事務は仕事が無くて暇?つらい?仕事が無い事務の有効な時間の使い方とは?

事務は仕事が無くて暇?つらい?仕事が無い事務の有効な時間の使い方とは?

会社に行って仕事がないって苦痛ですよね。やることはないのに毎日出社しないといけないし、時間は経たないしで、辞めたくなってしまう人も少なくないでしょう。

しかし仕事がなくても給料はもらえるので、今できる有効な時間の使い方を考えてみませんか?

ここで紹介する時間の使い方を参考にすれば、売れっ子の事務になれるかもしれません。

5分もかかりませんので、ぜひ読んでみてください。

企業や事務の種類によっては仕事量が少ないケースもある

せっかく入社したのに仕事がない、このような現象が起きてしまうには以下のような原因があります。

  1. 人事が現場を把握できていない
  2. 人件費を削減したくない
  3. そもそもの仕事量が少ない

一つ目の理由は、人事が社員一人一人の仕事量を把握せず、「誰か退職したら補充する」という対処をしているからです。

現場にヒアリングをすればすぐに分かることですが、予算に余裕があると簡単に人を導入してしまいます。

二つ目は所属部署の部長や課長が、「事務は足りているけど人件費を減らされたくない」という理由で、人を増やしてしまうのが原因です。

一旦予算を削られてしまうと、忙しくなったときに増員できないため、このような対応がとられてしまいます。

最後は、事務の仕事量の問題が考えられます。会社の業績が低迷していて、社員の仕事が減少しているのが原因となるケースもあります。

また仕事ができる優秀な社員がいると、周りは暇になってしまうこともあるようです。

仕事が無くて暇な事務の有効な時間の使い方

あなたの空いた時間をどのように活用していくかを紹介していきます。

周りの人に手伝える仕事が無いか聞く

王道ですが、周りの社員に手伝える仕事がないかを聞いて回りましょう。

いつも忙しそうにしている人や、毎日残業している人、直属の上司に聞いてみるのがオススメです。

「今はないです」と言われたら、「手が空いているので、何かあれば声かけてくださいね」と伝えておくと、仕事が回らなくなったときに声をかけてもらえるかもしれません。

仕事に役立ちそうなことをパソコンで調べる

WordやExcelの機能を調べ、パソコンスキルを磨くのも時間を有効に使う方法です。

仕事で使用する機能って決まってくるので、新しい機能を身につけて仕事に役立てましょう。

「この資料をもっと見やすくできないかな?」「どんな書式を用いたら便利かな?」などを考えたり、誰かが作った資料を真似してみたりするのもいいかもしれません。

タイピングを早くするための練習をする

ブラインドタッチが遅い人は、タイピングの練習をしてみませんか?インターネット上には無料のタイピング練習サイトがありますので、空いた時間に集中して練習に励みましょう。

タイピングを早めて仕事の処理能力を上げるには、もってこいの方法です。

電話をたくさん取る

会社にかかってくる電話を、片っ端から取りましょう。

取り次ぐだけでも時間の消費になりますし、相手が誰だか分からない分、緊張感を保つこともできます。

また受けた電話で仕事が増えるかもしれません。

筆者の以前の職場では、「電話はワンコールでとる!」という目標が設定されていました。

今日からあなたも、かかってくる電話をワンコール内で取ってみてはいかがでしょうか?

