既卒が就活を始める時期とは?就活に適した時期を知って就活を成功させよう

既卒が就活を始める時期とは?就活に適した時期を知って就活を成功させよう

既卒は新卒と違い、就活の時期が決められているわけではありません。

そのため、いつから転職を始めればいいのか?内定を貰いやすい時期はあるのか?など色々と分からないことが多く、悩む人も多いでしょう。

実は、就活時期が決められていない既卒にも、実は就活に適した時期があり内定が出やすい期間があります。

内定が出やすい期間を狙って就活をすれば、就職が難しいと言われている既卒でも、案外すんなりと就活を決められるかもしれません。

この記事では、既卒がいつから就活を始めればいいのか、就活に適した時期はいつなのか?紹介していきます。

就活に適した時期を知って、既卒の就職を成功させましょう。

既卒は基本的に1年を通して就活ができます

既卒 新卒
就活開始時期 通年 3月~
内定を貰いやすい時期 3月・8~10月 6~10月

就職活動を進めていくうえで、新卒と大きく異なるのは、就活を始める時期です。

新卒向け求人が、主に3月に解禁されるので、解禁と同時に新卒は就活に動き出します。

対して既卒の場合は、通年採用(1年を通しての採用)に応募することが多いです。

通年採用とは、企業が年間を通して求人を出しており、良い人材がいれば時期を問わずに採用する採用方法です。

そのため、既卒が就活を始めようと思った時期が開始時期になります。

また、通年採用には内定を貰いやすい時期、貰いづらい時期があります。

内定を貰いやすい時期は、3月・8~10月

通年採用とは言っても、内定を貰いやす時期もあります。

内定を貰いやすい時期は、一般的に2~4月・8~10月と言われています。

なぜこの時期に内定を貰いやすいのか、解説していきます。

3月

3月は、転職・中途採用のピークの時期です。

4月からは新年度となるので、そこに向けて人材を補強する企業が多くなっています。

また、3月は退職者も多い時期で退職した分の人材を確保するために、たくさんの企業が求人を出します。

既卒も採用条件を満たしているので、3月に内定を貰い、4月から働きだす既卒者が多いです。

8~10月

厚生労働省の指示によって、3年以内なら既卒でも、新卒枠で採用選考を受けられるようになりました。

※受けられない企業もあります。

既卒者が新卒枠で選考を受けているので、8~10月に内定率があがります。

そのため、既卒の人には通年採用・新卒採用のどちらからでも就活を始められることができます。

新卒枠・通年採用枠のメリット・デメリット

既卒には、就職活動を始めるうえで、通年採用枠・新卒採用枠の2つの選択肢があります。

どちらで就活するにしてもメリット・デメリットがあるので、紹介していきます。

新卒枠で就活を始めるメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 優良企業の求人が多い
  • 4月に入社で、手厚い研修が受けられる
  • 同期入社がたくさんいる ・
  • 新卒に比べて既卒は不利とされている
  • 内定を貰えてもすぐに働けない
  • 応募条件を満たしていないと、選考が受けられない

優良企業や、大手企業の求人数が多いのが一番のメリットなのではないでしょうか?

大手企業に入社できれば、高収入・スキルアップができます。

また、新卒枠は基本的に4月入社なので、同じ時期に入社する動機がたくさんいます。

そのため、手厚い研修をうけられて、年齢もそれほど変わらないので打ち解けるのも早いでしょう。

しかしその反面、新卒枠には年衛生減があったり、既卒期間が長すぎてしまうと選考がそもそも受けられない場合もあります。

新卒に比べてしまうと、既卒は就活に不利とされているので、希望の企業から中々内定が貰えないことも考えられるでしょう。

通年採用枠で就活を始めるメリット・デメリット

メリット デメリット
  • いつでも就活を始められる
  • 時期によっては、他の転職者が少なく内定を貰いやすい
  • 時期によって求人数,質にムラがある
  • 同期入社が少なく。職場に馴染みづらい
  • 内定を貰えないと、いつまでも就活を続けてしまう

通年採用枠の場合には、自分のタイミング・ペースで就活を進めていけて、時期のよっては転職者が少なく内定を貰いやすい時期があります。

新卒枠に比べると、自分のペースで就活ができるのが特徴です。

しかし、1年通して自分が希望する職種の企業・優良企業が求人を出しているわけではありません。

そのため、就活を始めた時期に選考を受けたい企業が無くて、就活が始められない事態もあります。

また、自分のペースで就活を進めていくのは、場合によっては大きなデメリットになります

内定が中々貰えず、応募したい企業の求人も稀にしか出ない、などが原因となりいつまでも内定を貰えない事態も考えられます。

既卒はいち早く就活に取り組みましょう

二つの採用方法があることを説明してきましたが、既卒者の多くは通年採用枠で、就活する割合の方が多いです。

そのため、基本的には自分のタイミング・ペースで就活をしていくわけですが、就活に踏み切れない既卒者が多いです。

既卒期間が長い人によくある傾向です。

しかし、既卒が内定を貰うには、いち早く就活を始める必要があります。

既卒期間が長くなればなるほど、内定率が低くなります。

既卒期間が長くなると、就職難易度が上がる

大前提として、既卒は企業からあまり良い目で見られていないことが多いです。

というのも、学校を卒業したのちに就職せずに、アルバイトやニートをしてきたわけです。

この事実は、マイナスの印象を企業に与えてしまいます。

「働く意欲が低くて向上心が低い人なのではないか?」

「就職した経験が無いのは、人間性に何か問題があるのではないか?」

様々な不信感を企業に与えってしまい、既卒の期間が長くなるにつれて、企業のふしんかんは大きくなります。

「既卒歴5年・社会人経験なし」

この経歴を見て、あなたは魅力的な人物だと思いますか?

