第二新卒は大手に就職できる?大手企業は第二新卒に何を求めているのか?

「社会人になってみてやりたい仕事が見つかった」

「新卒の時にした就職活動に心残りがあるので、転職して新たな仕事をはじめたい」

といった様々な理由で、転職を決意する20代が多くなってきています。

特に新卒で入った会社を3年以内に辞めて転職をする人が多く、新卒の3人に1人が退社している状況になっています。

このように学校を卒業して3年以内の転職者は「第二新卒」と呼ばれ、年々増加している傾向にあります。

転職をする理由の多くが収入面への不満のため、高い収入を約束されている大手企業を志望している20代が多いですが、第二新卒で大手企業に入れるのか不安を感じている人も多いと思います。

そこで今回は、第二新卒は大手企業に就職できるのか?という疑問を解消するために、第二新卒の転職市場や企業が第二新卒者に何を求めているのか、大手企業に就職するメリット・デメリットなどを紹介していきます。

大手企業が第二新卒に求めている人物像

どこの企業にも採用の基準がありますが、大手企業の場合には全ての基準が高く設定されています。

主にどんな部分を第二新卒に求めているのかを説明していきます。

知名度の高い大学出身の人材

昔に比べて学歴社会と呼ばれる、学歴が採用基準になる風潮が無くなりつつあるものの、学歴はどういう人物なのかを判断する基準の1つになっています。

学歴は勉強に取り組む姿勢をダイレクトに知ることが出来ますので、有名大学を出ていれば、コツコツと勉強に取り組んできた証明になりますし、仕事にもひたむきに取り組んでくれると評価されます。

大学名だけで全てを判断されるわけではありませんが、知名度の低い大学を出ている人に比べると、高学歴の部類に入る有名大学を出ている人の方が、大手企業に在籍している割合が高いです。

しかし、大学だけが採用基準ではありませんので他のポイントでアピールしましょう。

自分で物事を考える能力

業務内容のすべてがマニュアル化されているわけではありませんので、分からない箇所は自分で考えて判断しなければなりません。

自分で考える力は在籍年数に関係なく求められる力です。

最初は先輩から教えてもらえますが、それ以降は教えてもらったことをベースにして自分で考えてなければなりません。

どうしても自分で解決できない場合は、上司の指示を仰ぐのも自分で考えて判断する力です。

社会人は判断の連続ですので、自分で判断する力がないと評価されることはありません。

相手の立場でものを考える能力

仕事では相手を選んで仕事をすることが出来ません。

あの人は苦手だから関わりたくないなどの理由は当たり前ですが通用しませんし、そんなことを口に出してしまうと人間性を疑われ、職場全体に悪い印象を与えてしまいます。

苦手な相手といえ、相手が何を求めているのかを相手の立場から考えて判断し、仕事の成果を挙げなければいけません。

仕事のできる人間は常にアンテナを張っていて、相手のニーズを考えることが常識となっています。

この能力が身についていないと、高い仕事スキルを要求される大手企業に転職するのは難しいです。

第二新卒が大手企業に転職するためのポイント

次に第二新卒が大手企業に転職するためのポイントを紹介していきます。

仕事に対する熱意・姿勢をアピールする

「前の会社を数年で辞めたので継続力が無く、次の会社もすぐに辞めてしまう」

「社会人経験が浅いので、これからの成長に期待できる」

二つの視点で第二新卒者を見ることが出来ます。

前者の視点からみられる場合もあるので、仕事に対する意欲や、将来像を明確に伝えて仕事を長く続けるアピールをし、面接官の疑惑を払拭する必要があります。

伝える際には抽象的な発言を避けて、発言に出来るだけ具体性を持たせると面接官に仕事に前向きな姿勢とキャリアプランをアピールできます。

下記のポイント踏まえてアピールすると効果的です。

履歴書・職務履歴書の内容を充実させる

書類選考の段階であなたのことを判断する材料は、履歴書と職務履歴書のみです。

あなたがどんなに素晴らしい能力や人間性を持っていても、書類選考が通過しないと面接ができず、どんな人間なのかを自分の口からアピールすることができません。

そのため面接に進むためには、書類を完璧に仕上げる必要があります。

志望動機や自己PRはもちろん、過去の経歴を書く欄に抜けが無いかなど何度も確認しましょう。

自分のポテンシャルをアピールする

第二新卒に求められている力は即戦力ではなく、ポテンシャルを重視した採用をされます。

社会人経験の浅い第二新卒に華々しい経歴やスキルを期待していませんので、これまでの経験などのエピソードに絡ませて、自信のポテンシャルをアピールできるようにしましょう。

上手く伝えることができれば企業にいい印象を与えられます。

複数の企業に応募して受ける企業数を増やす

大手企業は中小企業よりも圧倒的に人気が高く、たくさんの選考者からの応募が殺到します。

そのため、選考をする企業を一つに絞ってしまうとかなり危険です。

不採用となった場合は、またイチから書類選考をし直さなければならず、金成効率が悪いです。

そのため、複数社並行して選考を受けるようにしましょう。

選考を受ける企業を増やす場合の注意点は、職種や業種を絞って受けることです。

業種も職種もばらばらになってしまうと、企業ごとに志望動機や自己PRを考えなくてはならないので、余計に手間がかかってしまいます。

もちろん、その中で優先順位を決めるのは構いません。

しかし、選考を受ける企業は入社してキャリアを構築したい会社であるかどうかを必ず確かめるようにしましょう。

第二新卒が大手企業から需要がある理由とは?

