20代は退職金を受け取れる?退職金の種類や相場を解説!

20代は退職金を受け取れる?退職金の種類や相場を解説!

様々な理由で今勤務している会社を退職することになったら、退職金を受け取ります。

しかし、本当に退職金が貰えるのか、貰えるとしたらいくらもらえるのか知っていますか?

実は、退職金は会社によって支給額や支給条件がバラバラなので、実際の所よくわからないという人が多いです・

転職活動は意外とお金がかかるので、貰えるのであれば貰っておきたいというのが、正直なところでしょう。

そこでこの記事では、

「20代に退職金が支給されるのか」
「支給されるとしたらいくら支給されるのか」

…など、退職金についてのあれこれを紹介していきます!

20代が退職金を貰えるかは会社によって異なる

冒頭で伝えましたが、退職金をもえらえるかは、会社によって異なります。

退職金制度は、法律で厳しく取り締まっている制度ではなく、会社ごとに設定している制度です。

そのため、まったく退職金が出ないという企業があっても、不思議ではありません。

「会社が退職金制度を定めてない」「会社の退職金支給条件を満たしてない」場合は、退職しても会社から退職金が支給されません。

厚生労働省の退職金支給実態によれば、退職金を支払っている企業の割合は全体の75%程度です。

20代の中には、退職金を当てにしている人を見かけますが、20代ではほとんどの場合、退職金を貰えないと思っておきましょう。

退職金があるかは会社に聞いてみる

就業規則や賃金規則を確認して、勤務している会社の退職金の有無を調べてみましょう。

退職金がある場合は、規則などに記載されているはずです。

会社の経営状況や景気によって内容が変更される場合もあるため、規定が変更されるたびにチェックしておきましょう

もし、退職金制度に社員負担がある場合は、給与明細の「企業年金掛金」や「退職金掛金」、「確定給付掛金」といった欄をチェックしてみてください。

上記の方法で調べることができない場合は、総務や人事などの管理部に問い合わせしてみるとよいでしょう

退職金には2つの種類がある

一括りに退職金と言っても、いくつかの種類があります。

代表的な退職金制度は、「退職一時金」と「企業年金制度」です。

それぞれの違いを紹介していきます。

退職一時金

退職一時金とは、退職したあとにまとめてもらえるお金で、定年退職を待たず、転職時に支給条件を満たしていれば支給されます

支給される金額は一般的に勤続年数や役職などが加味されるものの、算出方法は会社の規定によって異なります。

また、自分が退職するまでに規定が変更されない限り、企業の経営状況に関係なく支払いは確約される特徴があります。

企業年金制度

企業年金制度とは、退職金が一括に支給されるのではなく、生涯にわたって、一定の金額が年金として支給される制度。

『企業年金制度』と『退職一時金制度』を併用して導入している企業もあります。

退職金の相場は退職方法によって異なる

退職金の額は勤続年数や能力・役職などが加味されますが、それらの要素以外にも退職方法によって金額が変動します。

それぞれで、受け取る退職金にも差が出てくるため、自分がどちらに当てはまるのか、前もって確認しておきましょう。

自己都合退社

自らの都合で退社することを、自己都合退社と呼びます。

転職・引越し・育児などが自己都合退社になるので、ほとんどの場合、自己都合退社に括られます。

退職の申し出が遅くなってしまうと、退職金が少なくなってしまうので、余裕をもって退職を伝えておく必要があります。

また、退職金が支給されるのは、ほとんどの会社で「3年以上の勤務」と定められています。

そのため、3年以内に退職した人には、支給されないと思っておきましょう

会社都合退社

情勢の悪化や業績不振によって、リストラなどを理由に退社した人が、会社都合退社になります。

会社の都合で退職させられているので、自己都合退社よりも、もらえる退職金が多いのが特徴です。

20代の転職では退職金を当てにしないほうが良い

転職しようとしている人は、退職金を当てにして転職活動のタイミングを考えない方が良いでしょう。

退職金を当てにして、転職活動を進めてしまうと下記のリスクが伴ってしまいます。

転職活動を始める時期が遅れてしまう

退職金を貰うために、会社を続けて転職のタイミングが遅れてしまうと、転職の成功率が低くなってしまいます。

20代の転職では年齢が大きな要因となるので、年齢が若いというだけで優良企業に転職することができます

しかし、年齢が高くなるにつれて、未経験職への転職が難しくなってしまいます。

転職したいと思ったら、退職金は二の次にして、いち早く転職活動を始めるのをおすすめします。

20代の転職活動はいつからが始めるのがベスト?転職に適した時期とは?

20代に支給される退職金は少ない

1つの企業に勤めておおよそ3年くらいで退職金を受給する条件を満たしますが、支給される退職金は10万円前後です。

これだけの金額のために、嫌な仕事を続けて転職の機会を逃してしまうと、かなりもったいないと思いませんか?

先述したように、年齢が上がるにつれて転職の難易度が高くなるので、僅かな退職金を受け取るために転職しないのは得策ではありません。

転職して年収をあげたほうが最終的な収入が増える

僅かな退職金を受け取るために、転職をしないのはかなりもったいないです。

目先のお金よりも長い目で見た時に、今よりも年収の良い企業に転職した方が、結果的に貰える収入が上がるでしょう。

退職金を受け取れるタイミングとは?

退職金を支給するタイミングは法律などで定められていないので、企業によって異なります。

ほとんどの場合、退職が決まってから、規定に沿って掛け金の計算や書類作成、入金の手続きを進めていくためかなり時間が掛かります。

そのため、一般的に「退職後1ヶ月~6ヶ月の間」に支給されるケースが多いようです。

しかし、中には入社1年後に支払われるケースもあるので、支給時期については、会社の総務部などに確認しておくといいでしょう。

退職金に囚われずいち早く転職活動を始めましょう!

目先の退職金にこだわってしまい、転職に入るタイミングが遅くなってしまうと、転職の成功率が低くなってしまいます。

転職したいと決意したら、退職金以外の状況を考慮して、その後の行動を考えましょう。

また、転職活動に不安や悩みを感じたら当サイトのリクらくを活用してみませんか?

転職に不安があればリクらくを活用しましょう

当サイトのリクらくでは、一人一人に専属のエージェントが付いて、納得のいく転職ができるように最大限のサポートを致します。

履歴書の作成・面接対策・内定後のフローなど、転職活動に必要なあらゆるサポートが敢然無料で受けられるのもリクらくの特徴です。

リクらくを活用して転職した人の、90%以上が内定に至っており、安定した実績を誇っています。

あなたもリクらくを活用して転職を成功させましょう!

あなたのお電話お待ちしております!

転職の進め方が分からない20代必見!転職の進め方完全マニュアル