転職したいけど不安・めんどくさいと感じる人へ!悩んだ時に確認すべき4つのこと

転職したいけど不安・めんどくさいと感じる人へ!悩んだ時に確認すべき4つのこと

転職は人生の中でもかなり大きなイベントなので、転職をしようと思っても中々行動に移せない人も多いです

「転職に失敗したらどうしよう」「転職はめんどくさそう」など様々な理由で、転職したいけど転職できないと悩んでしまいますよね。

そのような悩みを抱えている人は、一度自分の立ち位置を見つめなおして、転職すべきなのかしっかりと考えてみるのが大切です。

この記事では、転職したいけど行動に移せない人に向けて、確認すべきポイントやどんなひとが転職しているのかを消化していきます。

転職に不安を抱えている人は、ぜひチェックしてみて下さいね。

転職したいけど…と悩んだ時に確認すべきこと

転職したいけど…と悩んだ時、何をどうすればいいのかよくわかりませんよね。

そんな人に向けて、悩んだり不安を感じたりした時に確認すべき4つのポイントを説明していきます。

今の仕事内容・職場環境を見つめなおす

まず今の仕事や職場環境を見つめなおしてみましょう。

何に不満を感じているのか・なぜ転職しようと思ったのかなど、改めて見つめなおすことで、もやもやの原因がわかることもあります。

もし仕事を退職したいという原因が明確に分かっているのであれば、どうすれば解決しそうなのか考えてみましょう。

今の仕事を続けてしまうと解決しなそうな場合は、思い切って転職をしてみてもいいでしょう。

転職してどうなりたいのか将来像を明確にする

転職しようとして悩んでいる人は、転職してどうなりたいのか将来像を明確にしましょう。

将来像やキャリアプランを明確にならないと、転職しても必ず後悔してしまい、負のスパイラルに陥ってしまいます。

転職後の将来が明確にならない場合は、今の仕事でどうすれば解決しそうなのか、考えてみましょう。

未経験でもできる仕事10選!企業が未経験者を求めている理由とは?

転職は甘えや妥協ではないということを理解する

仕事辛いと悩んでいる人の中には、転職=甘えと言う考えを持っている人が多いです。

考えが古い人や職場の上司や先輩などの考えを強要されている人ほど、そういう考えに陥りがちです、

しかし、転職することが甘えや妥協なんてことは一切ありません。

有意義な人生を送るための有効な手段なので、転職をすることに対して引け目を感じなくても大丈夫です。

転職のプロに相談する

転職は基本的に一人で進めていくので、初めて転職する人にとっては何をどうすれば良いのか分かりませんよね。

初めてやることは不安や緊張があって当たり前なので、決して恥ずかしがることではありません。

転職に対して不安を感じてしまう場合は、転職のプロである転職エージェントに相談しましょう。

当サイトのリクらくでも転職支援サービスを行っており、今まで何百人もの転職を成功させてきた実績があります。

相談量も完全無料なので、興味を持った人はぜひ相談してみて下さい。

こんな人は転職NG!!転職すべきではない人の特徴

転職は有意義な人生を手に入れるための有効な手段ですが、人によっては転職をしない方が良い人もいます。

そんな人の特徴を紹介していくので、自分に当てはまっていないかチェックしてみましょう。

仕事を辞めたいと思ったらすべき行動はコレ!みんなの辞めたい理由も紹介

今の仕事をなんとなく転職したいと考えている人

「なんとなく仕事がだるい」「転職してみようかな」と、なんとなくでえ転職しようとしている人は危険です。

曖昧な考えのままで転職を始めてしまうと、思ったように転職が進まず、中々内定が貰えない状況に陥ってしまいます、

転職期間は仕事をしていない無職の期間なので、転職期間が長引いてしまうことにより、どんどん転職ハードルが上がってしまうことに。

明確な理由や意識を持ってから、転職活動を始めましょう。

将来像や人生目標が不明確な人

転職した後の将来像やキャリアプランが不明確なまま、転職を始めるのは危険です。

転職後のキャリアプランは、志望動機や自己PRにも関連するため、抽象的な話しかできず有望な人材と判断されません。

もし転職をしようと思っているのであれば、明確な将来像・キャリアプランを持ってからにしましょう。

やりたい仕事が無いのに転職する人

特にやりたいことが無いにも関わらずに転職しても、採用される可能性は限りなく低いです。

あまり興味がない企業や職種に転職したとしても、今と同じ様な理由で仕事に不満を感じ、最終的には転職することになるでしょう。

自分の興味がある仕事・やりたいと思った仕事を見つけてからの転職をおすすめします。

転職を決意した人の主な理由

実際に転職を決意した人は、どの様な理由で転職をしているのでしょうか?

