大学中退した人の就職は厳しい?就職に成功する方法を紹介します!

何らかの理由によって大学を中退してしまった人の中には、普通に就職できるか不安な人も多いと思います。

実際の所、大学中退者は就職活動において、不利になってしまうケースが多いです。

新卒や第二新卒に比べて就職難易度が高いので、きちんと就職できるか不安になってしまいますよね。

それでは、大学中退者はどのように就活を進めていけば、採用までこぎつけるのでしょうか?

今回の記事では、大学中退者はなぜ就職するのが難しいのか、就職を成功させるためにはどのように就活すればいいのかを紹介していきます。

大学中退後、就活に不安を感じている人は、この記事を読んで効率的な就活方法を理解しましょう!

大学を中退した人の就職は厳しい

中退理由に関わらず、大学中退者は就活難易度が高いです。

そのため、自分の思い描いているような就活ができず、希望している就職先に中々決まらないことも多いでしょう。

なぜ大学を中退した人の就活は、難易度があがってしまうのでしょうか?

就職難易度があがってしまう理由は、

大きく分けて上記の3つです。

それぞれ、補足して説明していきます。

継続力が低い人間と思われている

大学に入学しても、卒業まで行かないと大学に入学した意味がありません。

企業側から見ても、大学を最後まで卒業することに意味があると考えています。

また、中退しているという事実は、物事を最後まで続ける持続力が無いと判断されてしまいます。

そのため、採用したとしても大学と同じように早い段階で辞めてしまうだろうと、不信感を持たれてしまいます。

学歴が高卒扱いになってしまう

高卒と大卒では、就活の選択肢の数が大きく違います。

最終学歴が大卒の方が、圧倒的に就活の選択肢が多いです。

大学を中退してしまうと、最終学歴は高卒扱いになってしまうので、就活の幅がかなり狭まってしまいます。

また、一高卒やフリーターから優良企業への就職はかなり難しいと言われています。

そのため、限られた企業の中から、就職先を選ばなければならない事態に陥ってしまいます。

大学を中退してからの期間が長くなってしまうとより就職が厳しい

大学中退後は、なるべく早く就活を始めたほうが賢明です。

中退後からの期間は、空白期間になってしまうので、履歴書の職歴の欄に記入することができません。

空白期間が長くなってしまうと、企業に不信感を与えてしまうので、採用に至るのがかなり難しくなってしまいます。

また、空白期間については、就活の中で企業から100%説明を求められます。

説明できる理由があれば、企業を納得させられますが、多くの場合はフリーターとしてバイトをしていた事実しかないでしょう。

空白期間について問われたときに「バイトをしていました」となどと答えてしまうと、何一つアピールになっていません。

空白期間が長引けば長引くほど、就活が不利になってしまうので、いち早く就活を始めるようにしましょう。

大学中退者が就職を成功させる方法

それでは、ここから大学中退者が就職を成功させる方法を紹介していきます。

すぐにでも活用できるものばかりなので、アクションを起こして、就活を有利に進めましょう。

また、こちらの記事で就職活動において準備しておいた方が良いものを紹介しているので、参考にしてみてください。

転職活動に向けて何を準備すればいい?~悩める20代に送る転職準備マニュアル~

情報収集をしっかりと行う

就活が難しいと言われている大学中退者でも、就活に関しての情報収集をしっかりと行えば、十分に採用に至ります。

そのためにも、自分が就職したい業界について、十分に理解を深めなければなりません。

自分が希望している業界では何が求められているのか、どのような特徴を持った人が働いているのか、業界のニーズに応える必要があります。

また、業界が求めているニーズを理解しないまま就活を始めてしまうと、就活が成功する見込みはありません。

業界から求められているスキルを理解し、自分を上手くアピールするためにも、まずは情報収集をしっかりと行いましょう。

求人サイトに登録しておく

大学中退者は、新卒と違い中途採用枠で就活を受けることになります。

そのため、どのような企業が求人を出しているのか理解しておかなければなりません。

企業が出している求人をみるためには、求人サイトに登録して、企業の動向を頻繁にチェックしておく必要があります。

求人サイトは、手持ちのスマートフォンから簡単に登録でき、24時間いつでもスマホでチェックできます。

また、求人によっては掲載期間が設定されています。

行きたい企業を見つけたとしても、掲載が終わってしまい応募ができない事態に陥ってしまうので、日頃から求人をチェックする習慣を身に付けておきましょう。

資格を取得して仕事への意欲をアピールする

