大学中退した人の就職が厳しい理由は?就活に成功する方法を解説!

大学中退した人の就職が厳しい理由は?就活に成功する方法を解説!

大学を中退してしまった人の中には、普通に就職できるか不安な人も多いと思います。

実際、就職活動において大学中退者は、大学を卒業した新卒や第二新卒と比較すると不利です。

それでは、大学中退者はどのように就活を進めていけば、採用までこぎつけることができるのでしょうか?

今回の記事では、大学中退者の就職が難しい理由、就職を成功させる方法を紹介していきます。

大学中退後、就活に不安を感じている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

大学を中退した人の就職は厳しい?

中退理由に関わらず、大学中退者の就活は難易度が高いです。

そのため、自分の思い描いているような就活ができず、希望している就職先に中々決まらないことも多いでしょう。

大学を中退した人の就活は、なぜ難易度があがってしまうのか。

その理由を説明していきます。

中退者は継続力が低い人間と思われる

大学に入学しても、卒業しないと意味がありません。

企業側としても、大学に入学できる学力のほかに、大学を卒業することも重要視します。

中退していると物事を最後まで続ける持続力が無いと判断されます。

会社は、転職サイトやエージェントへの登録など採用に多くのコストをかけています。

採用後も会社のいろはがわからず戦力にならない期間も給料を支払い・指導する人のリソースも割くことになります。

いくら良い大学に入学できるほど優秀でも継続力がなく、すぐに会社を辞められてしまったら会社としては大きな損失になります。

そのため継続力が低い可能性のある中退者は、リスクを避けるために、厳しい採用基準で見られてしまうことになるのです。

中退者の最終学歴は「高卒」

大学の中退者の最終学歴は「大学中退」では、ありません。

中退者の最終学歴は「高卒」です。

高卒と大卒では、就活の選択肢の数が大きく違います。

最終学歴が大卒の方が、圧倒的に就活の選択肢が多いです。

というよりも受けられる会社の数が圧倒的に異なります。

その理由は、単純。

最低応募条件として「大学卒業」を条件にしている会社が多いから。

そのため、応募条件に「大学卒業」を入れていない、限られた企業の中から、就職先を選ばなければならなくなります。

大学を中退してから期間が長いとより就職が厳しくなる

大学中退自体就職活動で不利です。

さらに大学中退から時間が経っている場合、時間が経てばたつほど不利になっていきます。

中退後からの期間は、空白期間になってしまいます。

空白期間が長くなってしまうと、企業に不信感を与えてしまいます。

その不信感のせいで採用に至るのがかなり難しくなってしまいます。

また、空白期間については、就活の中で企業から100%説明を求められます。
説明できる理由があれば、企業を納得させられます。

夢を追いかけていた…など、夢を掴もうとしていた事柄で一定の数字を残していたら別かもしれません。

しかし、多くの場合は「夢を追いかける」のは遊ぶ言い訳。

実際はフリーターとしてバイトをしていたり、何もせずにふらふらとニート生活を送っていた事実しかないでしょう。

なので大学中退後は、なるべく早く就活を始めたほうが賢明です。

思い立ったが吉日。今からでも遅くありません。

これ以上時間が経つ前に、早く就活を始めましょう。

大学中退者が就職を成功させる方法

大学中退者の就活が不利であることを解説してきました。

中退者の就活が不利であることは、薄々感づいていたと思います。

しかし実際に明確に理由を述べられると不安感が増してしまっているのではないでしょうか?

なので、ここからは大学中退者が就職を成功させる方法を紹介します。

すぐにでも活用できるものばかりなので、アクションを起こして、就活を有利に進めましょう。

また、こちらの記事で就職活動を始めるにあたって準備しておいた方が良いものを紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

転職活動に向けて何を準備すればいい?~悩める20代に送る転職準備マニュアル~

情報収集をしっかりと行う

就活が難しいと言われている大学中退者でも、情報収集をしっかりとおこなえば、十分に採用に至ります。

そのために、就職したい業界について、理解を深める必要があります。

自分が希望している業界ではどんな能力が求められているのか。
どのような特徴を持った人が働いているのか。
情報を集めれば、業界のニーズに応えられる人間になることが可能です。

