既卒はなぜ就活に不利なのか?不利になる理由と内定を貰う3つのポイント

既卒はなぜ就活に不利なのか?不利になる理由と内定を貰う3つのポイント

学校卒業後に就職していない人のことを既卒と呼びます。

一般的に既卒は就職に不利とされているため、就活を始めても思い通りに行かない場面が多いです。

それではなぜ、新卒や第二新卒と比べて、年齢もあまり変わらない既卒の就活が難しくなってしまうのでしょうか?

この記事では、既卒の就活が不利になってしまう理由や、内定をもらうためのポイントなどを解説。

既卒として就活を始めようとしている人はぜひ参考にしてみて下さいね。

既卒の就職が不利と言われている理由

それではまず、既卒の就活が不利と言われている理由から紹介していきます。

不利とされている主な要因は以下の3つ。

1つずつ見てきましょう。

企業から様々な不信感を持たれている

学校卒業時に就職していない既卒に対して、企業は様々な不信感を抱えています。

上記のような不信感を抱えてしまうため、既卒は企業から敬遠されてしまいがち。

企業が抱えている不信感を払しょくできないと、内定を貰えるも込みは限りなく低いといえるでしょう。

既卒向けの求人が少ない

既卒を対象としている求人件数がかなり少なくなっていというのも、既卒の就活が不利になってしまう大きな要因。

若い世代の人材は新卒や第二新卒を採用するため、既卒は企業ニーズが低く、採用する意思を持った企業が少ないのです。

中には、既卒でも新卒枠で採用できる求人があるものの、エントリーできるというだけで選考過程では不利に。

中途採用枠にエントリーしても、選考者がキャリア転職している人ばかりなので、既卒はどうしても不利になってしまいます。

新卒や第二新卒と比べられてしまう

新卒や第二新卒と年齢こそ近いものの、大きく違うのは働いた経験が無く、学校を卒業しているという2点。

この2つは就活をしていく中で、比べられてしまいます。

若い人材を採用しようとした時に、既卒と新卒とでは、ブランク期間が無い新卒を採用する企業の方が圧倒的に多いです。

このように新卒と既卒は同じようなステータスのため、比べられてしまうことが多く、どうしても就活で優位に立てないのが現状です。

既卒だからといって内定を貰えないわけではない

先述してきたように、既卒は様々な理由から不利になってしまうケースが多いです。

しかし、決して既卒が内定を貰えないわけではありません。

実際に正社員として内定を勝ち取り、無事に内定を貰っている人は数多くいます。

既卒の内定率は年々増加している

既卒の内定率に注目してみると、2018年度の既卒の内定率は約45%で、ほぼ半数の既卒が企業から内定を貰っています。

一方で新卒の内定率は約83%となっており、既卒の内定率に比べてほぼ2倍の内定率を誇っています。

この数字だけ見てしまうと、既卒は全体の半分しか内定を貰えていないことになりますが、決して低い数字ではありません。

既卒の内定率が新卒の半分であることに落胆するよりも、既卒者のおよそ半数は内定を貰えているということに希望を持って、就活に取り組みましょう。

経歴やスキルを問わず若い年代を求める企業が多くなっている

現代では少子高齢化の影響もあり、ほとんどの企業で若い人材が不足しています。

そのため、年齢が若ければ経歴やスキルに関係なく、積極的に採用活動を行っている企業が多くなっています。

職場環境が整っていたり、評価制度が整っている企業に就職できれば、既卒からでもキャリア形成していくことが可能。

実力主義の企業に入れば、実力次第で既存の社員や新卒で入社した同年代よりもスピード出世することもできます。

既卒になってしまったから就職できないと悲観的になるのではなく、常にポジティブな気持ちを持って就活に挑みましょう。

就活が上手く行かない既卒の特徴

色々と不利な点が多いものの、先述した通り既卒の内定率は約45%と決して低くない内定率を誇っています。

とはいえ、半数以上の既卒が内定に至っていないというのも事実。

就活が上手く行かない既卒にはある特徴があるため、就活に失敗してしまうのです。

そこでここからは、就活が上手く行かない既卒の特徴を紹介していきます。

悪い例を知り、自分が失敗しない様に対策をしていきましょう。

就活そのものの行動量が低い

就活が上手く行かない既卒に多い特徴は、エントリーする企業が少なく、就活の行動量が低いという特徴。

既卒はただでさえ就活が不利なので、エントリーする企業が少ないとより内定を貰う確率が低くなってしまいます。

結果的にいつまで経っても内定を貰えないという最悪の状況に陥ってしまうことも。

少しでも内定を貰える確率を上げるために、なるべくたくさんの企業にエントリーする様にしましょう。

新卒時と同じ様に就活をしている

新卒と既卒では、年齢こそ近いものの置かれている状況や、アピールすべきポイントが異なります。

新卒の場合は何もしていないブランクが無く、学校で取り組んできたことをアピールするのが効果的。

対して既卒の場合は、ブランク期間の説明を求められたり、既卒期間に取り組んできたことなどを伝える必要があります。

そのため、新卒と同じ様な感覚で就活を進めてしまうと、十分なアピールができず内定を貰える確率が低くなってしまいます。

そうならないためにも、企業が既卒に対して求めていることやアピールポイントを理解して既卒ならではの就活ができるようにしましょう。

既卒の就職を成功させるための3つのポイント

それではここから、既卒の就活を成功させるための4つのポイントを紹介していきます。

それぞれ説明していくので、就活をしていく中で参考にしてみて下さいね。

