第二新卒の転職はやばい?第二新卒の転職事情を徹底解説

第二新卒の転職はやばい?第二新卒の転職事情を徹底解説

第二新卒だと転職の際に不利になりそう…。

「前の職場を早期退職しているから印象が良くないのではないか?」
「勤続年数が長い人に比べると転職活動に不利になるのではないか?」

「第二新卒=やばい」と認識している人が多いです。

今回の記事では、第二新卒が転職において本当にやばいのか、第二新卒の転職事情を解説していきます。

第二新卒はやばくない

結論から言うと、第二新卒はやばくないです。

新卒入社した会社を3年以内に辞める人の割合が全体の3割ほどいます。

新卒3年未満の離職率の推移参照:新規学卒者の離職状況|厚生労働省

グラフを見ていると年々第二新卒での離職率が高まっているわけではなく、以前から第二新卒は多いことが分かります。

以前から第二新卒は存在していましたが、定義づけされたのが最近のこと。

大学卒業後に就職して3年以内に会社を退職する人のことを第二新卒としていますが、現在でも明確に定義づけがされている訳ではありません。

第二新卒という言葉ができたせいで、
大学卒業後就職していない3年以内の人を指す「既卒」と混同されがちになりました。

既卒は就職するのが厳しいため、混同して第二新卒の転職もやばいのか不安になってしまう人が増えたのです。

第二新卒になったからと言って、決してやばいわけではないのでご安心ください。

第二新卒はむしろ転職に有利

第二新卒の転職は、やばくありません。

むしろ現在、第二新卒の転職は追い風です。

1つずつ補足して説明していきます。

新卒と年齢が変わらずポテンシャル重視の採用ができる

第二新卒の年齢は、22~25歳、新卒と年齢がほとんど変わりません。

ほぼ新卒として扱えるため、スキルや将来性を重視した、ポテンシャル採用ができます。

ポテンシャルを重視した採用では、仕事に対しての熱意や、将来的にどのような成長をしたいのかなどの意欲の高さが重要。

熱意をしっかりと伝えれれば、必ず内定に繋がるでしょう。

新卒の獲得が難しいため、第二新卒の需要が増えた

現在新卒の就職内定率は、昭和のバブル期を越えています。

一時期の新卒氷河期と異なり、企業間で新卒獲得競争が始まっています。

新卒も企業を選び放題とまではいきませんが、多くの企業から内定を貰って比較的自由に企業を選べる立場にあります。

その影響で新卒の獲得が難しくなっている企業も出てきています。

新卒を採用できない企業が、新卒の代わりに年齢の近い第二新卒を獲得しようとしているのです。

基本的な社会人マナーが身についている

新卒は本当の0からのスタートのため、挨拶やメール、社会人マナーなど基本中の基本から教えていかなければなりません。

人数が多くなればなるほど、新卒の教育に割く時間的なコストや教える人の人件費コストなどがかかります。

しかし、第二新卒は一度社会人として働いた経験があります。

基本的な社会人マナーや仕事への取り組み方が身についています。

この点が企業が第二新卒を採用するメリットの一つ。

逆にいえば、第二新卒者に基本的な社会人スキルが身に付いていて当然と企業は思っています。

そのため、身に付いていない場合には、マイナスの評価をされてしまいますので注意しましょう。

考え方や仕事の仕方に柔軟性がある

ある程度社会人経験を重ねていくと、人それぞれに独自のやり方やルールが出てきます。

自分なりのやり方やルールが身に付いてしまうと、新しい環境のルールに馴染むこと時間がかかってしまいます。

その点、社会人経験が浅い第二新卒は、自分なりのやり方やルールが身に付いていることが少ないです。

経験が少ないからこそ、新しい職場のカラーに染まることができるのです。

一見経験が浅いと不利に思うかもしれませんが、経験が浅いゆえに有利になる場合もありますので、覚えておきましょう。

入社時期の自由度が高い

入社時期の自由度が高いことも企業が第二新卒を欲しがる理由です。

新卒を取ろうとすると、3月末の卒業を待つ必要があり、結果的に入社するのは4月です。

しかし第二新卒なら仕事の引き継ぎなどで、予定よりも入社時期が遅れる可能性はありますが、基本的には企業が入社して欲しいタイミングで入社してくれます。

1~2年の年齢差さえ気にしなければ、早い段階で業務を教えることができるので、いち早く戦力になりやすいです。

企業からやばいと思われてしまう第二新卒

第二新卒の転職はやばいどころか、むしろ有利であると解説してきました。

しかし一部の企業の採用担当者は、第二新卒はあまり良い人材ではない、第二新卒を採用するのはやばいという人もいます。

なぜ「第二新卒=やばい」と言われるのでしょうか?

