外資系企業への転職に年齢制限ってある?何歳まで?転職成功法を年齢別に紹介!

外資系企業への転職に年齢制限ってある?何歳まで?転職成功法を年齢別に紹介!

外資系への転職に興味関心があっても、年齢制限がないのか不安になりますよね。

年収アップやキャリアアップを目指して本格的に転職を考えていても、年齢制限はやはり気になるところです。

終身雇用を前提とする日系企業とは違い、海外では転職を繰り返すことでキャリアアップすることは一般的です。

そして外資系企業は実力成果主義のため転職者に求めることは年齢や学歴ではなく「即戦力」となる実績やスキルを持っているかで年齢などは重視しない傾向にあります。

しかし、年齢制限がないとはいえ、年齢によって求められる実績やスキルは異なります。

この記事では外資系企業への転職ポイントを年齢別に解説していきますので参考にして下さい。

外資系企業への転職に年齢制限はない理由

外資系企業への転職で年齢が気にされることはほとんどありません。

それは学歴や性別などでも同じことが言えます。

外資系企業は基本的に「即戦力」として現場で活躍できるか、企業が求めるパフォーマンスを発揮し成果を出せるかを重視する実力成果主義だからです。

外資系へ転職するメリット

外資系企業は実力成果主義のため、年功序列の日系企業とは違い仕事へのパフォーマンス力と成果次第で学歴・年齢・性別関係なく昇進や年収アップが期待できます。

また、オンオフがしっかり分かれているため長期休暇も取りやすく、ライフワークバランスが実現しやすいでしょう。

比較的自由度も高く、成果を出し続ける限り自分の裁量で仕事を進められるところも魅力の一つといえます。

外資系企業への転職で求められるもの

即戦力となる充分な実績やスキルがあることを前提として、以下5つが特に外資系企業への転職で求められます。

  • 高い語学力と社内外での円滑なコミュニケーション能力
  • 実力成果主義の中で成果を出し続けるプレッシャーに耐える力
  • 論理的思考能力
  • 自ら積極的に業務に取り組む自主性
  • 業務に必要な専門的知識や資格取得

日頃から意識して行動し、転職活動に向けて備えておきましょう。

年齢別で求められること

外資系企業への転職では年齢は重要視されない傾向にありますが、実際のところはどうなのか?

年齢が選考に全く影響しないわけではありません。

20代ではポテンシャルを、30代では実績重視で40代50代以降になるにつれて求められる実績やスキルのレベルは上がっていきます。

特に40代以降は勤続年数よりも実績が評価ポイントになりますので、初めての転職となると敬遠される場合もあります。

このように年齢制限がないといっても年齢別に気を付けるべきポイントは変わってきます。

【年齢別】外資系企業への転職ポイント

実力成果主義である外資系企業では転職者の年齢を重視しない傾向にあります。

即戦力になる人材か、が重要でありこれまでの実績やスキルを中心に選考が進みます。

しかし年齢が上がるにつれ求められる実績やスキルのハードルも上がり、明確なキャリアプランも重要になっていきます。

ここでは年齢別に転職ポイントを解説しましたのでみていきましょう。

20代の場合は実績・スキルよりも人間性をアピール

転職活動は年齢が上がるにつれて求められる実績やスキルが高度になっていきますので、若いほど有利になると思います。

経験年数で実績やスキルが不足していると判断されてもポテンシャルを見込んで採用される可能性が高く、学歴なども選考対象になり採用基準の範囲が広がるところも嬉しいですね。

第二新卒枠など応募チャンスも多いのも20代での転職メリットになります。

積極的にやる気・意欲を人事担当者にアピールしましょう。

また、出来るだけ20代後半から30歳までを目途にし、それまでにキャリアを積みスキルを磨き転職に備えましょう。

ただし、転職するまでの就労期間があまりに短いと早期の離職リスクを懸念されますので転職のタイミングには注意して下さい。

30代の場合は実績・スキルを強みにアピール

30代では、これまでの実績やスキルを強みにして即戦力の人材であることをアピールしましょう。

これまで企業で担ってきた役割を具体的にアピールするもより効果的です。

35歳以降ではマネージャーでの採用枠も増えますので、新人教育やグループリーダー経験があるとなお良いでしょう。

また、マネージャークラスになるとより高い語学力が求められますこともありますので、語学学習はしっかりしておきましょう。

35歳はキャリア形成の分岐点とも言われます。

よく考えて自分のキャリアプランに合った転職先を見つけましょう。

40代の場合は実績・スキルでハイポジションを狙う

年齢が上がるにつれて企業側が求める実績やスキルはより高くなると考えましょう。

転職の多い外資系企業では特に40代以降では転職経験がない、または少ない場合新しい環境への適応力を不安視され採用を敬遠されがちです。

人事担当者へのアピールは一つの企業で長く務めた、という事実ではなく、これまでどのようなアプローチで企業に貢献してきたのか、より濃密な実績やスキル、具体的な成果を示しましょう。

