既卒が必ず聞かれる空白期間の答え方とは?模範解答と伝えるポイントを紹介!

既卒が必ず聞かれる空白期間の答え方とは?模範解答と伝えるポイントを紹介!

既卒として就活をしていくと、面接の中で必ず空白期間についての質問をされます。

既卒として過ごしていた期間は、職歴に閑雲とされないため、履歴書の欄が空白になってしまいます。

空白期間が長くなると企業から不信感を持たれてしまうため、就活が不利になってしまうことに。

既卒の空白期間の答え方次第で、合否が大きく左右すると言っても過言ではないので、万全の対策を取っておく必要があります。

そこで、この記事では既卒の空白期間の伝え方や、模範的な回答の仕方を紹介!

既卒として就活を始めている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

空白期間がある=内定を貰えないわけではない

「空白期間があると就活が不利になってしまい、内定が貰えないのでは?」と不安を抱えている人もいるでしょう。

履歴書の職歴が書けないので、確かに不安になってしまいますよね。

就活が不利になるのは間違いないものの、決して内定を貰えないわけではありません。

面接時の伝え方次第で、十分に内定を貰える可能性があるので、悲観的にならず自信を持って就活に挑みましょう。

空白期間が長くなると不利になるのは事実

空白期間が半年の人と、2年以上続いている人とでは、圧倒的に短い方が就活に有利です。

空白期間が短ければ、企業からも空白期間について説明を求められないこともあり、ハンデ無く就活ができます。

しかし、空白期間が長期化してしまうと、企業から持たれる不信感が大きくなるため敬遠されてしまいがちに。

長期化してプラスになることは一つもないので、既卒期間が長引かないうちに就活をスタートさせましょう。

この記事の後半に空白期間の長さに関わらず、伝え方のポイントや模範解答を紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

既卒はなぜ就活に不利なのか?不利になる理由と内定を貰う3つのポイント

面接官が既卒の空白期間を聞く理由

なぜ面接官は既卒に対して、空白期間の説明を求めるのでしょうか?

