30代女性の転職は難しい?転職を成功させるためのコツとおすすめの職種

30代女性の転職は難しい?転職を成功させるためのコツとおすすめの職種

「職場を変えてキャリア・年収をアップさせたい!」

「育児と仕事が両立できそうな職場へと転職したい!」など、30代は将来を見据える年齢でもあるため、転職を考えている女性が多いです。

これまでの仕事経験を活かして同じ職種に転職する人もいれば、キャリアチェンジを狙って異業種へと転職する人もいます。

しかし、年齢的に結婚や出産を迎える年齢でもある30代女性の転職は、どの様に進めていけば成功するのでしょうか?

この記事では、30代女性の転職についての注意点や成功させるためのコツ、目的別におすすめの職種を紹介していきます。

転職に年齢はあまり関係していない

転職を考えている女性にまず理解しておいて欲しいのは、転職に年齢はあまり関係ないということです。

「転職30代限界説」などのうわさが囁かれていますが、実際のところ30代だからと言って転職できないわけではありません。

30代で転職をした女性の中には、キャリアアップして収入が上がったり、家事や育児と両立できる職場に転職できたりと転職に成功している人も多いです。

転職したいと思ったらすべきこと!自分の現状を把握して適切な行動を心掛けよう

20代に比べて転職先の選択肢が少なくなるのは事実

30代でも十分に転職できますが、女性の場合は結婚や出産、育児などのライフイベントが多いです。

仕事よりもプライベートを重視する女性が多いため、20代に比べてしまうと30代の転職はどうしてもハードルが高くなってしまいます。

特に異業種への転職を考えている人の場合は、特に風当たりが強くなってしまい、求人数自体が少ないため転職が難しくなるでしょう。

年齢を気にするかしないかは企業や職種によっても異なる

転職女性の年齢や結婚の有無だけを理由に、不採用にすることは無いと、言い切れないのが現実です。

と言うのも、子どもがいると送り迎えや子どもの事情によって急な休みなどが生まれ、責任のある仕事や残業が発生する仕事を任せられないため。

企業や職種によっては、育児に協力的で就業時間を柔軟に対応してくれる企業があるのも事実です。

そのため、転職先の企業が30代女性をどのように捉えているかを、事前にチェックしてくことが重要になります。

30代女性が転職して後悔する3つのパターン

転職に成功している30代女性がいる一方で、転職して後悔している女性もいます。

転職に後悔するパターンは大きく分けて3つあります。

後先考えずに勢いで転職

今の職場に不満を感じ、いち早く別の職場に転職したいという思いから、後先考えずに勢いで退職し転職をするのはNGです。

一時的な勢いで退職して転職を始めてしまうと、十分な準備ができていないまま転職活動を進めていかなければなりません。

転職に必要な準備が不十分だと、中々内定に繋がらなかったり、転職先でのミスマッチが起こったりとあらゆる失敗を招いてしまいます。

内定が貰えない時期が長引いてしまうと、何かしらの問題がある人と判断されてしまい、余計に転職しづらくなることに。

悲惨な状況を迎えないためにも、計画をしっかりと立ててから転職を始める様にしましょう。

全く経験のない職種への転職

女性に限らず男性にとっても、30代はポテンシャル要素より、これまでの経験や身に付けてきたスキルが重要視されます。

これまでに経験してきた仕事と同じジャンルへの転職は割としやすい傾向ですが、全く別ジャンルへの転職かなり難しいです。