今日では社会人経験の浅い「第二新卒」の需要が高くなってきており、採用に力を入れる大手企業が増えてきています。

それではなぜ、需要が高くなってきているのか説明していきます。

社会人としての基礎スキルが身についている

第二新卒は一度社会に出て社旗人経験をしているため、挨拶や電話対応、ビジネスメールなど社会人の基礎を一通り身に付けています。

そのため、社会人の基本となるマナー講習などをする手間が省けます。

社会人としてのスキルがなにも身に付いていないゼロの状態から育てていくには、かなりのコストと手間がかかります。

それらがかからないだけでも、第二新卒は需要の高い存在と言えます。

すぐ本業務に取り組めて、仕事を一早く身に付けることが出来ますので成長力の速さを見込まれています。

社会人経験が浅く柔軟性がある

社会人経験が長くなると、自分なりの仕事の仕方を身に付けている場合が多く、新しい職場環境や仕事内容に馴染みにくいです。

その反面、社会人経験が浅い第二新卒は、自分なりの仕事に対しての考えや取り組み方が身に付いていないケースがほとんどです。

そのため、新しい環境にも早く馴染むことが出来て、仕事の呑み込みが早いメリットがあります。

入社を貰う難易度は高い

上記の二つを聞くと、以外と簡単に大手企業に就職できるかもしれないと考えてしまいますが、大手への就職は難易度が高く、高い基準でのポテンシャルや、有名な大学を出ていないと転職を成功させるのは厳しいです。

