外資系企業への転職は激務&多忙で地獄⁉安定した企業の判断基準と失敗しないコツ

外資系企業への転職は激務&多忙で地獄⁉安定した企業の判断基準と失敗しないコツ

「外資系企業に転職したいけど多忙で激務って聞いたことがある」
「かっこいいイメージのある外資系企業だけど、プレッシャーがやばくて地獄らしいって友達が言ってたな...」

外資系企業に対して憧れを持って転職を検討している人の中には、多忙・激務で地獄の様な環境と聞いたことがある人も多いでしょう。

憧れの外資系企業に転職した後に地獄の様な環境だと、早期離職につながってしまいます。

そこでこの記事では、外資系企業が地獄と言われている理由や実際に働いていた人の裏話を紹介していきます。

外資系企業が激務&多忙で地獄と噂される理由

外資系企業が激務&多忙で地獄と噂される理由は、以下の4つです。

  • 完全成果主義であるため
  • 年下や中途入社社員に追い抜かれるプレッシャーがあるため
  • 日系企業と雰囲気・風土が異なるため
  • 高い英語力が必要なため

完全成果主義であるため

外資系企業が激務&多忙で地獄と噂される理由は、完全成果主義であるためです。

外資系企業は年功序列の日系企業と異なり、完全成果主義・実力主義です。

日系企業は退職さえしなければ給料が上がり、クビになることもありません。

ただし、外資系企業は成果を出し続けなければ給料が上がらず、最悪クビになる可能性もあります。

日系企業よりもプレッシャーを感じやすいため、激務で多忙になる人が多いでしょう。

年下や中途入社社員に追い抜かれるプレッシャーがあるため

外資系企業が激務&多忙で地獄と噂される理由は、年下や中途入社社員に追い抜かれるプレッシャーがあるためです。

完全成果主義の外資系企業は、年下の上司がいるケースがあります。

また、自分より後に中途入社した社員に追い抜かれる可能性もあるでしょう。

日系企業ではあまりないことですが、外資系企業では十分起こりうるので、年下社員や中途入社社員に追い抜かれないように、激務になりやすいのが特徴です。

日系企業と雰囲気・風土が異なるため

外資系企業は日系企業と雰囲気・風土が異なるため、激務&多忙で地獄と噂されます。

日系企業は成果を出していない人でも難なく働ける雰囲気があります。

しかし、外資系企業は一定以上の成果を出し続けないと会社にいづらくなる可能性が高いです。

また、成果を上げていないと、上司から強く詰められることもあると言われています。

日系企業とは雰囲気と風土が異なるので、働きづらい人と感じる人もいることを理解しておきましょう。

高い英語力が必要なため

外資系企業は高い英語力が必要なため、激務&多忙で地獄と噂されます。

外資系企業は日系企業よりも英語力が必要。社内の会話で英語を使うケースも多いので、英語の勉強が必須です。

電話対応やメール、打ち合わせが英語で行われる場合、かなりの英語力が求められるでしょう。

外資系企業で働いて地獄をみた人の裏話

ここでは、外資系企業で働いて地獄をみた人の裏話をご紹介します。

外資系企業に転職をしようとしている人はぜひ参考にしてみてください。

連続で朝から深夜まで働いてた時期があって本当にきつかった|34歳:男性

男性 アイコン
外資系IT企業で働いていました。納期が重なると、連続で朝から深夜まで働いたことも。また、アメリカの本社とミーティングがあるときはアメリカ時間にあわせるので、夜勤のような勤務体系になります。職種にもよりますが、時期によってかなり激務になります。ですが、給与面ではかなり満足できる待遇だったので、激務でも給与が高ければ大丈夫な人におすすめです。

上司からのプレッシャーがすごかった|29歳:男性

男性 アイコン
外資系人材企業で勤務していました。入社して2,3ヶ月経って、成果が出なかったときは、上司からプレッシャーをかけられました。逆に成果さえ出ていれば、何も言われない風潮があったので、日系企業とは雰囲気が違います。

仕事量が多くて激務でした…|31歳:男性

男性 アイコン
外資系ITを企業で働いていました。ひとりあたりの仕事量が多く、連日残業が当たり前。それでも残業が多いのは業務効率が悪いことが原因と言われるので、働きづらい環境でした。企業や業界にもよりますが、外資系企業に転職するなら仕事量の多さは覚悟しておくのがいいと思います。

外資系企業は全ての企業が地獄ではない!安定して働ける企業の選び方

安定して働ける外資系企業の選び方は、以下の4つです。

  • 企業規模が大きくて基盤がしっかりとしているか
  • 入社後の研修制度があるか
  • 収入よりもワークライフバランスに重点をおく
  • 外資系転職に強い転職エージェントを活用する

