未経験のフリーターにも求人はある?フリーターにおすすめの6つの職種

未経験のフリーターにも求人はある?フリーターにおすすめの6つの職種

フリーターが就活を決意した際に気になる点と言えば、

「未経験でも就職できるのか?」

「職種未経験のフリーター向けに求人が出ているのか?」

…などではないでしょうか?

フリーターは仕事のスキルや経歴が無いので、アピールポイントが無く、企業から注目される人材とは言えないかもしれません。

しかし、世の中には様々な職種の求人があるので、職種によってはフリーターからでも始められる仕事があります。

そのため、フリーターから正社員を目指す場合には、就職しやすい業界を目指して就活するのがおすすめです。

この記事では、フリーターにおすすめの職種やアピールすべきポイントを紹介していきます。

フリーター向け未経験歓迎の求人はたくさんある

先述した通り、未経験のフリーター向けにたくさんの求人が出ています。

どこの企業も、人手不足を抱えているケースが多く、特に若い世代の人材が不足しています。

経験のある若い人材は数が少ないので、企業が想定しているような人材を確保できるケースが少ないです。

そのため、未経験でも将来性のあるフリーターを確保して、一から育てていく考えの企業が増えてきています。

スキル・経歴をアピールできないためフリーターの就活は難易度が高い

企業から採用を貰うには、仕事のスキルや経験してきた経歴などが、採用を左右する大きな要因です。

しかし、フリーターの場合は経歴やアピールできるようなスキルが身に付いていないので、新卒や転職者に比べると就職の難易度が高いです。

新卒・転職者と同じように就活を進めたら、アピール量でフリーターは両者に劣ってしまいます。

次の項目で、フリーターがアピールすべきポイントを紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

フリーターが未経験職に就職する際にアピールすべきポイント

ここからはフリーターがアピールすべきポイント3つを紹介していきます。

1つずつ補足して説明していきます。

アルバイト経験

アルバイト経験は職歴に含まれないものの、就職先の職種と関連させて伝えれば、十分なアピールに繋がります。

例えば飲食店で5年アルバイトしている経験は、飲食業界への就活に大きく役立ちます。

新入社員ながら、即戦力として迎えられるケースもあるので、アルバイトと関連している仕事への就職も考えてみましょう。

また、希望している職種へいきなり正社員として就職することに抵抗がある場合には、一度アルバイトを経験するのも一つの方法です。

アルバイト採用であれば、新入社員採用と比べて、スムーズに内定が貰えます。

アルバイト期間でスキルを積んで、就職を有利に進めたり、アルバイト先で正社員になる選択肢も生まれます。

就活の選択肢が多くなるので、有意義なアルバイト経験を積んでおきましょう。

仕事に対してのモチベーションの高さ

「ずっとフリーターをしてきたからどうせ就職できない」とフリーター生活を負い目に感じて、自信なく就活していても内定を貰えません。

「これから社会人としてスキルを積んでいきたい」「いち早く正社員になって仕事を覚えたい」という強い思いを持ってアピールしましょう。

例え経験が無くても、仕事に対してのモチベーションの高さや、熱意をアピールすれば十分に採用されます。

これまでの職歴を反省し、将来を前向きな姿勢を採用担当に伝えましょう。

取得している資格

言葉だけで熱意やモチベーションの高さをアピールしても、経歴が無くて発言に説得力がないケースがあります。

発言に説得力を持たせるには。資格を取得してアピールするのが最も効果的です。

資格勉強をして視覚を取得した実績が付くので、発言に具体性が出て、説得力のあるアピールができます。

そのため、あなたが志望している職種でどのような資格が役立つのか、事前に調べておきましょう。

また、資格によって取得するまでの期間や難易度にかなり違いがあるので、資格勉強を始める前に確認しておきましょう。

フリーターの就職に資格は必要?就活に有利な資格10選

未経験・フリーターでも始められる仕事

それではここから、未経験のフリーターからでも始められる仕事を紹介していきます。

営業職

フリーターからすれば、営業職は新卒や経験者でなければ就職できないと思うかもしれません。

しかし、営業職はほぼ全ての企業にある職種なので、未経験のフリーター向けにもかなり多くの求人が出されています。