仕事が無くてもやってはいけないこと

「仕事がないですかって聞き飽きた」「電話もほとんどかかってこない」という会社もあるかもしれません。

しかしいくら仕事がなくても、やってはいけないことがあります。

仕事をしているふりをする

仕事がない人の中には、用のない資料を広げて仕事をしているふりをする人も多いようです。

「周囲に暇だと思われたくない」「イヤな仕事を振られたくない」と考えている人もいますが、それでは暇な毎日から抜け出せません。

仕事がない人が仕事を得るには、上司や周囲の人に「仕事がないと知ってもらうこと」が大切だからです。

手が空いていることを周囲に知らしめ、仕事を振ってもらうように働きかけましょう。

スマホをいじる

自席でずっとスマホをいじっている人、いますよね。ゲームをやったり友達とコンタクトしたり、注意されなければいいやという考えは間違っていますよ。

仕事がない時間も給与は発生している訳ですから、仕事に関係のないことをするのは控えましょう。

何もしないでだらだらと過ごす

仕事がないのはあなたが悪いからではありません。あなたの能力を無駄にしている会社に責任があります。

仕事を振られないことへの怒り、周りばかり働いていることへの疎外感、時間を無駄に過ごしていると感じるは当然です。

しかしネガティブな気持ちを抱いていても、仕事は増えません。それに仕事がなくても、学ぶことは何かしらあるはずです。

会社のホームページをみて、最近どんな商材に力を入れているかを調べたり、業界の動向を探ってみたりするのもいい時間潰しになります。

その知識が次の仕事で活かせるかもしれません。

また仕事が回ってきたらすぐにとりかかれるよう、環境を整えておくことも大切です。

仕事が無いのを苦痛に感じる人は転職をしよう!

仕事がないなら、自分から環境を変えてみてはどうでしょうか?

このような人は、転職を考えるいい機会かもしれません。

しかし退職を願いでる前に、「仕事がないことがつらい」「このまま状況が変わらないなら退職を考えている」ということを上司に伝えてみましょう。

部署異動や、仕事を回してもらえるようになるかもしれません。

解決策がない場合は計画を立てて、早めに転職活動をスタートさせましょう。

【例文あり】事務職の志望動機・自己PRの作り方!作成する際のポイントを紹介!

事務から転職してガツガツ働きたい人におすすめの職種3選

事務の仕事に飽きた人や、もっと忙しく働きたいという人は、転職してジョブチェンジするのはいかがでしょうか?

忙しいのが好きなあなたにオススメの仕事は、次の3つです。

営業職

営業の仕事は、自社の商品・サービスを提供して利益を生むことです。

顧客が抱えている問題や課題を、自社の商材で解決していく能力が求められます。

商材についての知識は入社してから学ぶことになるため、特別なスキルがなくても入社しやすいのが特徴です。

営業は日中外出していることが多いので、夕方に会社に戻り事務処理や雑務をこなします。

顧客からの問い合わせ対応や売上管理、新規の顧客開拓、プレゼン資料の作成など、ヒマとは縁がないほど忙しく、りがいのある仕事です。

営業職への転職は難しい?簡単?営業職への転職を成功させるポイント!

販売・サービス業

販売スタッフの仕事は、雑貨や生活用品、食品、アパレルなどをお客様へ提供することです。

店舗での接客業をはじめ、レジや在庫管理、商品の陳列などを行います。

お客様とコミュニケーションを図りながら商品を提案したり、新しい商品を仕入れたりしながら、店舗の売り上げ拡大に貢献します。

忙しく働きたい人は、来客の多い都心部での勤務を希望するといいでしょう。

成果が出れば店長やエリアマネージャに抜擢されるなど、キャリアアップが見込めます。

IT業界

IT業界の発展は目覚ましく、営業、エンジニア、事務スタッフなど、職種を問わず仕事が山積みです。

忙しさを求める人ならどの仕事についても、やりがいを持って働くことができるでしょう。

経済産業省によると、IT業界の人手不足は今後も拡大していくとみられています。

IT業界と一口いっても、WEB業界やインターネット業界、ソフトウェア・ハードウェアの開発など事業内容はさまざま。

あなたの興味がある分野へチャレンジし、新しいスキルを身に付けましょう。

仕事が無いのは逆にチャンス!空いた時間を有効に使おう!

仕事がないのはつまらないですが、考え方次第で忙しくさせることも可能です。

空いた時間は無駄にせず、スキルアップする時間に当てることや、周りのサポートに徹底するなどして時間を有効に使いましょう。

それでも時間が余る、将来が不安という場合には、転職を検討してみるのも一つの手段です。

新しい仕事を決めるときは企業研究や業界研究を怠らず、自分の強みが活かせる仕事を選ぶようにしましょう。

仕事がない時間のおかげで、新しい仕事へのチャンスがあるかもしれません。

上司や周囲への不満は何のプラスにもなりませんので、腐らずに前向きに動き出しましょう。

転職したいと思ったらすべきこと!自分の現状を把握して適切な行動を心掛けよう