未経験でもweb業界への転職可能?ポイントと注意点を徹底解説!

未経験でもweb業界への転職可能?ポイントと注意点を徹底解説!

クリエイティブ職である Web 業界は、転職を考えている20代に人気の業界です。

華やかなイメージも強いため、未経験から転職を考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし Web 業界と聞くと、専門的な知識を必要とするイメージが強いため、未経験から転職できるのかと疑問を抱えている人もいますよね。

そこでこの記事では、Web 業界に求められるスキルや、Web 業界の主な職種を紹介していきます。

Web 業界に興味を持っている人は、是非チェックしてみてくださいね。

未経験からweb業界への転職している人は意外と多い

結論から言うと、Web 業界は未経験からでも挑戦できます。

実際にWeb 業界に転職しているの人の中には未経験者が多く、スキルや知識を身につけて活躍している人も多いです。

そのため、今の仕事が全く関係なくても、Web 業界へのチャレンジは可能なのです。

転職したいけどどうすれば良いか分からない!転職する際注意点と流れを解説!

業界全体が若いためポテンシャルの高さをみられている

専門性の高い仕事のイメージがあるweb業界ですが、なぜ未経験からチャレンジできるのか疑問を持つ人もいますよね。

というのも、Web 業界は全体的に平均年齢が20代から30代と若いです。

業界全体の平均年齢が低いため、未経験者でもポテンシャルや適正が評価されれば十分にチャレンジできるのです。

 

web業界の中にも様々な職種がある!

