企業が第二新卒に求めているものとは?企業側の目線で考えてみましょう

企業が第二新卒に求めているものとは?企業側の目線で考えてみましょう

「社会人経験が浅くてアピールポイントが見つからない」

「企業は第二新卒に何を求めているんだろう…」

上記のような不安を感じている第二新卒を多く見かけます。

スキルや経歴が身に付いていない分、企業が求めているものが自分に身に付いているのか不安になってしまいますよね。

そこでこの記事では、企業が第二新卒に求めているものを紹介していきます。

企業が何を求めているのかが事前に分かれば、履歴書や面接
などで何をアピールすべきかどういう点に注意すればいいのか対策ができます。

この記事を読んで、就活へ向けての万全の準備を整えて納得のいく就活ができるようにしましょう。

企業が第二新卒に求めているものとは?

それではここから、企業が第二新卒に求めているものを紹介していきます。

大きく分けて4つあります。

企業によって選考基準は異なりますが、今から説明する5つは全ての企業で求められるので、理解しておきましょう。

具体的な将来像

「入社出来たら○○をやりたい」

「入社後は○○部に入って売り上げ○○万円を達成したい」

「5年後には○○の役職に就いて、10年後には部長として部下をまとめるポジションに就きたい」

…などのように、働いていくうえで明確な将来像を持っておく必要があります。

将来像を持っておくことで、一つの企業に長期間勤務する意思があることが伝わります、

企業が採用活動の中で懸念しているのは、採用した人材が入社後すぐに退職してしまうことです。

早期退職されてしまうと、退職した分の人材を確保しなければならず、再び採用活動をはじめるため二度手間になってしまいます。

加えて採用活動は、企業にとって時間やコストがかかってしまうため、かなりの負担になってしまいます。

そのため、一つの会社に腰を据えて長期間勤務する人材を求めているのです。

将来像を伝えれば、入社してからのプランが形成されており、長期間勤務する意思があるのが伝わります。

将来像を伝える際は年数や期間を交えて具体的に

「御社で活躍できるように頑張りたいです!」

「長期間働く意思があります!」

上記のような発言では、全く説得力が付いていないので、企業から評価を受けることはありません。

将来像を伝える際のポイントは、年数や期間などの数字を交えて、より具体的に伝えるのがポイントです。

「入社出来たら3年以内に、○○万円の売り上げを達成したいです。そのためには~」

このように、期間を交えて伝えれば、入社後のプランを明確に持っていて将来像が容易にイメージできます。

また、年数を交えれば間接的に長期間勤務する意思をアピールできるので、発言に説得力が伴います。

職場で通用する基本的な社会人スキル

第二新卒には仕事のスキルや主な経歴が無いので、最低限の社会人マナーは身に付けておきたいところです。

新卒や既卒と違い第二新卒は、一度社会人を経験しているので、その分社会人スキルが求められます。

具体的に言うと、電話対応や訪問時のマナー、名刺交換やビジネスメールなどの社会人として日常的に求められるものです。

加えて、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)が身についているかも、上司や先輩となる人は気にしています。

また、挨拶・敬語・所作などは主に面接でチェックされるので、自分が正しい振る舞いが出来るかを見直してみましょう。

仕事に対してのモチベーション

先述している通り、第二新卒は社会人経験が少ないため、スキルや経歴でアピールできることが少ないです。

スキルや経歴をアピールできない分、仕事に対しての熱意やモチベーションの高さを求められます。

どんな仕事にも全力で取り組む姿勢であったり、少しの失敗では挫けないスタンスを持っておく必要があるでしょう。

第二新卒は年齢が若くて転職市場で人気があるものの、前職を3年以内に退職している職歴は企業から不信感を持たれてしまう点です。

そのため、明確な理由の元退職した旨を伝えなければなりません、

自分の退職理由を今一度見つめなおして、企業にしっかりと説明できる退職理由を伝えられるようにしましょう。

新しい職場に馴染むためのコミュニケーション能力

第二新卒として転職すると未経験職に就く人が多く、初めての職場で初めて会う人と仕事をしていかなければなりません。

入社後は知らない事ばかりで何をすればいいのか分からないことだらけでしょう。

何をすればいいのか分からずに、指示を待っているスタンスだといつまで経っても仕事を覚えられません。

加えて、職場の人間関係を築いていけず、居心地が悪い中で仕事をしていかなければならなくなります。

そのため、分からないことがあったら早急に周りの人に聞けるコミュニケーション能力が求められます。

仕事をしていくうえで職場の人間関係は非常に大切な要素になるので、コミュニケーション能力を身に付けておきましょう。

企業に求められるものが身に付いていない場合はどうすればいい?