自分の長所を見つけて、上手くアピールしなければ就活の成功は見込めません。

そのため、自分の長所を見つけなければならないのですが、大学中退者にはどこをアピールすればいいのか分からない人が大勢います。

どこをアピールすればいいのか分からない人は、就活に有利な資格を取得して、仕事に対しての意欲をアピールしましょう。

資格によって取得できる難易度がかなり違い、取得できるまでに1年~2年かかってしまう資格もあります。

自分が取ろうとしている資格が、どのくらいの難易度なのか、事前に確認しておきましょう。

しかし、視覚をたくさん持っているからといって、就活に有利になるわけではありません。

希望する業界の業務内容に活かせないと、何のアピールにもならないので、希望職種の業務に関係した資格を取得するようにしましょう。

大学を中退した理由を明確に説明する

大学中退者が就活を進めていく中で、面接等で必ず「大学を中退した理由」を聞かれます。

理由は人それぞれですが、どのような理由であっても、中退理由だけで終わらないようにしましょう。

「大学がつまらなかったから」
「卒業単位が全く足りず卒業の見通しが見えなかった」
「人間関係が嫌になった」

…などと、中退理由のみで終わってしまうと、何一つアピールになっていません。

大切なのは、「理由+今後のポジティブな意欲」です。

就活を進めていくうえでは、自分をいかにアピールするかが重要なので、受け答えのすべてをポジティブに受け答えしましょう。

経歴不問・未経験OKの業界に絞って就活を行う

応募資格が大学卒業以上の企業や、専門的な知識を有していないと応募できないなど、企業によって応募資格は様々です。

大学中退者は最終学歴が高卒扱いになってしまうので、企業によって応募基準に達しておらず、応募すらできないケースもあるでしょう。

また、大学中退という過去に不信感を持たれてしまい、中々思い通に就活が進まないと悩んでいる人が多いと思います。

どうしても就活が上手くいかないと悩んでいる人は、未経験OK・経歴不問の企業に絞って、就活を進めてみましょう。

大学中退者の就活が上手くいかない理由のほとんどは、大学の中退理由を上手く説明できない点にあります。

その点、経歴を選考基準に入れていない企業であれば、仕事への姿勢や意欲を評価してもらえます。

仕事に対しての高い意欲をアピールすれば、十分に採用される可能性があるでしょう。

また、こちらの記事で20代におすすめの職種を紹介しているので、読んでみてください。

20代での転職にオススメの業種・職種を紹介!おすすめ理由と選ぶ際のポイントも解説!

就職支援サービスを活用する

就活は基本的に1人で進めるので、就活経験のない大学中退者は、不安や分からないことがたくさんあるでしょう。

分からないことをそのままにして就活を進めてしまうと、企業が求めている人物像を理解できず、間違ったアピールをしてしまうので採用に至りません。

10社受けているのに、1社も内定を貰えない場合も考えられます。

そこで、就活支援サービスを活用して、就活を進めましょう。

就活支援サービスでは、一人一人に専任のエージェントが付いて、就活を全面的にサポートしてくれます。

履歴書の添削・面接練習・企業の採用担当などを一括して行ってくれるので、就活を有利に進められます。

当サイトでもリクらくという、就活サービスを行っています。

未経験歓迎・経歴不問の求人を多く取り扱っているので、大学中退者でも就職に成功する環境が整っています。

下記の項目で、リクらくを詳しく説明しているので、そちらも読んでみてください。

リクらくを活用して就活を成功させよう

先述しましたが、当サイトのリクらくでは未経験歓迎・経歴不問の求人を多く取り扱っており、大学中退者でも就職に成功できる可能性が十分にあります。

まずは電話であなたの仕事観や特性をヒアリングし、あなたに合った企業を紹介する所からサービスが始まります。

選考を受ける企業が絞れたら、履歴書の作成・添削、面接練習を行います。

企業の採用担当とも繋がりがあるので、あなたが面接でアピールしきれなかった部分も、エージェントが企業の採用担当に伝えるので十分にアピールすることができます。

リクらくで受けられるサポートはすべて無料になっているので、安心して気軽に電話してきてください!

リクらくを活用して、就活を成功させましょう!

就活の仕方を工夫すれば大学中退でも就職できる!

いかがでしたでしょうか?

大学を中退してしまった人は就活の難易度があがるものの、就活方法を工夫すれば採用される可能性が十分にあります。

そのため、大学を中退してしまった事実をあまり悲観的に捉える必要はありません。

ネガティブな感情を引きずったまま、就活をすると採用担当にもネガティブな印象を与えてしまい、採用に至る見込みが薄いでしょう。

常にポジティブに就活に取り組み、就活を成功させましょう!