業界が求めているニーズを理解しないまま就活を始めてしまうと、就活が成功する見込みはありません。

業界から求められているスキルを理解し、自分を上手くアピールするために、情報収集をしっかりとおこないましょう。

求人サイトに登録しておく

求人サイトへの登録は、就職活動において必須です。

大学中退者は、新卒と違い中途採用枠で就活を受けることになります。

そのため、どのような企業が求人を出しているのか理解しておかなければなりません。

企業が出している求人をみるためには、求人サイトに登録して、企業の動向を頻繁にチェックしておく必要があります。

求人サイトは、手持ちのスマートフォンから簡単に登録でき、24時間いつでもスマホでチェックできます。

また、求人によっては掲載期間が設定されています。

行きたい企業を見つけたとしても、掲載が終わってしまい応募ができない事態に陥ってしまうこともあります。

日頃から求人をチェックする習慣を身に付けておきましょう。

資格を取得して仕事への意欲をアピールする

大学中退者が就職をするなら資格の取得はおすすめできる方法です。

面接の成功の可否は、企業にどれだけ自分を上手くアピールできるかで決まります。

しかし大学を卒業していない大学中退者は、どこをアピールすればいいのか分からない人が結構います。

そこで簡単にアピールポイントを作れるのが資格の所持です。

自分の就職したい業界に有利な資格を取得して、就職に対して本気であるアピールしましょう。

資格によって取得難易度は異なります。

取得できるまでに1年~2年かかってしまう資格もあります。

しかし取得難易度が高い資格であればあるほど、それを必要とする会社も多くなります。

希望する業界の業務内容に活かせる、会社に対してアピールできる資格を取得するようにしましょう。

大学を中退した理由を明確に説明する

大学を中退した尤もらしい理由を作成しておきましょう。

多少の嘘は方便です。

大学中退者の面接では、間違いなく「大学を中退した理由」を聞かれます。

「大学がつまらなかったから」
「卒業単位が全く足りず卒業の見通しが見えなかった」
「人間関係が嫌になった」

このようなマイナスな理由では、間違いなく評価は落ちます。

大切なのは、「ポジティブな理由」です。

「在学中に所属学部以外の学問に興味がでたので、そっちを勉強するために辞めた」

この答えの次の面接官の質問は「その学問ってなに?」「他の学部、大学に転学する選択肢はなかったの?」と予測できます。

ある程度ポジティブな尤もらしい理由を作成すれば、次の面接官の質問も予想しやすく、自分の描いたストーリー通りに物事が進みます。

就活を進めていくうえで、面接は避けられないもの。

その面接では、自分をいかにアピールするかが重要です。

尤もらしいポジティブな中退理由を作成しましょう。

経歴不問・未経験OKの会社に絞って就活を行う

業界未経験、経歴不問の会社を選びましょう。

応募資格が大学卒業以上の企業や、専門的な知識を有していないと応募できないなど、企業によって応募資格は様々です。

大学中退者は最終学歴は高卒。
社会人未経験なら業界を経験どころの話ではないですよね。

当然、応募条件を満たしていなければ就職することはできません。

就活に不利有利以前に応募資格すらなければ、そもそも就活を開始できません。
なので未経験OK・経歴不問の企業に絞って、就活を進めましょう。

未経験OK経歴不問ということは、基本的には秘めたポテンシャル使用になります。

上述したような資格を取得するなど、仕事に対しての高い意欲をアピールすれば、十分に採用される可能性があるでしょう。

こちらの記事で20代におすすめの職種を紹介しているので、読んでみてください。

20代での転職にオススメの業種・職種を紹介!おすすめ理由と選ぶ際のポイントも解説!