転職先や職種によっては未経験者を募集している企業もありますが、明確な理由や意思がない限り異業種への転職はかなりキケンと言えるでしょう。

というのも、全く異なる職種への転職は仕事をし始めてからのミスマッチが起きる可能性画非常に多いからです。

ミスマッチが起きて早期退職してしまい、また次の職場を探すとなると、負の連鎖が続いてしまい定職に付けなくなるリスクがあります。

転職しようとしている仕事が、本当に自分に合っているのか、しっかりと確認してから転職を進めていきましょう。

30代なのにやる気やポテンシャルをアピールした転職

30代はポテンシャルややる気よりも、経験や実績が求められています。

それを理解せずに、仕事に対しての意欲やポテンシャルの高さを前面に押し出して転職すると、企業が求めている条件に応えられていません。

「これまで何をしてきたんだろう?」と企業から見れば、肩透かしを感じてしまうことになります。

社会人を約10年程度経験してきているので、これまでに身に付けてきたスキルや転職先で活かせそうな経験をアピールしましょう。

30代女性の転職を成功させるためにしておきたい3つのこと

30代女性の転職を成功させるために、あらかじめ準備しておきたい3つのことを紹介していきます。

今の自分にどのようなスキル・経験があるのか十分に自己分析する

先述したように、20代阿野転職には意欲やポテンシャルが求められますが、30代にはスキルや経験が求められています、

転職中にしっかりとアピールするためにも、今の自分に身に付いているスキルやこれまでの経験を自己分析しましょう。

この自己分析が履歴書や面接などのアピールする際に重要になるため、時間をかけてじっくりと行う必要があります。

自己分析する際は、これまでにどのような成功体験をしたか・その経験でどのようなスキルが身に付いたか・スキルをどのように活かしていきたいか、明確にしましょう。

より具体的に言語化をするかが重要です。

転職先の情報を収集する

20代の場合は転職先でのミスマッチが起きても、まだ年齢的に若いのでいくらでもやり直せます。

しかし、30代での転職でミスマッチが起きると、そこから再度転職するのはかなり厳しいため深刻な問題です。

転職先のミスマッチを起こさないためにも、転職先の企業・業界の情報収集を入念に行っておきましょう。

上記5つは仕事をしていく中でかなり重要な要素となるため、しっかりと調べておき、あなたの求める条件とマッチしているかチェックしましょう。

転職先に求める条件を具体的にしておく

「今よりも収入が高い企業に転職したい!」「休みがしっかりと取れる職場に転職したい」など人によって転職理由は様々です。

もちろん転職先が自分の求める条件を満たしているかチェックするのは重要ですが、条件を求めすぎてしまうのはあまり良くありません。

条件に見合う企業が見つからず転職活動が進まず、転職期間が長引いてしまう可能性が考えられます。

また、条件に見合う企業が見つかっても、期待値が高すぎていざ転職してみたら思っていた職場ではなくミスマッチに繋がったなどのケースも。

そのような状況に陥らないためにも、転職先の企業に求める条件を具体化してより明確にしておきましょう。

転職エージェントを活用する

転職をよりスムーズに、快適に進めていきたいと考えている人は転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、これまでの敬礼を基に、適性にあった職種や企業を選定してくれます。

