未経験からプログラマーへ転職するには?求められるスキルと注意点

未経験からプログラマーへ転職するには?求められるスキルと注意点

Web や IT などへの興味関心が高い人の中には、プログラマーを目指している人も多いのではないでしょうか?

プログラミングに関する知識やスキルを身につけておけば、将来的に転職するときにも非常に有利です。

そんな将来性のあるプログラマーですが、「どうすればなれるのか」「未経験からプログラマへ転職できるのか」など悩んでいる方も多いでしょう。

専門性の高い仕事なので「プログラマーへの転職はハードルが高いのでは?」と感じますよね。

この記事では、未経験からプログラマーを目指している人に向けて、必要とされるスキルや転職するコツを紹介していきます。

未経験でもプログラマーへの転職は可能

まずはじめに結論から言うと、未経験でもプログラマーへの転職は可能です。

実際に求人票などを見てみると、「未経験歓迎」「経歴不問」など未経験者を歓迎している求人を多く見かけます。

必ずしも経験者だけしか採用しているわけではないので、未経験からでも十分チャレンジできます。

転職したいけどどうすれば良いか分からない!転職する際注意点と流れを解説!

間口が広いものの高いスキルと学習意欲が求められる

プログラマーに関わらず、IT や Web 関連の仕事は間口が広いのが特徴で、比較的未経験者を採用している傾向があります。

チャレンジできるというのは大きなメリットですが、未経験者の誰しもが採用されるわけではありません。

もちろんプログラミングに関わる最低限の知識を、選考を受ける前に身につけておく必要はあるでしょう。

中途採用でプログラマーになる場合は、新卒採用と違って丁寧な研修があるわけではないので、自発的に学習する姿勢・意欲が必要になります。

またプログラミングの知識以外にも、IT 業界に必要な幅広く専門的な知識を求められます。

仕事への意欲が低いと入社してから後悔することも

手広く採用活動を行っているので、未経験者でも適性やポテンシャルを見込まれれば採用する可能性も高いです。

しかし、IT業界は実力や結果が第一の世界なので、中途半端な気持ちで入社してしまうと後々後悔することになります。

何よりも大切なのは、自発的に学んで行動する姿勢・仕事に対しての強い熱意です。

生半可な気持ちで、プログラマーを目指すのはやめておきましょう。

プログラマーを目指す未経験者に求められる要素とは?

プログラマーは他の職種とは違い、かなり専門性の高い仕事です。

そのため求められるスキルや要素も、専門的で複雑です。

そんなプログラマを目指す未経験者に求められる主な要素を三つ紹介していきます。

それでチェックしていきましょう。

プログラミングについての最低限の知識

いくら未経験者とはいえ、プログラミングについての最低限の知識は身につけておきましょう。

新卒の場合にはある程度の研修が受けられるものの、第二新卒などの中途採用者に対して、充実した研修は行われません。

受け身の姿勢で転職して仕事始めても、スキルの向上には繋がりません。

転職活動期間に、並行してプログラミングに関する知識を身につければ、ある程度有利な状態で仕事始められます。

意欲や姿勢もアピールできるので、基本的なことは勉強しておきましょう。

仕事に対しての熱意やポテンシャルの高さ

特に未経験者に対しては、仕事に対しての熱意やポテンシャルの高さが求められます。

将来的には自分でサイトを持ちたい、フリーランスとして働きたい、など明確な目標を持っておくと面接の際に有利です。

仕事に対する熱量を持っていないと、専門的であるプログラマーを長期間続けられません。

若い年代には将来的なのびしろや成長性が求められるので、強い意欲や意識を持っておきましょう。

転職活動の正しい進め方!万全の準備を済ませて内定を勝ち取ろう

新しいことにチャレンジする好奇心

プログラマーに関わらず、IT業界は1日単位で新しいサービスや制度が生まれます。

常に情報が新しくなっていくので、とりあえずやってみるチャレンジ精神が必要です。

好奇心がないと新しいものを取り入れられなくなるため、その時点から成長ができません。

自分の意識や考えに関わらず、とりあえずやってみる姿勢を持っておきましょう。

年齢が高くなるにつれてプログラマーへの転職は困難になる

未経験からプログラマーを始める場合、特にスキルや知識などは求められませんが、年齢は合否を大きく作用します。

年齢が高くなるにつれて転職が難しくなるので、転職しようと考えたなら、いち早く行動を起こしましょう。

20代後半がリミット

未経験からプログラマー目指す場合は、20代後半が転職のリミットです。

20代後半までであれば、将来的な成長性やポテンシャルを見込んでの採用も可能。

しかし、20代後半以降になると、ポテンシャルよりも即戦力となるスキルや経験が必要です。

30代に入ってから、未経験としてキャリアチェンジするのはかなり難しいです。

もし興味があるのであれば、年齢が上がらない若い年齢のうちに転職をしましょう。

未経験でもweb業界への転職可能?ポイントと注意点を徹底解説!