企業規模が大きくて基盤がしっかりとしているか

外資系企業に転職するなら、企業規模が大きくて基盤がしっかりとしているかチェックしましょう。

外資系企業のなかでも規模が大きい企業は働く環境が整っている傾向が強いです。

完全成果主義や個人での行動が重視される外資企業とはいえ、手厚くサポートしてくれる可能性が高いです。

入社後の研修制度があるか

外資系企業に転職するなら、入社後の研修制度があるか確認しましょう。

外資系企業は企業によって研修が充実していないケースがあります。

中途採用の場合、スキルが一定以上あることが前提で採用されるため、研修が簡易的である可能性が高いです。

外資系企業に転職する際は、日系企業ほど研修が充実していない可能性が高いことを理解しておきましょう。

収入よりもワークライフバランスに重点をおく

外資系企業に転職する際は、収入よりもワークライフバランスに重点をおきましょう。

外資系企業は収入が高い求人も多いですが、その場合は激務である可能性が高め。

収入の高さにつられて転職すると、休日は疲れ切って生活が安定しなくなる危険があります。

外資系企業に転職するなら、ワークライフバランスがとれるかどうかをチェックした上で、入社を決めましょう。

外資系転職に強い転職エージェントを活用する

外資系企業に転職する際は、外資系転職に強い転職エージェントを活用しましょう。

外資系企業の採用過程は、日系企業と異なる場合があります。

面接で聞かれやすい質問や、発言すべき点なども外資系企業ならではの要素があることも。

特に外資系企業に初めて転職する人は、転職エージェントのサポートを受けながら転職活動するのがおすすめです。

地獄をみないために利用すべき外資系に特化している転職エージェント

外資系に特化している転職エージェントは、以下の6つです。

  • JACリクルートメント
  • リクルートダイレクトスカウト
  • ビズリーチ
  • ロバート・ウォルターズ
  • マイケルペイジ
  • アズール&カンパニー

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラスに特化した転職サポートサービスです。

業界・職種に特化した800名以上のコンサルタントが所属していて、それぞれの経歴やスキルに合わせて担当コンサルタントが選ばれます。

特に外資系企業やグローバル転職のサポートが充実。各職種ならではの悩みや相談に乗ってくれるため、転職したい職種が決まっている人におすすめです。

加えて、コンサルタントは紹介する企業を直接訪問してリサーチしているので、企業の文化や雰囲気までリアルな情報を含めて提供してくれます。転職後のギャップが少なくなる点で安心して利用できます。

運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
公開求人数 約14,000件
利用可能地域 全国
利用料 無料

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、リクナビNEXTも運営する株式会社リクルートのハイクラス向け転職スカウトサービスです。

全体の約3割が外資系求人なので、多くの求人から希望条件に近いものが見つかりやすいでしょう。

登録後は企業側からスカウトが届くので、現職が忙しい人でも利用しやすくなっています。

加えて、リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円〜2,000万円の求人が多数保有されているので、一定以上のスキルや実績がある30代の転職におすすめです。

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 約117,000件
利用可能地域 全国
利用料 無料

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、優良企業やヘッドハンターからスカウトが届くハイクラス転職サイトです。

企業と直接的にコンタクトがとれるため、一般的な転職エージェントよりも効率的に転職活動を進めやすいでしょう。

ビズリーチには有料プランもあり、登録することで求人検索が利用できます。

ハイクラス転職サイトでは基本的に非公開求人が多いなか、有料プランでは自由に求人を探せるので便利です。

運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 約79,000件
利用可能地域 全国
利用料 無料

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、グローバル人材の転職に特化した外資系人材紹介サービスです。

1985年にイギリスで設立されてから、世界31カ国にオフィスがあり、グローバル人材をサポートしてきた実績があります。

ロバート・ウォルターズでは、外資系企業への転職に特化したコンサルタントが転職アドバイスをしてくれます。

応募書類の添削や面接アドバイス、英語面接・英文履歴書対策も行えるので、外資系企業への転職にぴったりです。

ロバート・ウォルターズは、外資系企業への転職にチャレンジしたい人におすすめです。

運営会社 ロバート・ウォルターズ・ジャパン
公開求人数 約1,900件
利用可能地域 全国・海外
利用料 無料

マイケルペイジ

マイケルペイジ

マイケルペイジは、世界一流企業への転職に特化した転職サービスです。

1976年にイギリスで設立され、世界36カ国・141支店を持つ実績があります。

特に、ITと経理財務分野に特化しており、Recruitment International社主催の「リクルートメント・インターナショナル・アワード」で最優秀賞を受賞。

ITと経理財務分野で確かな転職サポートを受けたい人におすすめです。

また、マイケル・ペイジは正社員だけでなく、派遣社員、契約社員の求人を取り扱っています。

幅広い雇用形態で転職を検討している人にもぴったりです。

加えて、マイケル・ペイジの公式サイト上には、外資系企業への転職ノウハウが記載されています。

面接対策や英文履歴書の書き方などもまとめられているので、活用してみましょう。

運営会社 マイケル・ペイジ
公開求人数 約4,000件
利用可能地域 全国・海外
利用料 無料

アズール&カンパニー

アズール&カンパニー

アズール&カンパニーは、外資系企業に特化した転職エージェントで、面談力にこだわっており、対面での面談を通じて転職希望者の適切なキャリアプランを吟味してくれます。

アズール&カンパニーのコンサルタントは、クライアント企業と転職希望者の両方とやり取りを行っています。

そのため、転職希望者に採用担当者が求めていることや、採用の背景まで詳細な情報を教えることが可能。

転職におけるミスマッチを防ぎやすくなっています。

外資系企業に転職したい人や、対面でコミュニケーションをとりながら転職活動を進めたい人におすすめです。

運営会社 アズール&カンパニー株式会社
公開求人数 約1,800件
利用可能地域 全国・海外
利用料 無料

外資系転職で地獄をみないために計画的な転職をしよう!

今回は外資系企業への転職は激務&多忙で地獄かについて、安定した企業の判断基準と失敗しないコツを含めご紹介しました。

外資系企業は完全成果主義で、雰囲気や風土が異なるため、日系企業とはギャップがあります。

特に初めて外資系企業へ転職をする人は、デメリットや口コミを参考にして、慎重に転職するのがおすすめです。

ぜひこの記事を参考に、外資系企業への転職を検討してみてください。