その理由を解説します。

前職を短期間で辞めた人がやばい

転職で不利になる多くの企業が「やばい」と判断する第二新卒は、勤続年数1年未満でやめてしまった人です。

短期間でやめてしまった人は「早期退社のリスクがある」「やる気がない」「忍耐力がない」と判断されてしまいます。

採用して短期間で辞められては、採用にかかったコストや時間が無駄になってしまいます。

そのため、企業側も採用に慎重になるのです。

一年未満で辞めてしまった場合は、面接で退職理由の伝え方に特に注意しましょう。

退職した理由を上手くポジティブな理由に繋げて、マイナスの評価を受けないようにしましょう。

ビジネスマナーを身につけてないから

勤続年数が1年未満の第二新卒の場合、社会人としての経験が浅いです。

人によっては勤務から半年以内で転職活動を行っている場合もあり、学生気分が抜け切れていない人が多いもの事実です。

最低限のビジネスマナーである「言葉使い」「時間の管理」「報連相」がなっていないまま、転職活動をしている人は企業側からやばいと思われてしまいます。

面接で焦った時でもとっさに敬語が使えるように、普段から言葉使いには注意しましょう。

向上心がなく指示待ちの姿勢

第二新卒で多い転職理由が「人間関係」「仕事がきつい」など、いわゆる「逃げ」の転職理由です。

会社に不平不満を言って転職する人は、向上心がなく、仕事に対しても指示待ちである可能性が高いです。

そのような人は面接でも見抜かれてしまい、やばいと思われてしまいます。

第二新卒の主な退職理由とは?

企業からやばいと思われる第二新卒の特徴は、主に一年未満で辞めた人だということがわかりました。

それでは、第二新卒が退職者はどんな理由で退職しているのでしょうか?

第二新卒の主な退職理由は4つあります。

いずれも第二新卒者に多い退職理由なので、自分の退職理由と照らし合わせてみましょう。

仕事量が多すぎる

一番多いのは仕事量の多さに耐え兼ねて退職してしまうケース。

業務時間内に仕事が終わらず、残業や休日出勤が多くなったり、自宅に持ち帰って仕事をすることが日常的になってしまう人も中にはいます。

そうなってしまうと、身体的にも精神的にも負担が大きくなってしまい、仕事を続けていくのが困難になります。

そのため、プライベートに割く時間が無くてストレスが溜まってしまい、退職をする第二新卒者が多いです。

退職者本人の理由というよりも、業界の特徴や会社の体質の問題が大きいです。

他にやりたい仕事が見つかった

仕事をする前と後では、仕事への向き合い方や考え方も変わります。

また学生時代に自分が何をやりたいのかわからず、とりあえずで就職していた人は、仕事をしていく中で自分が何をしたいのか見つかることも多いです。

そのため、今している仕事以上にやりたいことができて、退職して転職をするケースもあります。

やりたいことが見つかっての転職となると、ポジティブな理由での転職になるため転職先も決まりやすい傾向があります。

仕事量に対して給与が少ない

「求人に記載されていた給与額と実際に貰える給与額が違い、貰える給与が少ない。」

「残業をしているのに、残業代が支給されない。」

「ボーナスが出ると聞いていたのに、夏と冬どちらも貰えなかった。」

若い世代は仕事の価値をやりがいやスキルの向上などではなく、給与に置いている傾向があります。

支給される給与に不満を抱えて、今よりも給与が多い職場を目指して転職をする人も多くいます。

人間関係が嫌になった

職場の人間関係は、実際に働き始めないとわかりません。

いくら入念な企業研究をしていたとしても、人間関係や社内の雰囲気まではわからないです。

職場の人間関係が悪い場合
、職場の人間関係は悪くなくても自分が馴染むことができない場合、
どちらにしても人間関係が悪いとかなりストレスになります。

人間関係は簡単に変えれるものでもありません。

仕事は確実にコミュニケーションが必要なものですから、人間関係を気にしないで仕事をするのは無理です。

人間関係に耐え兼ねて、退職に踏み切る人はかなり多いです。

しかし、次の転職すれば人間関係が改善されるとは限りません。

やはり入ってみなきゃ良い人間関係が築けるかわからないからです。

さらに企業からすれば「じゃあうちの会社でも合わない人がいたらまた退職するの?」と思われてしまいます。

企業が第二新卒に求める4つのポイント

企業にやばいと思われてしまう第二新卒の特徴について解説しました。

逆にどのような第二新卒なら企業にとって好印象になるのでようか?