ほぼすべての人が、魅力的に感じず、何かしら問題がある人だと思うでしょう。

このことからも分かるように、既卒歴が長くなるのは、デメリットしかありません。

就活難易度があがらないうちにいち早く、就活を始めるようにしましょう。

就活を早く成功させるには準備が必要

それでは、既卒が就活を成功させるうえで何が重要なのでしょうか?

既卒は新卒に比べて不利な点が多いものの、人によっては面接の経験があったり、様々なバイトを経験してきています。

正社員として働いた経験こそないものの、ある程度の社会人経験をしてきているのは、唯一新卒に勝れる点です。

社会人経験をアピールするのも一つの手かもしれません。

また、就活が成功するか失敗するかは、準備にかかっています。

無計画に就活を始めても、何から始めればいいのか分からない・どのように進めていけばいいのか分からない、などの事態が考えられます。

効率的に就活を進めていくためにも、就活に入る前に、万全の準備をしてから就活を開始しましょう。

どのように準備すればいいのか、説明していきます。

自己分析・企業研究する

既卒者の中には、就職したい企業が分からず、就活が始められない人がいます。

そもそも行きたい企業が定まらないと、就活が始まりません。

自分がどのような職に就きたいのか、何の仕事が向いているのかが定まっていない人は、自己分析・業界研究から始めましょう。

自己分析は、自分を見つめなおし、自分の価値観・仕事に対する意識・特性など分析する作業です。

自己分析をしていく中で、自分が何に向いているのか・どういう職種の仕事がしたいのかが分かります。

また、自己分析がその後の自己PRや志望動機などに繋がるので、軽視せずに取り組みましょう。

自分のやりたい仕事が見つかったら、その仕事にどのようなスキルが求められるのか、業界研究を通して理解しましょう。

業界や職種により、求められるスキルは大きく異なります。

興味がある・やりたいだけの動機で就職先を決めてしまうと、働きだしてから仕事内容にギャップを感じ、すぐに退職してしまう恐れもあります。

それを防ぐためにも、業界研究をしっかりと行い、希望している職種の仕事内容や求められるスキルなどを理解しておきましょう。

就活スケジュールを立てる

新卒はある程度、内定を貰える時期が決まっていたり、学校の進路担当のもとで就活を進めていきます。

そのため、内定が貰えずにだらだらと就活が長引いてしまうことはないでしょう。

しかし、既卒の場合には、内定を貰える時期がバラバラで、基本的に一人で就活を進めていきます。

就職が決まらないと、目的を見失い、就活に対しての意欲も持続できないでしょう。

そこで、就活スケジュールを立てることをおすすめします。

何月までに内定を貰い、内定を貰うためには何をすればいいのか?

ゴール(内定)を設定すれば、そのために今何を知ればいいのか明確になります。

スケジュールを見れば、目的を見失しなうことはないでしょう。

就活アプリに登録し、どのような求人が出ているか常に見ておく

既卒の場合は、良質な求人が突発的に出てくるケースが多々あります。

掲載期間も求人によってことなるので、求人に気付くのが遅くて応募ができない事態も考えられます。

求人アプリに登録しておけば、企業の動向を察知できて、急な求人掲載にも柔軟に対応できるでしょう。

携帯1つで、いつでもどこでも求人を見られるので、かなり簡単な就活準備です。

いつでも動き出せる準備をしていれば、他の既卒者よりも早く行動に移せて、有利に立てます。

また、就活サイトは本サイトのリクらくがおすすめです。

就活に困ったら、リクらくを活用しましょう

まずはお電話で、あなたの聞き取りを行います。

あなたの仕事観や、やりたいことを尊重して、最適な環境の求人を紹介します。

また、他の就職サイトでは掲載していない、優良企業の求人をたくさん抱えています。

就活におけるサポートを全て無料で受けられるのも特徴で、内定後も初出勤までサポートを受けられます。

多くの既卒者を内定に導いた実績があり、利用者の内定率は90%を誇っています。

あなたもリクらくを活用して、就職を成功させましょう。

既卒の就活は早く始めたほうが有利!

内定を貰いやすい時期があるものの、既卒者が就活を始める時期は特に決まっていません。

その時期に就活を始めても、必ず内定を貰えるわけではないでしょう。

内定を貰いやすい時期を狙って、就活を始めないでいると。その待期期間が無駄になってしまいます。

そのため、既卒期間が長くならないうちに、いち早く就活を始めるのが何よりも大切です。

就活をしようか迷っているのであれば、考えるよりも行動です!

いち早く行動に移して、就活を成功させましょう!