選考を受ける前にプログラミングに関する勉強は必須

先述したように、未経験として転職する場合で、あらかじめプログラミングに関する知識を身につけておけば有利に転職をすすめられます。

プログラミングに関する勉強方法は、独学・専門スクールの2パターン。

それぞれのメリットデメリットを紹介していくので、どちらの勉強方法が自分に適しているのか考えてみましょう。

独学でプログラミングの勉強をする場合

プログラミングの教材やWeb サイトなどを見て独学で勉強する場合、費用を最小限に抑えられるのがメリットです。

かかる費用は教材費くらいなので、金銭的に余裕がない人でも勉強できます。

自分のペースで勉強するのも大きな特徴で、妥協せずに勉強をできる人であれば独学で勉強するのをおすすめします。

しかし、独学で勉強する場合、勉強に対してのモチベーションを維持するのが非常に困難です。

プログラミングは専門性の高い分野なので、自分で解けなかったり、解説を見てもよく分からなかったりするケースも。

そうなると、継続して勉強できなくなるため、いつまでたってもプログラミングに関する知識が身につきません。

誰かに管理されないと継続して勉強できない人は、プログラミングスクールなどに通って勉強する方法をおすすめします。

スクールに通ってプログラミングの勉強をする場合

プログラミングスクールに通って勉強する場合、専門の講師や過去にプログラマーとして働いていた人から専門的な情報を聞けます。

独学の勉強では学べないことまで学べるので、短期間で様々な知識が身につきます。

プログラマーへの転職もサポートしてくれるので、採用率も非常に高くなります。

より合格率を上げたい人は、プログラミングスクールに通って勉強をした方がいいでしょう。

しかしスクールに通う場合、入学金・学費などまとまったお金が必要になります。

教材費も含めると、20万円以上にのぼることも。

金銭的にあまり余裕がない人にとっては、通学するのが厳しいため、独学で勉強する必要があります。

アルバイトしつつスクールに通うこともできますが、精神的にも身体的にも負担が大きくなるためあまりおすすめできません。

プログラマーの平均年収は400万円前後

在籍している企業や年齢によっても異なりますが、プログラマーの平均年収は約400万円程度。

月収にして30数万もらえるので、平均よりは少し収入が高くなります。

また、プログラマーの大きな特徴はスキルや経験に応じて、年収が高くなるということ。

より専門的に知識・スキルを身につけていけば、500万・600万と収入を上げられます。

将来的にフリーランスとして働けば、年収1000万円も夢ではありません。

とても将来性があり、夢ある仕事と言えます。

未経験からプログラマーへの転職を成功させる秘訣

経験からプログラマーへの転職を成功させるには秘訣があります。

プログラミングの実績を作っておく

内定を貰うのに最も効果的なのは、プログラミングで成果物を作っておくことです。

実績を作っておけば、プログラミングに関する知識やスキルがあることを証明できるので、採用される確率が飛躍的に上がります。

「プログラミングの勉強をしています」「プログラミングに関する○○の知識を身につけています」と伝えても、説得力が伴わないので大きなアピールには繋がりません。

より具体的で詳細に伝えたい場合には、あらかじめ成果物を作っておくと効果的です。

IT業界への関心・理解を深めておく

プログラマを目指している人に意外と見落としがちなのが、IT業界へ知識を身につけておくこと。

ITに関わる技術職はプログラマー以外にもシステムエンジニアやインフラエンジニアなどがあります。

その中で、プログラマーの仕事は一体なんなのかを理解した上でなぜプログラマーになりたいのかを説明できると、より具体的になるので効果的です。

IT業界、開発の流れの全体像を理解した上で面接に臨めば「この人は自分の仕事を具体的にイメージできているんだな」という評価を受けることができます。

将来ビジョンを明確にしておく

面接の際には、自分自身の将来のビジョンや目標を明確にしておきましょう。

目標やビジョンが不透明だと、入社後に活躍できるのか疑問に思われてしまう可能性があります。

未経験からプログラマーを目指す以上、将来どうなりたいかという目標は必ずあると思うので、自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。各所って何これ

プログラマーとしてのキャリアを築いていこう!

プログラマーは採用の間口が広いので、未経験者でも適正やポテンシャルを認められれば、十分に採用される可能性があります。

しかし、実力や結果が問われる業界なので、どちらかといえば転職した後にどれだけ成長できるかが重要です。

プログラマーのスキルを身につければ、将来仕事を失ったり、転職したりするときに非常に有利になります。

未経験からプログラマーを目指すのは消して不可能な挑戦ではないので、諦めずに転職を成功させましょう!