一口に Web 業界と言っても、様々な職種があり、仕事内容も多様です。

そこでここからは、web業界の中の職種を紹介していきます。

それぞれの仕事内容をチェックしていきましょう。

webプログラマー

Web プログラマーはサイト設計やホームページなどシステム開発が主な仕事です。

HTML やCSS などプログラミングに必要な専門的な知識を必要とするため、未経験から挑戦するのは非常に難しいです。

もしプログラマーになりたいのなら、転職する前に独学でプログラミングに関する知識や技術を身に付けておくべきです。

しかし、独学でプログラミングを学ぶのは、非常に難しいです。

もし金銭的に余裕があるのであれば、専門のスクールなどに通い、勉強することをおすすめします。

web デザイナー

Web デザイナーはサイトやホームページなどの、レイアウトやデザインなどを決めるのが主な仕事です。

細い配色や文字の設置位置などを細かく決めなければいけないので、きめ細やかな仕事に対するスキルが必要です。

Web のデザインに必要とされる、Photoshop やイラストレーターなどの専門的なソフトを扱わなければなりません。

未経験からWeb デザインに必要なソフト利用するのはかなり困難なので、転職する前にある程度の知識をにつけておきましょう。

また、 Web デザイナーの大きな特徴として、一通りのスキルや経験を積めば将来的にはフリーランスとして働けます。

将来的な選択肢が広がるので、働き方を見直したい・自分で裁量権を持って働きたいと考えている人にオススメです。

web マーケター

Web マーケターは、サイト運用にあたって主に集客に関する業務を行います。

市場の動向を常にチェックし、どのような施策を行えば自社のサイトに効率よく集客できるか、考えるスキルが必要です。

サイトの閲覧数や、どのような経路で自社のサイトにユーザーが流れているのか入念に分析します。

そのため、Web 広告に関する専門的なツールやソフトに関する知識と実践できるスキルが求められます。

しかし、プログラマーに求められる知識・スキルと比べると専門性は低いので、未経験者でもチャレンジしやすい触手です。

Web マーケティングは、iITが普及している現代では非常にニーズが高いため、一度スキルや知識を身につけてしまえば将来的にも仕事に困ることはないでしょう。

web ディレクター

Web ディレクターはデザイナーやプログラマーを束ねて、プロジェクトを進めていくリーダー的な存在です。

webに関する専門的な業務をするというよりは、スケジュール管理・品質チェックなど、ディレクションするのが主な業務。

もちろん知識やスキルも求められますが、それ以上に必要なのがWeb 業界での経験の豊富さです。

そのため、未経験からすぐにWeb ディレクターになるのはほぼ不可能です。

Web ディレクターは将来的な目標として、目指すようにしましょう。

web プランナー

Web プランナーはサイドのプランニングを行うのが主な仕事で、社内で仕事している時間よりもクライアントと接している方がメイン業務です。

クライアントの意向を汲み取り、理解するスキルが必要なので、コミュニケーション能力は必須。

また、クライアントの指示をプログラマを始めとした社内の技術者に、的確に伝えるスキルも必要です。

プランナーの指示によってプロジェクトが進んでいくため、わずかなミスが大きな失敗へと繋がる可能性もあります。

web プロデューサー

Web プロデューサーは、プロジェクトのディレクションに加え、市場分析や予算の設定クライアントとのコミュニケーションを行います。

プロジェクトに関するほぼ全ての業務に携わるため、Web やサイト構築などの幅広い知識が求められます。

特にコスト面などの資金に関する責任を背負っているため、非常にプレッシャーのかかるポジションです。

責任のある仕事なので他の職種に比べ、収入が高いのも大きな特徴と言っていいでしょう。

営業職

Web 業界でも営業職は存在し、アカウントプランナーとも呼ばれています。

新規クライアントの獲得も行いますが、それ以上に既存のクライアントとの関係性の構築がメインの仕事です。

近年では市場の変化が著しいため、アカウントプランナーに対してのニーズが高くなっています。

デザイナーやプログラマーなどの技術職と違い、営業職は専門性の高い知識やスキルが必須ではありません。

そのため、未経験者でも適正やポテンシャルが評価されれば、意外とスムーズに内定をもらえることも。

Web 業界で働きたい未経験者におすすめの職種です。

営業職は未経験からでも転職しやすい!転職しやすい理由とおすすめの業界

web業界には3つの働き方がある

Web 業界は他の業界と比べ、働き方が多様化しているため、自分の生活に合わせて働き方を選べます。

どの働き方が自分に合っているのか、チェックしていきましょう。

企業に所属して働く

未経験者としてWeb 業界で働くのであれば、まずはじめに企業に所属して働くことをおすすめします。

フリーランスや副業の場合は、実績や成果を上げるためのスキルがないと、収入が見込めません。

企業で働く場合には、スキルや知識を高めながら仕事を一つずつ覚えられるのに加えて、収入も毎月しっかりともらえます。

Web 業界にはとにかくスキルが必要なので、初めは企業でスキルと経験を積み、将来的に別の働き方を選択しましょう。

フリーランスとして働く

web に関する一通りの知識やスキルを身につければ、フリーランスとして個人で働けます。

フリーランスは働く場所や時間を、自分でコントロールできるのが大きなメリット。

スキルが高ければ仕事の成果物は、すべて自分のものなので、企業に勤めるよりも高収入を得られます。

しかし、フリーランスはスキルがすべて。

スキルや経験がなければ、仕事の依頼もこないので、収入が見込めません。

企業して自分の会社を立ち上げる

フリーランスで働いている人の中には、起業して自分の会社を立ち上げて働く人もいます。

高収入を得たい・実現したいビジネスがある、などをチャレンジ精神の強い人は会社を立ち上げるのも一つの手です。

もちろんWeb に関する幅広く専門性の高いスキルが必要ですが、それ以上に会社経営や腕などに運営の手腕が問われます。

未経験から会社を立ち上げるのは不可能なので、まずは企業に所属し実務経験を積んでいきましょう。

web業界に求められるスキルとは?

専門性の高いスキルや知識を求められるweb業界ですが、その中でも特に求められる4つのスキルがあります。

webに関する幅広い知識と好奇心

数ある仕事の中でも Web 業界は、専門性の高い仕事の一つ。

何もスキルが求められる業界なので、webに関する幅広い知識とより多くの情報を取り入れる好奇心が必要です。

自発的に知識やスキルを取り入れなければ、未経験から活躍はできません。

常に新しい情報をキャッチする能力

Web 業界は日々進化を続けており、多様化や専門性が高まっています。

そのため、常に新しい情報をキャッチする能力がなければ、クライアントやユーザーのニーズを理解できません。

新しいものが好き・新しい情報を仕入れる能力に長けている人はWeb 業界に向いていると言えます。

円滑に仕事ができるコミュニケーション能力

パソコンと向き合って仕事をするイメージの強い Web 業界ですが、実はコミュニケーション能力は必須。

特にマーケター・プランナー・営業職に関してはクライアントとの円滑にコミュニケーションをとらなければいけません。

ディレクターやプロデューサーも同じように、チームでプロジェクトを進行させていくので、円滑なコミュニケーションが必要です。

仕事に対する意欲の高さ

未経験から Web 業界で働く場合、仕事中に身につけるスキルや知識に限界があるので、自発的に学ぶ姿勢が必要です。

自発的に学ぶには、仕事に対する意欲の高さが必須。

そのため、なんとなくで仕事をしようと考えている人に、あまり Web 業界お勧めできません

 

web業界は知識とスキルが必須!

Web 業界は華やかなイメージが強く、多くの転職者に人気の高い仕事です。

しかし、中途半端な気持ちでWeb 業界を選ぶのは危険。

知識やスキルを自発的に身につけなければならないので、仕事に対する意欲が低い人は活躍できません。

本気でweb業界を狙っているのであれば、人生を仕事にかけえるぐらいの強い意気込みを持って転職活動を進めていきましょう!

未経験からコンサルティングファームへ転職!未経験者の見られているポイントとは?