「既卒 職歴なし」でも就職できる!?正社員になるためのポイントを解説!

「既卒で職歴が無いし、どうせ就職できないんだろうな」

「このままフリーターとして生活していくのは不安すぎる」

「職歴の欄が空白な履歴書が、書類選考を通過する可能性はあるのだろうか・・・」

と、就職のことを考えると不安になりますよね。

新卒・中途採用に比べて既卒の就職情報は、あまり公開されていませんので分からないことが多いと思います。

そこで今回は、既卒・職歴なしでも愁傷することが出来るのかを解説していきたいと思います。

就職成功へのポイントもあわせて説明していきますので、就職活動に役立ててみてください。

既卒・職歴なしでも就職できる!

最初に結論から言ってしまうと、職歴なしの既卒でも就職することは可能です。

現代では、企業をする人が多く日に日に企業の数は増えており、企業の数が増えると、比例して人材を求めるニーズも増えます。

そのため、就職先の間口が広がって既卒であっても、就職することが出来るのです。

しかし、理解しておいてほしいのは、新卒に比べてしまうと就職成功率が低いということです。

大学を卒業してから、正社員として働いたことが無い事実は、確かにマイナスの要因にはなるものの、その事実が採用されないということに、直結するわけではありません。

別のところで、自分をアピールしたり、仕事に対するひたむきな姿勢を企業に伝えることが出来れば、いくらでもカバーすることが出来ます。

「既卒」「新卒」何が違う?二つの明確な違いを説明します!

経歴よりも「これからどうしていきたいか」が重要!

企業が求める人材を大きく分けると2種類あります。

1つ目は、即戦力になる人材。

入社してから通常は、研修期間・育成機関などの期間を設けて、一から人材を育てていきますが、即戦力採用の場合には、その期間が無く、採用後すぐに会社の業務を遂行できる能力がある人材を求められます。この即戦力採用の場合には、新卒や既卒の採用枠ではなく、中途採用として求人を出します。

そのため、企業ごとに応募条件があり、応募条件に該当しない人はそもそも応募することが出来ません。

2つ目は、これからの成長に期待できる人材。

この採用の場合には、職歴・仕事上の知識が不問で、ポテンシャルや吸収力といった、これからの成長力に重点を置かれています。

既卒者が就職活動をする場合には、この採用枠に応募することになります。

成長力・人間性に重点を置かれた採用になるので、過去の経歴よりも「これから自分はどのように成長して、将来的にどうなりたいのか」などの将来的な姿勢や意欲を評価されます。

過去の経歴が無いからと言って、自信を無くす必要はありません。

自分の将来像・キャリアプランを存分にアピールできれば、企業側も感心して採用を勝ち
取ることができます。

未経験者を1から育てたいと考える企業が多い

半端に職歴がある人材よりも、まったくの未経験から採用して会社のカラーに染めていきたいと考える企業が多いです。

職歴がある人の場合、自分なりの仕事の仕方や考え方が身についてしまっている場合が多く、新しい環境のルールに馴染むことが遅くなってしまいがちです。

対して、職歴がない未経験者の場合には、今までの経験がないので、初めて入社する職場の環境で、仕事の取り組み方やルールを学ぶので、職場にいち早く順応することが出来ます。

企業からしても、半端に職歴がある人材よりも、何にも知らない未経験者の方が扱いやすかったりします。

受け入れてくれる企業はたくさんある

このようなことから、新卒に比べて難易度は高いものの、既卒を受け入れてくれる企業がたくさんあることがわかりました。

しかし、「既卒」という肩書きで判断する企業があることも受け入れがたい事実です。

そのため、闇雲に求人に応募しても、中々内定がもらえない結果が続いてしまう可能性もあります。

内定がもらえない悲しい事態を回避するためにも、就職の成功率を挙げるポイントを説明していきます!

既卒者が就職しやすい就職先とは?おすすめの職種を紹介!

既卒が就職するためのポイント!

