既卒にはブラック企業しかないの?既卒でもホワイト企業に就職する方法

既卒にはブラック企業しかないの?既卒でもホワイト企業に就職する方法

現在、既卒の方は「既卒になると風当たりが厳しくなって、ブラック企業にしか就職できない」と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

就活に対して過剰に不安だったり、億劫な気持ちにならないためにも、就職市場を正しく知っておく必要があります。

そこで今回は多くの既卒者が抱える「既卒にはブラック企業という道しか残されていないの?」という疑問に答えていきます。

さらに、既卒でもホワイト企業に就職するための方法を紹介していきたいと思います!

既卒にはブラック企業しかないの?

「既卒にはブラック企業しかない?」と聞かれたら答えは「NO!」です。

そのような内容をよくネットで見かけたり、誰かに言われたりした事もあるかも知れませんが、それだけが内容が全てではありません。

実際のところ、既卒でも収入や労働環境がしっかりしているホワイト企業に就職している人はたくさんいます。

では、なぜ「既卒はブラックしか入れない」と言われてしまうのでしょうか?

なぜ既卒はブラック企業に入社してしまうのか?

「既卒がブラックしか入れない」といわれる理由は、やはり「既卒」という状況が影響しています。

学校在学中に内定を貰えないまま、卒業をしている既卒に対して、企業は大きな不信感を抱えています。

そのため、ブラック企業に入社してしまう人も多いというのも事実です。

ブラック企業なんて絶対に入りたくないはずですよね。

なぜ、既卒がブラック企業に入社してしまうのでしょうか?

既卒の就活ではブラック企業の求人が多い

まず、挙げられる理由としては、既卒の就活ではブラック企業の求人が多いためです。

基本的に、ホワイト企業や福利厚生が充実した大手企業には新卒の応募が殺到するので、良い企業の求人自体が少なくなります。

さらに、既卒は職歴がないので、中途採用の求人も難しいという現実があります。

つまり、そもそも既卒向けのホワイト企業の求人が少ないという事になります。

そのため、必然的に既卒への求人はブラックばかりになってしまいます。

自己分析・企業研究をしていない

就活をする上では、事前準備の企業研究や自己分析が大切です。

そのため、「就活に本気になれなかった人」はブラック企業に入社してしまう傾向があります。

既卒は、就職に対して楽観視していたり、逆に不安になりすぎて「本気で就職する」という意識を持てない人もいます。

就職の意識が低いと、就職や会社に関する情報不足が原因となり、ブラック企業に就職しやすくなってしまいます。

内定が貰えない焦りから適当に企業を決めてしまう

「早く就職しなきゃ!」と焦ってしまうと、ブラック企業に入社する確率が高くなります。

既卒の期間が長くなるにつれて、企業からもたれる不信感が大きくなり、就職の難易度が高くなってしまいます

「とりあえず内定を貰いたい」という焦りから、やみくもに選考を受けてしまい、ブラック企業に入社する可能性が高くなります。

ブラック企業の罠にハマらないために

ブラック企業の罠にハマらないためには、まず既卒だからと悲観せず、自分なりの基準を持つ事が大切です。

また、間違ってブラック企業に入社しないように就職に対する考え方や意識を変えていく必要があります。

既卒を受け入れてくれる優良な企業は意外とあります。

良い企業と巡り会えるようにするには、自己分析と企業分析が欠かせないため、入念に行っておきましょう。

既卒が業界研究を行う理由とは?業界研究のやり方やポイントを解説

ハローワークはいかない方が良い

既卒の就職先を見つける手段として、ハローワークに行く方もいますが、ハローワークいかないようにしましょう。

ハローワークは公共機関なので、なんとなくイメージとしてはホワイトが多そうですが、実際は違います。

本当はホワイト企業の求人は少なく、ブラック企業の求人ばかりで、ハローワーク求人の約70%が固定残業代制度を導入している企業です。

固定残業代制度とは、どんなに働いても残業代は常に一定額しか支給されないということです。

カウンセラーの方が既卒に理解がないことが多いということもあり、ホワイト企業に就職したいなら、行かない方が良いでしょう。

求人情報を鵜呑みにしない!

