未経験の30代でも営業職に転職できる?求められているスキルや転職する際の注意点

未経験の30代でも営業職に転職できる?求められているスキルや転職する際の注意点

転職をしたいと考えたとき、新しい業界・職種へチャレンジしてみたいと思う30代も多いでしょう。

「求人が多い営業職なら未経験でも転職できるのでは?」

そう考えている求職者の方へ、企業側が30代の営業職に求めるスキルや経験について解説しています。

転職を成功させるには、企業のニーズとあなたのスキルが一致していることが何よりも大切です。

営業としての経験がなくても、あなたの強みを探す方法やアピールポイントを紹介していますので、しっかりと理解してから転職活動をはじめましょう。

30代・未経験でも営業職は求人数が多い

「30代が最後の転職チャンス」と考え、新しい職種にチャレンジしようという人は少なくありません。

中でも未経験から採用されやすい営業職を選択する人が多く、営業になるにはどうしたらいいか悩みを抱えています。

営業職の求人が多い理由としては、

  1. どんな業界でも必要な職種
  2. 会社の利益に直結する
  3. 離職率の高さ

この3つが大きな要因です。

中途採用では「即戦力」を求めるのが基本ですが、営業職の場合は求人数が多いということもあり、未経験にまで幅を広げて優秀な人材を確保する狙いがあります。

40代になると未経験から営業職を目指すのは厳しい

求人数が多いからといって、40代50代などのミドル層も受け入れられるわけではありません。

40歳を超えると特定の業界や企業のカラーに染まり、新しい仕事を覚える柔軟性がないと見なされてしまうことが多くなってしまいます。

40代でも営業職への転職はできる?企業が40代に求めているスキルとは?

営業未経験の30代に求められている3つのスキル

営業未経験でも、企業側が求めるスキルとあなたが持っているスキルが一致すれば、転職は成功します。

30代なら、20代や40代が持っていないスキルをアピールすることが大切です。

即戦力になりうるポテンシャル

中途採用では「即戦力」が求められるため、未経験者にとっては不利になりがちです。

しかし30代であれば、社会人としての10年ほど培ってきた経験があるので、即戦力になるスピードが速いと判断されます。

また「人間関係を構築する力」や「業務遂行能力」があるか、選考を通して見極められるでしょう。

このような能力は営業に限らず、どんな職種でも必要となる要素ですので、営業経験がなくても採用される見込みは十分にあります。

営業職の自己PR例文!ポイントを押えてオリジナルの自己PRを伝えよう

企業の雰囲気に合わせる柔軟性

転職したら前職の社風や文化を脱ぎ捨て、新しい転職先に染まる柔軟性が必要です。

新しい分野に飛び込む積極性や、応募企業の考え方に適応できる順応性をアピールしましょう。

40代に入ると、成功体験から得た仕事のやり方や考え方に凝り固まってしまうケースが多いため、「職場に馴染みにくい」「新しい仕事を吸収できない」とみなされることも少なくありません。

