転職先が決まらない20代の特徴と転職先が決まらないときの対処法

転職先が決まらない20代の特徴と転職先が決まらないときの対処法

20代で転職活動を始めてから中々内定が貰えず、数か月が過ぎて焦りを感じてきている人もいるのではないでしょうか?

中々内定が貰えないと、転職のモチベーションが低くなってしまい、転職活動を放棄してしまうことも考えられます。

転職活動は、選考をした企業から悪かった点を指摘されないので、どこが悪かったのかが改善しづらいです。

改善点が分からずに、同じような転職活動をしてしまうといつまで経っても内定を貰えないでしょう。

そこで今回の記事では、20代の転職に失敗してしまう人の特徴や改善点を紹介していきます。

転職に失敗してしまう人の特徴が理解できれば、自分の転職活動を客観視できるので、転職活動を改善していけます。

転職が決まらないと悩んでいる人は、この記事を読んで転職活動の改善に役立ててみて下さい。

転職が決まらない20代の特徴

転職活動を始めて数か月間内定が貰えない時期が続くと、焦りが出てきて転職へのモチベーションが低くなってしまうでしょう。

転職が決まらない20代には下記6つの原因があります。

  • 第一印象が悪い
  • 前職の不満ばかり言っている
  • 転職してどうなりたいのかが明確になっていない
  • 転職先に求める理想が高い
  • 選考を受ける企業数が少ない
  • 新卒の時と同じ感覚で就活をしている

