大学中退からでも正社員になれる!就職を成功させる3つのポイント

大学中退からでも正社員になれる!就職を成功させる3つのポイント

大学を中退した人の中には、正社員への就職はできないと、あきらめている人がいるのではないでしょうか?

確かに大学中退してしまうと、最終学歴が高卒になってしまうため、就職先の選択肢が狭まってしまいます。

加えて、大学中退者は企業から不信感を持たれてしまうため、他の学歴に比べて就活が不利になってしまう可能性も。

しかし、それらの要因だけで大学中退者が就職できないという訳ではありません。

この記事では、大学中退してから正社員になるためのポイントや正社員を目指す方法を解説していきます!

大学中退から就活を始めようとしている人は、ぜひこの記事を参考にしてみて下さいね。

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉・関西・愛知・福岡
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

大学を中退しても正社員への就職が可能!

まず初めに結論から伝えると、大学を中退している人でも正社員への就活は可能です。

現代では少子高齢化の影響により、ほとんどの業界で若い人材の人手不足が深刻な問題に。

業界全体で平均年齢が底上げされており、将来的に活躍できる若い人材がかなり少なくなっています。

そのため、学歴や仕事のスキルが無くても、年齢が若ければ積極的に採用を行っている企業が多くなっているのです。

大学を中退している場合はいち早く就活を始めるべき

若い年齢であれば学歴やスキルなどを採用されないため、大学中退という経歴を持っていても採用される可能性が高いです。

しかし、大学中退後にフリーターやニートとして何もしない状態が続いてしまい、年齢が上がってしまうと一気に就活難易度が高くなります。

加えて、大学中退後の期間は空白期間となり職歴に含まれない期間になるため、企業が抱える不信感が大きくなります。

空白期間を長期化させず、有利に就活を進めていくためにも、大学中退後はいち早く就活をスタートさせましょう。

大学中退後にフリーター生活を続けていると大変な事態に

大学中退後に就職でせず、フリーターとして生活する人の数はかなり多くなっています。

フリーター生活を否定するわけではありませんが、フリーター生活が長引いてしまうのはあまり良い傾向ではありません。

というのも、一度フリーター生活を始めてしまうと、居心地の良さからフリーターを抜け出せない人が側室しているのです。

そのため、正社員として働くことに抵抗を感じてしまい、中々就活が始められないことも。

大学中退後にフリーターを始める場合は、しっかりと期限を決めて、正社員として働く目標を見失わない様にしましょう。

フリーターを続けている限り生活が安定しない

正社員の場合、給与が固定給なので毎月安定した給料を貰えます。

固定給に加えて、各種の手当てやボーナスが付くのも収入が安定しているポイント。

しかし、フリーターの場合は時間給なので、働いた分の給料しか貰えず収入が安定しません。

体調を崩してしまいシフトに入れないとなると、収入額が低くなってしまい、最悪の場合には収入がゼロになってしまうことも。

また、フリーターは正社員が貰えるボーナスや各種の手当てなどが貰えないため、正社員よりも収入額が低くなってしまいます。

昇進や昇給も期待できないので、フリーターを続けている限り安定した収入を得ることができないでしょう。

ハタラクティブを活用して大学中退フリーターから正社員を目指そう!

ハタラクティブ-商標

既卒・大学中退・フリーターなどの社会人経験が浅い人を対象にしているハタラクティブでは、未経験でもエントリーできる様々な求人が掲載されています。

経験やスキルの有無に関わらず積極的に採用活動を行っているので、スピーディーに内定を勝ち取れる可能性がアップします。

一人一人に専任のコンサルタントがついて、転職活動をしっかりとサポートしてくれるのも安心して転職ができるポイント。

登録料や利用料は一切かからないので、大学中退から正社員になりたい人はぜひ利用してみてくださいね。

\サービスは全て完全無料!!/
ハタラクティブに申込む!

大学中退から正社員を目指す3つの方法

大学を中退から正社員を目指す方法は大きく分けて3つです。

  • 求人サイトからエントリーして自力で内定を勝ち取る
  • 就活エージェントを活用して就活を進める
  • 現在のアルバイト先で正社員登用制度を活用する

正社員になるための方法を紹介していくので、自分に適した方法で正社員を目指しましょう!

求人サイトからエントリーして自力で内定を勝ち取る

大学中退から正社員を目指す一つ目の方法は、求人サイトからエントリーする方法。

最もポピュラーな方法ですが、最も難易度が高い就職方法と言えます。

というのも、エントリーから内定まで全て自分一人で行わなければならないため、就活の進め方を理解しておかなければならないためです。

就活をした経験が無い大学中退者からすると、どの様にエントリーすれば良いのか、何を準備すれば良いのかなど分からないことがたくさんあるでしょう。

就活エージェントを活用して就活を進める

二つ目の方法は、就活エージェントを活用して就活を行う方法。

就活エージェントでは、あなたの適正を調べて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれます。

また、求人紹介だけでは無く、履歴書作成・面接対策・採用担当者との連絡など就活に関するほとんどのことをおこなってくれます。

数ある就活エージェントの中でも大学中退におすすめなサービスは、若い年代に特化しているハタラクティブです。

大学中退から正社員を目指すならハタラクティブがおすすめ!

ハタラクティブ-商標

大学中退から正社員を目指すのであれば、10代~20代に特化してるハタラクティブがおすすめです。

ハタラクティブには大学中退・フリーター・ニートを対象にした求人が多く掲載されており、スキルや経験よりもポテンシャルを重視した採用活動を行っています。

これまでのカウンセリング実績は110,000人以上で、就職成功率は80.4%にも及び、高い実績を残しています。

独自のノウハウも確立されているので、初めて就活する人でも安心して利用できるのもポイント。

登録料やサービス利用料は一切かからないので、正社員への就職を成功させたい人はぜひ利用してみてくださいね。

\サービスは全て完全無料!!/
ハタラクティブに申込む!