企業側は早く仕事を覚え、既存の社員と一緒に成長していける人材を求めています。

体力もあり、まだまだ柔軟性の高い30代は、企業側からも引く手数多です。

営業職に活かせる経験やスキル

営業の経験がなくても、ほかの職種で得られた経験やスキルが誰にでもあるはずです。

このような、営業に活かせるスキルがあれば、エピソードを交えて具体的に伝えましょう。

営業に活かせるスキルは、「営業を目指そうと思ったきっかけ」ともつながるため、しっかりと掘り下げ洗い出しておくことが大切です。

30代の人が転職前に準備しておくべきポイント

次に、転職活動をスタートさせる前に準備しておくことを紹介します。

営業職に活かせる経験をピックアップしておく

先述した通り、営業職に活かせる経験を洗い出し、採用担当者に「営業としての素質がある」と思わせるようなエピソードを用意しましょう。

30代では上司の指示に従うことよりも、自ら課題を見つけて解決していく行動力が重視されます。

このように、どんな職種であっても営業職に活かせる経験があるはずです。

このほかにも、「プレゼン能力」や「スケジュール管理能力」、「ヒアリング力」など、営業に活かせるスキルがないか自己分析をしてみましょう。

女性でも営業職に転職できる!メリット・デメリットや成功させる秘訣

ブランク期間が長引かない様に早めの行動を心掛ける

狙っている企業があれば別ですが、多くの求職者は平均10社ほど応募し、転職期間は3ヶ月程度かかります。

業界を絞れていない場合や自己分析がうまくいっていない場合は、半年以上かかってしまうことも少なくありません。

ブランク期間が長く空いてしまうと、企業側は「転職活動がうまくいっていないのだろう」「何社も不採用になっているのかも?」とマイナスに捉えます。

すると面接でうまく受け答えができても、何か問題あると判断され選考で落とされてしまう可能性も。

仕事が決まらない焦りや、貯金が尽きたという理由で、志望していない業界へ飛び込んでしまう人も多いので、できるだけ仕事を続けながら計画的に行動するように心がけましょう。

応募書類・面接対策を万全にしておく

営業として実績がない未経験からの転職では、応募書類や面接対策でどれだけアピールできるかが鍵を握ります。

まずは応募する企業がどんな人材を求めているかを追求し、自分の経験や能力がマッチしていることを裏付けるような応募書類を作成しましょう。

営業職への志望動機の例文を紹介!内定に繋がる志望動機を作成しよう

自己分析・企業研究が重要

選考では、どれだけ企業研究しているかも問われます。

企業の商材や企業理念についてしっかりと学んできた熱意が伝われば、「ウチに興味を持ってくれている」「入社意欲が高い」と評価してもらえるでしょう。

また面接では思わぬ質問が飛んでくることも少なくありません。

回答を用意していなくても柔軟に答えられるよう、自己分析と企業研究を怠らないようにしましょう。

30代未経験から営業職を目指さない方がいい人

転職を希望する人の中には、営業職に向いていない人や転職しない方がいい人もいます。

転職活動をする前に、自分に当てはまっていないかチェックしてみてください。

年功序列の考えが強い人

「中途入社だけど20代は自分の後輩だ」
「年下に指示や教育をされたくない」

こんな人は転職しない方が身のためです。

転職したら年齢は上でも入社1年目の新人になることを忘れてはいけません。

また目上の人には腰が低いけど、年下には威張り散らすような人も稀にいます。

中途入社の場合は新しい人間関係を構築することも重要な仕事です。

物腰を柔らかくして周囲に溶け込めなければ、仕事がやりづらくなってしまうでしょう。

仕事に対しての意欲が低い人

今の職場がイヤで、その場しのぎの転職をしようとしている人も注意が必要です。

「営業なら自由に外出できる」
「成績が悪くても気にならない」

このような気持ちを持っていると、うまく入社できたとしても先は見えています。

仕事に対してやる気がない人は周りにも迷惑をかけてしまうので、新しいスキルを習得したり、近いうちに叶えられそうな目標を設定したりして、仕事に対する意欲を高めましょう。