既卒になってしまった理由をはっきりと説明する

病気などの、やむを得ない理由や、研究・部活動での大会で就職活動ができなかったなどの理由であれば、ポジティブな要素がありますので、伝え方次第でプラスの評価をされます。

しかし、そうではない理由の場合は伝え方を工夫しなければなりません。

「就職する気が無かったので、就職活動をしませんでした。」

「就職活動はしていたのですが、内定を貰えず挫折してしまい、就活を放棄しました。」

などと、率直に伝えてしまうとかなりマイナスの評価をされてしまいますので、内定に繋がりません。

嘘をつくことを進めるつもりはありませんが、伝え方を工夫する必要があります。

その挫折を経て、どういうことが学べたのか、挫折の経験をどう活かしていきたいか、といったような挫折をポジティブな要因として伝えたり、「既卒」というマイナス点をカバーできるような学生時代の経験をアピールする必要があります。

例えば、経験してきたサークル活動や、大学時代に学んだ専門的な知識など、自分の中でアピールできそうなものを考えてみましょう。

資格や総力をアピールする

職歴なしの履歴書は企業側が、応募者がどんな人物で、どういう能力を持っている人なのかを判断する情報が少ないため、アピールに繋がりません。

それをカバーするためにも、自分の長所や人間性、大学時代に取り組んできた活動や学んだ知識をアピールできるようにしておきましょう。

資格を持っている場合には、履歴書に記載することができ、一目でどんな経験を積んできたのかを判断する材料になります。

就職活動を始める前に、希望の業種に関連した資格を取得しておくと、仕事に対して意欲的であることをアピールできる武器になるので、資格を取得するもの一つの方法です。

アルバイト・インターンを経てから正社員になる

アルバイトやインターンを経験し、キャリアを積んでから正社員登用するという方法もあります。

アルバイトの採用であれば、正社員としての採用に比べて、ライバルも少なく比較的難易度が低いです。既卒の場合にネックとなるのが、履歴書に書くことの出来ない空白の期間です。

どうして空白の期間ができてしまったのかを説明することが出来ても、空白の期間に何をしていたのかを説明できる人が少ないです。

ほとんどは、就職に関連のないバイトをしているので、面接時のアピールになりません。

しかし、働きたい仕事に関連したバイトやインターンを経験しておくと、仕事に対して意欲的と評価されます。

内定が中々貰えずに悩んでいる人は、就職の考え方を変えてみると、以外とスムーズに就職活動が進むかもしれません。

積極的に選考を受ける

既卒者は、新卒者に比べて、選考を受ける企業の数が少ない特徴があります。

大前提としてですが、応募する企業を増やせば、その分内定率も上がります。

無理をして応募する企業数を増やす必要はありませんが、出来る限り受ける企業の数を増やすようにしましょう。

大学卒業後3年以内であれば新卒向けの求人に応募しましょう

厚労省の通達により、既卒3年以内であれば、企業は新卒枠で選考をしてくれるようになりました。

そのため、3年以下に該当する場合には、新卒向けの求人に応募しましょう。

新卒向けの求人であれば、入社する時期が3~4月ごろと決まっていて、他の内定者と共に研修を受けれたり、ほとんど同じステップで経験を積めます。

年齢もあまり変わらないので、同期として、すんなり仲良くなることが出来るでしょう。

また、給与も新卒者とほぼ変わらない金額を貰うことが出来るので、条件的な面でも不満を感じることが少ないと思います。

就職に不安を感じたら、就職支援サービスを活用!

既卒で職歴が無いからと言って、就職をあきらめる必要はありません。

就職活動の仕方を工夫したり、根気よく続ければ、優良企業に内定を貰うこともできます。

しかし、既卒には不利な点があり、就職する難易度が高いことも事実です。

就職活動がなかなかうまくいかずに悩んでしまったり、就職活動に挫折し、放棄してしまう方も大勢います。

その事態を回避するためにも、就職支援サービスを活用する事をおすすめします。

当記事のリクらくでは、既卒・職歴が無い方でも安定して働ける環境が整っている職場を紹介できるサポート体制が整っていて、就職活動を支援するエージェントが一人一人の適性を理解し、適正に合った企業を提案することができます。

就職活動に不安を感じたら、ぜひリクらくを活用してみてください!

既卒は就職ができない?その理由と成功するためのポイント教えます!