転職している人の転職理由のほとんどは、4つの理由によるものです。

給与が低い

転職している人の多くは給与に不満を抱えて、今の仕事よりも収入の高い仕事に転職しています。

誰でも働いた対価として納得のいく給与が欲しいですし、お金に余裕のある生活をしたいと願うのは当然です。

給与は仕事のやりがいに直結する要因なので、転職を決意する人が多いようです。

労働条件が悪い

労働時間が長く残業が多い・勤務時間が不規則など、労働条件の悪さに不満を抱えている人も多いです。

労働条件が整っていないと、身体面だけではなく精神面的にも問題が発生し、体を壊してしまうケースもあります。

特に体を酷使する外仕事や、仕事に危険が伴う仕事をしている人に多いようです。

仕事のやりがいを感じられない

仕事をする目的や目標は人によって様々ですが、中でもやりがいを大切にしている人にとって、やりがいを感じられないと悩んでいる人が多いです。

どこにやりがいを感じるかも人によって違いますが、やりがいを感じられないと仕事をしている意味を見出せなくなってしまいます。

やりがいを感じられないという理由で転職をしている人は、仕事をしっかりと考えているため、転職のミスマッチが少なく満足度の高い転職ができる人が多いです。

人間関係に問題を感じた

学校と違い会社には性格や年代などが幅広く、様々なタイプの人がいます。

誰とでもコミュニケーションを取れる人であれば、問題ありませんが、コミュニケーションが苦手な人の場合、人間関係が上手くいかない人がいます。

職場の人間関係は仕事の効率や質に大きく影響を及ぼすので、ストレスを感じて退職している人も多いです。

また、特に人間関係に問題があるわけではないものの、なんとなく会社に馴染めないという理由で転職をする人も多くいます。

転職活動の準備をステップごとに紹介

転職したいけど…と悩んでいる人の中には、転職活動がいまいちわからず、どのように「転職すれば良いのか分かっていない人も多いです。

そんな人のために、転職活動をステップごとに紹介していきます。

自己分析・企業研究

転職したいと思っても、すぐに仕事を退職して転職を始めるわけではありません。

まずはどの業界・職種に転職したいのか・どのくらいの期間で転職をするのかなど大まかな計画を立てるのが大切。

計画を立てたら、自分の特性や性格を見極めるために自己分析し、転職しようと思っている業界・企業の研究をしていきます。

このステップを飛ばしてしまうと、思う様に転職が進まない・転職中に目的を見失ってしまい転職が上手く行かなくなることに。

有意義な転職を行うためにも、業界研究と自己分析は入念に行っておきましょう。

求人サイトに登録

自己分析・業界研究を済ませたら、次は求人サイトへの登録を済ませます。

求人サイトには様々な業種・職種の求人が掲載されており、その中から自分に合った企業を見つけていきます。

数百社以上の求人が掲載されているので、何にエントリーするのか迷ってしまう人がかなり多いです。

もちろん迷うのはいいことですが、あまりにも悩み過ぎてしまうと、転職活動が全く進みません。

エントリーする分には何社してもOKなので、気になった企業があればどんどんエントリーしましょう。

応募書類の送付

エントリーする企業が決まったら、応募書類である履歴書と職務経歴書を送付します。

紙ではなくデータで行うことがほとんどなので、あらかじめ求人サイト上で履歴書を作成しておきましょう。

もちろん面接の際には紙の履歴書と職務経歴書が必要になるので、紙・データの両方を準備しておく必要があります。

応募履歴書を送付してから大体1週間以内に、合否の通知がくるので、通過した場合は面接の日程を調整し面接を行います。

面接

面接の日程が決まったら、企業の採用担当者と面接を行います。

面接の回数は企業によっても大きく異なりますがおおよそ2回程度。

面接では志望動機・自己PR・前職で学んだこと・将来像などあらゆる質問をされるため、あらかじめ回答を用意しておかなければなりません。

応募書類が通過するのに面接が全く通過しないという人も多く、ほとんどの場合は面接で不合格になります。

数十社面接で不合格になるのはざらにあるので、精神的に疲弊しきってしまい、転職への気力を失ってしまう人もいるほど。

充分な対策をしたとしても必ず合格を貰えるわけではないので、切り替えの早さが大切になります。

内定

面接を無事に合格したら内定通知を貰い、入社日や待遇を決めていきます。

入社日は柔軟に対応してくれるので、仕事をまだ退職していなくても、問題ありません。

待遇については前職の給与や年齢、スキルを考慮して決められ、納得いかない場合は待遇の交渉も可能です。

しかし、第二新卒や未経験の状態ではアピールできるスキルや経歴が無いため、提示されたた待遇をそのまま受ける形になります。

内定を貰ってから退職の手続きを進める

現職の退職日も内定通知を受けてから決めていった方が賢明です。

仕事の引継ぎなどがあるため、およそ1ヶ月を目安に退職できるでしょう。

円満に退職するためにも、即日退職や退職を1週間前に伝えるなどは辞めておきましょう。

満足度の高い転職をするには準備が重要

転職は人生の中でも大きなイベントなので、後悔の無い転職にするためにも、万全の準備を整えておきましょう。

満足度の高い転職をするためには、大きく分けて2つ準備しておくことがあります。

転職先に何を求めているのかを明確にする

1つ目は、転職先に何を求めているのかを明確にするということ。

転職動機や転職先でしたい仕事が決まっていない状態で転職を始めてしまうと、進めていくうちに目標や意欲を失ってしまうことになります。

転職をスムーズに進めるためにも明確な目標を持って、転職に臨みましょう。

転職先で活かせるスキルや知識を身に付ける

第二新卒や未経験で転職を進めると、転職活動の中でアピールできるポイントが見つからず、思う様に進まないケースも。

そのため、転職活動を始める前に、転職先の業界・企業で活かせるスキルや知識を身に付けておきましょう。

転職前にスキルや知識を身に付けることにより、仕事に対しての意欲もアピールできます。

転職は慎重に!不安があればリクらくを活用しよう!

転職を考えている人は、とにかく慎重に目的と目標を定めてから始める様にしましょう。

何も考えずに転職を始めてしまうと、転職活動中に目標を見失ってしまったり、途中で意欲を失ったりしてしまいます。

もし、一人で転職をするのが不安に感じる人は、当サイトのリクらくを活用してみませんか?

リクらくでは、求人紹介や転職サポートなど転職に関わるあらゆるサービスを完全無料で受けられます。

今までにリクらくを活用した数百人が内定を貰っている実績もあるため、少しでも内定率をあげるためにぜひ活用してみてくださいね。

ホワイト企業へ転職する方法とは?おすすめの業種と見分け方