既卒には営業職がおすすめ!営業の仕事内容や向いている人の特徴を紹介

既卒には営業職がおすすめ!営業の仕事内容や向いている人の特徴を紹介

既卒として就活を始めようとしている人の中には、何の仕事をすればいいのか決まっていないという人がいませんか?

仕事が決まっていない既卒におすすめの職種は営業職です。

営業職と聞くと既卒からでは慣れないのでは?と思う人も多いかもしれませんが、実は既卒からでも始められる職種。

様々な企業が営業職の求人を出しており、「未経験歓迎」「経歴不問」の求人ばかりです。

しかし、営業職がどのような仕事をするのか、平均的な収入はどのくらいなのか分からない人も多いでしょう。

そこでこの記事では、営業職の仕事内容や気になる収入面、営業職に向いている人の特徴などを解説。

ぜひ就職先選びの参考にしてみてくださいね。

営業職では経験やスキルの有無をあまり問われない

先程の章で述べて通り、営業職は基本的に経験やスキルの有無を問われません。

そのため、職歴がなく仕事のスキルが身に付いていない既卒でも営業職への就職が可能。

仕事に対しての熱意が強く、ポテンシャルのある人材と判断されれば採用される可能性が高いです。

また、営業職は年功序列の世界ではなく実力が全ての世界。

既卒から入社しても仕事のスキルが高ければ、既存の社員を抜かすことも大きなメリットと言えます。

営業の経験はどのような仕事にも役立つ

営業職では、顧客に対して自社の商品を購入してもらうというのが仕事の大部分です。

自社の製品やサービスの仕組みなどを理解し、プレゼンできる能力が身に付けば、この先どのような会社に行っても即戦力として迎えられます。

将来的に活かせる様々な経験やスキルを身に付けられるという点で、大きなメリットと言えます。

営業職の平均年収は300万~400万

営業職は基本的にどのような経歴の人でもエントリー可能なので、「営業職は年収が引くのでは?」と思っている人も多いかと思います。

扱っている商材や会社規模などによって年収に差があるものの、営業職の平均年収は300万~400万円ほど。

同世代の平均年収と比べても遜色ない年収を受けられるため、既卒から営業職に就職すれば、大幅な給与アップが望めます。

インセンティブ手当てが付くというのも大きなメリット

営業職は他の仕事と違い、固定給に加えてインセンティブ手当が付くというのも大きなメリット。

成果を上げた分だけ自分の収入に還元されるので、実力がある人ほど高収入に繋がります。

営業職に就いている人の中には、年収が1000万円オーバーの人も。

仕事の成果を上げた分だけ収入として還元されるのは、仕事への大きなやりがいにも繋がるでしょう。

しかし、逆に言えば仕事の成果を上がられない人はいつまで経っても年収が上がりません。

そのため、落ち着いた環境で仕事をしたいと考えている人には、あまり向いていない職種と言えます。

営業はどのような仕事をする?

営業職と聞いても、具体的にどのような仕事をしていくのかイメージできないという人も多いでしょう。

中には「スーツを着て仕事している人」くらいのイメージしかできない人もいると思います。

そこで、ここからは営業職ではどのような仕事をしているのか紹介していきます。

それぞれ詳細に説明していきます。

既存営業(ルート営業)

既存営業はルート営業とも呼ばれ、以前から付き合いがある企業に行う営業のことです。

以前から付き合いがある分、契約を結びやすくなっており、仕事の成果を上げやすいのが特徴。

既存営業できる企業は、売り上げに直結する大切な取引先になので、密接に連絡を取り関係を構築していくのが大切です。

営業マンとして信頼してもらえると、取引先から新たな顧客を紹介してもらえることもあるため、常に信頼されるにはどうしたら良いか考えながら仕事をする必要があります。

また、既存顧客の担当者が変わったり、自社内で契約先の変更があったりと様々な変化にも柔軟に対応できるスキルも求められるでしょう。

新規開拓営業

新規営業は既存営業と違い、付き合いのない企業に飛び込みで行う営業のこと。

営業先の企業からすれば、どこのだれか分からない人からいきなり営業の話を持ち掛けられるため、不信感を抱えてしまいます。

そのため、門前払いされたり、まともに話を聞いてくれないことも少なくありません。

営業職の離職率が高い要因の一つが、この新規営業によるもの。

新規営業で思うような成果をあげられず、ストレスに感じてしまい、離職していく人が後を絶たちません。

営業職を続けていくにはだめもとで様々な企業に営業をする、挫けない強いメンタルが必要になります。

契約を結ぶのが難しい営業方法とされているため、契約を結べた場合は、営業としての手腕を評価され収入アップに繋がります。

電話営業

電話営業とは、取引先に出向かず電話一本で行う営業のこと。(テレアポとも呼びます)