30代が面接でアピールするべきポイント

面接では「営業未経験」という弱みを前面に出すのではなく、「営業としての能力が備わっている」ということをアピールしましょう。

面接でアピールすべきポイントは、

  1. 身だしなみ
  2. これまでのスキル・経験
  3.  業界・企業への関心度

この3つが重視されます。

営業職に適した身だしなみ

営業は第一印象が肝心です。

  1.  清潔感がない
  2. 身なりに気を使っていない
  3.  気配りができない

このようなタイプは営業職には向いていないでしょう。

同じ話を聞くなら、誰だって前向きで信頼性のある営業マンがいいですよね。

清潔感があり、きちんと手入れされた服装を着ていて落ち着きがある、さらに話しやすさや親近感があれば、営業として活躍することが可能です。

面接の前には化粧室やお手洗いに行き、スーツにホコリやほつれがないか、髪型が乱れていないかを鏡でチェックするようにしましょう。

営業に活かせそうなスキルや経験

営業としての経験がなくても、ほかの職種で習得した営業に活かせるスキル・経験などが誰にでもあるはずです。

たとえば企画職だった人は、マーケティング能力や新商品の企画や改良をした経験が活かせます。

事務職は縁の下の力持ちとして、営業スタッフをサポートした経験やお客様とやりとりをした実務経験があるでしょう。

そんな経験を通して学んだことや感じたことなどを説明することで、「営業としての素質がある」と評価してもらえるかもしれません。

チームリーダーや役職者として部下や組織をまとめた経験があれば、マネージャー候補として期待されます。

また数字に対する意識の高さは、どんな職種においても共通してアピールできるポイントです。

業界・企業への関心や理解の深さ

応募しようとする業界や企業に興味がなければ、採用されたとしても活躍することはできません。

「好きこそ物の上手なれ」といいますから、関心がなくては上達もしないだろうと判断され、採用は見送りになってしまうでしょう。

また面接では、業界や自社の商材に関心があるかを質問されることも多いです。

「興味があります!」と回答したところで、「どんなところに興味がありますか?」と突っ込まれてしまうと、嘘は簡単に見破られてしまいます。

一方で、応募する企業の商材について深く理解していると、「入社への意欲が高い」「営業として活躍してくれそうだ」と判断され、選考が通りやすくなります。

30代での転職はリスクも多いので注意!

転職にはリスクがつきものです。

失敗しても後戻りはできませんので、転職のデメリットを理解した上で、それでも転職したいのかを考えてみましょう。

転職に失敗すると経歴に傷がついてしまう

希望を抱いて転職したはいいものの、入社前とのギャップに苦しむ30代も多いようです。

このような失敗談はよく耳に入ります。転職回数が増えると、次の転職で不利になるのは確実です。

企業側に「忍耐力がない」「人間関係が構築できない」などネガティブに捉えられるので、企業リサーチや転職活動の方法に問題がないか見直してみましょう。

明確な転職理由を持っていないと中々採用に至らない

「どうして転職しようと思ったの?」
「会社に引き止められなかった?」
「なぜ当社に入社したいの?」

このような質問は面接で必ず聞かれます。ここで自分の考えを明確に話せないと、「入社への意欲がない」と判断され採用には至りません。

また前の職場についてネガティブな発言ばかりするのもNGです。

面接官は1時間ほどの面接で、あなたの本質を見抜こうとしてきます。

うわべだけの動機や模範回答はすぐに見抜かれてしまいますので、「どうして転職したいのか」「なぜ営業職なのか」を何度も自分に問いかけ、あなただけの転職理由を見つけ出してください。

人間性よりもキャリアを重視される

30代の転職では、20代のようなポテンシャル採用はありません。「素直さ」「将来への期待」といった人間性よりも、これまでどんな経験を積んできたのか、強みは何かが重視されます。

面接ではふわふわとした目標を語るのではなく、企業が求めるものと自分のキャリアの共通点を探し、「自分の経験が御社のこの仕事に活かせる」ということを強調しましょう。

30代からの転職はリクらくを活用しよう

30代なら、未経験でも営業職へチャレンジ可能ということが理解できたでしょうか?

また転職することによるリスクも把握できたと思いますので、これまでの経験を洗い出して、あなたの強みを見つけましょう。

  1.  志望する企業に転職できるか不安
  2. 転職活動が初めてでやり方が分からない
  3.  転職回数が多く採用される自信がない
  4. 自分にあった企業を探せない
  5.  ブラック企業に入社しないか不安がある

このような悩みを抱えている方は、転職事情に精通したコンサルタントが在籍している「リクらく」を活用してみませんか?

リクらくは「株式会社リクルートネット」が運営しており、優良職業紹介事業所許可も受けている優良な転職サポートサービスです。

働き方に対する要望やこれまでの経験などをヒアリングし、あなたに最適な企業を紹介してくれます。

また入社が決まった後のアフターフォローも手を抜きません。

定期的に話し合う機会を設け、入社する前の条件と違う業務をさせられていないかなどを逐一チェックしてくれます。

未経験で新しい業界・職種へチャレンジする場合、ご自身のスキルや実績に不安がある方も少なくありません。

綿密なカウンセリングと面接対策で、自分では気付かなかったスキルを見抜いてくれるのも、プロだからこそ。

営業経験者がライバルでも選考で負けない自信を持つため、リクらくに相談して覚悟を持って転職に挑みましょう。