高卒就活生に参考にしてほしい志望動機の書き方と例文を徹底解説!

高卒就活生に参考にしてほしい志望動機の書き方と例文を徹底解説!

高卒が履歴書を作成する際に悩んでしまいがちな志望動機。

高卒の人からすれば、初めて履歴書を作成するわけなので、どのように書いていけばいいのか分かりませんよね。

書き出しから躓いてしまい、数時間考えても全くペンが進まないということもしばしば…

企業から採用を貰うには、魅力的な志望動機を作成するのは必須と言えます。

そこで今回は高卒の人に向けて、志望動機のどこを見られているのか、志望動機を作成する時のポイントや例文を紹介。

この記事を参考にして、魅力的な志望動機を作成しましょう!

ハタラクティブ
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

採用担当者は高卒の志望動機のどこを見ている?

大卒と違い高卒の志望動機は、見られているポイントが異なります。

  • やる気・意欲があるか
  • どのような人柄なのか
  • どれだけ企業分析ができているか
  • 数ある会社でなぜうちの企業なのか

上記が主に見られているポイントなので、履歴書を書くときには上記の要素を盛り込んで作成しなければなりません。

1つずつ解説していくので、それぞれ見ていきましょう。

やる気・意欲があるか

高卒から始めて就活をする場合は、社会人としての経験がないため、仕事に対してのやる気や熱意を見られています。

そのため、華々しい経歴やスキルが備わっていなくても、意欲が伝わり適性があると判断されれば十分に入社できる可能性があります。

志望動機を書く際には、仕事に対してのやる気や意欲が伝わるように書かなければなりません。

ポイントは、具体的なエピソードなどを交えて、具体的に書くことです。

「部活動でキャプテンをしていた」「生徒会に所属して様々な行事の企画や運営をしていた」など具体例を交えてアピールすれば、志望動機に説得力が伴います。「

そのためにも、高校時代に取り組んだことや頑張ったことを思い出してみましょう。

どのような人柄なのか

採用担当者は、志望動機から、その人がどのような人柄なのかをチェックしています。

志望動機を見ただけで、真剣に志望動機を作成したのか・手を抜いて適当な気持ちで応募しているのかが分かります。

そのような要因から、あなたがどのような人柄なのかをチェックしているのです。

やる気がなくて入社意欲が少ない人と判断されてしまうと、採用が遠のいてしまうため、まじめでひたむきな人柄をアピールするために入念な志望動機を作成しましょう。

どれだけ企業分析ができているか

志望動機を作成するにあたり、会社の業務内容・会社の社風・福利厚生など、企業に関する様々な情報を調べなければなりません。

そのため、企業分析が不十分だと、内容が薄くなってしまい魅力的な志望動機が作れません。

「企業を志望した動機」を分取王で伝えるわけですので、入念な志望動機をおこなうようにしましょう。

数ある会社でなぜうちの企業なのか

「業界」「競合他社」などの言葉があるように、世の中には似たようなサービスやモノ作りをしている会社同士がひしめき合っています。

そのため、「なぜあなたは我が社に応募したのか?」という点を採用担当者は知りたがっています。

志望している企業のどのような点が、他の企業と異なり、志望する決め手になったのかを志望動機に盛り込むようにしましょう。

高卒からベンチャー企業に就職できる?ベンチャー企業の特徴や向いている人とは?

魅力的な志望動機を作るポイント

採用担当者が志望動機のどこを見ているのかが理解できたかと思います。

ここからは、志望動機を書き出す前の準備段階の説明をしていきます。

この準備を怠ってしまうと、志望動機を書いても内容が薄いものになってしまったり、そもそも書き進められない状況に陥ってしまいます。

そうならないためにも。下記の2つを意識して、志望動機を作成する準備を整えましょう。

これまでに経験したことを棚卸する

高校時代にどのような経験をしてきたのかを、思い出すことから始めてみましょう。

  • 学生時代にどのようなことに取り組んできたのか
  • 部活動に入っていたのか
  • 勉強面で頑張ったことはあるか
  • アルバイトの経験で活かせそうなことはあるか