先程の章で述べたことは、企業が第二新卒に求めているもので、身に付けておかないと採用される見込みがかなり低いでしょう。

しかし、全ての第二新卒に身に付いているわけではないので、自信を無くしてしまう人が多いかもしれません。

そこでここからは、身に付いていない人はどう対処すればいいのかを解説していきます。

自己分析をしてアピールポイントを探しましょう

人にはそれぞれ特性や特徴があるので、人によって何かしらのアピールポイントが必ずあります。

しかし、そのアピールポイントを自覚していない人がほとんどなので、自己分析をして自分を分析してみましょう。

自己分析をすることで、

上記のようなことの理解を深められます。

普通に生きていると、自分に向き合って考える機会はまずないと思うので、知らなかった自分を発見できます。

また、自分一人では自己分析がうまく出来ないと感じる人は、友人や身内に協力してもらうと効果的な自己分析ができます。

今までに知らなかった自分の特性や特徴に気付けるので、就活で活かせるアピールポイントが見つかるでしょう。

こちらの記事で自己分析のやり方を紹介しているので、合わせて読んでみて下さい。

第二新卒の転職に有効な自己分析の方法を紹介!自己分析を入念におこない転職を成功させよう

資格を取得すれば就活を有利に進められる

どうしてもアピールポイントが見つからないと悩んでしまう人は、資格を取得してアピールポイントを作りましょう。

転職したい仕事に関係した資格を取得すれば、仕事への熱意をアピールできます。

加えて、資格勉強の中で仕事に関する知識を身に付けられるので、入社後に知識を活かすことができます。

しかし、資格によっては取得するまでに管理の時間が掛かってしまう資格もあるので、事前に取得にかかるおおよその時間を確認しておく必要があります。

慈善に確認しておかないと取得までに時間が掛かってしまい、就活に入れない事態に陥ってしまいます。

内定を貰うのも遅くなってしまうので、第二新卒の期間が長引き、就活がどんどん不利になってしまいます。

そのため、資格を取得する際には十分に気を付けておきましょう。

前職の経験は就活の合否にあまり関係ない

企業が第二新卒を採用する際は、前職の経歴やスキルをあまり重視していません。

前職を3年以内に退社しているので、仕事に対してのスキルが身に付いるケースが少ないです。

これまでの経歴よりも、将来に向けてのポジティブな姿勢を評価される場合がほとんどです。

そのため、第二新卒は未経験職にも挑戦しやすいポジションと言えます。

興味が持った職種が前職と全く異なる職種だとしても、仕事への熱意をアピールすれば採用される可能性が十分にあります。

自信を持って就活に挑みましょう。

転職に失敗してしまう第二新卒の特徴とは?

ここからは転職に失敗してしまう第二新卒の特徴を紹介していきます。

失敗するケースを知っておけば、どうすれば失敗しないか対策ができ、自分が失敗しないように予防ができます。

ネガティブな退職理由を持っている

第二新卒が転職する上で、100%前職を退職した理由を聞かれます。

退職理由は質問の性質上、回答がネガティブになりやすく、企業に悪いイメージを与えてしまう可能性が高いです。

そのため退職理由の回答には十分な時間をかけて考えなければなりません。

こちらの記事で退職理由について詳しく紹介しているので、合わせて読んでみて下さい。

第二新卒の面接でされやすい質問とは?転職理由や志望動機など7つの回答例を紹介

将来像が明確になっていない

「転職してどうなりたいのか」「入社してどのように成長していきたいのか」などの将来像を明確に持っておかないと、就業意欲が低いと判断されてしまいます。

そのため、成長性が低くポテンシャルが低いため採用する価値の低い人材とされてしまいます。

将来への明確なビジョンを持っておき、面接の中で伝えられるように心掛けましょう。

企業に条件を求めすぎてしまいエントリーする企業が少ない

転職先に求める条件が多くなってしまうと、その条件に見合う企業が少なくなり、エントリーする企業が少なくなってしまいます。

また、条件を求めすぎてしまうと、人気企業にしか目が向かなくなり転職活動の視野が低くなってしまいます。

企業を選ばず闇雲に選考を受けるのはよくありませんが、ある程度は妥協点を作ってエントリーする企業を増やすのも大切です。

実際に働きだしてみないと分からないことはたくさんあるので、求人だけで判断しないようにしましょう。

企業側の目線に立って自分を見つめなおしましょう

転職活動をしていると、内定を貰うことだけに意識が行ってしまい、視野が狭くなってしまうケースが多いです。

視野が狭くなってしまうと、有意義な転職ができず、いい結果を得られないでしょう。

視野を広げるためにも、一度企業の目線に立って自分を見つめなおすのも一つの方法です。

自分が採用担当だった場合、自分のことを本当に採用したいか考えてみましょう。

転職で不安を感じたらリクらくを活用!

第二新卒としての転職は不安なことや分からないことがたくさんあると思います。

もし不安を感じたらリクらくを活用して就活を進めてみませんか?

リクらくでは一人一人に専属のエージェントが付いて、あなたの転職を全面的にサポートいたします。

リクらくを活用した人の90%が内定に至っており、就活成功の高い実績を誇っています。

また、リクらくで受けられるサービスは全て無料となっているので、気軽に相談してみて下さい。

あなたのお電話をお待ちしています!