就職支援サービスを活用する

大学中退者は転職支援サービスを使用しましょう。

就活は基本的に1人で進めるので、就活経験のない大学中退者は、不安や分からないことがたくさんあるでしょう。

分からないことをそのままにして就活を進めてしまうと、企業が求めている人物像を理解できません。

その結果、間違ったアピールをしてしまい、採用に至らないのです。

そこで、おすすめしたいのが就活支援サービス。

就活支援サービスでは、一人一人に専任のエージェントが付いて、就活を全面的にサポートしてくれます。

履歴書の添削・面接練習・企業の求める人物も教えてくれるので、就活を有利に進められます。

大学を中退した場合の収入

大学を中退した場合でも、就職活動が成功しやすくなる方法について解説してきました。

しかし就職において、会社に求めるものとして気になるのが「収入」です。

大学を中退してしまった場合の収入事情について書いていきます。

大学中退者と大学卒業者には大きな収入差がある

いくら大学に進学していても、中退してしまい卒業していなければ、最終学歴は「高卒」になってしまいます。

一般的に大卒・大学院卒の平均月収は、男性で39万円、女性で28万円といわれています。

一方で大学中退者…つまり「高卒」の平均月収は、男性が28万円、女性が20万円前後。

中退者と卒業した人では、10万円弱の収入差が発生してしまうことがわかっています。

よほど優秀な人なら話は別です。

しかし同じ会社に勤めていて勤続年数も同じ場合、大学中退者の給料が大学卒業者の給料を上回ることはないでしょう。

昇給額やボーナスにも差が出る場合が多く、数年後から入ってきた大学卒業者に給料を抜かれる可能性もあります。

大学を中退した人が給料を上げる方法

大学を中退してしまった人と大学を卒業した人の収入の差、は10万円近いことがわかりました。

せっかく就職の意欲が湧いていたのに、これだけの収入差が発生するとわかると、なんだかやる気が削がれてしまいますよね。

しかし、大学中退者でも頑張り方次第で高い収入を得ることができます。

大学中退者でも高い収入を得る方法をお伝えしますね。

資格を取得する

大学の中退者でも高い収入を得る方法は、資格を取得することです。

就職を成功させる方法でも資格の取得をおすすめしていましたが、収入面を上げる場合でも資格は大いに役に立ちます。

多くの会社では資格の取得によって給料をあげるシステムを採用している会社も多く存在しています。

当然、就職以前に資格を取得していた場合でも入社後に元の契約給料から上乗せが発生します。

もちろん、給料アップの対象は、会社が指定した資格に限定されます。

そのため、業務に関係ない資格をたくさん持っていてもしょうがないです。

就職に収入も求める場合は、資格の所持が給料の評価に繋がりやすい業界を選択し、それにあった資格の取得を目指すと一石二鳥ですよ!

成果主義の会社に就職する

成果主義の会社なら大学中退者でも高い収入を目指すことができます。

成果報酬を採用している会社に就職すれば、学歴に関係なく結果がそのまま給料に反映されます。

就職してからは、完全に自分の能力次第です。

転職支援サービスを利用する

資格の所持が給料に反映される会社を選べ!

成果主義の会社を選べ!

なんて書いてきましたが、実際にどの会社が資格を評価してくれる会社なのか、成果主義の会社なのかはわかりません。

では、どのようにしてそれらの会社を見つければいいのでしょうか?

その方法は「転職支援サービス」を利用すること。

就職率をあげる方法でも使用をおすすめしましたね。

しかし就職面だけでなく、将来的な収入面やキャリア形成の面でも親身に相談に乗ってくれるのが転職支援サービスなんです。

親身な相談のうえ、抱えている多くの求人から相談者に合った会社をピックアップし、紹介してくれるのです。

つまり、転職支援サービスを利用して「資格取得を評価してくれる会社」「成果主義の会社」がいい、と相談すれば、紹介してもらえるのです。

転職支援サービスの使用は、直接的な収入アップの方法ではありませんが、間接的に必要な方法なのです。

リクらくを活用して就活を成功させよう

リクらくは、未経験歓迎・経歴不問の求人を多く取り扱っている転職支援サービスです。

大学中退者でも就職に成功できる可能性が十分にあります。

まずは電話であなたの仕事観や特性をヒアリングし、あなたに合った企業を紹介する所からサービスが始まります。

選考を受ける企業が絞れたら、履歴書の作成・添削、面接練習を行います。

企業の採用担当とも繋がりがあるので、あなたが面接でアピールしきれなかった部分も、エージェントが企業の採用担当に伝えるので十分にアピールすることができます。

リクらくで受けられるサポートはすべて無料になっているので、安心して気軽に電話してきてください!

リクらくを活用して、就活を成功させましょう!

就活の仕方を工夫すれば大学中退でも就職できる!

いかがでしたでしょうか?

大学を中退してしまった人は就活の難易度があがるものの、就活方法を工夫すれば採用される可能性が十分にあります。

そのため、大学を中退してしまった事実をあまり悲観的に捉える必要はありません。

ネガティブな感情を引きずったまま、就活をすると採用担当にもネガティブな印象を与えてしまます。

常にポジティブに就活に取り組み、就活を成功させましょう!