上記のようなことを、様々な角度から見つめなおしてみて、志望動機に繋げられそうなものが無いか棚卸ししてみましょう。

棚卸する際のポイントは、頭の中で行うのではなく、思いつくだけ紙に書きだすことです。

頭の中だけで行うと、何を伝えればいいのかが分からなくなってしまい、十分な棚卸ができません。

そうならないためにも、紙に書きだして可視化し、より良い棚卸ができるように心掛けましょう。

応募する企業を徹底的に企業分析する

企業を志望する動機を伝えるわけなので、大前提として企業のことをある程度理解しておかなければ、なぜその企業を選んだのかの説明ができません。

企業のどのような点に惹かれたのか、何をもって企業を選んだのかを説明できるようにしておきましょう。

そのためにも、業務内容・企業規模・社風・経営方針などの企業についての基本的な情報などは入念にチェックしておく必要があります。

上記の自分に関する情報の棚卸しと、企業研究を深めることで、オリジナル性の高い志望動機を作成することができます。

怠ってしまいがちな項目ですが、とても重要になってくるので、入念に行っておきましょう。

ハタラクティブに相談する

ハタラクティブ

転職エージェントのハタラクティブでは、専任のコンサルタントが転職のサポートをしてくれます。

一人一人の適正や希望条件を踏まえて志望動機の作成をはじめ、転職に関するあらゆるサポートを受けられます。

利用料は一切かからないので、興味のある人は下記より申し込みしてみてくださいね。

ハタラクティブ公式サイト

魅力的な志望動機は「書き出し」が重要!

志望動機の中で最も大切なのは「書き出し」です。

書き出しが良くないと、採用担当者の読む気が無くなってしまい、印象に残らない履歴書になってしまいます。

魅力的な書き出しをする効果的な方法は、「結論から書く」です。

志望動機は結論から書きだす

志望動機の書き出しに困ってしまう人も多いかと思いますが、コツは「結論から書く」です。

「私が記者を志望した理由は○○です。なぜなら~~」

このように文章の初めに結論を持ってくることで、会社を志望した本当の理由が伝わります。

対して結論を最後に持ってきてしまうと、何が言いたいのか分からなくなってしまい、読み手の興味もなくなってしまいます。

結論が後回しになっていると、「この人は、論理的に物事を伝える能力が無い」と判断されてしまう可能性も。

物事を伝える際には結論から伝えるのは、社会人としての基本的なスキルなので、この機会に覚えておきましょう。

採用担当者から一目置かれる志望動機の例文

それではここから、採用担当者から一目置かれる志望動機の例文を紹介していきます。

志望動機の作成に悩んでいる人は是非参考にしてみて下さいね。

仕事内容に興味を持った場合①

私が介護職を志望した理由は、父に介護の介護がきっかけで医療・介護業界の必要性を強く感じました。

貴社のホームページを拝見して、設備の環境が整っている点や充実した介護制度が整っている点に強い魅力を感じ貴社を志望いたしました。

縁あって貴社に入社出来たら、一から介護を学ぶ姿勢を強く持って、献身的な態度で介護に携わっていきたいと考えております。

よろしくお願い致します。

仕事内容に興味を持った場合②

お客さま一人ひとりのニーズに応えて、最適な住まいを提案する提案営業の仕事に魅力を感じて貴社を志望いたしました。

私は、外食チェーン店のアルバイトを通じて、お客様と接する楽しさややりがいを感じることができました。

この経験は、貴社でも活かしていける経験やスキルだと自負しております。

貴社においても、お客さまのニーズを丁寧にヒアリングし、より良い提案ができる営業として、お客さまの笑顔を生み出す仕事をしたいと思います。

会社の社風に興味を持った場合

貴社の「年次や年齢に関係なく互いに意見を出し合い、より良いサービスをつくっていく」という社風に魅力を感じました。

私は高校時代に文化祭実行委員会に所属しており、委員長として文化祭が円滑に進むように尽力していました。

実行委員の経験を通して、学年を問わず意見を出し合い、出た意見は否定せずに尊重することの重要性を学びました。

また、意見を出し合ってより良い結論を出すという環境づくりを徹底しました。

その結果、1人ではできないことも皆でアイデアを出し合えば来場者に喜んでもらえる企画を実現できることを目の当たりにしました。

そこで、働く上でも同様の環境で頑張りたいと考えています。

志望動機のコピペはNG!オリジナルの志望動機を!

現代では、ネットで検索すれば様々な志望動機がヒットします。

志望動機の作成に悩んでしまう人は、「コピペしてもばれないだろう」と思っているかもしれませんが、採用担当者はプロなのでコピペしたことがすぐにばれてしまいます。

コピペしたことがばれてしまうと、その時点で不採用になってしまうことも考えられるので、絶対にやめましょう。

「文章力が無いから…」「上手く表現できないから」と自信がない人でも、自分なりの言葉で伝えるのが大切です。

採用担当者は文章力や表現力などに関しては、全く評価の対象にしていません。

大切なのは、文章を通しての自分の気持ち。

入社意欲の高さや仕事に対しての熱意が伝われば、必ずいい結果が待っています。

高卒が面接に着ていく服装とは?服装のマナーや注意点を紹介!

ハタラクティブ
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!