談すればキャリアアップサポートも受けられるので様々なキャリアの道が開けます。

テンプスタッフ
テンプスタッフ
公開求人数 非公開
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~50代
主な職種 営業・事務・接客・工場など
注目ポイント
  • 業界最大級の掲載求人数
  • 未経験エントリーOKの求人多数
  • きめ細やかなサポート体制

正社員よりも派遣社員に向いている既卒の特徴

ここまでのメリット・デメリットを踏まえて、派遣社員に向いている既卒の特徴を紹介していきます。

どの雇用形態で働くべきか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

  • すぐに内定をもらって働きたい人
  • 色々な仕事を体験したい人
  • プライベートを重視したい人

すぐに内定をもらって働きたい人

派遣社員は雇用期間があり、給与水準も低いため、正社員よりも採用されやすい傾向があります。

経歴・スキル・学歴なども比較的重視されないので、すぐに内定をもらって働き始めたいと考えている人にぴったりです。

ひとまず派遣社員として働いて、正社員に登用・転職するなど色々な道が開けます。

色々な仕事を体験したい人

派遣求人は非常に様々であり、派遣期間が終わると別の職場に派遣されます。

正社員の場合は1つの企業で長期間勤務しなければなりませんが、その点派遣社員は様々な選択肢があるのが特徴です。

「まだどんな職種で働きたいか決まっていないので、派遣社員で色々経験したい!」と考えている人にピッタリです。

プライベートを重視したい人

派遣社員はシフト制で働く時間を自分で選択できるので、労働時間のコントロールできます。

決められた時間働かなければならない正社員よりもプライベートを重視した働き方を選ぶことが可能です。

テンプスタッフ
テンプスタッフ
公開求人数 非公開
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~50代
主な職種 営業・事務・接客・工場など
注目ポイント
  • 業界最大級の掲載求人数
  • 未経験エントリーOKの求人多数
  • きめ細やかなサポート体制

既卒から正社員に就職できるのは27歳まで!

既卒からの就活ではほとんどの人が「未経験歓迎」「経歴不問」の求人に応募することになるでしょう。

しかし、未経験者を歓迎している求人には、ほとんど年齢制限がかけられています。

年齢の制限は、既卒やフリーターに限らず、大体27歳が上限とされています。

そのため、27歳くらいまで派遣社員として働いて、そこから正社員に就職しようとしても年齢オーバーによって選考から落とされてしまいます。

年齢不問の求人が出ている場合がありますが、そのような求人はほぼブラック企業です。

何かしらの悪条件があり、離職率が高くて慢性的に人手が不足しているので、年齢を問わず求人を出しているのです。

年齢制限があるということを理解しておかないと、将来的に取り返しのつかない事態に陥ってしまうので十分に気を付けておきましょう。

既卒は正社員を意識した就活を!

ここまで読んだ方ならなんとなくわかっているかもしれませんが、派遣社員として働くのはあまりおすすめできません。

期限を決めて短期的に派遣社員をするのは良いかもしれませんが、派遣社員をだらだらと続けてしまうと、将来的にかなり危険な状況に陥ってしまいます。

そのため。派遣社員で妥協せずに正社員になることを目標とした就活をするようにしましょう。

派遣社員に比べると就職難易度が高くなってしまうものの、将来的なスキルやキャリアのことを考慮すると正社員として働く方が何倍も良いです。

もし既卒からの就活に不安や悩みがあったら、リクらくを活用して就活をしてみませんか?