既卒ニートでも就職できる?内定をもらう秘訣とおすすめの就職サイト

既卒ニートでも就職できる?内定をもらう秘訣とおすすめの就職サイト

学校在籍中に内定を貰えずに既卒となってしまい、アルバイトもせずニートとして過ごしている人は「就職できないのでは?」と思っている人も多いのでは?

確かに何もしていないニートの期間が続いてしまうと、企業からの印象も悪くなってしまいそうですよね。

将来を考えた時にいつまでもニートでいるわけにもいかないので、どこかのタイミングで就職しなければなりません。

そこでこの記事では、既卒ニートとして生活している人に向けて、内定をもらう秘訣や利用すべき就職サイトなどを紹介していきます。

既卒ニートから抜け出したい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

既卒ニートでも就職は十分に可能!

学校卒業後に働いていない期間ができてしまうと、就職したくても内定が貰えないのでは?と不安に思う人も多いでしょう。

結論から言うと、既卒のニートでも就職できないわけではありません。

新卒や第二新卒と比べてしまうと、就職に不利な部分もありますが、就活のポイントを押え工夫していけばいくらでも内定のチャンスがあります。

そのため、既卒でニートになってしまったからといって、就職をあきらめる必要はありません!

あらゆる企業で若手の人材を求めている

職歴もなく、仕事のスキルや知識を持っていない既卒ニートが、なぜ就職できるのか疑問に思う人もいるでしょう。

既卒ニートが就職できるのは経験の有無にかかわらず、ポテンシャルがあれば積極的に採用活動を行っているためです。

例え経歴やスキルがなくても、年齢が若ければポテンシャルを重視した採用ができます。

そのため、職歴やスキルがない既卒のニートでも、ポテンシャルがあると判断されれば内定を貰えるのです。

また、「卒業の段階で内定が貰えていない=仕事ができない」という考えを持った企業は少なく、アピール次第で十分に内定を貰えます。

既卒になってから3年以内であれば新卒枠でエントリー可能

既に学校を卒業している既卒でも、3年以内であれば新卒枠でエントリーできるのをご存じでしょうか?

企業によってまちまちですが、既卒になってから3年以内であれば新卒として採用を行っている企業もあります。

既卒としての経歴が不利にならないので、就活をかなり有利に進められるでしょう。

既卒ニートは必ずしも良い印象という訳ではない

ここまで読むと、既卒ニートでも比較的簡単に内定を貰えるのでは?と感じる人も多いでしょう。

しかし、内定を貰えないという訳ではないものの、企業からの印象が良いという訳ではありません。

企業は既卒ニートに対して「なぜ在学中に内定を貰えなかったのか」「就業意欲が低いのでは」など、少なからず不信感を抱えています。

そのため、企業が抱えている不信感を解消しなければ、内定を貰うことはできません。

不利な就活になってしまい、就活の期間が長引いてしまうケースもあるので、万全の対策や工夫を凝らしていかなければなりません。

既卒ニート期間の長さによって企業からの見られ方も異なる

既卒のニートになってしまった人の中には、2年以上ニートをしている人や、ニートになって1ヶ月程度の人がいたりと期間が異なります。

ニート期間の長さによって、企業からの印象が異なります。

果たしてどのくらいの期間が過ぎると就活に影響してくるのでしょうか?

既卒ニート期間が1年以上の場合は注意

企業からの印象が悪くなってしまうボーダーラインは、ニートになってから1年以上経過している場合です。

1年以上ニート期間が経過してしまうと、「働く意欲が無いのでは?」「人間性に問題があるのでは?」などの不信感が強くなります。

そのため、面接の際にニート期間についてかなり様々な質問をされます。

その質問に対して適切な回答ができれば問題になりませんが、上手く答えられないと内定を貰える可能性がかなり低くなってしまいます。

対して、ニート期間が1年未満の場合はそれほど問題視されず、「就活をしていました」と言えば納得してくれることがほとんど。

ニート期間が長くなるにつれて就活が不利になっていくので、少しでも早く就活を始めるようにしましょう。

年齢が上がるにつれて内定を貰いにくくなる

また、ニート期間が長引くにつれて年齢も上がっていきます。

年齢が上がっていくにつれて、企業から求められる要素が変わっていくので、既卒ニートの就活が不利になります。

社会人経験が浅い人にとって、若さは何よりの武器なので、若さを活かせるうちに就活を始めましょう。

ニート期間を面接でどのように伝えるかが内定の秘訣!