企業によって第二新卒に求める点は異なるものの、大抵共通している4つのポイントがあります。

それぞれ企業が求めているポイントを理解して、興味を持たれる人材になりましょう。

ポテンシャルの高さ

第二新卒は年齢が若く社会人としての経験も浅いため、仕事の経歴やスキルが身に付いているわけではありません。

そのため、第二新卒からすると、アピールポイントが無く需要が無いのでは?と思うかもしれません。

しかし、企業は第二新卒に対して、華々しい経歴やスキルを求めているわけではありません。

これまでの経歴よりも、これからの成長速度や仕事の吸収力に重点を置いたポテンシャル重視の採用をします。

しかし実際面接のなかで、どこでポテンシャルなんか判断できるんだろうと疑問になりますよね。

人と話していると話し方や姿勢で漠然と「この人できそう…」と思うことがありませんか?

採用でも面接での受け答えや姿勢でポテンシャルを見ます。

採用面接で高い評価を得たいならハキハキとした喋り方で、少しでもポテンシャルが高いように見せましょう。

コミュニケーション能力

社会人になると、コミュニケーションスキルは必須のスキルです。

苦手な上司や接し方が分からない年配の人とでも、仕事に支障が出ないよう円滑にコミュニケーションをとらなければなりません。

また、転職した職場では初めてのことばかりで、分からないことがたくさん出てくると思います。

そんな時に周りの人とコミュニケーションが取れず、分からないままにしておくと、仕事のスキルが身に付かず上司から評価されません。

コミュニケーション能力は基本的なスキルなので、身に付いていない場合にはマイナス評価をされてしまうでしょう。

会社の雰囲気と合っているか

企業によっては第二新卒と会社の雰囲気がマッチしているかを見ている企業もあります。

例えば、成長過程にある企業ではやる気に満ち溢れて、仕事に対しての熱意が強い人を求められています。

そんな企業に落ち着いて仕事をしたいという人がエントリーしても採用される見込みはありません。

企業の雰囲気を理解してから、応募するようにしましょう。

長期間勤務する意思があるか

現在の転職市場で第二新卒は需要あります。

新卒で入社した会社を1年以内で退社している経歴は、企業から見てあまりいい印象ではありません。

「採用しても早期退職してしまうのでは?」という不信感を持たれてしまいます。

そのため、採用される確率も低くなります。

採用担当者の不信感を払拭するために、次は仕事を早期退職しないという熱意を伝えましょう。

第二新卒で転職する際の注意点

第二新卒の転職は基本的には有利ですが、知っておくべき注意点があります。

大手企業・大企業への転職はハードルが高い

一般企業が第二新卒を採用している企業の背景には、新卒採用期間に十分な人材を確保できなかった理由があります。

採用できなかった人材の、後埋めのために新卒と年齢が変わらない第二新卒を採用します。

対して大手企業の場合は、新卒採用でたくさん応募総数がくるので、若い世代の人材に困りません。

大手企業が新卒以外で採用するのは、働いていた社員が退職した場合です。

そこに必要な人材は、ある程度専門性もあるスキルや知識・経歴などを持っている人材。

経歴やスキルを持っていない第二新卒は採用されません。

そのため、第二新卒が大手企業に転職する余地が限りなく少ないのです。

よほど優秀で、高いポテンシャルを兼ね備えた人材でないと、大手絵企業への転職は難しいです。

年齢を重ねていくにつれて転職は厳しくなる

20代後半であれば、若さというアドバンテージを活かして、未経験職にもポテンシャル採用される可能性も十分にあります。

しかし、20代後半~30代になると若さを武器にできません。

その年代に企業が求められているものは、ポテンシャルではなく即戦力です。

年齢を重ねていくにつれて、未経験の職種に転職するのが難しくなります。

未経験でも転職可の求人は慢性的に人手不足の企業か、きつくて不人気の求人が増えていき、ブラック企業にあたる可能性も高くなっていきます。

企業から要求されるスキルも上がっていきます。

そのため、未経験職への転職を考えている場合は、なるべく早い段階での転職をしましょう。

第二新卒が内定を貰うための秘訣

最後に、第二新卒が転職先から内定を貰うための秘訣を紹介していきます。

それぞれの秘訣を理解し、内定を貰える可能性を高めていきましょう!