また、応募の際に資格や学歴、経験を問われることがほとんどありません。

未経験から営業職をはじめる人も多く、フリーターが正社員として就職しやすい職種の一つです。

営業で重視されるスキルは、コミュニケーション能力や提案力など、主に人間性に関するスキルです。

そのため、フリーターでも適性があれば、営業職への就職が可能です。

事務職

事務職はフリーターをしている女性におすすめの職種です。

事務の主な仕事は、経費精算・データ入力などの、比較的簡単な業務内容がほとんどで過去の経歴やスキルがあまり重視されません。

また、仕事量も落ち着いていて残業がほとんどないので、仕事とプライベートを両立させたい人にはオススメの職種と言えます。

パソコン1つで完結する仕事なので、ある程度のパソコンスキルを身に付けておくと、就活でかなり有利になります。

サービス業

他の職種と比べると休日が少なく、平均年収が低くなるものの、取り扱うサービスや業界が豊富なので求人数はかなり多いです。

興味がある分野で就職活動を行うことができるので、自分が好きなことを仕事にできる可能性が高いです。

基本的に接客がメインになるので、人と接するのが好きな人や人に喜んでもらうのにやりがいを感じる人におすすめの職種です。

また、採用ハードルも高くないので、あまり困難を感じずに就職できるでしょう。

介護職

介護職は慢性的な人手不足を抱えており、人材がかなり不足しています。

特に若い世代の人材が少なく、介護する側とされる側の年齢がほとんど変わらないというケースも多いです。

そのため、介護業界の経験がないフリーターでも、かなり歓迎される業界と言えます。

介護は無資格から始められるものの、働いていく中で資格を取得できて、資格に応じて収入がアップします。

資格にかかる受験費用も会社が負担してくれるケースが多く、資格を取得できる環境が整っている業界です。

IT業界

IT業界こそ専門的な知識が必要とされると思うかもしれませんが、IT業界も未経験歓迎している気御意鵜が多いです。

ネットが普及しだしたことによって、IT業界へのニーズが日に日に高まってきています。

そのため、IT業界に在籍している既存の社員だけでは仕事をこなしきれず、人材が不足しています。

未経験からでも始められる充実した研修を行っている企業が多く、初心者からでも安心してスタートが切れます。

公務員

公務員試験に合格するには、幅広い分野の勉強する必要があり、試験内容もかなり難しくなっています。

合格率が低く、試験勉強に膨大な時間をかけなければなりませんが、それだけの価値がある職種と言えます。

公務員試験は、受験資格に年齢制限があるものの、中卒者でも高卒者でも学歴に関係なく受験可能です。

フリーターが公務員を目指す場合は、年齢制限に注意し、公務員試験に向けて早めに準備をしていきましょう。

フリーターの就活が不安だったら就活エージェントを活用して就活する

フリーターは就職経験がほとんどなく、不安や悩みが多くなると思います。

不安を抱えたまま就活してしまうと、就活そのもののやり方が間違っていて、採用に至らないケースが多いです。

内定率をあげる一番の方法は、就活エージェントの活用です。

就活エージェントを活用すれば、些細な悩みや適切な就活方法を提案してくれるので、一人で就活するよりも採用率がぐっと上がります。

この記事の最後にリクらくのサービスを紹介しているので、ぜひ最最後まで読んでみて下さい。

フリーターは熱意・モチベーションをアピールしよう

スキルや経歴をアピールして就活を進めても、採用される煮込みはかなり低いです。

これまでの経験よりも、これからの意気込みやモチベーションの高さを伝えて、企業にアピールしましょう。

適性や見込みがあると判断されれば、フリーターからでも正社員に就職することができます。

リクらくを活用して就活を施行させよう!

リクらくでは未経験歓迎・経歴不問の求人を多く抱えており、フリーターからの就活にかなり有利です。

一人一人に専属のエージェントが付くので、あなたに合った最適な就活を送ることが可能です。

リクらくでは履歴書の作成・添削、面接練習・内定後のフローまで完全無料で受けられます。

また、リクらくを活用した人の90%が内定を貰っており、安定した実績を誇っているのもリクらくの大きな特徴です。

高い就職成功率を誇っているリクらくを活用して、フリーターからの就職を成功させましょう!

こちらの記事も合わせて読んでみて下さい。

フリーターから抜け出せないと嘆くあなたへ。就活は行動あるのみ