ここまで読んだ人であれば気付いているかもしれませんが、ニート期間は就活を行う上でかなりネックになるポイント。

そのため、ニート期間をどのように伝えるかが、内定を貰うための大きな要因です。

「ニートになった理由」「ニート期間中どの様に過ごしていたのか」それぞれを伝えるポイントを紹介していくので、面接の際の参考にしてみて下さい。

既卒ニートになってしまった理由を明確にする

「なぜ既卒になってしまったのか」という点は企業が知りたがっている理由なので、自分なりの理由を伝えていく必要があります。

  • 内定を貰っていたが働いていく自信がなくて内定辞退してしまった
  • 希望している職種から内定を貰えなかった
  • 部活動に熱中してしまい就活を始めるタイミングを逃した
  • なんの仕事をすればいいのか分からず就活をしていなかった

ただ、上記のように既卒になった理由は人によって様々。

どの様な理由にしても、既卒になった理由だけで終わらせてしまうと、何一つアピールには繋がりません。

そのため、「既卒になった理由+これから仕事にどう向き合っていくか」を伝える様にしましょう。

上手く伝えられれば、挫折を乗り越えて成長できる人材を言うことをアピールできます。

ニート期間中どのように過ごしていたのか明確に伝える

既卒になった理由と合わせて、ニート期間中はどのように過ごしていたのかというのも、企業が知りたがっている点です。

ニート期間中の過ごし方は、できるだけポジティブに伝えるのが非常に重要なポイントになります。

「仕事に活かせる資格勉強をしていました」「自分のやりたい仕事を見つけるために企業分析していました」などと伝えれば、就職に対しての意欲をアピールできます。

少しでもポジティブな発言になるよう心掛けていきましょう!

既卒ニートが内定を貰うための秘訣

それではここから、既卒ニートが内定を貰うための秘訣を紹介していきます。

  • 未経験歓迎・経歴不問の求人にエントリーする
  • 就活に有利な資格を取得する
  • なるべくたくさんの求人にエントリーして行動力をあげる
  • 就活エージェントを活用する