1つずつ補足して説明していくので、自分に該当している項目が無いか確認してみましょう。

第一印象が悪い

人の印象はほとんど第一印象で決まるので、企業の人と一番最初に合う面接で悪い印象を与えてしまうと必然的に内定率が低くなってしまいます。

身だしなみを整えたり、その場に合った表情や振る舞いを見せるのは社会人としての基本的なスキルです。

面接に入る前にかなりのマイナス評価を与えてしまうので、仕事に対しての熱意や意気込みを伝えても説得力が無く、採用担当に響かずに終わってしまいます。

基本的なことなので軽視してしまいがちですが、今一度自分の身なりや表情、声の明るさなどを振り返ってみましょう。

前職の不満ばかり言っている

転職活動の中では、ほとんどの確率で前職の退職理由を問われます。

退職理由は質問の性質上、回答がマイナスイメージを含んでしまうので、伝え方に工夫しないと採用担当に悪い印象を与えてしまいます。

採用担当は、前職の愚痴や不満を聞くために退職理由を聞いているわけではありません。

採用担当が知りたいのは「前職と同じ理由でうちの会社を退社する心配はないか」ということです。

そのため、将来に向けてのポジティブな理由から退職した旨を伝えましょう。

転職してどうなりたいのかが明確になっていない

転職活動をする上で、転職してどのような職種につき、その仕事でどのように成長したいのかが明確になっていなければなりません。

企業側からすると採用した場合、共に働いていくわけなので、将来への見通しを持っている人の方が熱意があると判断します。

そのため、何の目的も持たずに転職していても「仕事のモチベーションが低い」「将来性が低い」と判断されてしまうでしょう。

転職先に求める理想が高い

前職の企業選びに失敗した人ほど、転職先の企業に求める条件が高くなる傾向があり、大手企業ばかり狙って転職活動しています。

確かに大手企業は、仕事の質が高くてキャリア形成が計れます。

加えて、給与水準が高い・福利厚生が整っている・昇進が早いなど、経済面的にもかなり水準が高くなるでしょう。

しかし、大手企業にはたくさんの応募が集まるので、倍率がかなり高く、仕事に対しての高いスキルが要求されます。

また、大手企業は新卒枠で若い人材を豊富に採用しているので、中途採用枠では一定水準のスキルがある即戦力を求めています。

そのため、ほとんど経験がない転職者が採用される可能性は限りなく低く、かなりのポテンシャルや将来性が無いと成功する見込みはありません。

選考を受ける企業数が少ない

選考を受ける企業にたくさんの条件を求めすぎてしまい、選考を受ける企業の数が少なくなってしまうと採用率があがりません。

選考を受ける企業の数を増やせば、増やした分だけ採用される可能性が生まれます。

しかし、応募する企業数を増やし過ぎてしまい、自分のキャパを超えてしまうと本末転倒になってしまいます。

自分の許容できる範囲内で、できるだけ多くの企業に応募できるように努力しましょう。

新卒の時と同じ感覚で就活をしている

新卒の時に経験した就活と、転職活動では活動の進め方やアピールポイントが異なってきます。

そのため、新卒就活と同じ様な感覚で転職活動を進めていると、採用を貰うのは中々難しいでしょう。

社会人経験が浅いものの、社会に出て働いている経験があるので、基本的なビジネスマナーや前職で経験したことはアピールするようにしましょう。

あなた独自の特別な経験があったり、転職先の業務活かせそうなスキルを身に付けていれば、採用率がぐっと上がります。

他の転職者との差別化を図って、採用率をあげましょう。

転職が決まらない20代の対処法

転職が決まらない原因が理解できたところで、ここからは対象法を紹介していきます。

あなたが置かれている状況に照らし合わせて、改善できる点があれば改善してみましょう。

将来像を明確にする

先述しましたが、転職してどのようになりたいのかが不透明だと、意気込みが伝わらないので採用される可能性が低くなります。

「転職先でどのような業務をして、どう成長したいのか」
「どのようなスキルを積んで、どういうキャリアを築きたいのか」

…など、将来像を明確にしておきましょう。

将来像が明確になっていれば、仕事に対しての熱意が伝わり、採用率もぐっと高くなります。

採用担当者が一緒に働いてみたいと思うような、将来の目標を伝えて、好印象を与えられるようなアピールをしましょう。

今までの転職活動を見つめなおす

転職活動が中々上手くいかないということは、転職活動に何らかの間違いや、アピールできていない点があります。

面接を受けた企業から「ここが悪いから落としました」と面接で至らなかった点を指摘されません。

そのため、今までの転職活動を振り返り、客観的に見つめなおす必要があります。

面接の中で答えてきた内容や、面接を受けてきた企業を見つめ推し、悪かった点を洗い出していきましょう。

企業研究を深める

転職先が決まらない人の中には、企業研究が十分にできていないことが挙げられます。

企業研究が十分でないと、面接の中身も浅くなってしまい、仕事への意欲が高くてもその意欲を十分に伝えられません。

そのため、選考を受ける企業の研究を十分に行い、共通点や魅力なポイントを洗い出しておきましょう。

以下が具体的な企業研究のやり方なので、十分な企業研究ができているか確かめてみましょう。

  • 業界全体の特徴を把握する
  • 企業がだしている求人を読み込む
  • 競合企業の動向や特徴を把握する
  • 選考を受ける企業のことが書かれている口コミサイトを見る

転職エージェントを活用する

転職活動は基本的に一人で進めるものなので、転職活動中に不安や心配なことができても相談する相手がいません。

また、中々転職が決まらない状況が続くと、転職するモチベーションがなくなってしまい転職を放棄してしまう恐れがあります。

そのため、転職エージェントであるリクらくを活用して転職活動を進めてみませんか?

当サイトのリクらくでは、一人一人に専属のエージェントが付いて、あなたの転職を全面的にサポートする体制が整っています。

この記事の最後にリクらくを詳しく説明しているので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

どうしても転職先が決まらない場合は妥協点を作るのも大切

様々な策を講じても転職が上手くいくかは、スキルや人間性以外にも企業との縁も関わっています。

そのため、転職活動を見直して改善したとしても上手くいかないで悩んでしまうこともあるかもしれません。

転職して前職よりも良い環境で働きたいと思うのは、ごくごく自然なことですし、無意識に転職先の条件を高くしてしまっているケースも考えられます。

時には妥協点を作るのも一つの手段です。

転先に求める条件に順位をつける

闇雲に転職先を選んで転職してしまうと、ブラック企業に転職してしまう恐れがあるので、ただ妥協すればいいということではありません。

企業を選ぶ際の条件にいくつかの条件を出して、その条件に順位をつけるようにしましょう。

そのため、自分が求める条件を紙に箇条書きにして書き出してみましょう。

リクらくを活用して転職を成功させましょう

転職活動で上手くいかないことや悩みが生まれたら、リクらくを活用して転職活動を進めてみませんか?

リクらくでは、履歴書の作成・面接対策・内定後のフローなど転職に関わるサービスが全て無料で受けられます。

また、リクらくを活用して人の90%以上が内定に至っており、安定した実績を誇っています。

リクらくを活用して、転職を成功させましょう!

20代の転職にありがちな失敗とは?失敗しないための対策と転職成功の秘訣

20代はキャリアチェンジの絶好のチャンス!目的を持って転職活動を行いましょう