また、転職活動を進めていく中での悩みや不安などの相談にも乗ってくれるため、有意義に転職を進められるでしょう。

当サイトのリクらくも転職エージェントのサービスを行っており、あなたの転職を全面面的にサポートできる環境が整っています。

相談料・サポート料は完全無料なので、気になった人はぜひ活用してみて下さいね。

30代女性におすすめの職種

転職を検討している女性によっては、とにかく転職したいけどどの職種に転職するかきまっていない人もいるでしょう。

そもそも転職先の職種が定まっていないと、転職活動に入れません。

そこでここからは、転職の目的別に30代女性におすすめしたい職種を紹介していきます。

ガツガツ働いてキャリアを築いていきたい人向け

未婚の女性でプライベートよりもキャリアを優先して、ガツガツ働きたいと考えている人におすすめの職種は下記の通りです。

3つともキャリアを形成していきたいキャリアウーマンに非常に人気な職種で、男性に負けない高収入を狙えます。

しかし、人気ということは応募者が多く、求人倍率が高いです。

そのため、未経験30代女性で内定を貰うのはかなり難しいと言えます。

これまでの仕事で関連した仕事をしてきた人や、活かせそうなスキルを持っている人はぜひチャレンジしてみて下さい。

未経験の状態からキャリアチェンジを図りたい人向け

未経験からキャリアチェンジを考えている人におすすめの職種は下記の通りです。

上記3つの職種は、意外ですが未経験からチャレンジできるため、キャリアチェンジを図りたい人におすすめです。

営業職は入れ替わりが激しくて特別なスキルが必要無いため、適性が認められれば30代女性でも十分に転職できます。

ITエンジニア・プログラマーは時代の変化とともに、ニーズが増えている職種で、ニーズが多すぎが故に人が足りていない状況です。

そのため、年齢に関わらず未経験者を募集しており、独学である程度の知識を身に付けておけばかなり重宝されます。

営業職は未経験からでも転職しやすい!転職しやすい理由とおすすめの業界

プライベートを大切にしたい人向け

結婚や育児を機に、仕事よりもプライベートに時間を割きたいと考えている人に、おすすめの職種は下記の通り。

事務は比較的仕事量が落ち着いており、既婚女性やプライベートを重視したい女性に人気の仕事です。

残業や休日出勤がほとんどないため、プライベートの時間をしっかりと確保できます。

同じ様に公務員も業務時間と休暇がはっきりしており、福利厚生も充実しているため、安定を求めている女性に人気です。

公務員が年齢に関係なくなれますが、公務員試験に合格しなければならないため、目指す場合はしっかりと計画を立てておきましょう。

事務職は未経験でも問題なし!向いている人の特徴も解説

30代女性の転職で雇用形態はこだわるべき?

転職を考えている30代女性は、正社員や契約社員、派遣社員など雇用形態を気にしている人も多いでしょう。

雇用形態によって転職難易度や収入に大きな差がありますが、人によって転職理由は様々なので、どの雇用形態が適切なのかははっきりと言い切れません。

正社員以外の契約・派遣社員として働くメリット・デメリットを紹介していきます。

派遣・契約社員に転職するメリット

派遣・契約社員に転職するメリット

契約・派遣社員に転職するデメリット

契約・派遣社員に転職するデメリット

企業が30代女性に求めている3つのポイント

最後に企業が転職している30代女性に求めている3つのポイントを紹介していきます。

即戦力となりうるスキルや実績

20代とは違い、30代は10年以上の社会人経験があるため、採用してすぐに活躍できる即戦力の人材を求めています。

これまでの仕事でどのようなスキルや実績を身に付けてきたのか見られています。

そのため、今までどのような経験をし、何を身に付けてきたのかをアピールしましょう。

例え未経験職だったとしても、業務に繋がるスキルや経験をしていれば、採用に大きく近づきます。

明確なキャリアプラン

転職してどのようにキャリアを築いていきたいのかも重要です。

必ずしも「収入を増やしたい」「高いキャリアを築いていきたい」なども目的である必要はありません。

プライベートと仕事を両膣させるために転職しているなどの理由でOKです。

キャリアプランがしっかりとしていることは、目的が明確と言えるため、仕事上の目標が定まっていると言えます。

自分の将来をしっかりと考えどのようなキャリアを形成していきたいのか、明確にしておきましょう。

環境変化に適応できる柔軟な適応能力

転職すると誰も知らない職場で1から働かなければならないため、少しでも早職場に慣れなければなりません。

そのため、初対面の人とでも即座にコミュニケーションを取り、環境に適応できる柔軟な適応能力が必要です。

年上だけではなく、年下の人が先輩になるケースもあるため、だれとでも問題なくコミュニケーションを身に付けておきましょう。

30代女性の転職は計画を立てて慎重に行おう!

30代で転職に失敗すると取り返しのつかない状況に陥ってしまいます。

有意義に転職を進めて満足できる転職をするためにも、転職する際にはしっかりと計画を立てておきましょう。

もし転職に不安を感じたら、当サイトのサービスを活用してみて下さい。

当サイト(リクらく)では、20代~30代の転職に強く、様々な求人情報を持っています。

また、求人紹介のほかにも履歴書や面接の対策もおこなっているため、不安や悩みを抱えず有意義に転職を進められます。

相談料・利用料は一切かからないので、気軽に活用してみて下さいね。