それぞれ説明していくので、ぜひ就活に役立ててみて下さい。

未経験歓迎・経歴不問の求人にエントリーする

新卒や第二新卒向けの求人にエントリーしてしまうと、既卒の就活はかなり不利になってしまいます。

そのため、既卒ニートの経歴が不利にならない「未経験歓迎」「経歴不問」の求人に絞ってエントリーするようにしましょう。

それぞれの応募条件を設けている企業では、人手不足を抱えている傾向があるため、既卒ニートでも比較的スムーズに内定をもらえます。

また、経験や経歴を重視していない分、仕事に対しての熱意やポテンシャルの高さを求めています。

自信を持ってアピールができる様に、自分なりの意気込みを考えておきましょう。

就活に有利な資格を取得する

既卒のニートは社会人経験や仕事に活かせる資格などが無いため、何をアピールすればいいのか分からない人もいるでしょう。

そのように悩んでいる人は、就活に活かせる資格を取得しておくのがポイントです。

就職先の業務に活かせる資格を取得しておけば即戦力人材になれたり、仕事に対しての意欲をアピールできます。

資格によって取得までの期間や難易度が異なるものの、取得難易度の低い資格は数週間で取得できる資格も。

資格を取得すれば現在だけではなく将来的にも仕事に活かせるので、一生仕事に困ることが無くなります。

また、ニート期間の説明をする際にも資格勉強に取り組んでいたと伝えれば、企業に納得してもらえるでしょう。

なるべくたくさんの求人にエントリーして行動力をあげる

給料が高くて休みがたくさんある仕事に就きたい!などのように、就職先の企業に求める条件が多くなると、必然的にエントリーする企業が少なくなります。

エントリーする企業が少なくなると、その分内定を貰える確率が低くなるため、あまり得策とは言えません。

いち早く内定を貰うためにも、なるべくたくさんの企業にエントリーする様にしましょう。

エントリーする段階で興味がなかった企業でも、選考を進めていくうちに、興味を持つというケースも十分に考えられます。

自らで就活の可能性を狭めない様に気をつけましょう。

就活エージェントを活用する

「就活経験が無いため一人で就活を進めるのが不安」「アドバイスを貰いつつ就活を進めたい」と考えている人には、就活エージェントがおすすめです。

就活エージェントを活用すれば、就活に関するプロからのアドバイスを受けつつ、有意義に就活を進められます。

また、就活エージェントを活用している人と活用していない人とでは、内定率の差が歴然です。

いち早く内定を貰うためにも、就活エージェントを活用してみましょう。

既卒ニートでも就職しやすいおすすめの職種

既卒ニートは他の経歴の人と比較すると就職はしにくい傾向があるため、就職しやすい職種を選ぶのが内定獲得の秘訣となります。

そこでここからは経歴を重視していない既卒ニートでも就職しやすい職種を紹介していきます。

  • 営業職
  • 介護職
  • 接客業

営業職

営業職は経歴や職歴を重視されるというイメージを抱えている人が多いかもしれませんが、実は経歴やスキルに関わらず幅広く採用活動が行われています。

というのも、営業職で重要になるのは、コミュニケーション力や人間性の部分であるためです。

人間性やポテンシャルがあれば、営業としての適性があると判断され積極的に採用されています。

営業職は仕事で成果を上げた分の報酬が得られるインセンティブ制度が特徴で、勤続年数に関わらず成果を上げれば高年収を目指せます。

また、営業では社会人に必要なポータブルスキルも身に付き、将来的に転職が有利になるのも特徴です。

介護職

少子高齢化が進んでいる昨今において、介護業界では若い人材が慢性的に不足しており、経験の有無にかかわらず積極的な採用活動が行われています。

経験や経験に関わらず、既卒ニートでも十分に内定を目指せます。

介護職のメリットとして、仕事をして経験を積みながら資格を取得できるという点があげられます。

資格を取得できれば仕事の幅が広がり、収入アップも見込めるので大きな魅力です。

接客業

アパレルスタッフや飲食従業員などの接客業は、経験やスキルを重視されないため既卒ニートでも就職を目指せます。

重視されるのは、人間性や人当たりの良さです。

これらの適性があれば成長が見込めるので、接客スキルを磨けてキャリアアップを目指せます。

経験を積んでいけば店長・エリアマネージャーとキャリアの選択肢も広がります。

既卒ニートにおすすめの就職エージェント

既卒ニートから就職しようとしている人の中には「どのように進めればよいのかわからない...。」と悩んでいる人も多いと思います。

就職に漠然とした不安を抱えている人は、就職をサポートしてくれるエージェントの活用がおすすめです。

ここからは職歴・経歴に関わらず、就職支援を行っているエージェントを紹介していきます。

  • ハタラクティブ
  • DYM就職
  • マイナビジョブ20's

ハタラクティブ

ハタラクティブ-商標

ハタラクティブは既卒やニートなど、社会人経験が浅い人に特化している就職支援サービスです。

カウンセリング実績110,000人以上、就職成功率は80.4%と非常に高い実績を誇ります。

担当者はこれまでに何十人もの就職支援の実績があるので、手厚いサポートが期待できます。

DYM就職

DYM就職-商標

DYM就職もニートや既卒、フリーターなどの若い年代を対象とした就職支援サービスです。

未経験歓迎の求人を多く掲載しており、社会人経験がない既卒ニートでもチャレンジできる環境が整っています。

大手企業や優良ベンチャーの求人も多数抱えているので、一気にキャリアアップを目指せるのもポイントです。

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20'sは大手人材会社であるマイナビが提供している20代向けの就職支援サービスです。

若い年代をサービス対象としているため、「未経験OK」「経歴不問」など、既卒ニートでもエントリーできる求人が多いのが特徴です。

支援実績も十分で手厚いサポートを受けられるので、ぜひ利用してみてくださいね。

既卒ニートだからといって悲観的なのはNG!ポジティブな気持ちを持とう!

この記事を読んで、既卒ニートでも工夫や就活の進め方次第で、十分に内定を貰えることが分かったかと思います。

しかし、中には「どうせニートは内定を貰えない」と悲観的に捉えている人もいるかもしれません。

あなたが採用担当者だとして、悲観的でネガティブな人に魅力を感じ、採用したいと思いますか?

経歴を悲観するよりも、仕事に対しての熱意を伝えることで、必ず内定に結びつきます。

これまでの経歴は変えられないので、ポジティブな気持ちを持って、仕事に対しての熱意を面接官にぶつけましょう!