そこで大手企業が第二新卒に何を求めているのかを説明していきます。

大手企業への転職に失敗してしまう第二新卒の特徴

大手企業への転職に失敗してしまう第二新卒には以下のような特徴委があります。

・ネガティブな退職理由を伝えている
・新卒の時と同じような感覚で転職活動をしている
・選考を受ける企業数が少ない
・退職してから転職活動をしている

1つずつ補足して説明していきます。

ネガティブな退職理由を伝えている

退職理由は質問の性質上、ネガティブな印象を持たれがちです。

加えて、ほとんどの人が下記のような退職理由で退職をしています。

「前の会社は仕事が多忙で大変だった」
「残業しているのに残業代が出ず、給与が低かった」
「人間関係が上手くいかず、職場環境に馴染めなかった」

…など、ネガティブな退職理由だけを伝えてしまうと、マイナスの評価をされてしまいます。

退職理由を偽るのはNGなので、退職理由にプラスして、企業に入社してから意気込みを伝えるように心掛けましょう。

退職理由の例文

前職では保険の営業として働いていました。

飛び込み営業が主で、中々契約を貰えず、売り上げ目標に達成しない日々が毎日でした。

上司にもこの営業方法では売り上げを達成するのが難しいので、新しい営業方法を提案しましたが、「このやり方が会社の方針だから」と切り捨てられてしまいました。

自分の意見も通らず、一通りしかない営業方法で、これからも仕事をしていなかければならないと考えると、自分の成長に繋がらないと思い退職を決意しました。

次の職場には、自分の発言や意向をある程度汲んでくれる風通しの良い職場を希望しています。

御社は会社全体的に年齢層が若く、若い世代の発言でも尊重してくれると、求人を拝見して知りました。

また、扱っている商材も自分の良く知るものですので、たくさんの人に御社の製品を知ってほしいという思いから、仕事のやりがいに繋がると思いました。

御社であれば、私の特性を存分に発揮できるという思いから、御社を志望いたしました。

新卒の時と同じような感覚で転職活動をしている

新卒で経験した就活と同じような感覚で転職活動を行ってしまうと、企業が求めているものをアピールできないので、採用率があがりません。

新卒と第二新卒の転職は、就活方法が全く異なっています。

新卒の場合には、社会に出て働いた経験が無いので、入社してからの仕事に対する意気込みやモチベーションの高さが必要です。

対して第二新卒の場合は、新卒がアピールしている内容にプラスして、前職で経験した仕事内容や身に付けたスキルをアピールすると良いでしょう。

また、第二新卒は前職で社会人を経験しているので、基本的なビジネスマナーが身に付いているケースがほとんどです。

研修や社会人マナー講座などを受ける必要が無いので、研修にかかるコストや手間がかかりません。

それだけでも企業にとっては大きなメリットになるので、社会人スキルをアピールしても良いでしょう。

選考を受ける企業数が少ない

当然ことながら、選考を受ける気御意鵜の数が少ないと、採用される確率が限りなく低いです。

少しでも転職率をあげるためにも、選考を受ける企業の数を増やしましょう。

選考を受ける企業数を増やせば増やすだけ、内定を貰える可能性が高くなります。

企業に求める条件を何も出さず、闇雲に選考を受けることはオススメしませんが、増やせるのであればできるだけたくさんの企業の選考を受けられるようにしましょう。

退職してから転職活動をしている

仕事を退職してからの転職期間は、無職になるので収入が無い状態になってしまいます。

数か月間無収入の状態で生活できるだけの貯蓄があれば良いですが、社会人になって年数が浅いので十分な貯金がある人はほとんどいないでしょう。

収入が無くなってしまうと、転職活動以前に生活ができなくなってしまいます。

また、大手を狙って転職するのであれば、尚更転職できるまでに時間が掛かってしまうので退職してから転職活動に入るのはかなりリスクが大きいです。

仕事を続けながらでも、転職活動は十分に行えるので、退職後を何も考えずに勢いだけで転職に踏み切ってしまうのは辞めましょう。

大手企業に転職するメリット・デメリット

多くの転職者が大手企業を目指しますが、大手企業に転職するメリット・デメリットはあるのでしょうか?

詳しく説明していきます。

大手企業に転職するメリット

大手企業でしか得られないメリットを紹介していきます。

安定した収入を得ることができる

大手企業に転職すると、月々に受け取れる固定の給料が高いのはもちろんですが、プラスして様々な手当てを受け取ることができます。

残業手当も厚いので、残業した分だけ残業代を受け取れます。

また、昇給やボーナスも期待出来て、休暇制度も整っている企業が多いです。

そのため、転職前よりも生活にゆとりができ、生活の幅が広がります。

大手企業でしかできない経験を味わえる

大手企業の仕事内容はほとんどが大きなプロジェクトのため、中小企業では経験できない規模の仕事をすることができます。

中小企業では身に付けることができないスキルや知識を得られるのは、大手企業ならではのメリットです。

大手に転職するデメリット

大手企業特有の豊富なメリットがある反面、デメリットもありますので紹介していきます。

中小企業よりも仕事内容の質が上がる

大手企業では仕事量よりも仕事の質の高さが要求されます。

そのため、在籍しているスキルの高い社員に劣らないスキルを身に付けていないと、大手企業で働いていくことは難しいです。

上司からの要求に答えられるだけのスキルが無く、耐えきれなくなって転職してしまうケースもありますので、自分のスキルが大手企業に通用するのかを見つめなおす必要があります。

個人の成果が会社の実績に反映されづらい

中小企業であれば従業員数も少ないので、自分がどれだけ頑張ったが数字として表れますが、大手企業の場合は、良い成果をあげたとしても「自分の働きが会社の業績に直結している」という感覚を感じにくいかもしれません。

また、社員数も多いので周りの良くも悪くも競争率が高く、危機感を感じてしまうケースもあります。

大手企業の定義とは?

よく大手企業と耳にしますが、大手企業に明確な基準は設けられていません。

それに対して中小企業には、法律で定められた基準があります。

一 資本の額又は出資の総額が三億円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が三百人以下の会社及び個人であつて、製造業、建設業、運輸業その他の業種(次号から第四号までに掲げる業種を除く。)に属する事業を主たる事業として営むもの

二 資本の額又は出資の総額が一億円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が百人以下の会社及び個人であつて、卸売業に属する事業を主たる事業として営むもの

三 資本の額又は出資の総額が五千万円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が百人以下の会社及び個人であつて、サービス業に属する事業を主たる事業として営むもの

四 資本の額又は出資の総額が五千万円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が五十人以下の会社及び個人であつて、小売業に属する事業を主たる事業として営むもの

引用先元:中小企業庁
https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/hourei/kihonhou/

中小企業には明確な基準があるのに対して、大手企業の場合には規準が定められていませんので、上記の項目に当てはまらない資本金と従業員数が多い企業を大手企業と定義できます。

自分のスキルを把握したうえで転職活動をしましょう

第二新卒が大手に転職するには、かなりハードルが高くて成功が見込めないかもしれません。

そのため、大手に就職する場合には転職期間が長くなってしまったり、結果的に大手に就職できないなどを覚悟しておかなければなりません。

大手企業だけではなくても、中小企業やベンチャー企業などにも条件がいい優良企業はたくさんあります。

また、中小企業やベンチャー企業であれば従業員数も少ないので、努力次第ですぐに昇進できる可能性もあります。

大手企業のネームバリューに翻弄されずに、自分に合っている企業はどんな企業なのか見極めるのも転職活動を行う上で大切なことです。

自分に合う企業を探すためにも、業界研究や自己分析を入念に行うようにしましょう。