また40代以降は管理職での募集が多く、転職後10年以上先を見据えたキャリアプランをしっかり形成しましょう。

50代以降の場合は人脈も利用してみる

50代以降の転職は無理ではありませんが、少し厳しくなってくるのではないでしょうか。

特に定年まで残り数年の場合、一般社員としての転職は難しいかもしれません。

しかし実績やスキルが評価されればもちろん転職の可能性はありますし、50代以降は役員レベルの採用枠を意識するのも良いでしょう。

また、これまで培ってきた人脈や上司、同僚などからのリファレンスも活用して転職に有利になるように活動することも重要になってくるのではないでしょうか。

年齢を気にする場合もある理由

日系企業に比べて転職時の年齢にこだわらない傾向がある外資系企業ですが、年齢が選考に影響するケースもあります。

どういった時に年齢が選考に影響するのか、6つの例を詳しく解説しましたので、自分が当てはまっていないか確認しましょう。

上司が若い時(Hiring Manager)

実力成果主義の外資系企業では、昇進に年齢は関係ありません。

若くても結果を残すパフォーマンスをし続けていれば自然に昇進、年収アップに繋がります。

そのため転職後の上司が自分より若い、というケースはよく見られます。

年齢があまりに離れすぎていると上司が指示を出しにくいと考えられ、採用が見送られる場合があります。

年齢が上だからと偉そうな態度にならないように気をつけて、謙虚な姿勢を心掛けるようにしましょう。

オーバースキルである

年齢とともに実績やスキルはより高まり、転職活動での重要アピールポイントとなるでしょう。

企業側も優秀な人物を求めていますが、時にそれ以上の能力を持っていると判断された場合に不採用となる場合があります。

能力が高いことは企業にとって魅力的な人材ではありますが、反面で業務内容や給与のミスマッチを懸念されることもあります。

まずは、これまでの経験と希望する業務内容が一致しているのかよく確認してみて下さい。

転職をするのが初めて

日本では一つの企業で長期間働いていたことは転職時の評価ポイントとなりますが、転職を繰り返しキャリアアップする外資系では、転職経験がない場合での採用は慎重になる傾向があります。

なぜならば何十年と同じ企業で働いていた場合、その企業の社風ややり方に染まっていると考えられ新しい環境にすぐ適応できるのかを不安視されるからです。

特に40代以降の雇用には慎重になるでしょう。

定年まで数年の時

転職が多い外資系企業ですが、採用後は長く勤めてもらいたいと思っています。

転職後に数年で定年退職ということになると、選考時の労力を考え敬遠されかねません。

ただし、ハイクラスの役職への転職では、あまり影響しないといえるでしょう。

また、外資系企業では基本的に退職金制度がないということも意識しておきましょう。

組織の若返りがしたい

企業の方針転換や成長、組織内の年齢バランスなど様々な理由から、組織の若返りをはかっている企業もあります。

その場合30代以上の転職は敬遠されがちとなります。

未経験

日系企業では研修制度が充実しているので未経験での転職もみられますが、実力成果主義の外資系企業が求める人材は即戦力です。

入社した日から業務をこなせて当たり前とされ、新人教育はそこまで手厚くありませんので同職種に転職するほうが有利ですし、転職後の負担も少ないです。

未経験でも20代の若いうちはポテンシャルを見込んで採用を考える企業もありますが、年齢が上がるにつれ未経験の職種は難しくなる傾向にあります。

異業種・異職種への転職を検討している方は、まずこれまでの経験がどのように活かせるのかを分析してみましょう。

また、必要とされるであろう資格やスキルの習得をすすめ、企業にやる気と意欲もアピールしてみましょう。

転職に有利になるスキル・資格

外資系企業への転職に際して企業にアピールしておきたいポイントをまとめましたので参考にしてみてください。

高い語学力がある

外資系企業ではグローバルな環境で働ける人材を求めているので、高い語学力が求められると考えましょう。

社内外を問わず電話やメールでスムーズに対応するためにも語学力の高さは重要なスキルです。

特に役職での転職を目指している場合、より高い語学力が求められるでしょう。

積極的にTOIECなどを受験し高得点をアピールしましょう。

海外留学経験や、中国語やスペイン語など英語以外の語学スキルのアピールも高評価に繋がりますね。

実績やスキルがある

これまでの実績やスキルを職務経歴書や面接の場でアピールすることが外資系企業ではとても重要になってきます。

出来るだけ具体的な数字、プロジェクトの内容などを効果的にアピール出来るように日頃から意識して業務に取り組むと良いです。

失敗したこと、その時どう対応しトラブル解決に取り組んだかなども話せるとより効果的でしょう。

どれだけ企業に貢献できるか、即戦力としてパフォーマンスを発揮できるか、自信を持って論理的に自分自身を売り込みましょう!

資格の保持している

企業側が資格の取得を求めている場合、該当する資格を所持していると有利です。

また、資格を保持していない場合でも勉強に取り組んでいる姿勢をアピールする必要があります。

また、業務内容に関連しなくても専門性の高い資格を取得している場合、こちらも積極的にアピールしましょう。

まとめ

外資系企業への転職に年齢は関係ありませんが、年齢によって細やかにアプローチを変えることが転職成功へのカギとなるのではないでしょうか。

また、転職の際には年収が下がる、試用期間中の解雇というリスクも十分にありうることを意識し、事前に自分の能力、それに対する報酬に適した企業を見つけるようにしましょう。

外資系企業に強い転職エージェントやサイトを活用するのも有効な手段の一つです。

今後のより良いのライフワークバランスを考えた転職活動に向けてしっかり準備していきましょう。