この電話営業に関しても、新規営業と同じ様に付き合いのない企業に営業を持ちかけるため、契約を結ぶのが難しいとされています。

加えて、面と向かって話せず表情や仕草で訴えられないため、高いプレゼンスキルやヒアリング力が必要です

顔が見えない仕事だからこそ、相手に失礼を与えないような言葉遣いを身に付け、人の興味を惹きつける話し方ができるよう語彙力を高めておくことが大切です。

また、電話営業は営業の基本とされているため、入社してからは電話営業の業務から始めることになるでしょう。

営業の対象は大きく2種類に分けられる

営業の種類が分かったところで、ここからは営業をする相手にについて解説していきます。

営業の対象は、法人向け営業・個人向け営業の2つに分けられます。

商品を売り込む相手が法人なのか、個人なのかで営業のスタイルは大きく変わってくるため、それぞれの特徴を理解しておく必要があります。

BtoB(法人向け営業)

BtoBとは、Business To Businessの略で「会社対会社」の取引を意味しています

企業を相手に営業をしていくため、相手の課題をしっかりと理解し、明確な解決策を提示したうえで自社サービスをプレゼンしなければなりません。

また、契約を結んだ企業とは長期間の付き合いをしていくため、信頼関係の構築を「していく必要があります。

人材業界やメーカー、IT業界などの営業が、法人向け営業に分類されます。

BtoC(個人向け営業)

BtoCとは、Business To Consumerの略で、「会社対個人」の取引を意味しています。

個人相手の営業では、一般家庭などが相手なので、お客様の心をつかむ人間力やプレゼン力が重要。

また、個人向け営業では1件当たりの取引金額が低いため、数多くのお客様に営業をしていきます。

そのため、精神的にも身体的にも負担が大きくなってしまうでしょう。

個人向けに営業しているのは、新聞や保険、車などで生活に直結した商材やサービスが多いというのも大きな特徴です。

営業職に向いている人の特徴とは?

ここからは営業職に向いている人の特徴を紹介していきます。

就職しやすいや収入が高いなどの安易な理由で就職してしまうと、ミスマッチが生じて早期退職に繋がってしまうことも。

早期退職しないためにも、どの様な人が営業に向いているのか理解しておきましょう。

それぞれ詳細に説明していきます。

社交性が高くコミュニケーション力がある人

他の仕事と違い、営業職は日常的に顧客のもとへ足を運んだり、新規営業先に向かったりと常に人と接していく仕事です。

社内だけでなく、社外の人ともコミュニケーションを取る機会が多いため、社交性のある人が営業向きです。

営業では経験やスキルよりコミュニケーションが必要とされているもの、未経験者を積極的に採用している大きな理由。

そのため、自分一人で黙々と仕事をしていきたいと思っている人にはあまり向いていない仕事と言えます。

ストレス耐性が付いている人

営業職は、他の仕事よりもストレスを感じてしまう場面が多い職種。

取引先と上手く商談が進まなかったり、新規開拓営業で全く相手にされなかったりすると、大きなストレスに抱えてしまいます。

そのため、ストレス耐性が強かく、メンタルが強い人は営業にピッタリです。

逆に些細なことをいつまでも気にしてしまう人や、回りからの評価を気にしすぎてしまう人は、営業には全く向いていないと言えます。

向いていない人が営業職に就職してしまうと、心の病気にかかってしまうことも。

そういう状況に陥らないためにも、自分に営業の適正があるか今一度考えてみましょう。

スケジュール管理能力がある人

クライアントに出向くときの日程調整や、テレアポをする際の時間調整など、対人で仕事をしていくためスケジュール管理する能力も必要です。

クライアントと会う時間を自分のスケジュール管理不足によって間違えてしまうと、その時点で契約破棄になってしまうケースも。

スケジュールを管理する能力は、社会人にとって必須のスキルと言えますが、営業職の場合は特に必須とされています。

そのため、自分のスケジュールを把握できない人は、あまり営業職に向いているとは言えないでしょう。

実力次第で高収入が望める営業職は既卒におすすめの職種!

この記事では、既卒に営業職をおすすめする理由や、営業の仕事内容などについて紹介してきました。

営業は既卒からでも就職でき、実量次第で高収入を狙える職種なので、キャリア形成を考えている人にはピッタリの職種です。

しかし、向き不向きがあるため、自分に営業職の適正があるか十分に理解しておかなければなりません。

また、就活で不安を感じたらリクらくを活用してみませんか?

既卒からの就活に不安を感じたらリクらくを活用!

一般的な就活エージェントでは、経験者向けの求人が多いため、既卒としての就活に向いていない求人がほとんど。

しかし、リクらくでは「未経験歓迎」「経歴不問」の求人を多く抱えており、既卒歴が長い人でも活躍できる求人が豊富に揃っています。

また、一人一人に専属のエージェントが付いて、マンツーマンで就活を完全サポート致します。

求人紹介・履歴書作成・面接対策など転職に関するサポートが、完全無料で受けられるのも大きなポイント。

加えて、リクらく活用者の内定率は90%を超えています。

安定した実績を誇っているりくらくを活用して就活を成功させましょう!

あなたのお電話お待ちしています!

既卒の就活方法を解説!採用率が飛躍的に上がる秘訣を紹介します!

既卒が就活を始める時期とは?就活に適した時期を知って就活を成功させよう