大学中退後の空白期間が長くなると就活が困難になる!いち早く就活を始めよう

大学中退後の空白期間が長くなると就活が困難になる!いち早く就活を始めよう

大学を中退した後に、フリーターやニートとして生活している期間は「空白期間」と呼ばれ、職歴に含まれない期間。

企業から見ても空白期間がある人に対してネガティブな感情を抱えてしまうため、就活が不利になってしまいがちに。

そのため、できるだけ空白期間が長引かないうちに、就活を始めてしまった方が良いでしょう。

ただ、既に大学を中退してしまい、空白期間が長くなっている人はどうすれば良いのか不安になりますよね。

そこでこの記事では、空白期間が長引くにつれて就職が難しくなる理由や、空白期間の伝え方を解説していきます!

大学中退後の空白期間が1年以内であればそこまで問題はない

大学中退後の空白期間が1年未満の場合は、企業から見てそこまで大きな問題にはなりません。

というのも、就活をしていて半年以上かかってしまう人や、アルバイトと並行して就活をしている人は少し期間が伸びがちに。

そのため、大学中退後1年以内であれば、許容範囲内と考えている企業が多いのです。

アルバイト経験は職歴に含まれないため注意

大学卒業後、多くの人が就活をせず、アルバイトを始める傾向が強いです。

しかし、アルバイトの期間は職歴期間には含まれず、空白期間になってしまいます。

そのため、アルバイト期間が長くなってしまうと、就活が断然不利になることに。

企業から不信感を持たれない様にするためにも、アルバイト期間が長引かないうちに、いち早く就活を始める様に心掛けましょう。

大学を中退したフリーターでも就職できる?就活の準備方法や内定を貰う4つの秘訣

大学中退後の空白期間が長くなることで就活が不利になる理由

「空白期間が長くなるとなぜ就活で不利になるの?」と疑問を抱える人も多いでしょう。

そんな人の疑問を解消するために、不利になる理由を紹介していきます。

それぞれ見ていきましょう。

企業から様々な不信感を持たれてしまう

企業は空白期間が長い人に対して、下記のような不信感を抱えています。

  • 就業意欲が低いのではないか?
  • 人間性に問題があるのではないか?
  • 物事を最後までやり遂げられない人なのではないか?
  • 健康面で何かしらの問題があるのではないか?

企業としては、就業意欲が高くて仕事をしっかりと最後までやり遂げられる人材求めています。

そのため、上記のような不信感を持たれてしまうと、採用する際に敬遠されがちになり採用率が低くなります。

空白期間が長くなるにつれて年齢も上がっていく

フリーターやニートをしていて何もしていない空白期間が長くなってしまうと、比例して自身の年齢も高くなっていきます。

年齢は未経験者の就活でかなり重要な要素となっており、年齢が若ければポテンシャルや意欲を重視した採用が可能。

対して、年齢が高くなってしまうとスキルや経歴を求められてしまうため、大学中退の未経験者は敬遠されてしまいます。

空白期間が長くなるとあらゆる面で不利になるため、いち早く就活を始める様にしましょう。

空白期間を明確に説明できる理由があればOK

ここまで読んだ方の中には、空白期間があると就活できないのでは?と不安を感じる人もいるでしょう。

ただ、空白期間があったとしても、その期間を説明できる理由があれば必ずしも不利になるわけではありません。

不利にならない理由は下記のような理由が挙げられます。

  • 病気を患って大学を中退した
  • 家庭の事情で大学に通うのが難しくなった
  • 留学などをして別のことに興味を持った

上記のようなやむをえない理由であれば、企業から見てもそこまでネガティブな印象を持たれません。

ただ、大学中退という経歴は消えない事実なので、仕事への前向きな姿勢を伝えてアピールをするように心掛けましょう。

空白期間をポジティブに伝える際の4つのポイント

これまでの経歴はいまさら消すことができないため、後悔してもしょうがないです。

面接官に嘘を伝えたりしてしまうと、経歴詐称になってしまうケースもあり、大きな問題に繋がってしまいます。

そのため、これまで経歴を踏まえて、ポジティブな姿勢をアピールするようにしましょう。

空白期間のポジティブな伝え方は下記の通り。

  • 就職先で活かせる資格を取得する
  • 中退理由と志望動機をセットで伝える
  • アルバイトと同じジャンルの職種を選ぶ
  • 中退理由を伝える際は明るくハキハキと話す

それぞれ見ていきましょう。

就職先で活かせる資格を取得する

一つ目の方法は就職先で活かせる資格を取得するという方法。

空白期間に資格勉強をしていたと伝えれば、空白期間を効果的に活用できているというプラスの判断をされます。

加えて、取得した資格に関する知識やスキルを証明できるため、企業側に大きなアピールができます。

ただ、就職先の業務で活かせる資格でなければ、取得しても意味がないため取得する前に調べておきましょう。

また、資格によっては取得できるまでにかなりの日数がかかってしまう場合があるので、どのくらいの期間で取得できるのかも調べておきましょう。

中退理由と志望動機をセットで伝える

大学を中退した理由が、「単位を落としたから」「大学に行くのが面倒になったから」などの理由だとどうしても就活が不利です。

そのため、中退理由だけを伝えても、就活は思う様に進みません。

ネガティブな中退理由を持っている人は、志望動機とセットにして伝える様にしましょう。

大学中退理由から志望動機を伝える流れに繋げられれば、ポジティブな姿勢をアピールでき企業から評価が上がります。

アルバイトと同じジャンルの職種を選ぶ

現在アルバイトをしている人は、アルバイトと同業種の職種を選んで就活を進めるのも効果的。

アルバイト経験が就職先でそのまま活かせるため、プラスの評価を受けられます。

就職先から内定を貰える確率も高くなるため、アルバイトと同じ様な職種を選んで就活をしてみましょう。

中退理由を伝える際は明るくハキハキと話す

大学の中退理由はネガティブな要素が強い質問なので、回答する際に声が小さくなったり、自身が無くなったりする傾向があります。

しかし、回答する時の声が小さいと、声が小さくて頼りないという印象を与えてしまうことに。

企業に良い印象を与えるためにも、なるべくハキハキと明るく中退理由を伝えるのがポイントです。

失敗を乗り越えて成長できる人材という印象を与えられれば、間違いなく内定が近づくでしょう。

空白期間が長引かないうちに就活を始めよう!

この記事では、大学中退者に向けて、空白期間が就活に与える影響を伝えてきました。

空白期間は就活に悪い影響しか与えないため、いち早く就活を始めて空白期間が短いうちに内定を貰ってしまうのが先決。

また、空白期間の伝え方次第で、採用に大きな影響を与えるため伝えかたにも注意しましょう。

どうしても就活が上手くいくか不安な人は、リクらくを活用してみてください!

大学中退からの就活に不安を感じたらリクらくを活用!

大学を中退してから就職すると、分からないことや不安なことがたくさんありますよね。

しかし、安心してください!

当サイトのリクらくでは、20代前半の就活・転職をメインにサポートを行っており、活用した人の内定率は90%を超えて安定した実績を誇っています。

些細な悩みや就活に関しての様々悩みなど、気軽に電話で相談してきてください。

また、リクらくで受けられるサポートは全て無料です!

リクらくを活用して、大学中退からの就職を成功させましょう!

大学を中退した人の効果的な就職の仕方とは?就職に成功する4つのポイントを紹介します!