現在のアルバイト先で正社員登用制度を活用する

大学中退後にフリーターとしてアルバイトをしている場合、アルバイト先で正社員登用の制度を活用して正社員になるのも可能です。

正社員登用制度を活用すれば、面倒な就活を行わなくても正社員になれます。

アルバイトとして仕事に慣れた状態から正社員スタートが切れるので、即戦力として働き始めえられるのも大きな魅力。

今働いているアルバイト先で正社員登用の制度があるのか、確認してみましょう。

大学中退後に正社員への就職ができない人に共通している特徴

大学中退者の中には、正社員になるための素質が無く、中々内定が貰えない人がいます。

内定が貰えない状態が続いてしまうと、空白期間が長くなってしまうだけではなく、精神的にもストレスが溜まってしまうことに。

そこで、大学中退してから正社員になれない人の特徴を理解しておきましょう。

  • 大学中退後に就活を始めるタイミングが遅い
  • 大学を中退した理由を上手く説明できていない
  • 就職先に求める条件が多く企業を選びすぎている
  • 就活を始めるための準備が不十分

それぞれ見ていきましょう。

大学中退後に就活を始めるタイミングが遅い

大学中退後の期間は履歴書の職歴に含まれない期間になるため、長期化してしまうと、企業が不信感を抱えてしまいます。

そのため、大学中退後すぐに就活を始められないと、採用率がぐっと低くなってしまうことに。

いつまで経ってもフリーターとして過ごさなければならないため、なるべく早く就活を始める様に心掛けましょう。

大学を中退した理由を上手く説明できていない

企業は大学中退者に対して「なぜ大学を中退したのか」と疑問を抱きます。

そのため、企業が納得するような明確な退職理由を伝えなければなりません。

しかし、就職が上手く行かない人は、中退理由をしっかりと伝えられない人がほとんど。

企業が抱える不信感を解消できるポイントなので、しっかりとした中退理由を考えておきましょう。

就職先に求める条件が多く企業を選びすぎている

就職先に多くの条件を求めてしまう人も内定が貰えない傾向が強いです。

エントリーする企業に様々な条件を求めてしまうと、その条件に見合う企業が見つからず、選考が進まない状況に陥ります。

もし条件に見合う企業があったとしても、人気企業であったり、倍率が高かったりして就活が上手く行かないことも。

そのため、求める条件は極力少なくして、エントリーする企業を増やすようにしましょう。

エントリーする企業数が増えれば、その分内定を貰える可能性も高くなります。

就活を始めるための準備が不十分

就活を進めていくうえで、企業研究・自己分析・応募書類の作成・面接対策など、準備しなければならないことは山のようにあります。

就活が上手く行かない人は、就活の事前準備が十分行われていない傾向があります。

就活前の準備によって就活の合否が決まると言っていいほど、事前準備は重要な要素なので、万全の準備をしておくようにしましょう。

大学中退してからの就活を成功させる3つのポイント

それではここから、大学中退からの就活を成功させるための3つのポイントを紹介していきます。

  • 大学を中退した理由をしっかりと説明する
  • 学歴や経験の有無を問われない企業にエントリーする
  • 仕事に対しての前向きな姿勢をアピールする

それぞれ見ていきましょう。

大学を中退した理由をしっかりと説明する

大学中退者に対して、必ず企業は「なぜ大学を中退したのか」という質問をします。

中退理由はどうしても、ネガティブな回答になりやすいため、伝え方に気をつけなければなりません。

しかし、ほとんどの人が「単位が取れなかった」「学校に行くのが面倒になった」などの中退理由なので、ポジティブに伝えるのが難しいと思います。

ポイントは中退理由に合わせて、将来ビジョンや仕事に対しての熱意を伝えるということ。

「○〇の理由で大学を中退しました。しかし、その時の反省を活かし、将来的には~~」のように伝えると、将来へのポジティブな気持ちをアピールできます。

上手く伝えられれば、大学中退という挫折を乗り越えられる人材という評価を受けられ、内定が大きく近づくでしょう。

学歴や経験の有無を問われない企業にエントリーする

大学中退者は仕事のスキルや経歴が無いため、専門的な知識を要する仕事への就職はかなり難易度が高いです。

しかし、業界や職種によって、スキルや経歴が不問としているところもあります。

大学中退者は、スキルや経歴を不問としている仕事にエントリーする様にしましょう。

学歴やスキルの有無を問わない主な職種は以下の通り。

  • 営業職
  • 介護職
  • ITエンジニア
  • 事務職

上記の4つ以外にも大学中退者を採用している職種はたくさんあります。

下記の記事で大学中退者におすすめの職種を紹介しているので、合わせて読んでみて下さいね。

仕事に対しての前向きな姿勢をアピールする

仕事のスキルや経歴の無い大学中退者に企業が求めているのは、仕事に対しての熱意や将来に対しての明確なビジョンです。

仕事のスキルや経歴が無くても、年齢が若く仕事に対しての熱い思いを持っていれば、諸浦製のある人材と判断されます。

そのため、内定を受けたらどのように仕事をしていきたいか、将来的にはどのように成長していきたいかなどの目標を定めておきましょう。

熱い思いが伝われば。必ず内定に繋がります。

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉・関西・愛知・福岡
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

大学中退からでも正社員への就職は可能!

この記事では、大学中退から正社員へ就職するためのポイントなどを紹介してきました。

大学中退者の就活は他の学歴に比べて不利になるのは事実ですが、正社員になれないわけではありません。

ポイントを理解し、諦めずに就活を行えば必ず内定を勝ち取れます。