また、ハローワーク以外の場でも常に求人情報には目を光らせておきましょう。

良い条件だとしても、それだけを鵜呑みにして応募すると、ブラック企業に入社してしまうリスクが高くなります。

ブラック企業は一見すごく良い条件の求人によくあるからです。

以下がブラック企業によくある求人例です。

新人に見合わない年収や、即日採用を行っている求人はかなり怪しいので気を付けましょう。

もしブラックに入ってしまったら?

ブラック企業に入ってしまったら、どうすればいいのでしょうか?

そんなときでも、心配する必要はありません。

以下に対処の仕方を紹介していきます!

自分の職場環境を見直してみましょう

まずは、自分の置かれている職場環境をじっくりと見つめなおしましょう。

既卒は社会経験が少ないため、他の職場と比較できず「ブラックなのでは?」と考え込んでいる可能性もあります。

ブラック企業だと決めつけてしまい、退職することだけに捉われてしまうと、退職後に職を失ってしまうため収入が無くなってしまいます。

そうならないためにも、一旦落ち着いて自分の環境を見つめなおすのも一つの方法です。

明らかにブラック企業の場合は労働基準監督署に相談!

明らかにブラックだと判断できたら、泣き寝入りするはめにならないようにまずは労働基準監督署の窓口に相談しましょう。

経歴に傷が出来ることを気にしたり、「他の会社もきっとこんなもんだ」とごまかしてはいけません。

大切なのは自分の素直な気持ちに嘘をつかない事、無理をしないことです。

ブラック企業で働き続ける事の方が人生にとってマイナスになってしまうため、行動を起こしていい方向に進めるような対策を取りましょう。

既卒でもホワイト企業に入社することが可能

冒頭でもお話しましたが、既卒はホワイト企業にも行けます!

ここまではブラック企業に関する説明をしてきましたが、ここからは、既卒でもホワイト企業にいける方法を紹介していきます!

最近は既卒枠や第二新卒の枠を用意している企業も増えていおり、既卒の就職がしやすくなっています。

企業はスキルや知識よりも若さを求めている

企業は既卒に対して、華々しい経験や豊富なスキルをもとめていません。

既卒に求めているのは、若さや仕事に対しての高い意欲です。

そのため、アピールできそうなポイントが無くても、伝え方を工夫すれば採用される見込みが十分にあります。

そのため既卒だからと悲観せず、ポジティブな気持ちを持って就活を進めるようにしましょう。

政府から補助金がある

なんと、既卒者を採用すると国から補助金がもらえます。

詳しく言うと、「三年以内既卒者等採用定着奨励金」の申請対象となります。

これは、卒業してから3年間既卒のままの方を採用した企業に、1年定着すると50万円、2,3年ごと10万円支給するというものです。

国から補助金は企業にとっても既卒を採用するメリットが大きいですね!

既卒は4月入社に縛られてはいけない

既卒は出来たら新卒入社シーズンを避けて時期をずらして就活することをおすすめします。

なぜなら、どこの企業も新卒のタイミングは優秀な人材を逃さないために、多くの人数を採用しようとするためです。

時期を問わない既卒は企業と求職者がお互いじっくり向き合えるので、自分の強みを最大限アピールできて採用されやすくなるという事ですね。

また、既卒は新卒退職者の補充役としてのニーズもあるので、時期はずらした方が採用されやすいです。

ブラック企業への就職を防ぐためにリクらくを活用!

ブラック企業に就職してしまわないか不安に感じる人は、当サイトのリクらくを活用してみませんか?

リクらくでは、一人一人に専属のエージェントが付いて、あなたの適性や仕事観をヒアリングして最適な環境の職場を提案します。

リクらくを活用した人の採用率は90%を超えており、安定した実績を誇っています。

また、受けられるサービスは完全無料となっているので、気軽に活用してみて下さい。

就活に向けての準備を入念に行い余裕を持った就活を

既卒はブラック企業にしか就職できないわけではありません。

企業研究を入念に行い、目的を持った就活をおこなえば、既卒からでもホワイト企業に入社できます。

しかし、ブラック企業がたくさんあるという事実もあるため、入念な企業研究をしておく必要があります。

焦らずに、就活に対する明確な基準を定めて、納得のいく就活をしましょう!