既卒に必ずされる2つの質問を用意しておく

企業は既卒に対して、必ずする2つの質問があります。

採用を大きく左右する重要なポイントなので、時間をかけて自分なりの解答を用意しておきましょう。

そのためにも、この項目ではそれぞれの質問をする意図、効果的な答え方などを解説していきます。

なぜ既卒になったのか

まず気になるポイントは、なぜ既卒になってしまったのかという点。

この質問は、面接官が純粋に気になっているポイントなので、あなたが既卒になった理由を伝えましょう。

しかし、既卒になってしまった理由だけを伝えても、何一つアピールには繋がりません。

伝え方次第では、ネガティブなイメージを与えてしまう可能性があるので、ポジティブな印象を与えるためにも伝え方に気をつけたいところ。

重要なのは「既卒になった理由+これからどうしていきたいか」をセットで伝えることです。

「既卒になった理由は○○です。しかし、そこから○○の発見があり、将来に活かしていきたい」と既卒になってからの成長を伝えましょう。

既卒になった理由はどう答えればいい?解答例とその他の頻度の高い質問を紹介!

既卒期間はどのように過ごしていたのか

既卒としてどのように過ごしてきたのかも、採用担当者が気になるポイント。

既卒の期間に取り組んでいた内容で、仕事に対しての意欲や熱意を知ろうとしています。

ほとんどの既卒が、アルバイトなどをして過ごしているケースが多いため、あまりアピールに繋がらないでしょう。

しかし、面接官からの質問に対して「アルバイトをして過ごしていました」だけで終わらせてしまうと、面接官に好印象を与えられません。

少しでもいい印象を与えるためにも、その期間でどのように成長したのか、既卒期間を過ごしていく中でどのような考えを持ったのかなどを伝えましょう。

自分の感じたことを伝えるだけでも、少なからずアピールに繋がります。

エントリー企業を増やし行動量をあげる

先程、伝えたように既卒の人は就活の行動量が低い傾向があります。

就活の行動量が低いと、その分内定を貰える確率が低くなり、就活が長期化してしまう恐れも。

そのような状況に陥らないためにも、なるべくたくさんの企業にエントリーするようにしましょう。

そのため、就職先の企業に多くの条件を求めるのはNG。

求める条件に見合う企業が見つかないと、エントリーすらできないという状況に陥ります。

エントリーの段階で興味が無くても、選考を進めていくうちに興味を持つ場合もあるので、就活の視野を広げるためにもたくさんの企業にエントリーしましょう。

就活前の準備を万全の状態にしておく

就活前の準備をいかにしておくかで、その後の就活の成功する確率が大きく変わります。

中でも、履歴書と面接対策は重要なポイント。

入念に準備をしておき、就活を有利に進められるようにしましょう。

それぞれの取り組み方や準備方法を紹介していくので、参考にしてみて下さい。

自分の思いや熱意が伝わる履歴書を作成する

履歴書などの応募書類は、企業があなたのことを知る第一歩。

応募書類でどのような人物なのかを判断するため、応募書類の内容が不十分だと、次のステップの面接に移れません。

自分の口からアピールできずに終わってしまうのは、悔いが残りますよね。

そのため、応募書類は十分な時間をかけて作成するようにしましょう。

特に注意して書かなければならないのは志望動機。

志望動機のクオリティ次第で書類選考に落ちるか、通過するかが決まるので、明確な志望動機を作成するようにしましょう。

また、ネットなどに掲載されている志望動機をそのまま書いてしまうと、必ず面接官にばれてしまうため、自分の考えた志望動機を書きましょう。

本番を想定した面接対策を行う

面接官からされる質問を予測しどの様に回答するのか、どの様な立ち振る舞いをするのかなどの面接対策も入念に行っておきましょう。

面接官からの質問に対して、回答できなかったり、的外れなことを伝えてしまうとマイナス評価をされてしまいます。

特に既卒に関しては、面接官も聞きたいことがたくさんあるので、様々な回答を準備しておかなければなりません。

また、面接中の言葉使いや態度なども評価対象になっているので、日頃から正しい言葉使いができる様に意識するようにしましょう。

既卒の面接の流れと合格率があがる方法を紹介!万全の準備をして面接を突破しよう!

悲観的にならず自信を持てば必ず内定を貰える!

この記事では、既卒が就活で不利になる理由や、就活に成功するための方法などを紹介してきました。

年々既卒の需要が増えているものの、新卒や第二新卒と比べて、就活が不利になってしまうのは事実。

しかし、不利になるからといって消極的になったり、悲観的になるのは逆効果です。

自信を持ってポジティブな気持ちで就活に挑めば、必ず企業から評価されて内定に繋がります!

もし、どうしても就活に不安を感じてしまう人は、当サイトのリクらくに相談してみませんか?

既卒からの就活に不安を感じたらリクらくを活用!

一般的な就活エージェントでは、経験者向けの求人が多いため、既卒としての就活に向いていない求人がほとんど。

しかし、リクらくでは「未経験歓迎」「経歴不問」の求人を多く抱えており、既卒歴が長い人でも活躍できる求人が豊富に揃っています。

また、一人一人に専属のエージェントが付いて、マンツーマンで就活を完全サポート致します。

求人紹介・履歴書作成・面接対策など転職に関するサポートが、完全無料で受けられるのも大きなポイント。

加えて、リクらく活用者の内定率は90%を超えています。

安定した実績を誇っているりくらくを活用して就活を成功させましょう!

あなたのお電話お待ちしています!