それは面接官が、以下の3つを知ろうとしているため。

  • 空白期間に何をしていたのかを知りたがっている
  • 就業意欲の強さを知りたがっている
  • 長期間勤務する意欲を見ている

それぞれについて詳細に説明していきます。

空白期間に何をしていたのかを知りたがっている

まず知りたがっていることは、空白期間の間、どのようにして過ごしていたのかという点。

バイトをしていたり、何もしていなかったりと人によってしていたことは様々だと思います。

仕事に活かせる資格の勉強や、就活に関連したことを行っていれば、企業からも不信感を持たれません、

しかし、何もしていなかったり、アルバイトをして過ごしていたことをそのまま伝えてしまうと悪いイメージを与えてしまいます。

好印象を与えるためにも、できるだけポジティブに伝えるようにしましょう。

就業意欲の強さを知りたがっている

企業は既卒に対して、「働く意欲が低いのでは?」「仕事に対して熱意が無く、仕事のスキルが低いのでは」などの不信感を抱えています。

そのため、空白期間に何をしていたのかを詳しく聞いて、働く意欲を確認しようとしています。

採用するにあたって、当然就業意欲の高い人を採用したいのが企業の本音でしょう。

不安になってしまうかもしれませんが、書類選考を通過しているため、自信を持って答える様にしましょう。

長期間勤務する意欲を見ている

長期間勤務する意思があるかという点も、質問を通して知ろうとしています。

新しい社員を採用すると仕事を教える必要があり一人で仕事をこなせるようになるまでには、それなりの時間がかかります。

採用しても早期退職してしまう恐れがあると、長期間かけて育てていくことができず、企業としてもプラスになりません。

そのため、面接官の不安を払拭できるよう、長期的に働きたいことを積極的にアピールしましょう。

既卒が空白期間を伝える際のポイント

それではここから、既卒が空白期間を伝える際のポイントを紹介していきます。

  • 空白期間はできるだけポジティブに伝える
  • 就活をしようと思った動機も説明する
  • 自信を持ってはきはきと伝える

それぞれのポイントをしっかりと理解し、効果的なアピールができる様にしましょう。

空白期間はできるだけポジティブに伝える

空白期間を伝える際に、「バイトをして過ごしていました」「特に何もせずに過ごしていました」などと伝えてしまうとあまりいい印象を持たれません。

好印象を与えるためにも、どの様に過ごしていたとしてもポジティブに伝えるのがポイント。

バイト経験でもいいので、その経験を通してどのようなことを学び、どの様な成長に繋がったのかを伝えましょう。

そこにプラスして、空白期間の経験を仕事でどのように活かしていきたいのかも合わせて伝えるとプラスの評価に繋がります。

ポジティブに伝えることができれば、既卒でも不利にならない転職ができるでしょう。

就活をしようと思った動機を説明する

先述したように、企業は既卒に対して働く意欲が低いのでは?という不信感を抱えています。

そのため、既卒として就活している人を見ても、積極的に採用を考えている企業は少ないです。

既卒として過ごしてきた中で、なぜこのタイミングで働こうと思ったのか、就活を始めた動機を伝えましょう。

「空白期間の後にやった活動から○○を感じ、再び就職活動をする気持ちになった」などと順序立てて伝えると経緯が明確で面接官にも伝わりやすいため、おすすめの方法です

自信を持ってはきはきと伝える

空白期間の質問は、ネガティブな回答になってしまいがちなので、回答する時の口調も暗くなってしまいがちに。

超えのトーンが暗いと、面接官に持たれる印象も暗くなってしまうため、マイナス評価に繋がってしまいます。

そのため、空白期間を説明する際には、自信を持ってはきはきと伝える様に意識しましょう。

自信を持って伝えれば、マイナスの内容でも面接官に好印象を与えられる場合もあります。

また、空白期間だけに関わらずどのような質問に対しても、自信を持ちはきはきと伝える様に心掛けましょう。

既卒の就活を成功させる空白期間の模範解答例を紹介!

それではここから、既卒の就活を成功させる空白期間の模範的な回答例を紹介していきます。

3つの状況別に伝え方を紹介していくので、あなたの空白期間を考える際の参考にしてみて下さいね。

空白期間中アルバイトをしていた場合

空白期間中にアルバイトをして過ごしていた人が最も多いと言えます。

しかし、「空白期間はアルバイトをして過ごしていました」とだけ伝えても、何一つアピールに繋がりません。

そのため、アルバイトを通して何を学んだのか、アルバイト経験をどのように活かしていきたいのか伝えましょう。

また、アルバイトの仕事内容が就職先の仕事内容と関連していれば、大きなアピールに繋がります。

効果的なアピールができる様に、アルバイトと関連した仕事に就職するのも一つの方法と言えます。

アルバイトをしていた時の模範的な伝え方

学校を卒業後、某チェーン店の居酒屋で約1年間アルバイトをしていました。

居酒屋のアルバイトを経験し、お客様と接することの素晴らしさや飲食業界では仕事をする楽しさを学びました。

また、アルバイトリーダーとしてシフト管理や、新しいアルバイトの教育担当などもこなしていました。

御社も飲食業界で居酒屋をチェーン展開しているため、僕のアルバイト経験をそのまま活用できると思います。

空白期間中に何もしていなかった場合

空白期間中にアルバイトなどをせずに、何もしていなかった場合、伝えられることが無いため悩んでしまうかもしれません。

「空白期間は何もせずに過ごしていました」と伝えても何一つアピールに繋がらず、逆に悪い印象を与えてしまいます。

全くの嘘を伝えるのはダメなので、今からでも仕事に関連したことを行い、アピール要素を作っておきましょう。

自己分析や業界研究などをして、自分のやりたい仕事を探すなどでも大きなアピールになります。

何もしていなかった時の模範的な伝え方

学校在学中に自分のやりたいと思える仕事が見つからず、内定を貰えないまま卒業を迎えてしまいました。

卒業後は自分のやりたい仕事を見つけるために、様々な業界を調べたり、自分の適正を見つめなおしたりして仕事探しをしていました。

空白期間中に資格勉強をしていた場合

空白期間中に自分のスキルを高めるという意味で、資格勉強をしていいた人もいるでしょう。

資格勉強は仕事に繋がる経験なので、大きなアピールに繋がります。

資格を取得しようと思ったきっかけ、取得した資格をどのように活かしていきたいのかをしっかりと伝えましょう。

既卒の就職活動に役立つ資格とは?資格を取得しておくと就職に有利になる?

資格勉強をしていた場合の模範的な伝え方

空白期間中は簿記の資格を取得するために、資格勉強に励んでいました。

資格を取得しようと思ったきっかけは、事務職の業務内容に簿記の資格が役に立つと思ったためです。

簿記の資格勉強を通じて、会計や経理に関しての実務的な業務を学べたので、御社の仕事の。中で活かしていきたいと思っている所存です。

空白期間があっても伝え方次第で大きなアピールに繋がる

この記事では、空白期間の伝え方について説明してきましたがいかがでしたか?

空白期間があると就活で不利になってしまうのは事実ですが、伝え方次第で不利にならず、アピールに繋がることも。

企業がマイナスと思っていた要素がプラスに変わるので、内定に大きく近づきます。

自分の空白期間を振り返り、この記事で説明してきたことを参考にして、効果的なアピールができる様にしましょう!

また、もし既卒からの就活に不安を感じたら当サイトのリクらくに相談してみませんか?

既卒からの就活で不安や疑問を感じたらリクらくに相談!

一般的な就活エージェントでは、経験者向けの求人が多いため、既卒としての就活に向いていない求人がほとんど。

しかし、リクらくでは「未経験歓迎」「経歴不問」の求人を多く抱えており、既卒歴が長い人でも活躍できる求人が豊富に揃っています。

また、一人一人に専属のエージェントが付いて、マンツーマンで就活を完全サポート致します。

求人紹介・履歴書作成・面接対策など転職に関するサポートが、完全無料で受けられるのも大きなポイント。

加えて、リクらく活用者の内定率は90%を超えています。

安定した実績を誇っているりくらくを活用して就活を成功させましょう!

あなたのお電話お待ちしています!