エントリーする企業を増やし行動量をあげる

第二新卒者の転職活動が長引いてしまう理由のひとつとして、そもそもの行動量が少ない場合があります。

企業を選びすぎてしまった結果、5社くらいにしか応募していないということもあります。

応募企業数を増やせば、その分内定率も上がるので、選り好みしすぎずにできるだけたくさんの企業に応募するようにしましょう。

自己分析と業界研究を入念に行う

転職をしてどうなりたいのか、何の仕事に就きたいのかが明確ではない状態で転職を始めてしまうと、何から取りかかればいいのかが分からず効率の良い転職活動ができません。

転職した結果も、後悔が残ってしまいます。

それを防ぐためにも自己分析・業界研究を十分にしておきましょう。

その二つをすることで、自分が何をしたいのか、どんな職種に向いているのかが明確に分かります。

転職活動を始めてからでは遅いので、始める前にやっておきましょう。

効果的な自己分析の取り組み方

自己分析を行う上で大切なのは、頭の中でおこなわず、紙に書きだして可視化して行うのが効果的です。

まずは、自分の長所だと思う事を紙に書けるだけ書き出してみましょう。

その際は些細なことや、アピールにならなそうなことなどでも構わないので、とにかくたくさん書きだすことが大切です。

たくさん書きだしていくうちに、自分が気付いてなかった思いもよらないアピールポイントが見つかるケースもあります。

次に、書き出したアピールポイントから面接の中でアピールできそうな、ものをピックアップしましょう。

ピックアップしたら、面接の中で伝えられるような言葉に変換して、面接の中でどのように伝えるのが効果的なのか考えてみましょう。

効果的な企業研究の取り組み方

企業への入社意欲を伝えるためには、入念に企業研究を行う必要があります。

企業研究を入念に行わなければ、企業がどのような事業を行っているのか、どのような点をアピールすればいいのか理解できません。

加えて、面接の中での発言も抽象的な内容になってしまうので、採用担当者の印象に残る可能性が低いです。

また、志望する業界や職種が決まっていない人に関しては、志望職種を絞るために必須の作業と言えます。

入念な企業研究を行って、転職活動を有利に進めましょう。

ポジティブな退職理由を伝える

退職理由を話す際には、どうしても会社の愚痴や不満を話して終わってしまうパターンが多いですが、それは避けましょう。

面接官が退職理由を聞くのは、あなたの愚痴や不満を聞くためではありません。

前職の経験を通して、次の毎にどう活かしていきたいのか伝えられるようにしましょう。

例え、ネガティブな退職理由だったとしても、伝え方に工夫してポジティブな退職理由を伝えましょう。

ポジティブな退職理由であれば、面接官にいい印象を与えることができます。

ポジティブな退職理由を伝えるコツ

退職理由は質問の性質上、ネガティブに伝わってしまうケースがほとんどです。

ほとんどの退職者が、前の職場に不満を抱えて転職している訳なので、退職理由自体をポジティブに伝えるのはかなり難しいです。

そのため、退職理由にプラスして、仕事への熱意を伝えるとポジティブな印象を与えられる可能性があります。

また、熱意を伝えるときには、年数や期限を絡めると発言に具体性が出てよりアピールに繋がります。

転職エージェントを活用する

第二新卒になって初めての転職活動ですので、新卒の時とは勝手が違い、上手くいかないことも多いかと思います。

転職活動が上手くいかないと精神的な面でも、ストレスが溜まってしまい、転職活動を放棄してしまうことも考えられます。

効率よく転職を進めるためにも、転職エージェントのリクらくを活用しましょう。

リクらくでは、第二新卒の転職を全面的にサポートできる体制が整っています。

未経験職にチャレンジしたい方、同業種で違う職場に転職したい方など、一人一人に合った転職活動を提案できます。

第二新卒の転職を成功させるためにもリクらくを活用しよう

今回の記事では第二新卒の転職すがやばくないことを説明していきました。

実際の所、第二新卒を求めている企業は多く、転職できないことはありません。

しかし、転職活動の進め方を間違えてしまうと、時期が長引いたり、望まない転職結果になってしまうこともあります。

効率のいい転職活動を進めるために、転職エージェント「リクらく」の活用を進めます。

リクらくの利用は無料です。

転職は分からないことが多いので、頼るべきものがあれば、活用した方が得策です。